シロFX さん プロフィール

  •  
	シロFXさん: シンプルなロジックだけで勝ち組を目指すFXブログ
ハンドル名 シロFX さん
ブログタイトルシンプルなロジックだけで勝ち組を目指すFXブログ
ブログURLhttp://ponta-fx.muragon.com/
サイト紹介文シナリオは1時間足以上、エントリーは1時間足以下、監視は4時間足または1時間足で行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供494回 / 235日(平均14.7回/週) - 参加 2016/08/01 13:36

シロFX さんのブログ記事

  • 基本-親波8
  • 2016年ドル円チャートです。 ■1時間足 どれを親波と考え、どうラインを引けばよいでしょうか? ■1時間足(検証) 左側の長めの上昇波を親波と考えられるのと、そのあとの小さめの上昇波もきれいにトレンドが出ているので、親波と考えました。 黄色▽はそれぞれ第3波起点です。ここを下抜ければ本格的に下狙いとなります。 ■1時間足(結果) 白丸の陰線が一気に左側の第3波起点をブレイクしました。 ここから戻 [続きを読む]
  • 2017/3/23ドル円 環境認識
  • 指標発表 ■金融市場休日 4月14日(金) Good Friday(英国 / 豪州 / NZ / カナダ / スイス他) 4月17日(月) Bank Holiday(ユーロ圏) 4月17日(月) Easter Monday(英国 / 豪州 / NZ / スイス他) 4月25日(火) Anzac Day(豪州 / NZ) 4月29日(土) 昭和の日(日本) ■その他 3月26日(日) 夏時間へ移行( [続きを読む]
  • 基本-親波7
  • 2016年ドル円チャートです。 ■1時間足 どれを親波と考え、どうラインを引けばよいでしょうか? ■1時間足(検証) Pの範囲を親波とすると緑▽のラス戻りと、黄色▽の第3波起点と考えられるラインが2本引けます。 2本引けるということは、この親波は2つのトレンドから成っていると判断しました。 ■1時間足(結果) 緑▽のラス戻りを上抜け、さらに下側の黄色▽の1階部分のトレンドの第3波起点をも上抜けまし [続きを読む]
  • 2017/3/22ドル円 環境認識
  • 指標発表 ■金融市場休日 4月14日(金) Good Friday(英国 / 豪州 / NZ / カナダ / スイス他) 4月17日(月) Bank Holiday(ユーロ圏) 4月17日(月) Easter Monday(英国 / 豪州 / NZ / スイス他) 4月25日(火) Anzac Day(豪州 / NZ) 4月29日(土) 昭和の日(日本) ■その他 3月26日(日) 夏時間へ移行( [続きを読む]
  • 基本-親波6
  • 2016年ドル円チャートです。 ■1時間足 どれを親波と考え、どうラインを引けばよいでしょうか? ■1時間足(検証) Pの範囲を親波とすると緑△のラス押しと、黄色△の第3波起点が引けます。 ■1時間足(結果) 緑△のラス押しを下抜けた時点(白丸)で上昇トレンドが崩れました。 そして節目がついた時点で赤▽の下降トレンド転換ラインが引けます(重要) 今回はラス押しで戻りを取らずに上抜けてしまいました。 [続きを読む]
  • 2017/3/21ドル円 環境認識
  • 指標発表 ■金融市場休日 4月14日(金) Good Friday(英国 / 豪州 / NZ / カナダ / スイス他) 4月17日(月) Bank Holiday(ユーロ圏) 4月17日(月) Easter Monday(英国 / 豪州 / NZ / スイス他) 4月25日(火) Anzac Day(豪州 / NZ) 4月29日(土) 昭和の日(日本) ■その他 3月26日(日) 夏時間へ移行( [続きを読む]
  • 基本-親波5
  • 2016年ドル円チャートです。 ■1時間足 どれを親波と考え、どうラインを引けばよいでしょうか? ■1時間足(検証) Pの範囲が親波とすると、黄色△が第3波起点、緑△がラス押しと考えました。 ■1時間足(結果) 下げていったものの緑△のラス押しの水準が意識され少しもんだあと下に抜けました。 この時点で上昇トレンドが崩れたのですが、いよいよ黄色△の本丸でもある第3波起点を目指そうとしたところ、Wボト [続きを読む]
  • 2017/3/20ドル円 環境認識
  • 指標発表 ※20日はなし ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 3月26日(日) 欧州サマータイムへ移行 ■週足 上昇第3波が出ているところと考えられますが、伸び悩んでいる様子。 黄色△を下抜けると本格的に下方向が狙っていけるのではと考えられます。 ■日足 黄色▽の下降第3波を上抜けば買い、黄色△の上昇第3波起点を下抜けば売りが考えられそうです。 ■4時間足 トレンドラインを [続きを読む]
