gensenseikatsu さん プロフィール

  •  
gensenseikatsuさん: 厳選生活宣言
ハンドル名gensenseikatsu さん
ブログタイトル厳選生活宣言
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gensenseikatsu/
サイト紹介文使ってみてよかった家庭用品、インターネットサービス、本、その他自分なりに厳選したものについて書きます
自由文料理、家事などに便利なもの、やすくて使い勝手のいいもの、インターネット接続や、コンピューターなどについても紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 289日(平均2.5回/週) - 参加 2016/08/04 11:16

gensenseikatsu さんのブログ記事

  • アメリカ、北朝鮮の体制保証
  •  北朝鮮が初めて核実験をしたとされるのは、2006年。アメリカのイラク侵攻後、2005年に核兵器保有宣言をして、初の核実験となった。 理由は簡単で、イラクが大量破壊兵器(代表的なものは核兵器)を持っていないことをアメリカは確定的に知っていた、逆にそれがわかっているからこそ侵略された。とすれば自分の身を守るには、大量破壊兵器を持つしかない、ということになる。 そんなの口実だとも思われるが、イラクと同 [続きを読む]
  • 共謀罪で社会が変わる、おそらく悪い方へ
  •  テロとの関係を取り沙汰され、実際の法案でも「テロ等準備罪」などと説明される共謀罪だが、要するに、犯罪の実行に至らなくても、一定の犯罪については、話しあったりしただけで罪になるというものである。東京オリンピックができなくなる? テロ対策のために必要で、これがないと東京オリンピックは開催できない、というのだが、それなら東京オリンピックの閉幕までに時間を限定した立法を作ればよいのであって、最初からそれ [続きを読む]
  • 北のミサイル、北のミサイルと
  •  北朝鮮が、ミサイルの発射実験を繰り返している。もちろん、単なる交渉のネタとしてやっているデモンストレーションに過ぎない。そうでなければ、アメリカのミサイル防衛システムTHAADの配備を開始しているる韓国が日本以上のパニックになっているはずだ。さらに、この危機の中、安倍さんはゴルフで「英気を養っている」そうだから、実際には何の危機もないことをよく知っているのだろう。ということは、ミサイル飛来の際の避難 [続きを読む]
  • 左足ブレーキはおすすめ--2
  • 前回は、高齢者の事故が増えているかのように思わせる報道があって、恐怖心を煽られるかも知れないが、そんなことに乗せられないほうがいいこと、心配なら左足ブレーキという方法もあると書いた。その上で、安全性だけでなく左足ブレーキの様々なメリットについて挙げてみた。 今回は、左足ブレーキのデメリットと言われるものについて考えてみた。左足ブレーキのデメリットとされるもの1 左足で踏ん張れない 運転席には左足用 [続きを読む]
  • 左足ブレーキはおすすめ--1
  •  最近、アクセルとブレーキの踏み間違いといわれる事故が新聞紙面を賑わせている。特に高齢運転者が危険であるかのような報道の仕方が目立つのだが、例えば免許保有者10万人あたりの死亡事故件数を見ると、80代の運転者の場合、2005年では27件なのに対し、2015年では14件に減っている(警察庁発表の数字より)。70代では12件から5件と、これもまた減っている。もちろんこれには車の安全対策(ABSやエアバ [続きを読む]
  • 「夫に死んでほしい妻たち」
  •  小林美希著・朝日新聞出版。 一年ほど前に出版された本らしい。著者は一九七五年生まれの女性。面白い本だった。 話は、検索サイトで夫と入力すると、続く言葉の候補のトップに「死んでほしい」と出る、というところから始まる。もちろん、妻たちの多くが多かれ少なかれ共有する勘定を男は気づいていないだろう。かと言って、男の側は誠実に妻を愛し、大切にし、尽くしているのかというとおそらくそうではないだろう。少なくと [続きを読む]
  • 東北でよかった、などと思わない
  •  産経新聞に驚きのコラムが出ていた。 今村前復興大臣が震災が東北でよかった、という失言をして、即座に辞任した。多くの人が、また失言かとがっかりし、もはや追及はおろか問題にすることすら億劫になっているのではないだろうか。 それに輪をかけてうんざりさせるのは、マスコミの扱い方である。どうしても部数や視聴率を意識せざるを得ないのだろうが、大げさに扱ったり一部を取り出したり。それでも、一応は掘り下げて単に [続きを読む]
  • 自動ブレーキの事故
  •  以前スバルのCMで、障害物に近づいているのに運転手がブレーキを踏まない、だが車は自動で止まる、というのをやっていた。運転手は最初怖くて仕方がないという表情だったが、本当に自動で止まることに驚き、止まるとホッとする、そんなCMだった。もちろんこれはテストコースで行われた実験であり、公道で先行車に生身の人間が乗った状態で行うことなど考えられない。だが、そんな事故が現実に起こったらしい。 運転支援機能 [続きを読む]
  • ?銃剣道?
