サッカー夫婦 さん プロフィール

  •  
サッカー夫婦さん: 少年サッカー親子のトレーニング録 めざせJ下部!
ハンドル名サッカー夫婦 さん
ブログタイトル少年サッカー親子のトレーニング録 めざせJ下部!
ブログURLhttp://fanblogs.jp/juniorsoccerfun/
サイト紹介文F下部の長男、J強化の次男、子供たちとのサッカートレーニングを通して感じことなどを、徒然なるままに。
自由文◯長男(12歳・中1) Fリーグのジュニアユースに所属。 ◯次男(10歳・小5) 地元のサッカーチームと、J下部の強化組織、そして長男と同じくFリーグの下部組織所属。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 301日(平均4.6回/週) - 参加 2016/08/02 22:52

サッカー夫婦 さんのブログ記事

  • 【結 果】どうアドバイスするか悩んでいます
  • 長男のPK献上を受けて、どう接するべきく悩みました。結果をお知らせします。夕飯時に私から口を開きました。私 「今日のプレーで一つだけ言いたいことがあるけど、分かる?」長男「チームメイトに散々言われたから大丈夫」話は以上です。ただ、再犯だということを忘れており、そこは厳重注意しました(笑)。長男はジュニア世代から在籍する主力なので、ともすると裸の王様になるかもしれないのですが、素晴らしいチームメイトに [続きを読む]
  • どうアドバイスするか悩んでいます
  • 今日は長男のフットサル大会がありました。規模は小さいものの全国大会もある予選。結果は1勝1敗1分で予選リーグ敗退。フットサル未経験なので、プレーに関して長男に何かをアドバイスすることはほとんどないのですが、1敗を喫した第2戦。長男がルーズボールを追いながら、相手選手を肘で強くアタックしてPKを献上する場面がありました。GKがボールを介してない部位で相手を倒すなんて言語道断ですし、何より味方のテンションを著 [続きを読む]
  • 鈍足だけど速いDF
  • 次男が通うJ強化に素晴らしいDFがいます。パスカット、1対1、空中戦、またドリブルで運んでロングシュートなど素晴らしい才能の持ち主。さらにキャプテンシーに溢れ、チームのまとめ役です。そんな素晴らしい選手ですが、なんと鈍足だと保護者から伺いました。運動会のリレーも選ばれず、徒競走は後ろの方。それまで、ことごとく相手のパスをカットし、味方の空けたスペースを素早く埋めたりなどスピードのある選手だとばかり思っ [続きを読む]
  • フィジカルが「上手い」と錯覚させる
  • 2週続けて長男の試合を見てきました。相手は同学年チーム。フットサルは競技人口が少ないので、中1の頃から対戦相手が年上のチームなのは良くありました。同学年チームと戦うことが少ないくらいです。ですから同学年のチームと戦うとスピード、パワーの面が、これまでの相手より見劣りします。特にフィジカルで優位に立つ長男は、動きが明らかに違います。味方の選手も含めて圧倒的な差があります。客観的にその試合だけ見れば良い [続きを読む]
  • ボールを止める技術
  • 次男の全少予選を観て来ました。1勝1敗ながら強豪相手に健闘しました。長男のフットサルでも感じていることですが、トラップが苦手な選手が混じると、相手の支配率が上がります。ボールを止められず相手ボールになる、ボールが止まらず不安定な体勢から苦し紛れのキック、などなど。キックもドリブルもパスもオフの動きも、全部大切ではありますが、すべてトラップができて、マイボールになった上での話。トラップが苦手だと、スペ [続きを読む]
  • 得意なプレーは何ですか?
