青胴の人 さん プロフィール

  •  
青胴の人さん: 阪神電車情報局
ハンドル名青胴の人 さん
ブログタイトル阪神電車情報局
ブログURLhttps://hszyouhou.wordpress.com/
サイト紹介文阪神電車情報局の新版サイト公開しました! 目玉は資料館です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/08/05 10:16

青胴の人 さんのブログ記事

  • ジェットカー廃車・リノベーション
  • ジェットカーにおいては、5500系のリノベーションと5700系導入の二大事業が進められています。5500系5500系は竣工から20年ほどになり、順次リノベーションが進められています。猿でもわかる変化としては、内装の改良や、車体塗装が新色ラピスブルーになっていることが挙げられます。2017年10月時点では、5501Fと5503Fの2編成にリノベーションが施されています。5501F。近鉄のシリーズ21にも見られる、大きな転落防止ほろがアクセン [続きを読む]
  • 直に消えゆく架線柱―電路設備近代化の痕跡
  • 形あるものすべて壊れる。今回は、近い将来に高架化される伝法〜福についての架線柱についてのお話です。どの架線柱にも、昭和39(1964)年に設置した旨を示すプレートが貼られています。しかし、この区間が開業したのは大正13年。また、架線柱は1種類ではなく、2種類が交互に設置されています。怪しいですね。むかしばなし今でこそ難波まで繋がっている「阪神なんば線」ですが、1964年当時にはそうではありませんでした。当時は尼崎 [続きを読む]
  • 山陽6000系、阪神線内を絶賛走行中!
  • 山陽6000系が阪神にやってきて3週間。漸く「訓練車」として日中に走り回るようになりました。生憎「いい写真が撮れました」系や、Wikipediaの二番煎じをする気は更々ないので気の赴くままに書いていきます。山陽6000系って何?山陽6000系は3両編成の新型車両。2編成を連結し、6両編成にすることで阪神に乗り入れられるようになります。で、ここでのポイントは連結に制約があること。山陽線内では必要ないのに、阪神線内では必要に [続きを読む]
  • 阪神VVVF車における元空気ダメ圧力
  • 久しぶりです。ちょっと重めのを書こうとしたら筆が止まって一向に書き終わりませんでした。前半は読み飛ばして頂いて結構です。圧縮空気の意義鉄道車両では、伝統的に圧縮空気がさまざまな機器の動作源として使用されています。最近では動力源を電気へ替えるケースもありますが、ブレーキや空気ばね、ドアの開閉など数多なる個所でやはり圧縮空気が使用されています。世界を満たす大気を「コンプレッサー」で圧縮したものが圧縮空 [続きを読む]
  • 甲子園改良工事(H29 6/3) (阪神)
  • 上りホーム上りホームでは、ホーム延伸工事が続いています。↓↓↓↓また、既設部の上屋更新も、ホーム延伸に連動して実施されています。緑色の上屋が旧来のものです。その上に覆いかぶさる白い鉄骨が新たなる上屋です。視野を広げると、こんな感じになります。また、ホーム延伸にともなう出発信号機の移設準備も進められています。仮線撤去今年3月に武庫川〜甲子園の上り線が無事高架化されました。高架線を建設するに当たって設 [続きを読む]
  • 高架橋の高欄を見る
  • 現在進行形で高架化の進められている魚崎〜芦屋と、今年3月に高架化工事の終わった武庫川〜甲子園。当然ながら、数か月前までは両者が時を同じくして工事が進められていました。しかし、そうとは言えども、両者で高架橋の高欄が異なります。阪神電車で最も新しい部類に入る2つの高架区間について見ていきましょう。魚崎〜芦屋魚崎〜芦屋の高架橋高欄は「ホクコン」の製品です。100年の耐久性を誇る「超高強度繊維補強コンクリート [続きを読む]
  • PC枕木
  • 縁の下の力持ちの典型例ともいえる枕木。関西の私鉄では「関西鉄道協会型」と呼ばれるものを基にし、適宜アレンジを加えて使用されています。たとえば、左はK220SA(二重弾性締結)、右はK220BNA(ナブラ型)です。いずれもバラスト軌道に用いられます。また、最近の弾性直結軌道区間では、220VNNや、220VLN、205VNなども見られます。型番を連呼したのは字数増やしたかっただけ(おかしな箇所があれば、ご教示いただければ幸いです。 [続きを読む]
  • 甲子園駅改良工事 (阪神)
  • 甲子園から武庫川の間の上り線が3月に高架化されました。長らく停滞状態であった甲子園駅の上りホームの工事も、高架化を機に再開されています。上りホーム東端延伸本来ならば、2016年度中に終わっていたはずの甲子園駅改良工事。しかしながら、駅改良工事に連動していた高架化の遅れからか未だ竣工していません。特に、上りホームの東端部は線形の都合から高架化が終わらない限り、手が付けられませんでした。さて、高架化を機に [続きを読む]
