Mwins さん プロフィール

  •  
Mwinsさん: あるバレエママの告白
ハンドル名Mwins さん
ブログタイトルあるバレエママの告白
ブログURLhttp://ameblo.jp/mwins/
サイト紹介文既にプロとしてクラッシックバレエに打ち込む子供達を、戸惑いながらも一所懸命応援するバレエママのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 354日(平均3.8回/週) - 参加 2016/08/04 16:26

Mwins さんのブログ記事

  • 長女がやって来た
  • 「韓国行きの資金を稼ぎたいから」と、1人で留守番してバイトに励んでいた長女が、冷夏のデンマークを脱出して、昨夜バルセロナにやって来ました。今日は息子の誕生日、明日は私達の結婚記念日、明後日は長女の誕生日。毎年7月22、23、24日の三日間はお祝い続きの我が家です。私達の結婚記念日は、中休みで、無視する年が多い事は秘密ではありません。長女がやって来たのは、弟の誕生日と自分の誕生日を家族と一緒に祝うためです。 [続きを読む]
  • カサ・ミラ
  • カサ・バトリョを見学し、その美しさ、ガウディの時代を先取りした建築デザインへの手法(リサイクル、建築工学)に、大感動しました。そして、サグラダ・ファミリア、カサ・バトリョ、グエル公園と並んで、バルセロナにあるガウディ4大傑作の1つ、カサ・ミラをどうしても見たい!と言う衝動にかられました。明日は息子の12歳の誕生日。11歳まではチケットが5.5ユーロ安い。だから明日以降ではダメだ!もう今日行くしかないでしょ! [続きを読む]
  • バダロナ・ビーチに赤い旗
  • バレエ・サマーも今日で4日目、軌道に乗って来たようです。娘のグループには地元のスペイン人が多く、その子達はスペイン語で話しているので輪に入り難いという欠点があるようです。でも英語圏からやって来た少数の子達と少しずつうちとけ、娘もサマーを楽しみ始めたようで安心しています。息子は、グループに男の子が2人だけ。男女別々のヴァリエーションのレッスンでは、ほとんど個人レッスンを受けている感じらしいです。「ラッ [続きを読む]
  • カサ・バトリョ
  • バルセロナで借りているのはアパートですが、週に一度掃除のお姉さんが来てくれます。ホテルに比べると格安の家賃なのに、なんて贅沢なんでしょう!と感謝しています。掃除のお姉さんが来るのは水曜日の今日。子供達をバレエ学校に送り出して、買い物をして帰宅したら、お掃除の真っ最中でした。邪魔だといけないので、サッサと買って来たものをしまって出掛ける事にしました。街をちょっとぶらぶらして、入ったのは、カタルーニャ [続きを読む]
  • サマー・インテンシヴ2日目
  • バルセロナ滞在も軌道に乗って、時間が過ぎる速度が増した気がします。子供達を学校に連れて行って、家事をして、迎えに行って、と言う日常的な毎日が始まり、地下鉄に乗っていて(あれ?私は今どこにいるの)と感じる瞬間がありました。利用しているバルセロナのメトロ、東京メトロと同じく色分けされています。サマーに通うのに利用するL2ラインの色は薄紫、懐かしい半蔵門線と同じ色です。メトロの駅はこんな感じ。電車の中から見 [続きを読む]
  • サマー・インテンシヴ 初日
  • バルセロナにやって来た目的の1つ「D&D Intensive Ballet Masterclass」(詳しくはこちら)がいよいよ始まりました。10日間のスケジュールは約1ヶ月前にメールで届いています。でも、インターナショナル・サマー初体験の私達には小さな不安がありました。送られたメールには「7月17日、10時-10時半ストレッチング、10時35分-11時50分クラス、、、」とレッスンのスケジュールしか書いてなかったからです。(初日は登録とかあるだろう [続きを読む]
  • ペドラルベス修道院
  • 再び日曜日がやって来ました。バルセロナで繰り返しがある時間の余裕、本当にありがたいです。初日に夕食をとった庭は、蟻の攻撃(寝室の蟻はお陰様で駆除されました)を受けるので、以来洗濯物を干す場所専門になり、食事は屋根付きのベランダで取るようになりました。そこがまたとてもいい雰囲気で気に入っています。大きな窓を全開にすると、いい風が入ってくるし、まるで外で食事をしているようです。お隣の庭のみかんの木が見え [続きを読む]