  • GWは子供たちの試合をたくさん観ました。中2の長男。小6の次男。ジュニアもジュニアユースも選手としての特徴は大事だなと思いました。「得意なプレーは何ですか?」ということです。もっと噛み砕くと、第三者が、その選手をどんなプレーヤーか、一言でどう表現できるか、です。スピードがある選手パスが上手な選手キックが飛ぶ選手状況判断に優れた選手声が出せる選手、などなど。ちなみに、長男は敏捷性に優れたGK次男は相手から [続きを読む]
  • フットボール三昧のGW
  • GWの長男、次男ともにフットボール三昧。私はフットボール観戦三昧でした。長男が小1からサッカーを始めて以来、毎年恒例ではあるのですが、試合があれば審判、練習があればグランドに入って一緒になってボールを追ってきました。今年は、長男、次男ともクラブチームに所属したため、ひたすら観戦。靴もトレーニングシューズではなくスニーカー。ジャージではなくGパン。審判のため体調管理も、前夜の深酒を控える(笑)こともない [続きを読む]
  • 自由ほどプレーは難しい
  • 週末、次男の全少予選を初めて観にいきました。次男のポジションは1-3-3-1の真ん中のMF。次男の出来が勝敗に大きく左右する重要なポジションです。結果からいうと2-3で敗れました。次男は真ん中を制圧できないどころか、次男がロスしたボールから2失点。良いところなしです。次男のサッカーの公式戦は、移籍後初でしたし、3か月くらいぶりでしたが、判断スピードが落ちていました。これまで少年団のコーチは、次男がボールをもった [続きを読む]
  • ダブルヘッダー
  • 日曜、次男は午後から全少予選2試合、夜にフットサルのTMがありました。通常ですと、疲労を考慮してどちらかお休みしているのですが、サッカーは公式戦でフットサルもバーモントカップの直前調整なので禁断のダブルヘッダーを敢行しました。私は夜は休めばいいのでは? と、最後まで勧めていましたが、次男がどうしても参加したい、というので渋々OKを出しました。結局、サッカーは2試合ともフル出場、フットサルは全然動けなかっ [続きを読む]
  • 全国で勝つために
  • 中2になった長男の帰宅時間が、随分と遅い。中1の頃は、練習を終えて20時30分には帰宅していましたが、今は22時前後。昨期、全国大会にチーム初出場するも残念な結果となりました。コーチいわく、技術、戦術面では戦えていたけれどフィジカル差がそのまま結果となった。フィジカル差があっても戦えるチームを作るが、やっぱり体力作りも必要。全国に出ることは果たせた。次は全国で勝つチーム作りに取り組んでいるのだと思います。 [続きを読む]
  • 蹴り方トレーニング
  • 次男の課題。キック。左利きですから、右足の強化。さらには、利き足の左。要するにすべてのキック(笑)。私もキックを勉強するため書店へ。見つけました。古い本ですがDVD付き。とても分かりやすい内容で、久々に良い買い物をしました。ポイント ・手を上げて、バランスを取る ・膝から下をふる。ももの付け根からふらない。 ・蹴った足は軸足の前にDVDは妻もまじえ、家族で鑑賞しました。実際に様々な年齢の選手が逆足で蹴り、 [続きを読む]
  • やっぱりフィジカルなのね
  • 次男が所属するJ強化に、新年度なのでセレクションを経て新メンバーが8人加入したようです。新メンバーは全員、次男より背が大きかったそうです。次男は152センチ。新小6にしては、やや大きめ。ジュニアユースへの最終学年。昇格をかけたサバイバルはみな大型選手。傾向で見れば、4年次加入選手は、小型でスピードがありテクニカルな選手。次男は5年次加入ですが、フィジカルタイプがやや多目です。長男で実感しましたが、背が高 [続きを読む]
  • ドリブルの感性を磨く
  • 次男は4月より金曜に新しいフットサルスクールに通い出しました。選手は小4〜6でベーシックなクラスなので、次男には物足りないレベル。ただ、数年ドリブルを捨て、パスばかりしていた次男にはボールの運び相手をかわす間合いフェイトの種類スピードの緩急相手を誘う、など引き出しを作りには良い環境となっているようです。初回を見学し、昨日3回目の練習を観に行きましたが、すっかり周囲とも打ち解けていましたし、次男の得意の [続きを読む]
  • 弱点を武器にかえる
  • 次男は不器用なため、浮き玉をヘディングすることが苦手でした。そこで、朝練毎にゴムボールをヘディングすること。サッカーボールで、ヘディングリフティングをすること。週1で、私が蹴り上げたボールをヘディングで返すこと。以上を昨年より継続してきました。現在では、ボールに触れずに前後に落とすことも、ヘディングしたボールが後ろに飛んで行くこともなくなりました。ボールを前に弾き返せます。先日の全少予選でも浮き玉 [続きを読む]
  • チームで背負うもの
  • 次男の全国少年サッカー大会の予選がスタートしました。昨年も5年ですが、3バックの左で出場していましたが、自分の学年、さらには移籍先での大会ということもあり、さすがに緊張しているかと思えば、次男はいつも通り淡々としたもの。相変わらず、緊張とは無縁のよう。ポジションは1-2-3-2の真ん中のMF。移籍先でも試合を大きく左右する、センターポジションを任されました。初戦の相手は、同じJ強化でさらには県トレの選手を擁 [続きを読む]
  • きっと後悔するから
  • 我が子たちを見ていると、特に長男ですが「きっとこの先、もっと練習しとけば良かった」と後悔するだろうな、と思うことがあります。大人になると、「あの時、ああしとけば良かった。こうすれば良かった」と後悔の一つや二つはあるのではないかと思います。私は小学から高校までサッカーをやりましたが、朝練も居残りも自宅での練習をしたことがありませんでした。チーム活動以外で練習する、という選択肢すら自分にはなかったです [続きを読む]
  • 徹底的にリフティング
  • 日曜なのにオフなので、次男と朝練、夜練をしました。J強化の6年は、膝下、腿、インサイド、アウトサイド、ヘディングなどのリフティングを毎回丁寧にやります。そこで、朝練ではリフティングの振り返りをやりました。ただ、一つのリフティングをしたあとは、コーンを無造作に転がした10メートルをドリブルで駆け抜けます。膝下50回、ドリブル腿50回、ドリブルインサイド50回、ドリブル などなど、その繰り返し。ドリブルも、スピ [続きを読む]
  • パスを出せ! が持たらしたもの
  • 小5でむかえた次男の昨シーズンは、「パスを出せ! 離せ、離せ」を言われ続けた一年でした。そのおかげでゴール目指す意識は薄れ、「パスを出す味方を探すサッカー」しかできなくなりました。その結果、地域のトレセンには続けて不合格。まったく怖さのない、判断のない、無難な選手になりました。そもそも次男は、状況判断が悪くDFにもかかわらず、ドリブルを仕掛けて奪われるシーンが散見されました。それでも前に運んだり、シュ [続きを読む]
  • 新シーズンスタート!
