Mwins さん プロフィール

  •  
Mwinsさん: あるバレエママの告白
ハンドル名Mwins さん
ブログタイトルあるバレエママの告白
ブログURLhttp://ameblo.jp/mwins/
サイト紹介文既にプロとしてクラッシックバレエに打ち込む子供達を、戸惑いながらも一所懸命応援するバレエママのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 233日(平均3.6回/週) - 参加 2016/08/04 16:26

Mwins さんのブログ記事

  • 先輩達、ごめんなさい
  • 9年生の皆さんにお詫びします。前回のブログで、ヴァリエーションが下手だった、なんて書いてごめんなさい。オリジナルの振り付けで踊っていなかったのは、踊れなかったのではなく、試験前に足の怪我でもしたら大変なので踊るな!と先生から言われていたからだったそうです。「お母さん、ジゼルのヴァリエーションどんだけ大変か知っているの!」「先輩達は、本当はキチンと踊りたかったのよ」と娘からお叱りを受けました。叱られ [続きを読む]
  • 「ブルノンヴィルと朝食を」ジェネラル
  • 今日は、デンマークが誇る世界初の(その事実を知る世界の人は少ないので、国内で勝手に誇っている感じですが)子供のカンパニー「Kompagni B」の公演「ブルノンヴィルと朝食を」のジェネラルの日でした。娘達は先週、普通学校部門の授業時間の大部分を使ってリハーサルに打ち込んでいました。明日から、計8回、合わせて約7000人のデンマークのティーンエイジャーを客席に迎えて、旧劇場で公演します。学校対象で、一般には売り出さ [続きを読む]
  • ゆく川の流れは絶えずして
  • 次女の普通学校部クラスの担任が、突然、学年が終わるのを待たず、1ヶ月半後に途中退職する事を発表した。こういう事は、デンマークで実に良くあることだ。やりたいと思っていた仕事が見つかったから、という理由だ。次女は、言い渡された時、5年半担任だったとても素晴らしい先生を失う事に衝撃を受けたようだ。娘の姿を朝礼で見ていた息子によると、「お姉ちゃんは泣いていた」そうだ。が、帰宅した時にはスッカリ立ち直っていた [続きを読む]
  • Giant Steps
  • 殆ど全ての新聞の批評家達が五つ星で絶賛する、現代振付家3人の作品のトリプル ビル「Giant Steps」。リハーサルを観た娘も一押ししていたので、凄く楽しみにしていましたが、やっと今日観ることが来ました。 ウェイン・マックグレガー(Wayne McGregor)の「Infra」イリ・キリアン(Jiří Kylián)の「Falling Angels」アクラム・カーンの(Akram Khan)の「Vertical Road」 どれも素直に惹きつけられて、目が離せない素晴 [続きを読む]
  • まだ見れるようになっていました
  • 今朝のライブストリーミング、下のリンクでまだ見れるようになっています。デンマークの視聴者用に撮られたらしく、デンマーク語版のサイトに載っていました(入学試験シーズンなもので、、、)YouTubeに載っていたので、そちらに替えました。言葉もバレエ用語以外はデンマーク語で、分かり辛いかもしれません。でもバレエ教育に興味がある方、是非どうぞ!5、6年生、いつもは男女別々にトレーニングしているので特別な例ですが、デ [続きを読む]
  • 春一番
  • 今日のデンマークは凄い風が吹いています。春一番かなぁ?ライブストリーミングを見る前に庭に干した洗濯物が、紐にグルグル絡まって、すごい事になってました。ライブストリーミング、日本から見る事が出来たでしょうか?見事にデンマーク語で、フランス語のバレエ用語以外、(何言ってんのよ〜っ)て感じだったかもしれません。生徒が向かい合って、お互いの動きを見ながら、お互いに学び合う、と言う新しい教育方法も見せてくれて [続きを読む]
  • ライブストリーミング3月15日
  • 明日(日本ではもう今日です)、3月15日デンマーク時間午前8時半、日本時間午後4時半(16時30分)。デンマーク王立劇場バレエ学校、小学校5年生と6年生のバレエクラスが、ライブストリーミングされます。突然バレエ学校のFBに載っているのに、さっき気付きました。息子が話していたのは、これの事でした。(なんで親だけにでも、もっと前もってちゃんと言ってくれないんだろう?ビックリさせるのが本当に好きな学校です)息子は5年生なの [続きを読む]
  • クロウタドリ(Solsort)
