futen さん プロフィール

  •  
futenさん: どこかに行きたいなぁ
ハンドル名futen さん
ブログタイトルどこかに行きたいなぁ
ブログURLhttp://www.futen.xyz/
サイト紹介文定年退職しました。自由の身になったと思ったら、長期入院。現在、自宅療養中です。
自由文ベットの上から、徒然なるままにつぶやいています。ヒマな方付き合ってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供385回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2016/08/03 07:34

futen さんのブログ記事

  • 今の世の中、静けさは貴重な財産かも
  • うるさい朝である。朝早くから、隣の爺さんはテレビをつけている。音量もいつもより大きい。というより、一晩中テレビがついていた。起きているわけではない。いつも以上にいびきをかいて熟睡していた。あの音の中寝れるというのは素晴らしい特技である。長年、テレビをつけて寝ている成果であろう。今日は隣の爺さん、手術である。その不安をテレビの音で紛らわせているのだろう。朝になって、さらに音量が上がってきた。その合 [続きを読む]
  • みなさん、私が家にいるのがわかるのかな・・
  • 気だるい朝である。どうも温度調節がうまくいっていないようである。自宅のエアコンでは病院のように快適な温度管理は難しいようである。家のエアコンの中にながくいると疲れる。外からの朝の自然な涼しさが気持ちいい。昨日は、決局病院に戻った。看護師さんがいろいろ機械をいじくったが治らなかった。主治医はお休みだったが、他の専門の先生が対応してくれた。傷のシールを張り替えないといけなかったようである。なんか、管 [続きを読む]
  • せっかく病院から帰ってきているのに・・
  • 日曜の朝である。毎日日曜の私には関係ないが・・まぁ、涼しい朝を迎えている。昨日はエアコンなしで寝た。そのためか、いたって体が楽である。寒いくらい冷えた病室もいいが、やはり自然の涼しさが気持ちいい。はい、ということで、本日も病院から脱走しております。もう少しで退院なのだから我慢すればいいのだが、昨日夜から帰ってきている。家はいいです。朝起きても、気持ちがいい。朝起きてのトイレも陰気な病院のト [続きを読む]
  • 退院後の生活を思い浮かべて楽しんでます
  • 爽やかな朝である。秋空のような青空が広がっている。そろそろ、秋が近づいているようである。暑さもかなり和らいできた。昨日の夕方はテラスのベンチに座っていたが、全く問題がなかった。爽やかな風も吹いて、夕焼け雲が気持ちよかった。体調もいいのだろう。退院が近づいているので心も穏やかである。退院したら何しようか、そればかり考えている。まずは寿司屋に行こう。回らない寿司屋である。量は術後食べれなくなった。 [続きを読む]
  • 退院の目処がたった(^O^☆♪
  • 寝不足の朝である。隣の爺さん、今日も朝早くからテレビをつけている。もう少し寝たい時間に音を立てられると辛いものがある。さらに、テレビをつけてから自分はいびきをかいて寝ている。よくわからない行動パターンである。昨夜の夜中は目覚ましがなった。十二時にである。これで二晩連続である。夜中に起きないといけないことでもあるのだろうか。目覚ましだけではない。寝入りばなに電話がかかってきた。マナーモードなど設 [続きを読む]
  • 高校野球がうっとおしい
  • 毎日、甲子園では熱戦が続いている。野球好きにはたまらない季節である。隣の爺さんも、朝八時から第四試合が終わるまでずっと野球を見ている。見ているのはいいのだが、テレビの音量が・・相変わらずイアフォンはしない。少しずつ音量が上がっていく。私も高校野球が嫌いなわけではない。元気な時はよく見る方である。しかし、ここは病院。ずっと、野球放送を聞いているとだんだん騒音に変わっていく。アナウンサーは絶叫的。 [続きを読む]
  • 手術して三週間経った
  • 早いようで、長かったこの三週間。予定では退院しているはず・・と言っても、自分で勝手に決めていた予定だけど・・相変わらず大きな進展はない。しかし、よく考えてみると、腹の痛みはほぼなくなった。心配された傷跡から出る体液も出なかった。リハビリの成果か、歩くスピードは早くなった。爺さん、ばあさんに追い越されることはなくなった。自転車の負荷も手術前の重さまで戻っている。元気にはなっている。ご飯を少なめに [続きを読む]
  • また、わがままな患者が入院してきた