  • ティビダボの丘
  • バルセロナに来て一週間が経ちました。土曜日の今日「ティビダボ(Tibidabo)の丘の遊園地に行きたい!」と言いだしたのは、主人でした。ティビダボの丘とはバルセロナで一番高い場所。山の頂上にある教会が目印で、バルセロナの街のどこからでも見つけることができる場所、初日から気になっていたあそこの事でした。「ティビダボの丘からの景色は素晴らしいに違いない」「遊園地も古くて面白そうだ」「僕はガウディより、あの景色を [続きを読む]
  • 動物園の思い出
  • 今日のバルセロナ、午前中は曇りで雨も降る可能性がある、午後も最高気温は26°くらいまでと涼しい天気。そこで思い立った今日のイベントは「動物園に行く」でした。「バルセロナにまで来て何も動物園に行く事ないでしょ」と思われますよね?でも私にはどうしても行きたい理由がありました。それは、35年前に一度バルセロナを訪れた時にも行った場所、という理由です。あの頃は、有名な「白いゴリラ」が生きていて、その白いゴリラ [続きを読む]
  • サマー、スタジオの下見
  • 今日は、子供達が来週の月曜日から10日間通うバレエ・サマーのスタジオの下見に行って来ました。毎日10時から始まるので、今日も午前中にアパートを出発。会場はバルセロナの北端にあるので、バスとメトロを乗り継いで約40分かけて行って来ました。参加するのは「D&D Summer Intensive」 と言うサマー。日本でも開催されているのでご存知の方も多いかもしれません。私は去年、担当のタイナ先生の勧めで娘のクラスメートが参加して [続きを読む]
  • グエル公園で日の出を見る
  • 今日、私達の午前中最初の大プロジェクトは「早朝に無料でグエル公園へ入場する」でした。ガウディの世界遺産、どれもこれも高い入場料を払わなければいけません。もちろん建築物維持に貢献しているんだ!と思って観光客は素直に払えば良いのですが、あれも見たいしこれも見たい、となると入場料の合計が(家族連れには)バカにならない金額になります。そこで調べていて見つけたのが「グエル公園早朝無料入園」の記事でした。グエル [続きを読む]
  • 今週のリズム
  • 毎日、休暇の出来事を何となく書いています。今日の午前中、バルセロナのシャンゼリゼ、有名店が立ち並ぶグラシア通りを散歩して来ました。滞在中に一度は中に入ろうと思っている、ガウディの「カサ・バトリョ」の前も通りました。このグラシア通り、借りているアパートから歩いて10分くらいの場所ですが、ぶらぶらウィンドーショッピングして、昨日の市場で買い物をして帰宅したら、結構歩いたらしく、お腹がペコペコでした。そし [続きを読む]
  • 休暇中、普通の1日
  • 月曜日、仕事で来ている主人は出勤開始。休暇で来ている私達にも、普通の1週間が始まりましました。「とにかく先ずは買い物からね!」と近所のMercat de la Conceptio(コンセプシオ市場)と言う市場に行って来ました。初日に前を通って以来気になっていました。中はこんな感じです。言えるのは「オーラ」と「グラシアス」だけですが、取り敢えず「オーラ」とだけ挨拶して、後は「あれと、これと」と指差して、ほぼボディーランゲー [続きを読む]
  • 言葉
  • 私は夫の事を尊敬しています。惚気ているとかではなく、本当に凄い人なので人間として尊敬しています。(私より年下ですが、、、まあ歳は関係ないけど、、、)へ〜偉いな〜〜と感心することは、日々色々とあるのですが、旅行すると特に驚く事があります。それは言葉です。デンマーク人は、英語が流暢なのは当たり前ですが、主人は英語、フランス語は仕事でも使うので流暢どころか、そこらの現地人より正確かもしれません。それ以外に [続きを読む]
  • 楽園にアリ?
  • 到着して2日目の今日は、午前中、街をぶらぶらしました。私達のアパートはサグラダ・ファミリアの側で、有名なランブラス通りからは少し離れています。でも、歩ける距離なので、オリエンテーションを兼ねて先ずは徒歩で行って見ました。(帰りはメトロ)旧市街(ゴシック地区)で「大聖堂」や「王の広場」を見学したり、レイアール広場で「ガウディーのガス灯」を見たりしました。ランブラス通りを下りて「コロンブスの塔」まで行きま [続きを読む]
  • お手柔らかに〜〜!