  • 基本-親波4
  • 2016年ドル円チャートです。 ■1時間足 どれを親波と考え、どうラインを引けばよいでしょうか? ■1時間足(検証) Pの範囲が親波とすると、黄色▽が第3波起点、緑▽がラス戻りと考えました。 ちなみに、緑▽の少し上にもしっかりとした戻り高値があり、ラス戻りはここではないのかという疑問があるのかもしれません。 今回5波まできれいに出ているので、ラス戻りの起点が5波の起点とすると、第5波の起点は、第1 [続きを読む]
  • 基本-親波3
  • 2016年ドル円チャートです。 ■1時間足 どれを親波と考え、どうラインを引けばよいでしょうか? ■1時間足(検証) ちょっと見えにくいですが、Pの範囲が親波、黄色△が第3波起点、緑△がラス押しの水準と考えました。 この上昇の親波のラインに対して下降の波が反応してくれればよいのですが・・・ ■1時間足(結果) まず緑△のラス押しで何度か支えられ効いているのが分かります。 そして白丸で一度抜けました [続きを読む]
  • 基本-親波2
  • 2016年ドル円チャートです。 ■4時間足 左のもみ合あているところから大きく下げてきました。 親波は特定できると思いますが、4時間足では節目が分かりにくいので1時間足で見ます。 ■1時間足 どれを親波と考え、どうラインを引けばよいでしょうか? ■1時間足(検証) Pが親波の範囲で、上から順に親波高値、第3波起点、ラス戻り、親波安値にラインを引きました。 ■1時間足(結果) 左の白丸でラス戻りを抜 [続きを読む]
  • 2017/3/17ドル円 環境認識
  • 指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 3月26日(日) 欧州サマータイムへ移行 ■4時間足 下降トレンドは発生していますが、トレンド転換までは至っていない状況と考えられます。 基本的には下狙いで緑↓のような狙い方になるのかと思いますが、113円のキリ番が強そうです。 ここからチャートパターを作って上に向かうこともあるかもしれません。 ■目線 4時間足↓ 日足→ 週足 [続きを読む]
  • 基本-親波1
  • 水平ラインを引くときは親波の特定が欠かせないと思います。 親波というのが、Nを描いてトレンドが出ている波とすると、レンジの動きと区別することも大事だと思います。 今シリーズでは親波を特定してラインを引き、それがどれだけ効いているかを検証したいと思います。 (効いていないラインだったら親波の特定に失敗したということになります) 2016年ドル円チャートです。 ■4時間足 どれを親波と考え、どうライン [続きを読む]
  • 2017/3/16ドル円 環境認識
  • 指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 3月26日(日) 欧州サマータイムへ移行 ■4時間足 最後どこを抜けてきたのかを考えると、日足のラス押し且つ第3波起点と考えられます。 ラス押しを下抜けたとなると上昇トレンドは崩れました。 赤▽を下抜ければ下降トレンド転換になると考えられます。 戻り目の候補は、ラス押しか、ラス押しの少し下のひげになると考えられます。 ここから狙 [続きを読む]
  • 基本-押し戻りポイント10
  • 引き続き、2016年豪ドル米ドルで検証します。 ■4時間足 以下の場面ではどう考えられるでしょうか? ■4時間足(検証) 紫ゾーンをラス戻りとすると、このゾーン内に押しを取って上昇していくことが考えられます。 ■4時間足(結果) やはりこのゾーンに押しを取っては上昇を繰り返したのち、大きく上昇していきました。 ■総括 親波が見えているときは、次の節目までしっかりと到達していれば、その1つ前の節目に [続きを読む]
  • 2017/3/15ドル円 環境認識
  • 指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 3月26日(日) 欧州サマータイムへ移行 ■4時間足 トレンドラインを割ってラス押しの水準付近でWトップが作られています。 ネックラインを下抜けばそこからの戻り売りが考えられ、黄色矢印の起点が下降波の第3波起点と考えると、ここを上抜ければ一旦勢いよく上昇することが考えられます。 ■目線 4時間足↑ 日足↑ 週足↑ ■シナリオ ① [続きを読む]
  • 基本-押し戻りポイント9