  •  剣道とか柔道という言葉も比較的新しいらしく、剣道は剣術や撃剣、柔道は柔術という格闘の技として存在していたらしいが、いつの間にか一つの礼儀作法や精神修養、鍛錬をイメージさせる「道」という名前がついた。学校などでもそのつもりで教育課程に取り入れているつもりなのだろうが、少なくとも剣道などはただの殺し合いのけいこであろう。 それに加えて、今回の学習指導要領では中学で必修となる武道の選択肢として「銃剣道 [続きを読む]
  • 衛星インターネットに期待
  •  日本のIT分野はどうも立ち遅れている感じがすると思っている人は多いだろう。日本は労働生産性の低い国であるとよく言われるし、携帯の世界でもガラパゴスと言われることが多々ある。これが本当かどうかはわからないし、あまり世界がどうだと右顧左眄するのもよくないかもしれない。それに、仮に本当だとしてもその原因について考察できる人は少ないと思う。好き勝手なことを口々に並べ立てるのがせいぜいで、またそれだから遅れ [続きを読む]
  • 納豆づくりのすすめ--2
  •  前回、たんぱく源として肉を食べろとばかり言われるが、大豆でいいのではないか、そして、大豆を発酵させた納豆なら更にいいのではないかということを書いた。 今回は具体的に納豆づくりについて書いてみたい。と言っても、それほど特殊な技ではないため、大した内容ではないかもしれない。準備 生の大豆(乾燥させたもの)を買ってくる。大体1kgあたり500円から1000円くらい。もちろん遺伝子組み換え食品は使わない。国産の大 [続きを読む]
  • 納豆づくりのすすめ--1
  • 最近高齢者も肉を、というより高齢者こそ肉を食べるべきという話をよく聞く。だが、その中身をよく吟味すると、問題となっているのはたんぱく質不足らしい。 特にタンパク質を原料として身体で作られるアルブミンという物質が少なくなると、認知機能の低下、脳卒中、心臓病のリスクが高まり、寿命も短くなる傾向にあるという。 そんな大事なことを書いている記事なのに、たんぱく質を摂取しましょうとは言わず、「肉などの」たん [続きを読む]
  • 教育勅語はいけない
  •  教育勅語を全面否定するのはおかしい、という意見は結構以前からある。私の記憶では、元首相の森さんが言っていたように思う。いいことも書いているじゃないか、ということなのだが、それは昔からある時計クイズと同じだ。「一日5分遅れる時計と、全く動かない時計、どちらが時間が正確か」というクイズともトンチともいえない問題が昔からあって、答えは全く動かない時計だという。一日5分遅れる時計は、一度も時間が合うことが [続きを読む]
  • 一人あたりGDP世界30位
  •  東洋経済さんの記事によると、日本の一人あたりGDPは世界30位に落ちたらしい。2015年が27位だったので、1年でランクを3つも落としたということになる(いずれもIMF発表の数字によるらしい)。 日本は世界第三位の経済大国、まだまだやれる、先進国でも上位層にランクされるはずだと思っている人も私のまわりには多い。ところが、記事によると、欧米では、一人あたりに換算して考えるというのが常識らしい。そう言われてみれば、 [続きを読む]
  • 物心ついたら日の丸・君が代
  •  厚生労働省は14日、保育所の運営指針について、2018年度からの改定案を公表し、3歳以上の幼児を対象に、国旗と国歌に「親しむ」と初めて明記した。 文部科学省が同日公表した幼稚園の教育要領見直し案にも同様の趣旨が盛り込まれた。ただ、保育所は学校教育法に基づく施設ではなく、保護者から幼児を預かる福祉施設であることから、専門家からは「過度の押し付けになってはならない」との懸念も出ている。 パブリックコメント [続きを読む]
  • 血糖値スパイクはこわい
  •  健康な人が、突然の心筋梗塞に襲われる。しかも、番組で出てきたのはは40そこそこの男性。調べてみると、血糖値スパイクが原因ではないかという。 こういう問題について放送したのが、2016年10月のNHKスペシャル。このときは見逃したのだが、先日再放送で見たので、その時のメモ。 血糖値スパイクとは、食後高血糖のこと。普段の空腹時血糖値が100未満で健康診断でも正常と判断されていたのに、食後90分、120分の数値が場合 [続きを読む]
  • 「神道」小学校にタダ同然で国有地『売却』
  •  財務省近畿財務局が、豊中市にある8770平方メートルの土地をある学校法人に1億3400万で売却した。ところが隣接する9492平方メートルの土地は14億2300万円で豊中市に売却され、現在は公園になっているという。この二つの土地、面積は1割も違わないのに、この学校法人への売却価格は10分の1となっている。その上、土地浄化の費用として国が1億3000万円負担するというから、差引400万円で売却したことになる。14億円と400万円では10 [続きを読む]
