gensenseikatsu さん プロフィール

  •  
gensenseikatsuさん: 厳選生活宣言
ハンドル名gensenseikatsu さん
ブログタイトル厳選生活宣言
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gensenseikatsu/
サイト紹介文使ってみてよかった家庭用品、インターネットサービス、本、その他自分なりに厳選したものについて書きます
自由文料理、家事などに便利なもの、やすくて使い勝手のいいもの、インターネット接続や、コンピューターなどについても紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 326日(平均2.4回/週) - 参加 2016/08/04 11:16

gensenseikatsu さんのブログ記事

  • 豊田真由子議員と日本人--2
  •  前回、暴言と暴行で問題になった豊田真由子さんについて、この人だけじゃない、という話を書いた。実際に、男の議員だったらこういうのはたくさんいると擁護する自民党の関係者もいるらしい。それをどう捉えるか。政治家なんてこんな奴ばっかり、とニヒルな反応をすることもできるが、私は、政治家だけでなく自分たちの問題として捉えるべきではないかと思っている結局全ては権力 実は、細かく見ていくと、我々の日常生活でもそ [続きを読む]
  • 豊田真由子議員と日本人--1
  •  一瞬よしもと新喜劇かと思うこの発言、自民党(すでに離党届提出)の豊田真由子議員(42)が、運転中の秘書に対して、後部座席から浴びせた暴言だ。豊田 このハゲーッ秘書 すいません。○さんに行っていただく連絡をということで。豊田 違うだろ。(何か叩くような音)秘書 すいません。豊田 違うだろ(なんか叩くような音)秘書 すいません、運転中でもあるので豊田 違うだろ秘書 すいません豊田 ○から話を聞いて○ [続きを読む]
  • 若者の本音?
  •  若者に安倍さんを支持する人が多いと言われる。おそらく上の世代は「なにを考えているんだ」と言いたいだろうし、もし本音が聞けたら聞きたい。私自身もそう思っていたところに、http://blogos.com/article/229870/こんな記事があるのを見つけた。本の出版記念のトークショーで田原総一朗が、ある若者とやり取りしたものだ。男性 私は18歳で、たぶんこの会場の中では一番若いと思うのですが…私はいま、この国にとても絶望して [続きを読む]
  • ソフトバンク「おうちのでんわ」
  •  ソフトバンクから画期的な固定(?)電話が今日発表された。 ソフトバンク「おうちのでんわ」というもので、固定電話(03などの市外局番の電話、つまり家の電話)をソフトバンクの携帯無線に収容するというものらしい。そうなると、電話機から壁のジャックまで引いている線をソフトバンクの無線機につなぐだけで、今までの電話番号を変えないまま固定電話として使える。画像はソフトバンクのサイトより基本料金(月額)通常・ [続きを読む]
  • 加計学園の「怪文書」文科省が認める
  •  獣医学部が不足しているのかどうかについては、正直なところよくわからない。少なくとも私の住んでいる近隣では、新しくできる動物病院があり、潰れていく動物病院もある。全体としては数は足りているが、どの商売も同様、いい動物病院はいいし、悪いところは悪い。数が増えればそれでいいというよりも質を確保してもらいたいというのが正直なところである。加計学園の獣医学部なんてそもそもいるのか では加計学園はどうなのか [続きを読む]
  • 夫はもっと料理すべし?
  • 以下のニュース(時事通信:6月12日)より 政府は12日、父親が作る簡単な料理を「おとう飯(はん)」と銘打ち、子育て世代の男性に料理を促すキャンペーンを始めた。加藤勝信男女共同参画担当相が、PR大使に任命したお笑いコンビ「イシバシハザマ」の石橋尊久さんとともに「鶏もも肉のうま煮」に挑戦。容器に材料を入れて電子レンジで温めるだけだが、加藤氏は「数分でできるのに思ったよりおいしい」と満足げだった。 政 [続きを読む]
  • 有効求人倍率1.48倍?