  • 容態の悪かった爺さんが別の部屋ら移った。その代わりに新しい爺さんが入院してきた。なんどもここに入院していると、横柄な応対をしていた。別に入院回数が多いからといって偉いわけではと思うのだが・・前に入院した時はこうだったとか、若い看護婦さんに語っている。なんかわがままそうな人だなぁと思っていたら、やはりそうであった。昨晩からずっとテレビがつきっぱなしである。イアフォンは使わない。大きな音量ではないが [続きを読む]
  • 傷跡が凄い状態になっている
  • 体についていたホッチキスがなくなった。正しくはステープラーというらしい。縦と横、合わせて50個くらいついていた。一度に外すのではなく、2日に分けて外した。最初の日は飛び飛びにのけた。なんとも、面白い外し方である。傷の模様が面白いので、カミさんは喜んでいた。そして、昨日すべてがなくなった。今の私の体の模様は虫の腹のようだという。なんとなく想像がつく。残念ながら自分では見えない。というより見たくない。 [続きを読む]
  • 我慢のあとには必ずご褒美がある
  • おつかれ気味の朝である。三時から起きている。眠れないのではない。テレビを見るためである。松山くんのゴルフ観戦。非常に疲れる試合展開である。昨日とは打って変わり、我慢我慢のゴルフである。じっと耐えているのだが、それでもじわりじわりスコアが落ちていく。見ていてこちらも辛くなる。まだ明日もある。頑張ってほしい。という私も病人の身。こんな生活をしている場合ではない。じっくり睡眠をとって養生しないといけ [続きを読む]
  • 暇な時間の過ごし方が大事である
  • 病院で朝を迎えている。いい天気である。昨日、自宅で過ごしたお陰で、気持ちのいい朝である。昨日は普通の味噌汁の朝ごはんを食べて、昼は好物の鍋焼きうどん、そして夜は生姜焼きを食べた。なんでもない食事だが、すごいご馳走を食べた満足感がある。一ヶ月ぶりの我が家、やっぱり家がいい。家で何をしたかというと、何もしていない。ずっとソファーに座ってぼんやりしていた。テレビも見ない。音楽を聞くわけでもない。静か [続きを読む]
  • 病院を脱走してきた
  • 昨夜は夜中までテレビを見ていた。というより、パソコンでネット放送を見ていた。松山くんのでている全米プロゴルフである。久しぶりに夜更かしをしてしまった。普通、途中すぐ眠たくなるのだが、12時くらいまで起きていることができた。それは。病院ではなく、自宅にいるからだろう。平和な環境で明るく過ごせたからである。昨日昼過ぎ、突然、外泊を決めた。ストレスがピークに来ていたからである。その前の晩、隣の患者の容 [続きを読む]
  • 一気に病室の環境が悪くなった
  • 疲れた朝である。夜汽車で寝たような感じである。まだ、体も頭もボーとしているが,もう寝る気もおこらない。昨日、二人の患者が増えた。そのうちの爺さんの容態が非常に悪い。入院した時は、6人くらいの人に囲まれてやってきた。医者が容態を確認している間、周りで、ワイワイガヤガヤ。うるさくて、医者が外に出て行ってくださいというくらいである。その後、診断が終わり、点滴が始まると、蜘蛛の巣を散らすようにみんない [続きを読む]
  • 楽しい未来が見えてきた
  • 朝の検尿と採血が終わってボーと考えていた。ふと、旅に出たくなった。まだ退院も決まっていないのに・・不思議なものである。体調が良くなっているせいであろうか、考え方が前向きになっている。毎年、夏は我が家の旅行シーズンであった。暑い日本を飛び出して、さらに暑いアジアに飛び出していった。周りからは、アホかいなと言われながらも、なぜかアジアの暑さは楽しかった。同じ暑さなのに、どうして日本の夏はうっとおし [続きを読む]
  • 普通のご飯にチャレンジしてみた
  • 台風が通り過ぎた。台風一過の青空になるかと思ったら、まだ曇り空である。今回の台風は遅い。そのためなのだろうか。幸いにも高知の方を通過したので、地元に被害は少なかったようである。いつものように、石鎚山が守ってくれた。愛媛は平和なところである。昨日から自転車こぎ再開である。負荷を少しあげての再開である。まだ手術前の負荷までではないが、ちょっときつく感じた。結構筋力は弱っているようである。確かに病院内 [続きを読む]
  • 病人なのに、こんな生活でええんかいな
  • 疲れ気味の朝である。体調が悪いわけではない。先ほどまでテレビでゴルフを見ていた。なんと、なんと、松山くん世界選手権優勝。朝早くから気合が入りすぎたためである。前にも書いたが、松山くんはわが街の出身。郷土の誇る若者である。病人であるが、応援しないわけにはいかない。朝からついつい興奮してしまった。そのためか、朝の検温では微熱であった。病人なのに、こんなことしてええんかいな・・さて、今日も同室者は [続きを読む]
  • 快適な大部屋生活になりました