  • 今朝、7時半頃、コペンハーゲン郊外。近所の湖を一周するのが、次女と私の夏休みの日課です。約8000歩!気温12°。そして、庭で夕飯!気温27°。でもここはバルセロナです。街の中心部の凄いアパートに無事到着して(何が凄いかはまた別の記事に書きます)取り敢えず、荷物を置いて、お向かいのスーパーで夕飯の買い出し。金曜日、我が家は魚の日。とにかくお腹が空いていたので簡単に冷凍のアサリ?でボンゴレスパゲティー!今は21 [続きを読む]
  • 7月なのに寒いよ〜〜
  • コペンハーゲンの天気予報。載っている温度は最高気温日中(12:00-18:00)の気温。来週の月曜日は、なんと、14°まで上がるようです!デンマークの夏は、いつも涼しくて過ごしやすいから好きですが、20°に達しないってどう言う事!?「夏は何処へ行ってしまったの〜〜?」バルセロナの天気予報。コペンハーゲンより毎日10°ずつくらい高いですね〜!でも7月のバルセロナにしては、気温が低いのかなぁ?これは全ヨーロッパの傾向なの [続きを読む]
  • ロスキレ・フェスティバル
  • 長男・次男の時は、卒業式後もバラバラとパーティーが続いた、と記憶しています。でも長女のクラスは、卒業式の後、ピタっとお祭り騒ぎが済んでしまい、(仲がいいクラスだったのに、以外とサッパリしてるのね〜?)と不思議に思っていました。でもその原因がわかりました。数少ない例外を除く、ほぼ全員のクラスメートがロスキレ・フェスティバルに参加しているのだそうです。長女は数少ない不参加者の1人です。バイト先のクレープ [続きを読む]
  • 青いバンドは取りやすい?
  • 高校卒業に関する記事が続いています。大きな祝い事なので、親の私も二日酔い状態なのかもしれません。昨日、購読している「Berlingske」と言う新聞に、気になる記事を見つけたので、もう1つおまけに書くことにしました。それは「王立劇場バレエ学校は246年の歴史で初めて高校卒業生を出した」と言う記事でした。以前は、中学卒業後、アスピラントとしてバレエに専念していました。バレエ団員と一緒にクラスを受け、公演にも出演 [続きを読む]
  • 成績は人間性の評価ではないけれど、、、
  • 昨日、卒業式に授与される紙を「卒業証明書」と書きました。それは、正確に書くと「卒業試験証明書」です。日本の「卒業証書」の様に、厚い厳かな紙、金のフレーム、筆字で「貴方は本学の全課程を終了した事を、、、」というおきまりの文章の記念証書ではありません。それは役所が発行する証明書に似ていて、実質的にその生徒の人生に大きな意味を持つものです。名前、CPR-番号(マイナンバー)、卒業年度、高校3年間に修得した単位 [続きを読む]
  • Vogntur(卒業生ツアー)
  • 今日は、長女の高校の卒業式の日でした。300人以上の卒業生に1人ずつ担任が卒業証明書を手渡し、校長のスピーチあり、生徒の歌あり、泣けてきたり、楽しかったり、とてもデンマーク的で良い卒業式でした。そしてその後あるのが、前回のブログでもチラリと触れた、伝統の「卒業生の家庭訪問」です。それは、卒業生がクラスごとに、飾りやバナーのついたトラックに乗って、卒業生全員の家庭を訪問する儀式です。昔は馬車で回ったそう [続きを読む]
  • 帽子の掟
  • 高校卒業試験合格者が被る帽子に関しては、実は掟や伝統がまだまだ沢山あります。例えば、「学生帽は、最後の試験に受かる前に被ると不幸が起きる」がその1つです。全員の試験が終わると、謝恩会みたいなものが高校で開かれます。生徒は全員帽子を被って参加します。帽子の裏の真ん中に、最後の口頭試験でとった評価の数字を書きます。パーティーの間に、クラスメートや先生が、お別れの言葉を帽子の裏に書いてくれます。仲のいい [続きを読む]
  • 学生帽(6月下旬の風物詩)
  • デンマークの6月の終わりの風物詩、それは学生帽です。6月半ばを過ぎると、ポツリポツリと独特な形と色の学生帽を被った、誇らしげな若者の姿が目に留まります。それが、6月の終わりになると、街中、学生帽の若者で溢れます。それは、こんな帽子です。事情を知らない観光客は、(何でこの変な帽子が、今デンマークで若者の間でこんなに流行っているのかなぁ?)なんて不思議に思うかもしれません。これは、高校卒業試験に合格した子 [続きを読む]
  • 夏休みの宿題
  • バレエ学校は、あさって終業式があり、夏休みに入ります。明日は恒例の遠足で、レッスンはお休み、ほぼ既に夏休みです。今年の遠足の行き先は「BonBon-Land」。私がちょっと苦手な場所です。理由は書きません。例年通り、デンマークにある遊園地の1つです。既に入学以来遠足で2度行っている所です。子供でさえ、もう行かなくてもいい、と言う場所なんです。幸い、明日は長女の祝い事があるので、特別学校から許可をもらって、我が [続きを読む]
  • エルダーフラワー(西洋ニワトコの花)
  • 6月、初夏のデンマークの名物は、何と言っても苺とエルダーフラワーです。今日はそのエルダーフラワーについて書きます。エルダーフラワーの木は、6月中旬から開花します。通りを歩いているとその香りに気づくくらい、街のあちこちに咲いています。エルダーフラワーは香りがいいだけでなく、味もいいです。傘状の花のところに衣をつけて揚げて、お砂糖を付けてデザートに食べたりします。日本のIKEAでも売っているようなので、エル [続きを読む]