  • 阪神ATSと近鉄ATSの分け目、桜川駅
  • 2009年より始まった阪神と近鉄の相互直通運転。相互直通に当たり、西九条と難波を結ぶ新線が開業したのは有名な話です。また、諸般の事情のため、桜川駅〜難波駅は近鉄の手によって運行されています。そのために運行上の境界と、運輸上の境界にねじれが発生していることも知られている話です。阪神と近鉄はそれぞれ異なった道を歩んできた会社であり、運行設備についても様々な差異があります。その中でも今回はATSを、特に阪神と [続きを読む]
  • なぜ列車無線アンテナは逆Lなのか
  • 車両の屋根上には、あたかも“L”の字を逆にしたかのようなアンテナが設置されています。このアンテナは列車無線用に設置されている訳ですが、どうしてこのような形をしているのでしょうか。周波数について私鉄の列車無線においては、150MHz帯(VHF)の電波が用いられることが往々にしてあります。阪神も例外ではなく、近鉄や山陽電車でも150MHz帯が使用されています。また、近鉄では防護無線が使用されています。防護無線とは、事故 [続きを読む]
  • 5500系リニューアル車―何がカギをにぎるのか。
  • 平成7年に発生した阪神淡路大震災では多くの被害が発生し、また、阪神電車も例外ではありませんでした。阪神淡路大震災により、計41両の車両が廃車されました。その内8両は普通系「ジェットカー」で、この不足分を埋めるために「5500系」1次車が製造されています。5500系1次車は平成7年11月、すなわち震災の発生したのと同じ年に登場したわけですが、そこから今年で21年になります。阪神電車においては震災の復興のシンボルとも言 [続きを読む]
  • 九条駅に場内・出発信号機が設置されている理由
  • 「九条」は折り返しのできない駅です。しかし、場内・出発信号機が設置されています。どうしてなのかを見ていきましょう。写真は中継信号ですが(自動信号機と半自動信号機一般に設置されている信号機は「自動信号機」と呼ばれます。前方の列車の在線状況に応じ、青や赤などを全自動で現示します。一方、場内・出発信号機は「半自動信号機」と呼ばれる部類に属します。自動信号機のように前方の列車の在線状況に応じた現示をするの [続きを読む]
  • 香櫨園駅でお花見日和??
  • 時がたつのは早いもの、桜が咲き誇る季節にまた巡り合わせました。阪神沿線の至る所に満開の桜が咲き誇り、車内からもたっぷりと見ることができます。さて、今回は「香櫨園駅から見る桜」をご紹介します。香櫨園駅は2000年前後に高架化されましたが、近隣住民の意見を反映したためか地上時代の雰囲気を残す駅舎になりました。ホーム中ほどには、地上時代から受け継がれたベランダが設けられています。ベランダはタイル張りで、緑色 [続きを読む]
  • VVVFジェットカーとノッチの意味合い
  • 自動車では、運転手がアクセルを踏むと、その踏み込んだ角度(開度)に応じてスピードが上がります。一方、電車では「マスコン」と呼ばれる装置を手で操作し、速度が上がります。例えば、ジェットカーのマスコンには4つの刻みがあり、刻みごとに加速の具合が異なります。運転士は列車の速度や状況に応じ、4つの刻みの中から適切なものを選んで列車を加速することになります。そして、この刻みのことを「ノッチ」と呼びます。これから [続きを読む]
  • こんにちは、2000系≪エイプリルフール≫
  • 武庫川線の車両を置き換えるため、新型急行系「2000系」が導入されることになりました。第一編成は3月25日に近畿車輛より陸送され、納入に伴う検査が実施されていましたが、入換作業の様子を写真に捉えることができましたのでお伝えします。1000系2両編成と共通運用を目指しているのでしょうか、前面デザインは1000系を引き継いでいます。5700系のデザインは「普通のやさしさ」を表現すべく円形を多用しているため、5700系の色違い [続きを読む]
  • ドアの下に三角マーク。これ何?
  • 5700系のドア下を見てみると、何やら三角形のマークがあります。また、長老的存在の7961形にもこのマークがあります。さて、この三角形のマークは何を意味するのでしょうか?ドアの仕組み車両のドアはどのようにして動いているのでしょうか。鉄道車両のブレーキは圧縮空気によって作動します。それゆえ、圧縮空気は編成中の全車両に行き渡っています。もともと圧縮空気はブレーキのために用意されていましたが、いつしか自動ドアに [続きを読む]
  • 8000系はいつ頃廃車になるのか?
