ゆりパパ さん プロフィール

  •  
ゆりパパさん: 自閉症をあきらめない〜2歳半からABA
ハンドル名ゆりパパ さん
ブログタイトル自閉症をあきらめない〜2歳半からABA
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/natsu260115/
サイト紹介文2歳半で自閉症(言語社会DQ40)と診断。ABAを始めて、驚きの成長を遂げました!5語文喋ってます!
自由文次男が2歳半で自閉症(知的障害あり)と診断されました。即座に、ABA療育法を開始。驚くほどの成長を見せてくれています。診断外れる!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 262日(平均7.9回/週) - 参加 2016/08/07 16:21

ゆりパパ さんのブログ記事

  • ブレない次男
  • 幼稚園に入園して、3週間。明確に成長したと分かることは、「今日、幼稚園で何した?」という質問に、当初は「せんせいとばいばいした」だけだったのが、応答のバリエーションが増えたことです。昨日も、ママの「何した?」攻撃に、「ばいばいのうたうたった」「お友達にしょうぼうしゃどうぞした」「おかたずけした」「おえかきした」「おべんとうたべた」「みぃちゃんにしょうぼうしゃどうぞした」とたくさんの経験を話してく [続きを読む]
  • 朝から失敗
  • 土日開けは、私もそうですけど、次男も幼稚園に行くのが心の負担だろうなあ、と思って、励ます意味でも、パパも一緒に幼稚園バスのお見送りをしたいという気持ちがあります(少し仕事の調整が必要なのですが)今日も朝、出かける準備をしていましたが、朝の弱い私は、妻からすると「何をのんきにやってるの」という感じでのろく、妻と次男に先に行ってもらうことにしました。次男が「パパだっこ」とせがみましたが、「後でね〜」 [続きを読む]
  • 闘いゴッコでヘトヘト
  • 昨日、仕事の疲れが取れ溜まっているのか、リビングのソファから張り付いて動けない私。少し風邪気味でもありました。そんな私に容赦なくぶつかってきたり、突撃してきたりする次男ふと思いついて、私の方から「ジュウオウ、キッーク」(←適当)とか言って、ねっ転んだまま蹴りを入れるフリをすると、キャッキャと喜んでいる。以前、つみきプログラムで「やり返し」という課題をやったことがあるのを思い出すとともに、長男とは [続きを読む]
  • 療育センターに通ってみて
  • 散々、いくかどうか迷っていた公的な療育センターですが、毎週水曜日に幼稚園を休み、3回ほど通った感想1クラス9人に先生は3人。充分な支援体制ですやっていることは、朝集まって、ご挨拶したり、手遊びしたり、パズル等の課題、そして外遊びなどなど。やはり個別療育とは違い、全体での活動が主となっているようです。だからアセスメントとか、個別支援計画とかはないように思われます。当たり前ですけど、ABA的な要素は全く [続きを読む]
  • 幼稚園の転園も視野に
  • まだ幼稚園に入って3週間ですので、今すぐにというわけではありません今行っている幼稚園は家から少し離れたところにあります(といっても徒歩15分くらい)でも、ほんの歩いて3分くらいのところに、別の幼稚園があるのです。なぜ離れたところにしたのかというと、今の幼稚園の方が規模が小さく、先生の目が行き届くアットホームな幼稚園だから、という積極的な理由と、近所の人ほとんどが通う近くの幼稚園は(よく言えば自由 [続きを読む]
  • あれもやりたい、これもやりたい
  • 妻が見つけてきた、スポーツ療育の事業所が市内にあります。運動面からの療育アプローチで、受給者証も使えるのが魅力です体操を通じて、規律正しさや、指示に従う姿勢を身につけられるんじゃないかなあ、と、目算。ただ、少し遠い(ドアツードアで1時間弱)のがネックです。前だったら絶対に飛びついていたと思いますが、今は幼稚園を最優先に考えているので、ちょっと難しいかな、と思っています幼稚園はもしかしたら次男の成 [続きを読む]
  • 3歳3ヶ月の様子
  • 幼稚園入園という一大イベントを通過して迎えた3歳3ヶ月の様子(記録)です。○会話について、少しずつ少しずつですが、形が見えてきました。ママ「今日、なにした?」次男「おうた、うたった!」ママ「あと、なにした?」次男「あそんだ!バイバイした!」でも、これは会話というより、ぶつ切りの応答を重ねているだけのような気もします。なので正確には「応答が進歩した、会話はまだまだ」ということなのかもしれません。○ [続きを読む]
  • 無謀な!?挑戦
  • まあ、親バカですけど、次男の制服姿があまりにも可愛いもんですから、これはちゃんと写真に収めなきゃなあと思いつつも、ジッとしていられない次男が、簡単に写真を撮らせてくれるとは思えないでも、あれやこれや頭の中で考えても仕方ない、ダメ元でやってみよう!ということで、先ほどスタジオアリスに行ってまいりました。まあ案の定、じっとしてられなくて、アリスのお姉さんたちも四苦八苦してたのですが、次男はいつもそう [続きを読む]
  • 幼稚園に行って帰ってくるだけで、それは凄いこと
