ミカミトモアキ さん プロフィール

  •  
ミカミトモアキさん: 新規就農 どろんこ日記
ハンドル名ミカミトモアキ さん
ブログタイトル新規就農 どろんこ日記
ブログURLhttp://tomoaki-mikami.hatenablog.com/
サイト紹介文新規就農にむけてベテラン有機農家で研修中! てんやわんやの2人と1匹のブログ
自由文世界一周・山小屋・スペイン巡礼・長野県での田舎暮らし...etc.
すったもんだの末、新規就農目指して福岡の有機農家で研修を始めました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 229日(平均1.5回/週) - 参加 2016/08/05 16:16

ミカミトモアキ さんのブログ記事

  • 机上と畑。
  • こんばんは、夜はもっぱら農業の勉強をしているミカミです。夕飯を食べ、新聞を読み、エヘエへ丸の散歩が終わったら机に向かいます。最近読了したこの本には次のように書いてありました。『図解でよくわかる土壌微生物のきほん』横山和成 監修植物の細胞壁には、リグニン、セミロース、ヘミセルロースなどの高分子成分が多く含まれている。このうち、セミロース、ヘミセルロースは酵素で分解しやすいが、リグニンがそれらに [続きを読む]
  • 肚を決める。
  • (前日からの続き)この日も朝からMさんがいろいろ案内してくれることに。僕たちもここ(長崎県西海市西彼地区)を重点的に当たろうと決めていたので、2日目も付き合って下さるのはとてもありがたい。まずは社会福祉法人の理事長の女性に会わせて頂いた。施設に併設して、できたてピカピカのまるでマンスリーマンションのような寮があり、少しでもここの社会福祉法人でアルバイトをすれば格安で入居可能だそうです。Mさんも、まず [続きを読む]
  • 農地ナビより現地の方のナビ。
  • まだまだめげていないミカミ君はおハナさんとまたまた長崎県西海市へ農地を探しに行きました。まずは農地ナビというホームページで事前に調べておいた良さそうな農地(前回紹介してもらった空き家に近く、ある程度まとまった面積の耕作放棄地)を現場確認。(使ってみればわかるけど、農地ナビで良さそうな農地を探すのはかなり骨が折れる。)1つ目は小学校のすぐ横。土は粘土質の赤土。木々が生えだし、かつ傾斜もだいぶある。 [続きを読む]
  • 先祖になる。
  • 2011年3月11日、岩手県陸前高田に住む木こりの男性、佐藤直志さんはマグニチュード9.0の巨大地震と大津波によって自宅を壊され、消防団員だった息子さんまで失いました。そんな惨状のさなか、直志さんはある決断を下します。『家を建て直そう』材木は山からとってくればいい。田んぼを借りて田植えもしよう。仮設住宅には入らない。「先祖になる」は、そんな男気あふれる直志さんが数々の障壁を乗り越えて自宅再建へ挑む姿 [続きを読む]
  • 苗づくり始まる。
  • こんばんは、先日ジャンパーを洗うことを覚えたミカミです。冬の間、牧場での仕事中着られていたジャンパーはあらゆる汚れを身にまとい、道に落ちていても誰も拾わないようなひどい見た目でした。僕は”ジャンパーを洗う”という概念を持っていなかったのです。『それいいかげん洗えば?』というおハナさんの鶴の一声によりコペルニクス的転回が訪れ、”ジャンパーって洗っていいんだ”、と気が付いた僕はそのジャンパーを手洗い [続きを読む]
  • 佐世保へ。
  • 三寒四温。徐々に春の訪れを感じているミカミです。日によっては鼻水がノンストップになります。完全に杉植えすぎです。先日、農地を探しに佐世保へ。移住相談会から2週間後、担当の方から電話があり、僕が探している50aほどの農地がいくつかある、とのことで挨拶もかねて役場へ伺いました。<補足情報>50a=5000?サッカーのグラウンド(国際試合用)が約7000?まずはこのくらいから始めようと計画しています。農業畜 [続きを読む]
  • 切り干し大根と温水洋一。
  • 切り干し大根と切り干しニンジンをつくってみました。晴れの日に数日干しておくと案外早くしわしわになってきます。そこからもうひと押し、大根が少し飴色になってくるまで干します。完成品をつまみ食いをしてみると、うまみが凝縮されて濃厚な味。おいしいです。生の大根を切り干し大根にすると栄養価は、カリウムは約14倍カルシウムは約23倍食物繊維は16倍鉄分は49倍にもなるようです。(by『からだにおいしい野菜の便 [続きを読む]
  • 不覚にも舟をこぐ。