  • 朝、4時から起きている。どうも新しい部屋に馴染んでいないようである。部屋というより、ベットの違いか・・個室のマットより硬く感じるのは気のせいだろうか。7,000円の個室代の違いでもある。昨日はのんびり昼過ぎまで個室に入れるかと思ったら、急に10時過ぎに追い出された。ICUから患者が移動してくるという。そのなこと聞いてないし・・部屋移動はカミさんがいないといろいろ困ることがある。と言っても、新しい住人がくる [続きを読む]
  • 入院から一ヶ月がたった
  • 長かったというか、短くも感じるが、微妙な一ヶ月であった。一ヶ月の間に手術とICU生活が入っているので、今までの入院よりは日が経つのが早く感じる。カミさんも早かったと感じるらしい。病院の中での時間の流れと外との流れの速さは違うのかもしれない。ただ、前の入院が一年にも及んだので、それからすれば大したことはないという。私もいろいろたくましくなったと笑っていた。昨日は髪を切った。病院に散髪屋さんがあるの [続きを読む]
  • 術後の話が主治医からあった
  • 昨日、主治医より術後の経過等いろいろ話があった。CT画像が見事に画像処理されてリアルな私の骨格を見てしまった。胸骨をすべて取るのはわかっていたが、実際画像で見せられると、動揺してしまった。物の見事にぱっくりと胸の前が空いている。大丈夫かいなってくらい大きい。よく見ると、薄く肋骨の付近だけは削り残している。すべて胸骨をとってしまうと肋骨がバラバラになるという。そのため、数ミリだけ胸骨を残したという。 [続きを読む]
  • 気分の浮き沈みが大きい日が続いています
  • 目覚めのいい朝である。ぐっすり眠れたようである。いつよりベットの傾きを平らにしてみた。それが功を奏したのか、夜中に一度起きただけで、その他熟睡していた。いい感じで1日を頑張れそうである。逆に、昨日は一日中気分の重い1日だった。理由がわからないブルーで、どうすれば気分転換できるのか悩んでいた。夕食が終わり、手術後初めて病院のテラスを歩いてみた。日が傾いた後だというのに、外は熱風である。ファンヒーター [続きを読む]
  • 手術から一週間がたった
  • 少しずつ痛みが弱まり、歩けるようになってきた。食事のスピードも早くなってきた。最初は30分以上かかっていたのだが、10分ほどで終わるようになった。食欲も戻ってきたようである。今、困っているのは胃の周りの痛みである。咳をすると痛い。特に寝ている時に咳が出ると、激痛で目が覚める。これが一番の悩みである。腹にツッパリ感があるので、上向きに眠るのが苦しい。ベットを少し起こした形で寝ている。そのため長く熟睡は [続きを読む]
  • 昨夜から痛みで苦しんでいます
  • 今回の手術は大網と呼ばれるものを肺の空洞なっているところと傷のふさがらないところへの移植であった。大網とはあまり知られてなく、私も手術まで名前すら知らなかった。胃の下側(大弯)から下方へエプロンのように腸の前に垂れ下がった腹膜を大網(だいもう、英:Greater omentum)(大網膜)という。ウィキペディアよりこの大網を持ち上げるという形で肺のところまで移動させるわけだが、その通路が必要である。それで、 [続きを読む]
  • 今回の手術は七時間だったという
  • 私が手術室に入ったのが、9時。終わったのが4時という。今回も長い手術だったようである。私は意識がないのでわからないが、大変だったようである。ただ、前回は12時間くらいかかって、カミさんが帰宅したのが日付が変わっていたという。その点、明るいうちに帰れたと喜んでいた。手術の前は私は元気であった。歩いて手術室まで行き、自分で手術台に乗った。意識もはっきりしていたので手術室の様子がよくわかった。まぁ、知らな [続きを読む]
  • とりあえず、生きてます
  • ICUを出て、現在、個室に移りました。久しぶりに、パソコンを開いたところです。短い時間でしたが、すごく長い時間がすぎた感じです。手術は予定通り終わったとのことです。術後の話はもう少し経たないとわからないということです。木曜まで待てとのことで・・焦らされています。前々からあまり病気のことを話してくれない主治医ですが、今回も慎重です。治る予定などは、看護師さんに相談する方が早くわかります。今の所、そ [続きを読む]
  • いよいよ今日は手術である
  • 夜が明けた。今日は手術の日。意外に落ち着いている。ただ、すこし早く目覚めすぎぐらいか。昨夜、睡眠導入剤を飲んだせいたのだろうか。目覚めは良い。今日は更新できないかと思っていたが、早く起きたおかげでブログを書く時間ができた。もうすぐ点滴が始まる。そうなると、手の自由がなくなる。その前に書き上げることとしよう。いよいよというか、やっとというか手術の日となった。朝、8時半に手術が始まる。1日がかりの手 [続きを読む]