  • 今朝、朝焼けがとても綺麗でした。外に出たら、クロウタドリの鳴く声。朝日と一緒に動画におさめてみました。聞こえるかな?Oこちらは、YouTubeでみつけたクロウタドリの春の夕べの歌声。春だなぁ〜!と感じます。私の住むコペンハーゲン郊外では、これから半年間、クロウタドリの鳴き声は生活の一部です。良い季節の到来、嬉しい気持ちになってきました! [続きを読む]
  • ブルノンヴィルで水ぶくれ
  • 今週は、ポワントを履いたハードなリハーサルが連日続いたそうで、娘は足に水ぶくれがいくつも出来ていました。家に帰って来ると、まるで「戦士の勲章」であるかのように、得意げに血の滲んだタイツを見せてくれる日が続きました。なんのリハーサルをしていたかというと、「ブルノンヴィル・スクール 月曜日クラス」の特訓でした。昨日の金曜日、下級生に見せるためのリハーサルだったそうです。下級生に見せるだけにしては、大袈 [続きを読む]
  • 「ブルノンヴィルと朝食を」予告編
  • Kompagni Bが旧劇場で3月に行う公演のタイトルは、毎回「ブルノンヴィルと朝食を」に決まっています。でもその年の公演のテーマによって、サブタイトルが変わります。Kompagni B って一体何だったけ?と不思議な人は先ずこちらの記事をご覧ください。今年のサブタイトルは、今の所「Under Construction」らしいです。初日21日までに、また変わるかもしれません。衣装合わせも始まって、いよいよ完成間近みたいです。娘は毎日忙しく [続きを読む]
  • 春の香り、見つけました
  • 3月の色と言えば桃色なのに、デンマークはグレーな日が続いています。小鳥の声が朝晩良く聞こえてくるようになって、春なんだな〜と感じますが、吸い込む風は冷たくて、まだあまり春らしい空気ではありません。 ところが、道を歩いていたら、して来たのです。何って、「ニンニク」の香りが! それは誰かがニンニク料理をしている匂いではありません。 間違えなく「あの」香りです。 (えっ?こんなに寒いのに? [続きを読む]
  • 矯正なんて怖くない
  • 今日は、息子を歯医者に連れて行きました。治療でも、定期検診でもありません。もしかしたら、矯正をしなければならないから、写真を撮りに来るように、と連絡が届いたからです。 デンマークの子供の歯と歯医者について、以前書きました。良かったらこちらをお読み下さい。 定期検診で、矯正が必要かも?と判断されると、自動的に矯正コースのシステム入りします。そうなると親は何もしなくても、次のステップの予約が市 [続きを読む]
  • 三者面談2017年3月 娘編
  • 「お母さんも、お父さんも、口出さないでよね!」朝、きっぱりと言われたので、そう決心して挑んだ三者面談でした。でもそんな心構えは無用でした。「私の目を見て!あなたに言いたい事があるのよ。横の人達(私達のこと)は、いないって事にしましょう」デンマーク語担当から言葉をバトンタッチしたバレエ担当が、娘の目を見て最初にそう言ったからです。だから、私達は、ただひたすら美しい先生のお顔を横から見ているだけの面談で [続きを読む]
  • バレエ少女がトンカツ食べてる!?
  • 日本滞在中、友人とランチをした時、私は次女にトンカツを注文しました。すると、「バレエしているのに、トンカツなんて食べさせていいの!?」と、友人が驚くのなんのって、私の方がその反応にビックリしてしまうくらいでした。豚肉の美味しいデンマークに住む私達は、豚肉料理が大好きです。だからトンカツも普通に食卓に並ぶ一品です。バレエ学校に入学して6年弱、食事に関しては、「しっかり食べなさい」「特に炭水化物をよく [続きを読む]
  • バレエ学校授業参観日2017年3月
  • 朝8時半から13時半まで、途中45分のお昼休みを挟んで、ほぼぶっ通しで、娘のバレエのクラスを見学して来ました。8時半から10時 バレエのクラス10時から11時半 Pas de deux 12時15分から13時半 Kompagni B リハーサル子供達は私達が帰った後、引き続き15時までトレーニングがありました。帰宅したらお腹がペコペコだと思います。ただ見てただけの私でさえ、お昼を普通に食べたにもかかわらず、帰宅後、凄〜くお腹が空い [続きを読む]
  • ひな祭り
  • これは私の雛人形です。18年前長女が生まれた時に、両親が日本から送ってくれたものです。ガラスのケースも、全て無傷で届いたのが奇跡でした。二人のプロフェッショナルとも言える、丁寧な包装のお陰でした。毎年心から感謝して飾り、デンマークで雛祭りを祝います。ポカポカと暖かい春の日、窓からさし込む優しい光、楽しそうにお雛様を取り出す母親、バックに流れているのは、いしだあゆみの「ブルーライト ヨコハマ」。雛人形 [続きを読む]
  • バレエ学校評価表2017年春