  • 引き続き、2016年豪ドル米ドルで検証します。 ■4時間足 以下の場面ではどこに戻りが入ると考えられるでしょうか? ■4時間足(検証) 緑△がラス押しとすると、ここを下抜けたので上昇トレンドは崩れました。 まだ下降トレンド転換はしていないと考えられます。 抜けてきたラス押しに戻りを取りにくるのかなと考えられます。 ■4時間足(結果) すぐにはラス押しまで戻りを取らずに一旦下げましたが、再度ラス押し [続きを読む]
  • 2017/3/14ドル円 環境認識
  • ■指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 3月26日(日) 欧州サマータイムへ移行 ■4時間足 一番上のピンクのラインが下降第3波の強いラインと考えていて、一旦止められました。 再度ここの突破を目指していると思いますが、突破できずにWトップになり、トレンドラインを割ってくるようだと、最大大きくみた波のほうの第3波起点付近まで落ちてくる可能性があります。 途中白Xでも反 [続きを読む]
  • 基本-押し戻りポイント8
  • 引き続き、2016年豪ドル米ドルで検証します。 ■4時間足 以下の場面ではどこに押しが入ると考えられるでしょうか? ■4時間足(検証) やはり抜けてきたところに押しを取るだろうと考えられます。 ■4時間足(結果) 抜けたところに押しを取る動きが見られましたが、下に抜けてしまいました。 この上昇波は第1波の2.236倍もの長さが出ています。 2倍を超えたらそろそろ反転するかもと考えると、これ以上上を [続きを読む]
  • 2017/3/13ドル円 環境認識
  • ■指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 3月12日(日) 米国サマータイムへ移行 ■週足 ラス押しの重要な水準まで到達しました。 5、6週間前のようにラス押しを上抜けしたにもかかわらず、下に抜けていくこともあるので、週明けの4時間足(午前10時時点)でどのような動きになるのか注意したいと思います。 ■日足 日足の下降第3波でひっかかって、上ひげ陰線となりました。 直 [続きを読む]
  • 基本-押し戻りポイント7
  • 引き続き、2016年豪ドル米ドルで検証します。 ■4時間足 以下の場面ではどこに押しが入ると考えられるでしょうか? ■4時間足(検証) 親波の次の節目まで到達してから、抜けたところに押しを取るのかなと考えられます。 ■4時間足(結果) 考えていた水準まで押しを取らずに次の節目まで上昇していきました。 [続きを読む]
  • 基本-押し戻りポイント6
  • 引き続き、2016年豪ドル米ドルで検証します。 ■4時間足 以下の場面ではどう考えればよいでしょうか? Wトップで下げてきたようにも見えますが・・・ ■4時間足(検証) Wトップで下げてきている理由は、小さめの茶色〇が第1波とすると、その1.618倍の長さが出て、一応目標達成しているからと考えることができるのかもしれません。 押しを取って、再度直近高値超えを目指すもフォローが入らず失敗した模様です [続きを読む]
  • 振り返り ドル円(2017/3/6〜)
  • ■4時間足(〜3/3の流れ) 赤★のネックラインを上抜けしたあと、親波に含まれる2つのトレンドのうち、2階部分の第3波起点をも上抜けし、ウォルフターゲットライン(以降ウォルフTと略す)まで到達したところでした。 ウォルフTと交差している青のラインは週足のラス押しであり、レジサポになりやすいポイントでもありました。 ■4時間足(3/6〜) 白〇以降が3/6の週です。 小さめの茶〇の範囲を第1波とする [続きを読む]
  • 基本-押し戻りポイント5
  • 引き続き、2016年豪ドル米ドルで検証します。 ■4時間足 以下の場面ではどこに戻りが入ると考えられるでしょうか? ■4時間足(検証) 緑△がラス押しとするとこの水準を下回ったので、上昇トレンドが崩れたと考えられます。 この水準がWトップのネックラインにもなっており、ここに対して戻りが入ると考えられます。 ■4時間足(結果) ネックラインに戻りを取って下げていきました。 [続きを読む]
  • 2017/3/10ドル円 環境認識
  • ■指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 ■4時間足 現在第3波が出ているとすると、もっと上に伸びていってもよさそうです。 ウォルフターゲットラインが強くてずっとひっかかっていたのですが、その上のピンクのラインまでは到達するものと思います。 そしてその上に乗っかればブレイクでさらに上の日足の第3波のラインまで目指していくのかもしれません。 ただ、途中白色のXが161. [続きを読む]