  • 本線を走る車両としては、5000系の置き換えが進められています。しかし、今回はあえて8000系の去就について考察していきましょう。8000系の概要まずは8000系の概要から。8000系は1984年から約10年に渡って製造され、両数に関しては最大勢力を誇る形式です。運用可能区間は梅田〜姫路で、近鉄へは乗り入れられません。界磁チョッパ制御を採用し、メンテナンスの必要な直流のモーターを使用しています。その他の部分に関しても、VVVF [続きを読む]
  • 【祝】鳴尾駅付近高架化 +α武庫川線連絡線
  • 一昨年より工事の進められていた甲子園から武庫川の上り線が高架化されました。下り線は既に高架化されているため、上下線ともに高架線に切り替わっています。真新しい軌道を走る5000系電車。鳴尾駅鳴尾駅は甲子園駅と武庫川駅の間にあり、今回の高架化に伴って新たな駅舎も完成しました。地上線跡高架化によって役目を終えた地上線は順次撤去されます。既に全踏切道で遮断機は撤去されています。ナブラ型締結装置副標鳴尾駅付近の [続きを読む]
  • モノリンク式台車の「モノリンク」って何?
  • 鉄道雑誌やwikipediaで「モノリンク式ボルスタレス台車」や、「モノリンク式ボルスタ付台車」という単語を目にしたことはないでしょうか。いずれも、車体を支える台車の方式について表した言葉です。「ボルスタ」の部分に関しては説明がなされることは多いですが、「モノリンク」は割愛されることが多いです。今回は「モノリンク」にクローズアップして話を進めていきます。軸箱支持装置いきなりですが、「モノリンク」とは軸箱支 [続きを読む]
  • 甲子園駅改良工事(3/7)
  • 昨日撮った写真をベースにして、甲子園駅の改良工事進捗状況をお伝えします。甲子園駅改良工事の記事のために当サイトに訪れていただいている方も多い中、前回から一カ月ほどのブランクを開けてしまって申し訳ない限りです。臨時ホーム・臨時ホームから西改札へ降りる階段とその通路が新設されています。この階段の完成により、イベント時に使用される臨時ホームから地上へ降りる階段は3本体制となります。Before?After・仮設の架 [続きを読む]
  • 西宮駅ホーム上屋塗装工事(H29 3/5)
  • 西宮駅は阪神で第4位の利用者数を誇り、特急を始めとする多くの列車が停まる大規模駅です。西宮市内連続立体交差事業によって西宮駅の下り線は1998年に、上り線は2001年に高架化されました。もうすぐ高架化から20年近くになり、ホームではペンキの汚れもある程度目立っています。現在、西宮駅下りホームでは上屋の塗装工事が実施されています。工期は2/22(にゃんにゃんにゃん:猫の日)〜3/31です。現在は塗装の剥離作業が進められて [続きを読む]
  • 86年前の架線柱
  • 阪神電車は日本初の都市間電車で、四月には開業から112周年を迎えます。戦前から車両大型化や輸送力増強を見込んだ設備が建設されており、現在でも戦前の構造物が健在です。幾度となく実施された高架化により、戦前の設備が残る箇所は少なくなっています。逆に言えば、高架化がなされていない区間こそ戦前の構造物が健在です。阪神本線には、高架化がなされておらず、都市計画すら決定していない区間として堀切川〜芦屋・神戸市境 [続きを読む]
  • 列車案内表示機の表示変更の真実
  • 先日、主要駅に設置されている列車案内表示機内の駅名が一部変更されているとお伝えしました。列車案内表示機こちらは当初、サービス向上のために正式な駅名を表示すべく改良を加えたと考えていました。確かに間違ってはいないのでしょうが、それ以上に大きな変更があるようです。阪神電車で列車案内表示機を初めとする「旅客案内システム」の運用が始まったのは1990年のことです。このとき定められた方針は・大駅では詳細な列車案 [続きを読む]
  • 阪神・山陽・阪急のATSを支える思想
  • 資料館で公開すべく「阪神型ATS」の記述を進めています。調査開始から半年、本格的に制作に入ってから2か月余りになりますが、一向に完成する気配がありません。そこで、ひとまず「阪神型ATS」の冒頭部分を公開してみようと思います。阪神電車のATSは神戸高速鉄道の開業を目前に控えた1968年4月より使用されています。神戸高速鉄道は阪神、山陽、阪急の3社が乗り入れる路線です。また、阪神と山陽、阪急と山陽の相互直通運転もあり [続きを読む]
  • 山陽姫路、近鉄奈良へ〜案内表示機の表記変更〜
  • 終日2つ以上の種別が停車する駅では、ホームに列車案内表示機が設置されています。列車案内表示機では列車の種別や行先、付帯情報などが表示され、サービス向上に役立っています。また、列車案内表示機が設置されている駅では、「コンコース案内表示機」も整備されています。コンコース案内表示機は、これからホームへ向かおうとするお客さんに情報を提供します。表示の変更先日より、案内表示機で表示される駅名が駅ごとに順次改 [続きを読む]