  • (前回から続く)2日目はまず長崎市役所へ。農業振興課の方、移住相談員の方(長崎市の)、農地中間管理を担当している方と面談。空いている農地2件と今度空きそうな農地1件を教えて頂く。午後さっそく2人で現場へ向かう。1件目は野母崎地区にある田んぼの耕作放棄地。歩いてすぐ軍艦島の見える砂浜に行ける。確かに軍艦に見えます。ただ、この農地は他の人が耕作している田んぼに隣接しているため、残念ながら有機農 [続きを読む]
  • 空き家・農地を見たり、無人島に上陸したり。
  • 定住先探し(農地・空き家探し)をするため、おハナさんと長崎に行ってきました。まずは西海市西彼地区と言えばこの人の名前が出てくる、地元の世話人的存在Mさんと待ち合わせ。移住相談会で対応してくれた相談員の方も来てくれました。(この相談員の方がMさんを紹介してくれた)Mさんはとても顔が広く、すれ違う人全員知り合いなんじゃないか、というくらいみんなに明るく気さくに声をかけていく。まずは事務所でお話。自己 [続きを読む]
  • 実のある半年。
  • こんばんは、おやつ大好きミカミです。就農したあかつきには、巨大なおやつBOXの導入をここに高らかに朗らかに宣言します。身内から財源についての詰問が予想されますが、これにつきましては福利厚生の充実という観点を前面に出し、論点をすり替えて答弁しようと思っている次第です。研修はじゃがいもの種イモを半分に切る作業。種イモは1ヶ月近く日光に当て芽出しをしてあります。写真の品種はメークイン。品種を問わ [続きを読む]
  • 一長一短。
  • わたくし、こういう者です。おハナさんが名刺をつくってくれました。まだ研修生なので双葉のデザイン。それを携え長崎県の新規就農相談窓口である県央振興局農林部西海事務所に行ってきました。これは西海事務所の隣にあるポートホールン長崎(旧オランダ村)。天気が良く青空がキレイ。まずは担い手担当の方に自分の就農計画について説明。その後、経営についてのアドバイスと土地柄などについて教えて頂く。西海市 [続きを読む]
  • 大根をつくるのは簡単!?
  • こんばんは、オーソドックスな音痴のミカミです。中学生の時は音楽の先生に指名され続け、合唱コンクールで3年連続の指揮者を務めあげました。名誉なのか不名誉なのか不明です。今日の研修は、・踏み込み温床用に少量で実験している堆肥の切り返し。・育苗ハウスの補修。(少しの破れは透明梱包用テープで応急処置)・鶏の水替え、卵とり。(今日は112個)・うねの整形、マルチはり。・鶏の移動。・冬野菜の収穫、調整。(大根、カブ [続きを読む]
  • 事態はときどき急展開。
  • こんばんは、小学生の時は冬でも半袖だったミカミです。本当は寒いけど同じクラスのあわちゃんが張り合って半袖で登校してくるので負けられませんでした。あわちゃんは半袖長ズボンだったので、半袖ハーフパンツだった僕が勝ったと思っています。今考えるとアホ丸出しです。さてこの前、アポイントを取ってあった長崎市役所の農業振興課の方と面談してきました。まずは僕が就農計画について説明。それから農業振興課の方から以 [続きを読む]
  • スコップについた土。
  • こんばんは、サトイモ大好きイモ男のミカミです。煮っころがされて味がしみ込んだサトイモのねっとり感がたまりません。今回特別にサトイモの全身をお見せします。コチラ。葉っぱが大きいですね。イモ部にズーム。親イモの周りにいくつもついている子イモたちを収穫して食べます。来年度の親イモにするイモは畑に穴を掘ってそこに埋めておきます。サトイモやサツマイモを収穫する時に使う剣先スコップ。作業 [続きを読む]
  • 移住相談会。
  • JR博多駅の駅ビルで開催された長崎県・佐賀県合同の移住相談会におハナさんと一緒に行ってきました。長崎県内の3つの自治体の移住担当の方に相談。どの方も丁寧に相談に乗って下さいました。相談の際には、自作した『就農計画概要』の用紙を渡して自分の考え・計画を説明。これが功を奏し、こちらの本気度が伝わったように思います。僕が作ったのは一見ざっくりした内容の『就農計画概要』ですが、これに至るには紆余曲折 [続きを読む]
  • 勉強会。
  • 先日、福岡県有機農業研究会主催の勉強会に行ってきました。勉強会は長崎県佐世保市にある先進農家さんの圃場見学と座学。まずは農園主さんお勧めのお弁当を頂きながら参加者の方々と懇談。こういった出会いも貴重です。お弁当もおいしかった。昼食後、農場主さんが説明しながら圃場を見学。ほとんどの畑の野菜が炭素循環農法で栽培されていた。ここでは炭素循環農法についての説明は省略。長くなりすぎるし、正直に言う [続きを読む]
  • 奥義!?天地返し。