  • インフルエンザは治療しない、が世界標準
  •  以前、タミフルは効かない、という話をしたが、じゃあどうすればいいのか、という話になるかもしれない。 答えは簡単で、家で寝てればそれでいいということらしい。 これによると、「世界標準の治療指針では、入院が必要なほどの重症でなければ、リスクのない65才未満の成人には、検査も治療も必要ない」「インフルエンザとはいえ、風邪と同じウイルスによる病気です。放っておいても自然に治る病気(Self Limited Disease)で [続きを読む]
  • 家の電話(固定電話)はいらない
  •  厳選生活と言いながら、お薦めすべきものを厳選するよりも、食器洗い機を始めとしていらない物の話ばかりしているような気がする。だがそれもやむをえないのかも知れない。大体、日本は1970年頃に必要なものは揃ってしまい、いまはムダなものを削ることのほうが大事になってきている。そして、固定電話もそろそろその中に含めるべきときだとおもう。実際、総務省のデータによると、全体ではこの5年の間に85%から75%と10%利用が減 [続きを読む]
  • 福岡県教委の教育への介入
  • 産経新聞の記事なので、そもそも本当かどうかもわからないのだが、一応本当であることを前提に書くことにする。 それによると、福岡県の小倉南高校で、人権・同和教育の時間に配られたプリントには、「『労働力確保』のために、行政と警察の協力の下、日本に『連行』されてきました。いわゆる『強制連行』と呼ばれるものです。そして、軍需工場、鉱山、炭鉱などにおいて厳しい労働を強要されていきました」と書かれていたという。 [続きを読む]
  • トランプのほめ殺し戦略
  • やはり商売人というべきか、トランプさんはなかなかやり手だ。韓国との関係では、米国のトランプ大統領は30日、韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相と電話会談を行い、その中で「韓米関係は過去のどの時よりも良好だ」「米国は北朝鮮問題において常に韓国と100パーセント行動を共にする」などと述べた。(朝鮮日報日本語版)一方、日本との関係では、 28日の電話首脳会談については、トランプ大統領は「めった [続きを読む]
  • 国産牛がなくなったらもう牛肉はいらない
  •  ステーキのお店があちこちで話題になっているが、そういうところは米国産牛肉が多い、というよりほとんどだ。 以前、狂牛病が問題になったとき、韓国はがんばって米国産牛の輸入を阻止していた。きっこのブログとかいうところで、韓国の民度が低いなんてバカにする人がいるけど、あの国のほうがよっぽど国民のいのちを守ってるよ、ということが書かれていた。 ところがその韓国ですら、この記事によると「米国と2012年にFTAを [続きを読む]
  • 戦争を煽る外務省
  • Buzzapというサイトに、在英日本大使館が英シンクタンクに月140万円支払って反中キャンペーンを展開していたことが曝露されるという記事が出ていた。それによると、こういうことらしい。イギリスのシンクタンクThe Henry Jackson Society(HJS)がロンドンの在英日本大使館から月に10000ポンド(約140万円)を受け取り、反中プロパガンダキャンペーンを展開していたことを複数のイギリスメディアが伝えました。このメディアにはThe [続きを読む]
  • 結婚しないのはカネがないからか--2
  •  前回、記事の紹介と、自分なりのコメントを書いたが、実はそっちが付け足しというか前置きであり、本当はコメント欄だけをアップしようと思っていたのに、付け足しの方が長くなってしまった。 今回のせるコメント欄のほうが遥かに面白い。やはり収入問題であるという見解年収と簡単に言いますが、10年後に現在の年収より上がっているもしくは維持できると胸を張って言える人はどれくらいいるのでしょうか?何年も昇給はほとんど [続きを読む]
  • 結婚しないのはカネがないからか--1
  • 東洋経済onlineの記事、「生涯未婚」の原因は、本当におカネの問題か--「中間層」が消滅しても変わらない男女の意識と、それに対するコメントが面白かったので、ちょっと書いてみることにする。最初に私なりに思ったことをちょっと書いて、別記事でコメントを紹介しようと思う。 この記事は、一言でいうと、未婚者が結婚に踏み切れないのは、収入面のハードルを上げてしまっているからだという。既婚者の半数が、結婚に最低限必要な年 [続きを読む]