smartstyle さん プロフィール

  •  
smartstyleさん: 羊の夜をビールで洗う
ハンドル名smartstyle さん
ブログタイトル羊の夜をビールで洗う
ブログURLhttp://smartstyle.hatenablog.com/
サイト紹介文自分のなかでブレないものと、流れ着いたところにある感覚について。
自由文父子2人のミニマルな日々を飄々淡々と綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/08/04 18:18

smartstyle さんのブログ記事

  • キラキラネームの基準とは?
  • 「キラキラネーム」ってあるじゃないですか。名前の読みに当て字を使ったり、そもそも読みが変わっていたりする名前。実はうちの子の名前も、読みも漢字もふつうだけど、その漢字はあまりそういう読み方をしない、という漢字を使った名前なので、「ちょっと読みにくいね」とか、はたまた「今流行りのキラキラネームですか〜。」と言われることがあります。違う!違うんだ〜。確かに名前考えるときに、命名漢字表を「あ」から [続きを読む]
  • 後退、そして飛躍。(幼児期の公文ワーク学習の記録)
  • 公文の幼児(年中〜小学1,2年生)向けワークを、小学校への入学準備としてやっていて、進み具合や気づきを都度ブログにまとめています。公文のワーク学習のここまでブログの過去記事を辿ると、ワークを始めたのは今年の2月からで...www.smartstyle-blog.netいきなり、同じ繰り返しが続く問題に飽きたり...(この頃はひたすら1だけを足す問題をしていた)www.smartstyle-blog.net繰り上がりの足し算の教え方を試行錯 [続きを読む]
  • ワンオペ育児とドラクエの両立。
  • 金曜日の夜なので、たまには世間一般的に全くニーズのなさそうな記事でも書いてみます。帰ってきてビール一本空けたから、ほろ酔いだし。ツイッターの方では既に何度かつぶやいていますが、先月夏休みに入った頃から、周りのゲーム好きのご多分に漏れず、ドラクエ11を始めています。(ドラクエ11は、PS4版と3DS版がありますが、私がやってるのは3DS版)一方で、わが家は、親子二人暮らしでワンオペ育児。「絶対、やる時間 [続きを読む]
  • Apple Watchのコンプリケーション、何使ってる?
  • どうも、こんばんは。皆さまもうお忘れかと思いますが、メインは子育てブログでありながら、実はApple Watchブログでもあった「羊の夜をビールで洗う」です。Appleの9月の新製品イベントの情報がでましたね!今回のイベントでは、新型のiPhoneはもちろんのこと、LTEを搭載した「Apple Watch Series 3(仮称)」も併せて発表されるのではないか...?と噂されています。そこでこのタイミングで、Apple Watchの基本機能の一つであ [続きを読む]
  • 子連れ再婚がテーマの、南Q太「ぼくの家族」を読んで、想像したリアル。
  • 先日、私の好きなマンガ家さん、南Q太さんの「ピンクペッパー」というマンガを、このブログで紹介したのですが、そのときに同じ作家さんで、子連れ再婚の夫婦を主人公にした作品があることを知って、こちらも読みたいな〜と思っていたのを、買って読んでみました。こちらは、既に新品や電子書籍では出回っていないようでしたが、Amazonの中古で状態のよいものを、250円前後(ほぼ配送料のみ)で手に入れられました。かなりニ [続きを読む]
  • わが家の面会交流事情を淡々と書いてみる。
  • お盆休みが明けた次の、この週末は母親との面会交流がある週なので、ここで一度わが家の面会交流事情について、淡々と書いてみます。というのも、離婚後の親子の面会交流については、ここ最近の「親子断絶防止法案」の議論や、今年の四月に兵庫県で起きた面会交流中の痛ましい事件などで、世間の関心が高まっているため、当事者の一人として実情を記しておくことに意味があると考えたためです。面会の頻度うちは協議ではなく、 [続きを読む]
  • 絵本から「ほん」への移行。
  • 子どもが寝る前の絵本の読み聞かせを継続してやっているのですが、子どもも来年には小学生なので、そろそろ一ページに文が三行程度の絵本から卒業して、もう少し文の多い絵本や、絵本ではない「普通の本」を徐々に取り入れていきたいなと思っています。けれど子どもが寝る前って、私も結構へろへろで電池切れ寸前なので、文章の多い本をこれまでと同じように、一回の読み聞かせで読み切るのは、やっぱり大変、っていうか無理。 [続きを読む]
  • 極端な人の考えを読んで、きっかけを掴む。
  • 自分のペースだけで生きていると、なんか今のままのやり方だとうまくいかないな〜、とか、悪いことが続いて流れが悪いなぁ、という時期があります。そんなときに、人並み外れて考え方が違ったり、行動が突飛な人の本を読むと、思わぬきっかけが掴めることがあると思います。今回は、そんな停滞のループを抜け出す特効薬(劇薬?)になるかもしれない、二人の女性が書かれた本を紹介してみます。山口絵里子 「裸でも生きる」 [続きを読む]
  • じぶんのことは、じぶんで。
  • 子どもは5歳で、来年には小学生なので、そろそろいろんなことを自分でこなせるようになってもらわないといけません。服を着る、保育園の鞄の中身を詰める、歯磨きをする、etcetc...けれど、自分でやってほしいことを子どもがやれるようにするには、往々にして忍耐が必要ですよね。朝の準備などは、こちらも時間がないので、未だについ私がやってしまったりとか。さらに、自分でやってほしいことの中には、ただできるのを待 [続きを読む]
  • シングルファーザーは管理職の夢を見るか?
  • 八月が始まって、最初の一週間が終わりました。実は、今働いている会社は七月が年度の締めなので、八月は年度の始まりでもあります。そこで、今回は適当にフィルターかけつつ、お仕事の話でもしてみます。年度が始まると、結構体制って変わりますよね。私が今いるチームでも、サプライズ人事はなかったのですが、少しだけ変化がありました。どういうふうに変わったのかというと、これまでは、上司(マネージャー)ードライさ [続きを読む]
  • おみずとエアコン
  • 夏は寝不足になりがちな季節だ。ただでさえ熱帯夜で眠りが浅いのに加えて、だいたい夜中の3時くらいになると、喉の乾きで目を覚ました息子くんが、私の体をトントンと叩いてくる。「ん...おみず?」コクっと頷く子ども。「はいはい。(テーブルのところまで)飲みにきな。」むくっと体を起こして台所まで歩き、子ども用のコップに生ぬるい水と、氷を一つ入れてテーブルの上に置くと、息子くんはそれを半分ほどゴクゴク [続きを読む]