Gonta さん プロフィール

  •  
Gontaさん: 日本が嫌いな日本人のブログ
ハンドル名Gonta さん
ブログタイトル日本が嫌いな日本人のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/gotousin-s491203/
サイト紹介文日々思ったことを
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 232日(平均4.1回/週) - 参加 2016/08/07 08:36

Gonta さんのブログ記事

  • 136.孤独死に対して
  • Yahooでこんなニュースが。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-01298660-sspa-soci 近年の日本人の人間関係希薄化を象徴するニュースではあるが、大変失礼な言い方をすれば、まだ40代であれば、自分の世話位自分でできなくてどうすんの?って話だ。 夫婦が円満だとしても、突然奥さんがなくなってしまう場合もあるだろうし、人生何が起こるかわからない。 だからこそ、そういう時に途方に暮れること [続きを読む]
  • 135.森友に興じるバカ議員ども
  • 日本はそんなに平和な国ではないはずだ。 総理の足を引っ張りたくて仕方がない輩が、半分どうでもいいような案件で国会を振り回し、いま議論すべきことが全然進んでいない。 国会議員の質がこんなにひどいとはね・・・どうやら、「揚げ足取り」を「仕事」と勘違いしている奴が多いようだ。 こういうバカ奴らを国会に送り出している我々有権者も重罪だけどさ。 本当に我々は投票行為を通じての議員選出だけに参 [続きを読む]
  • 134.具体的行動と成果の前に人は何も言えなくなる
  • 具体的な行動と成果ほど、人を黙らせる効果のある代物はない。 逆に、行動しなかったことの言い訳ほど、人をがっかりさせ、絶望させる代物はない。 でもほとんどの人が、後者になってしまう。なぜなのだろうか? 散々ここ20年ほど危機感だけをあおられまくったせいか、日本人全体が気持ち的に萎縮し、自信を無くし、がむしゃらさというか、野性味というか、勝ち抜く、やり抜く意欲みたいなものが根本的に欠如してい [続きを読む]
  • 133.私に縋り付いてきたのは駐在時の部下
  • 先日ここでも書き込んだ中国人との絶縁の件。 実は、相手は、駐在時の女性の部下である。駐在時は私は部下とは一線引いていたので、一切プライベートなやり取りはしなかったのだが、帰任後に誰に聞いたのか、突然私に微信で連絡を取ってきて、ずっと好きだったとか、いろいろ言いはじめたわけだ。 この部下は二人の子がいる立派な既婚者。にも拘らず、このありさまである。中国人が一途で貞操観念が強いなどとひとくくり [続きを読む]
  • 132.日本の食品安全性報道について
  • 中国で、核物質で汚染された食品が中国に輸入されている!の報道が3/15になされていることが大きな波紋を広げている。 こういうものは、実際に見てみるのが一番、ということでCCTVで探してみた。http://tv.cctv.com/2017/03/15/VIDEr21bkksZgsQFnmQufUa8170315.shtml(43分くらいから本件が報道されている) 福島の原発事故の後に「中国の法律で定めた、指定した日本の12県(関東中心)からの食品等の輸入を禁止する」と [続きを読む]
  • 131.李首相に中国語を褒められた日本人記者
  • 現地でもずいぶん話題になっているようだが、全人代の李首相の記者会見において、日経の記者の中国語のうまさに、李首相からお褒めの言葉があったようだ。 聞いてみると、発音はeを中心にやっぱり外国人なのだが、確かに非常に流暢で四声の使い分けが素晴らしく、聞き取りやすい。おまけに、現地の政治の用語をよく知っているな、という印象を受けた。 彼が話している単語は、中国語のニュースにある程度なじんでいると [続きを読む]
  • 130.とある中国人に絶縁宣言
  • 中国にいたときから思っていたのだが、少なくない中国女性は、感情的になったり、自分が連絡を取りたいのに取れない時など、電話やメールの攻勢が凄い時があったりする。 昨晩、まさにそんな状況が発生した。最近、微信にメッセージ等が届くといちいち通知が出るのもウザいので、アプリを開かないと分からない設定にしているのだが、 昨日久しぶりに微信を見に行ってみると、とある中国女性から、何十件ものメールと、何 [続きを読む]
  • 129.日本人が連携が得意って本当なのか?