  • 長男中2、次男小6となる新シーズンがスタートしました。何と言っても、ジュニア年代最終学年となる次男。クラブチームに移籍をし、初練習にも参加をしました。いきなり紅白戦で真ん中にポジションをとり、ゲームを作っていたのには相変わらずの図々しい、誇るべきメンタルです(笑)。年末には進路先が決まっていると思います。本人はJジュニアユースへの昇格を第一目標としていますが、なかなか厳しい現状でしょう。劇的にフィジ [続きを読む]
  • 状況判断と習慣
  • 次男がフットサル大会に出場したのですが、予選グループリーグの初戦にエースが自軍ゴール前でシュートに手を出し退場となりました。時間帯は後半開始早々。スコアーは1-0でリードしている状況。結局PKを決められ、その試合は1-1で終了。二戦目はエース不在で敗戦。三戦目にエースが戻るも、一度狂ったリズムを修正することは難しく敗戦。予選リーグで姿を消しました。このエースの行動から学ぶべきことが二つあるように思います。 [続きを読む]
  • チームを去る仲間
  • 長男のチームで仲間が一人去ります。昇格以外の外部から来た選手の中では技術が高く、長男が一番仲良していた選手です。サッカーからやって来たので、なかなかフットサルに馴染めず力を発揮できないようで、夏頃から親御さんには辞めたい、とこぼしていたようです。この一週間、ずっと練習を休んでいたようで、長男がLINEをしても電話をしても音信不通の状態だったそうです。長男が仲間を心配してアクションを起こしたことにだいぶ [続きを読む]
  • 代表からのアドバイス
  • 移籍させて頂く報告を少年団の代表にしました。代表には長男が1年からお世話になって7年、大変よくしてもらいました。代表から2つのアドバイスをもらいました。 1、次男は11人制のサッカーに向いているので、ぜひ中学でチャレンジしてもらいたい。2、次男は長男と違い(笑)、とても感受性が豊かなので、親が過剰にアドバイスするのは避けた方がいい。1、高校サッカーで活躍した卒団選手のように羽ばたける素材なので、フットサル [続きを読む]
  • 移籍します。
  • 次男は来期から少年団からクラブチームに移籍することにしました。1.私から離れること2.プロコーチに預けることが主な理由です。1.私も今期からベンチ入りし、練習も一緒に行うようになりました。それまでは長男の学年のコーチでしたが、長男の卒業と共に次男の学年に加わったことになります。これまで、長男に熱を入れると次男が成長し、次男に注目すると長男が飛躍する、という結局、私が構いすぎると逆効果なんです。次男はJ下 [続きを読む]
  • いざ、全国大会!
  • 昨年、ここでも触れましたが、次男はフットサル大会の予選決勝で出場機会がありませんでした。ですから、私は全国大会の遠征帯同を認めませんでした。観光じゃ困るし、長男がそうだったように全国大会の出場権は自ら掴むものだと思うからです。無駄に6年生の出場機会を奪うのも可哀想です。そして次男は全国大会遠征には参加しませんでした。そんな次男が、U11のフットサル大会の最終予選に挑みました。気合い十分! かと思えばそ [続きを読む]
  • ミスと分かりづらい、プレー選択のミス
  • 次男がサッカー大会に参加しました。「切り替えを早く」「ゴールを意識する」をテーマにしていましたが、開始早々、ロングシュートを決めました。最近、横パスの安全なプレーばかりで、タテにボールを入れたり、自らシュートを打つ「ゴールを意識したプレー」がなかったので、テーマを持って試合に臨んだ効果がいきなり出ました。「ゴールを意識する」ために、具体的には前半、後半それぞれシュートを何本打つか目標を立てるように [続きを読む]