  •  今朝、NHKのニュースを見ていると、いきなりスタジオの大型パネルに「1.48」という数字だけが大写しにされた。クイズ番組などでよくある、「これは何の数字でしょう?」というときに見られるパターンだ。答えは「有効求人倍率」。要するに、求職者数に対して、求人がどれだけあるかを倍率で表した数字で、例えば100人の求職者数に対して、148人の求人があれば、有効求人倍率1.48が成立することになる。ニュースでは、この数字 [続きを読む]
  • 内田樹さんの投稿
  •  本日24日、東京新聞3面に内田樹さんの「立憲主義廃絶への一本道」という投稿が掲載されていた。1 秘密保護法、安保法案、共謀罪は立憲主義廃絶への一本道である2 国は、相互監視、密告システムを作っていくだろう3 国民主権を廃絶する政党を選挙で選び続ける矛盾の合理性は何かという3つのことが書かれていた。墨塗り国家 秘密保護法については、気付かないうちに、我々は相当程度情報を隠されたまま、すでにやりたい放 [続きを読む]
  • 共謀罪への懸念
  •  国連特別報告者(国連の人権理事会の決議に基づき、プライバシーに関する特別報告をする)ケナタッチ氏が指摘するのは以下の諸点らしい(2017年5月21日東京新聞朝刊)総論法律の広汎な適用範囲によってプライバシーに関する権利、表現の自由への過度の制限に繋がる可能性あり各論277もの犯罪が、別表に規定されており、専門家にも一般人にも法の実際の適用範囲の理解を困難にする これは、別表に規定される形なのだが、例えばも [続きを読む]
  • アメリカ、北朝鮮の体制保証
  •  北朝鮮が初めて核実験をしたとされるのは、2006年。アメリカのイラク侵攻後、2005年に核兵器保有宣言をして、初の核実験となった。 理由は簡単で、イラクが大量破壊兵器(代表的なものは核兵器)を持っていないことをアメリカは確定的に知っていた、逆にそれがわかっているからこそ侵略された。とすれば自分の身を守るには、大量破壊兵器を持つしかない、ということになる。 そんなの口実だとも思われるが、イラクと同 [続きを読む]
  • 共謀罪で社会が変わる、おそらく悪い方へ
  •  テロとの関係を取り沙汰され、実際の法案でも「テロ等準備罪」などと説明される共謀罪だが、要するに、犯罪の実行に至らなくても、一定の犯罪については、話しあったりしただけで罪になるというものである。東京オリンピックができなくなる? テロ対策のために必要で、これがないと東京オリンピックは開催できない、というのだが、それなら東京オリンピックの閉幕までに時間を限定した立法を作ればよいのであって、最初からそれ [続きを読む]
  • 北のミサイル、北のミサイルと
  •  北朝鮮が、ミサイルの発射実験を繰り返している。もちろん、単なる交渉のネタとしてやっているデモンストレーションに過ぎない。そうでなければ、アメリカのミサイル防衛システムTHAADの配備を開始しているる韓国が日本以上のパニックになっているはずだ。さらに、この危機の中、安倍さんはゴルフで「英気を養っている」そうだから、実際には何の危機もないことをよく知っているのだろう。ということは、ミサイル飛来の際の避難 [続きを読む]
  • 左足ブレーキはおすすめ--2
  • 前回は、高齢者の事故が増えているかのように思わせる報道があって、恐怖心を煽られるかも知れないが、そんなことに乗せられないほうがいいこと、心配なら左足ブレーキという方法もあると書いた。その上で、安全性だけでなく左足ブレーキの様々なメリットについて挙げてみた。 今回は、左足ブレーキのデメリットと言われるものについて考えてみた。左足ブレーキのデメリットとされるもの1 左足で踏ん張れない 運転席には左足用 [続きを読む]
  • 左足ブレーキはおすすめ--1
  •  最近、アクセルとブレーキの踏み間違いといわれる事故が新聞紙面を賑わせている。特に高齢運転者が危険であるかのような報道の仕方が目立つのだが、例えば免許保有者10万人あたりの死亡事故件数を見ると、80代の運転者の場合、2005年では27件なのに対し、2015年では14件に減っている(警察庁発表の数字より)。70代では12件から5件と、これもまた減っている。もちろんこれには車の安全対策(ABSやエアバ [続きを読む]
  • 「夫に死んでほしい妻たち」
  •  小林美希著・朝日新聞出版。 一年ほど前に出版された本らしい。著者は一九七五年生まれの女性。面白い本だった。 話は、検索サイトで夫と入力すると、続く言葉の候補のトップに「死んでほしい」と出る、というところから始まる。もちろん、妻たちの多くが多かれ少なかれ共有する勘定を男は気づいていないだろう。かと言って、男の側は誠実に妻を愛し、大切にし、尽くしているのかというとおそらくそうではないだろう。少なくと [続きを読む]
  • 東北でよかった、などと思わない
  •  産経新聞に驚きのコラムが出ていた。 今村前復興大臣が震災が東北でよかった、という失言をして、即座に辞任した。多くの人が、また失言かとがっかりし、もはや追及はおろか問題にすることすら億劫になっているのではないだろうか。 それに輪をかけてうんざりさせるのは、マスコミの扱い方である。どうしても部数や視聴率を意識せざるを得ないのだろうが、大げさに扱ったり一部を取り出したり。それでも、一応は掘り下げて単に [続きを読む]
  • 自動ブレーキの事故
  •  以前スバルのCMで、障害物に近づいているのに運転手がブレーキを踏まない、だが車は自動で止まる、というのをやっていた。運転手は最初怖くて仕方がないという表情だったが、本当に自動で止まることに驚き、止まるとホッとする、そんなCMだった。もちろんこれはテストコースで行われた実験であり、公道で先行車に生身の人間が乗った状態で行うことなど考えられない。だが、そんな事故が現実に起こったらしい。 運転支援機能 [続きを読む]
  • ?銃剣道?