  • バレエ学校では5月の最終試験前、秋と春、2度評価が出ます。その子の夏以降の可能性と適正を判断するために、とても大切な基準になる評価です。 評価表に関しては、秋に評価が出た時に書いたのでこちらをご覧下さい。 評価が出ると、授業参観があり、その後に三者面談があります。もし5月の進学試験で、不合格になりそうな場合、春の三者面談で、かなりズバリと言われるようです。今週の土曜日に授業参観があり、評価表 [続きを読む]
  • 灰の水曜日(Askeonsdag/Ash Wednesday))
  • 今日は灰の水曜日、キリスト教最大の祝日、復活祭に向けての準備期間、四旬節第一日目です。なんで「灰」かと言うと、この日は教会に行って、苦業の印に頭に灰をつけてもらうからです。四旬節には、内的な浄化を目的として、断食をします。昔は、40日間、1日一度の食事だけをとるようにしていたようです。今は、40日間と言うことはしなくなりましたが、四旬節の期間中2日、断食が課せられる日があります。その一つが、今日「灰の [続きを読む]
  • 熱が出てもKompagni B
  • カーニバルの後に、毎年起こる事、それは次女が風邪をひく事です。カーニバルは毎年日にちが違うのに、見事に毎年翌日に熱を出します。 そして今年も、、、。実は、昨日の朝から「喉が痛い」と言っていたので、学校は休むようにと言ったのですが、お祭り好きの娘は、張り切って出かけました。 そして帰宅すると、案の定微熱が出ていて、今朝の体温は38.1。当然休みますよね、普通なら、、、。私もきつくそう言いました。 [続きを読む]
  • Fastelavnカーニバル(断食前のどんちゃん騒ぎ)
  • キリスト教で一番大切なお祭りは復活祭(イースター)ですが、その前に40日間の悔い改めの期間があります。断食は毎年2月の中頃から3月初めの水曜日に始まりますが、今年はそれが3月1日です。昔は、40日間、お肉や卵を食べてはいけなかったので、断食に入る前にあるだけ食べてどんちゃん騒ぎをしました。今デンマークに残っているのは、どんちゃん騒ぎの習慣だけです。何をするか?と言いますと、「樽叩き」です。仮装をして集まって [続きを読む]
  • Sabbatår(ギャップ・イヤー)
  • 昨日雪が降った以外何も変わったことのない、バレエママとして、なんだかとても平穏で、暇とも言える一週間を過ごしました。帰宅した次女をつかまえて、学校の様子を尋ねる習慣には変わりはないけれど、返ってくる答えの内容は、物理だ数学だと普通学校の事ばかりで、バレエのバの字もありません。何の不満もなく、ストレスもなく、楽しく普通の中学2年生の毎日を過ごしているのだろう、という事で一応安心しています。一方、高校 [続きを読む]
  • 息子が日本でハマってしまった物
  • スクイーズ(Squishy)、むぎゅーっと、何度でも握っては開き、握っては開き、モチモチ、ムニュムニュ、ただそれだけの物なのに、なんなんでしょう、この感覚は!私まで病みつきになりそうな感じです。そして息子は、このSquishyに、すっかりハマってしまいました。デンマークの学校では、その存在を知っている子はまだいない様です。私達は、全く知りませんでした。が、日本でもアメリカでも大人気という事で、北欧の小さなこの国に [続きを読む]
  • 初心に戻ろう
  • 一週間の冬休みが終わり、我が家のバレエっ子達は昨日から元の生活に戻りました。日曜日の夕方、一週間の日本滞在から帰宅して、まだ時差ボケで疲れているのに、今日息子は公演に出演する為、夕飯後にまた劇場へ出掛けました。少しでも支えになる様に、私も付いて来て、いま学校の入口の階段に座って、息子を待ちながらこれを書いてます。ちょっと前までは、出演時間が短い演目の時は、毎回こうやって付いて来て待っていたものです [続きを読む]
  • ローザンヌ
  • ローザンヌ国際バレエコンクール見てます。皆んな、なんて上手で美しいんだろう!特に韓国勢が凄い、と私は思います。名前忘れましたが、可愛い男の子、一目ボレしました。スペイン人のあの女の子も、ルーマニア人のあの子も表現力豊か!イタリアからもいい子が来てました。今年は中国から、上海より北京ダンスアカデミーからの参加が多いですよね。北京の方は、デンマーク王立劇場バレエ学校と、深い交流があります。頑張っている [続きを読む]
  • 「Japanomania」観て来ました
  • 今日は、先生方の講習会があったので、息子は13時半に下校でした。3ヶ月に一度くらい、こう言うことがあります。 そこで、久しぶりに息子を学校まで迎えに行って、その足で、デンマーク国立美術館に向かい、今開催中の特別展覧会「Japanomania」を二人で見て来ました。今年は、日本・デンマーク外交関係樹立150周年です。これは、その記念展覧会みたいです。 19世紀終わりから、日本の芸術が、どんな風に北欧の芸術に影 [続きを読む]