  • こんばんは、勢いに乗ってプリンターを購入したミカミです。就農計画の用紙や名刺など、印刷物はこれから増える一方なので遅かれ早かれプリンターは必要になります。さあ、使いこなせるかな?研修は冬野菜の収穫が続いています。キャベツ紫のカブカリフラワーブロッコリーブロッコリーは、中央の大きな花蕾を収穫後、しばらくすると脇芽が育ち始め、こんな風にそこそこの大きさになります。もちろんこれも収穫して食 [続きを読む]
  • 石木ダム問題。
  • 書かなければと思いつつだいぶ遅くなってしまいましたが、僕たちは昨年の10月、定住地探しに長崎県川棚町を訪れています。川棚町は大村湾の北、佐世保市の東に位置する小さな町。町の中心部、直売所や公園、海沿いの道を車で回って見学。ここまでは可もなく不可もなく、という印象。最後に棚田を見ていこう、ということで川沿いの道を北上し、途中で右折。細い田舎道に不釣り合いな大型ダンプと離合し、巨大な採石場を横目に [続きを読む]
  • 定住先探し(外海・雪浦)
  • 人間がこんなに哀しいのに主よ海があまりにも碧いのです長崎県外海地区の志津文化村の石碑に刻まれている小説家遠藤周作さんの言葉です。これは道の駅に隣接している遠藤周作文学館。これは石碑近くの志津教会。志津教会からの眺め。これは大野教会。その近く。先週末、おハナさんと2人で就農地と空き家を探しに、下見も兼ね長崎へ行ってきました。初日は長崎市外海地区へ。空き家バンクや地域おこし活動をしている [続きを読む]
  • 失敗は成功のもと。
  • こんばんは、時代を後どりして二層式洗濯機を購入したミカミです。シンプル イズ ベストです。壊れにくく長持ちすると言いますし。これで十分。そして洗濯機が入っていた大きなダンボールを見て閃く。そうだ、堆肥をつくってみよう。前から自分で試しにつくってみたかったけれど、堆肥の枠にする板が手元になく、お金を使わずにどうにかできないかなあ、と思っていたところにやってきた洗濯機。そして僕が週3日アルバイトし [続きを読む]
  • 今年の運勢は!?
  • あけましておめでとうございます。フライングして大晦日からお餅をバクバク食べているミカミです。師匠からも牧場からもお餅を頂いてしまいました。ありがとうございます。とてもおいしいです。牧場のアルバイトはとりあえず昨年8月〜11月の3ヶ月間ということでしたが、引き続き研修が終わる(今年の7月いっぱい)まで週3日働けることになりました。よろしくお願いします。今日はおハナさんと師匠宅に新年のあいさつへ。あ [続きを読む]
  • 国境の町キゴマでタンザニア軍の兵士たちに取り囲まれる。
  • タボラから国境の町キゴマへ電車で移動。タボラ駅19:30発車の電車が待てども待てども来ない。同じく周りで電車を待つ地元の方々はゴソゴソと毛布を取り出し、それにくるまって寝だした。これは長期戦か?と思い、近くにいた人に声をかけてみると「明日の朝にならないと電車は来ないよ。」という、それもっと早く教えてほしかったー!!情報が得られた。駅の黒板に遅延のお知らせが書いてあったけど、僕はスワヒリ語を読めないの [続きを読む]
  • キックオフが遅れた理由はタンザニアならでは。
  • ムワンザからバスでタボラへ。オンボロバスは乾いた土の道を、もうもうと土ぼこりを巻き上げながらガタピシ走る。ところどころガラスのはまっていない窓があるので、車内には土ぼこりをふんだんに含んだ風が勢いよく舞う。ときどき現れる大きめの凸凹の上を通過すると、現地の乗客でさえ「ワオ!!」と言っちゃう規模のバウンドをする。ドスン!!5時間で着くと言われたタボラに8時間かかって到着。タボラは交通の中継地なだけ [続きを読む]
  • 良い百姓とは。
  • こんばんは、しもやけ大魔王ミカミです。はい、かゆいです。まあ毎年の事なのでもう慣れています。師匠は20年前から、生産現場のことを少しでも伝えようと、生産者と消費者が一緒になって学ぶ場をつくろうと、毎月1度集まりを開催してきました。趣旨は“農作業して、料理して、食べる。”を一年を通して学び体験できる、ということ。20年間で合計238回開催、参加人数は延べ6,600人。それも今年で最後。師匠もいろいろと思う [続きを読む]
  • 長靴に穴があいたなら。
  • こんばんは、さすらいのアイディアマンミカミです。ちょっとしたアイディアからすっとんきょうなアイディアまで幅広く取り扱っております。今日はコレ農業の必須アイテムのひとつ”長靴”この前、長らく履いていた長靴の甲部分にとうとう穴が開いてしまいました。水がしみてくるから長靴としてはもう使えない。でも穴というよりヒビ程度なので捨てるのは何だかもったいない。ということで閃いた。すね・ふくらはぎ部分をじょ [続きを読む]