  •  剣道とか柔道という言葉も比較的新しいらしく、剣道は剣術や撃剣、柔道は柔術という格闘の技として存在していたらしいが、いつの間にか一つの礼儀作法や精神修養、鍛錬をイメージさせる「道」という名前がついた。学校などでもそのつもりで教育課程に取り入れているつもりなのだろうが、少なくとも剣道などはただの殺し合いのけいこであろう。 それに加えて、今回の学習指導要領では中学で必修となる武道の選択肢として「銃剣道 [続きを読む]
  • 衛星インターネットに期待
  •  日本のIT分野はどうも立ち遅れている感じがすると思っている人は多いだろう。日本は労働生産性の低い国であるとよく言われるし、携帯の世界でもガラパゴスと言われることが多々ある。これが本当かどうかはわからないし、あまり世界がどうだと右顧左眄するのもよくないかもしれない。それに、仮に本当だとしてもその原因について考察できる人は少ないと思う。好き勝手なことを口々に並べ立てるのがせいぜいで、またそれだから遅れ [続きを読む]
  • 納豆づくりのすすめ--2
  •  前回、たんぱく源として肉を食べろとばかり言われるが、大豆でいいのではないか、そして、大豆を発酵させた納豆なら更にいいのではないかということを書いた。 今回は具体的に納豆づくりについて書いてみたい。と言っても、それほど特殊な技ではないため、大した内容ではないかもしれない。準備 生の大豆(乾燥させたもの)を買ってくる。大体1kgあたり500円から1000円くらい。もちろん遺伝子組み換え食品は使わない。国産の大 [続きを読む]
  • 納豆づくりのすすめ--1
  • 最近高齢者も肉を、というより高齢者こそ肉を食べるべきという話をよく聞く。だが、その中身をよく吟味すると、問題となっているのはたんぱく質不足らしい。 特にタンパク質を原料として身体で作られるアルブミンという物質が少なくなると、認知機能の低下、脳卒中、心臓病のリスクが高まり、寿命も短くなる傾向にあるという。 そんな大事なことを書いている記事なのに、たんぱく質を摂取しましょうとは言わず、「肉などの」たん [続きを読む]
  • 教育勅語はいけない
  •  教育勅語を全面否定するのはおかしい、という意見は結構以前からある。私の記憶では、元首相の森さんが言っていたように思う。いいことも書いているじゃないか、ということなのだが、それは昔からある時計クイズと同じだ。「一日5分遅れる時計と、全く動かない時計、どちらが時間が正確か」というクイズともトンチともいえない問題が昔からあって、答えは全く動かない時計だという。一日5分遅れる時計は、一度も時間が合うことが [続きを読む]
  • 一人あたりGDP世界30位
  •  東洋経済さんの記事によると、日本の一人あたりGDPは世界30位に落ちたらしい。2015年が27位だったので、1年でランクを3つも落としたということになる(いずれもIMF発表の数字によるらしい)。 日本は世界第三位の経済大国、まだまだやれる、先進国でも上位層にランクされるはずだと思っている人も私のまわりには多い。ところが、記事によると、欧米では、一人あたりに換算して考えるというのが常識らしい。そう言われてみれば、 [続きを読む]
  • 物心ついたら日の丸・君が代
  •  厚生労働省は14日、保育所の運営指針について、2018年度からの改定案を公表し、3歳以上の幼児を対象に、国旗と国歌に「親しむ」と初めて明記した。 文部科学省が同日公表した幼稚園の教育要領見直し案にも同様の趣旨が盛り込まれた。ただ、保育所は学校教育法に基づく施設ではなく、保護者から幼児を預かる福祉施設であることから、専門家からは「過度の押し付けになってはならない」との懸念も出ている。 パブリックコメント [続きを読む]
  • 血糖値スパイクはこわい
  •  健康な人が、突然の心筋梗塞に襲われる。しかも、番組で出てきたのはは40そこそこの男性。調べてみると、血糖値スパイクが原因ではないかという。 こういう問題について放送したのが、2016年10月のNHKスペシャル。このときは見逃したのだが、先日再放送で見たので、その時のメモ。 血糖値スパイクとは、食後高血糖のこと。普段の空腹時血糖値が100未満で健康診断でも正常と判断されていたのに、食後90分、120分の数値が場合 [続きを読む]