  • 日本企業では、各社員の守備範囲が海外企業ほど明確になっておらず、そのせいで、部門間等各種連携を取るのが得意と言われるが、私は最近そうは思えなくなってきた。 他人の仕事に興味がない、自分の仕事さえよければいい・・・それによって、いろんな不都合を起こしてしまい、あとで火消しの為のすり合わせなんていう無駄な作業が頻繁に発生する。 お互い一声かけあえば済む話なのに、それさえもしない。どうなってんだ [続きを読む]
  • 128.黙ってしまった区民【育成会グランドフィナーレ】
  • 今日は、育成会長としてのグランドフィナーレ、総会での報告をしてきた。 いつもクレーマーとの呼び声が高い名物オヤジも来ており、ある程度骨のある議論になるかなと思いきや、一通り説明をしたら、何の質疑も出ず。ちぇっ、つまらないの・・・。質疑のない育成会の発表などここしばらくなかったらしい。 うーん、どうやら、区民が考えていた水準をはるかに上回ったことをやってしまったらしい。もう少し手を抜いても良 [続きを読む]
  • 127.育成会長もようやくグランドフィナーレ
  • 明日、総会で会計報告と宿題事項の報告をしたうえで、私の原案の審議→決議が終われば、晴れて育成会長の座もフィナーレの予定である。 今日この後最後の報告シミュレーションをするが、何を言うかは決まっているので、あとは、どういうか?だけである。 すべての区民から貴重なお金を頂き、我々はこの1年、育成会を運営することができた。会費をいくらにするとかそういう数字の話以前に、これらの方々全てに感謝をする [続きを読む]
  • 126.偏見という行為は固定観念の上書きができない能力しかないということ
  • 今日、NHKの深読みで福島の件が取り上げられていた。 偏見に苦しむ福島県民を思うと心が痛い。同じ日本人、住んでいるところがたまたま事故が起きた福島県というだけで。 流通するものの安全性については、供給側が何よりも気にするはずであり、実際厳しい出荷基準が設けられている。米なんて、全袋検査をしているのだから恐れ入る。 そこをクリアし、出回っているのだから、別に、米野菜酒魚、なんでも他県産のも [続きを読む]
  • 125.現場主義とは
  • 私は今の部署では、実質作業員から開始したたたき上げで、現在は3名の部下を持つ監督職として日々過ごしている。 中国に出向していた時は、現在と同じ位置づけの部署ではあるが、職位は2ランク上を任されており、現地の課長以下9名の部下がいた。 中国でも日本でも、変わらないのは、自分の思うように部署を変えていくには、「ぶれずに同じことを言い続けながら、時には彼らの目線になって、現場の課題を自分でも見て、 [続きを読む]
  • 124.プレミアムフライデーと業務効率化
  • プレミアムフライデーなるものが、わが社は一切話が聞こえてこないまま(笑)、ほぼ見切り発車で世間ではスタートしたようだ。実施企業は、たったの数%とか。 ま、こんなものを実施したところで、他の日にしわ寄せが行くだけなので有難迷惑だ。お役所や政治家の先生方の考える事って、我々庶民からするとナンセンス極まりない。 業務の効率化については、ここ数年、相当厳しくメンバーに指示し続けていて、私もメ [続きを読む]
  • 123.女性と仕事をする場合の注意点
  • 今年の育成会長としての業務も、あと2週間で完全に終了する予定であり、最近は通勤の時間に、2週間後の自治会総会における報告の話し方を練っている日々だ。 この手の、住んでいる行政区の役員をやる中では、主婦の皆様とかかわる事が多い。今年も、実質、私以外の役員さんは、大体奥様が参加されていたしね。 裏で何を言われていたかは知らないが(笑)、表向きは、2年目の我々3役と、1年目の3人は、コミュニケーション [続きを読む]
  • 122.日中友好という行為にはやはり違和感がある
  • とある日中友好組織のトップが中国で正式に逮捕された。 スパイ容疑をかけられているとか、中国の権力者たちの権力争いに巻き込まれたとか、真実はよくわからないが、何にせよ、今の権力者に睨まれてしまったということだ。 私は中国での駐在経験があるが、正直、日中友好など、大手を振って行うべきものではないと今でも強く思っている。 個人レベルで仲良くするしないは個人の勝手だが、この組織のように、ある程 [続きを読む]
  • 121.嫌な事でも率先してやるのが私流
  • 何度となく書いているわが区の育成会事情。 区民があれだけ会費・予算執行に対しての不平不満を育成会役員に毎年のようにぶつけていても、誰もそれに誠実に応えようともしない。※ずっと問題解決に動かなかった自治会も相当な芋だけどな。でもこれが、事なかれ主義、前例主義、出る杭になろうとしない日本の縮図なんだよね。 少子化によって、育成会世帯だけの会費では全く従来の規模の行事の運営は出来るはずもなく、会 [続きを読む]
  • 120.PTA関連でのニュースが
  • 今日Yahooのニュースで、PTAを拒否!一人の主婦の静かなる抵抗、という内容が掲載されていた。 そもそも子供のためのボランティア活動、の位置づけで始まったPTAという組織。近年は、結局、くじ引きとか、じゃんけんなどで、強制的に役員を順繰りに回していくというシステムで、共働き世帯が増える中で、親御さんたちの大きな負担になっている。 行事なんぞ、やりたい役員などいない。毎年こういう事やらなきゃならない [続きを読む]
  • 119.育成会長もあと1か月ちょっと
  • 今年一年どうなる事やら、と思っていた育成会長としての2016年度。 気が付けばもうすぐ2月。あと1か月ちょっとで退任となる(嬉) 振り返ると、今期自分が当初想定していた以上の成果が出ており、我ながらよくやったと思う。例年比30%近い費用の削減、そう簡単に出来るものではないのだから。 会費の値下げについてもシミュレーションはほぼ終わっており、あとは関係者との合意が取れるか、というだけになっている [続きを読む]
  • 117.愛情の強さを比較し始める事が何よりも苦痛
  • 若い時の恋愛で私が当時の彼女とよく揉めたのが、「愛情の強さ」に関してである。 女性は、相手を本気で好きになり始めると、全てを恋愛にぶつけてくるくらい情熱的かつエネルギッシュになる。しかし、私はそういう猪突猛進の女性に対しては、若干引き気味になる(かといって、一切避けたりはしないのだが)のが常であり、往々にしてお互い愛情の強さは一致しないもの。うまくできている。 で、こういう場合に必ず言われ [続きを読む]
  • 116.恋愛に関しての色んな記事を読むと・・・
  • 私は10代の時は、女性から気持ち悪いと言われたりと、決してもてるタイプではなかった。 それが、25を過ぎたあたりから突然モテ期が来て、なんで?と面食らったことは記憶に新しい。 ちなみに、私は恋愛マニュアルの類は一切読んだことがない。人の感情というものを、本で理解しようというその考え自体がそもそも嫌いだし、読んだところで理解できるわけがないからだ。 で、最近になって、興味本位でネットでいろい [続きを読む]
  • 115.周囲にとにかく離婚経験・再婚経験者が多い
  • 子供が学校に行き始めると、特に妻の関係でいろんな保護者とかかわる事になるが、いやはや、離婚経験者・再婚経験者がとにかく多い! ま、結婚式の時に誓った、永遠の愛など、いかに嘘っぱちで、誓うだけ無駄なものか、よくわかるというものだ。 色恋沙汰が絡むために惑わされがちだが、愛してるだの、好きだの言ったところで、所詮他人であり、一つの人間関係である。 そんな二人が、そうそう簡単に信頼関係が出来 [続きを読む]
  • 114.中国女性とウマが合うタイプ、合わないタイプ
  • 中国女性との国際結婚は年間一万件近いが、当然これだけの数になるとウマが合う合わない、という話はいろいろある事だろう。 今まで、ある程度の数の中国女性を見てきた中で、中国女性とウマが合うタイプ、合わないタイプについて思うところはあるので、少し書いてみたい。 ◎共感できるかできないか?厳しい競争社会を生き抜いている中国人にとって、自己主張をすることが何より大切であるため、相手から共感を得るとい [続きを読む]
  • 113.中国慰安婦歴史博物館
  • THAADですっかり韓国との関係が冷え込んでいる中国だが、過去の反日共闘の果実がこれだ。 慰安婦慰安婦と、戦後からこれだけ経っても、騒ぎ続ける両国の神経にはほとほと呆れる。 我々はその時代を生きていたわけではないので、日本と両国の主張を客観的に眺めているしかない。今更騒がれたところで、「で何か?」としか言いようがないしね。 というのが普通の感覚のはずだが、両国には、大本営の言う事をうのみに [続きを読む]
  • 112.私が帰国後にいろいろ気づいたお隣さんとの付き合い方 陰編
  • 前回、中国人と個人的に深い人間関係を築くことは可能であるという内容をあれこれ書いたが、ほぼ「陽」の部分しか触れていない。 陽があれば必ず陰もある。良い面だけに光を当てれば真実を見誤る。よって、今回は陰に少し触れてみたい。 ◎一般的な中国人には、理屈が驚くほど通用しない→日本人よりはるかに動物的というか・・・ 夜に歯を磨くのはなぜか?をいう命題を取っても、「夜寝ている間に雑菌が口内に繁殖 [続きを読む]