  • 昨日の朝からの22時間勤務により、今日の朝に帰宅した私。(タクシー運転手でも、医療関係者でもありません)家に帰ってる途中で、嬉しいことに気づきました。もしかしたら、ちょうど次男のバスのお迎えに間に合うかも家の近くのコインパーキングに8時17分、が幼稚園バスの時刻です。出勤途中の皆さんが、上り方面に向かう中、逆流するように家路を急ぐ私。案の定、8時過ぎに最寄駅に到着し、歩いて10分ほどでコインパー [続きを読む]
  • 悪夢再び?〜癇癪スイッチを探す〜
  • 昨日から、療育センターがスタートしました!これからは毎週水曜日は幼稚園を休み、療育センターへの母子通園というスケジュールとなります。幼稚園も2日連続で行って疲れてるし、ちょうど良いかもなあ、なんて気楽に考えていましたが、甘かった療育センターでも、幼稚園の入園式の時のように、ヤダヤダのオンパレード発動だったそう…療育センターの先生方が、それをなんとかしようと一生懸命関わろうとするのですが、ABA的 [続きを読む]
  • 決意の「バスのろう!」 〜通園2日目〜
  • 先週、私は2回完徹し、そのうち1回は朝9時に出勤して翌々日の深夜2時に帰るという、連続40時間勤務となったもんですから、さすがに会社側も、これはマズイとなったようで(そりゃそうだ)徹夜勤務になった場合には、翌日の午前中は休んでも良い、ということになりました。で、おとといの月曜日も、これまた帰宅時間が深夜3時になったもんですから、早速、火曜日は午前休を発動しました。ですが、これは私にとっては願って [続きを読む]
  • 幼稚園初日!ホントにホントに頑張ったね!
  • おととい(日曜日)の夜、寝る前に、ママと次男が、こんな会話をしていました次男「ママ、ようちえん、たのしみ!」ママ「幼稚園、楽しいよ!」次男「うん!」ママ「バス乗って行くんだよ」次男「そっか、バス、のるんだ!」(話は逸れますが、ここ一週間、私の仕事が激務ゆえ次男とほとんど会えなかったうちに、次男の会話力が急激に伸びていて、正直驚いています)この良い流れを崩さないように、当日の朝も、幼稚園は楽しいよ [続きを読む]
  • 落ち込む妻を元気にするにはこれしかない!
  • twitterはじめました!←ここを 日曜日の午前中、妻がリビングのテーブルに突っ伏してまして、どうしたのか聞くと、入園式がダメージで元気が出ない…との事。いつも元気な妻の、そんな姿を見たのは初めてだったので、なんとか元気付けたいと思いまして…。元々、桜を見に行こうと予定していましたが、雨模様でそれも叶わず。そしたら、残るはこれしかないでしょう飯(笑)いつもは、ローン支払いや、子供達の教育費や、将 [続きを読む]
  • 明日入園式を迎える方々へ
  • 昨日の入園式では、とても大変で、私は、途中で抜けだそうかと何度も思いましたが、妻はずっと参加することを選択しました。どっちが正解というのはないと思います。無理しなくたって良いと思うし、ただ私たちは、たまたま結果的に、最後まで参加するという選択をしたにすぎません。昨晩、何気なくネット検索をしていたら、ヤフー知恵袋の中に、問題行動のある子が行事に出るべきか悩んでる方に対して、以下のような意見があり、 [続きを読む]
  • パパもママも息子も疲弊する中、リタリコの先生に救われた
  • 昨日の入園式での、1人だけパニック状態の次男への対応で、さすがのママも疲弊したようです(本来、肉体的にも精神的に強いタイプですが。)私は、もともとその前日に休憩なしの40時間連続勤務(ブラックすぎる…)を行っていたので、肉体的にボロボロだったところに、次男の大暴れが重なって、より、一層疲弊。そして、息子も、やはりストレスで疲弊していたと思います。昨日は、入園式の後、リタリコだったのですが、リタリ [続きを読む]
  • 幼稚園入園初日で、課題が浮き彫りとなる!
  • 本日は幼稚園の入園式先に結論を言いますボロボロでした〜(笑)式典中、とにかくジッとしてられなくて、ヤダ!とか帰る!とか泣いたり、叫んだり。妻の表現を借りるなら、まるで「憑き物がついた」かのような機嫌の損ね方でしたそして、解散になった途端、その憑き物がスッと取れたかのように、いつもの様子に戻る次男。先生にも機嫌よくバイバイして帰ってきました。半分はガッカリ。半分はやっぱりね、という感じです。今日、 [続きを読む]
  • 幼稚園入園を前にして、分かりようもない未来を考える
  • 幼稚園入園まであと3日!入園後の様子は、本当に想像できません。だからこそ、考えなくて良いことまで、ぐるぐると考えてしまいます。例えば、担任の先生のこと。どうやらベテランの方で、妻が一回会った印象では、少し厳しい雰囲気のようです。ベテランということに関しては、良い想像をすれば、これまでたくさんの子供達を見てきたわけですから、色々な対処法を知っているかもしれないという期待がありますが、悪い想像をすれ [続きを読む]
  • ただのイヤイヤもプロには違いが分かるらしい
  • 先週の土曜日は、久しぶりにリタリコに私も同行することができました。ここの長所の一つが、モニターでセッションの様子を見ることができることです。今回は、「次パズルやる?」→「やらない!」などと、いつにも増してイヤイヤが目立っていた(かつ少し感情的)ので、セッション後の面接で先生にその点を聞いてみると、先生の見方は少し違って、崩れても、立ち直りの早さに、むしろ成長が見られるとのことでした。ただ、リタリ [続きを読む]
  • 切る!切る!切る!の意義を解説する
  • 土曜日に通っているT幼児教室で、以前からハサミを使うことを推奨されていましたが、「そのココロは」の説明がありましたのでご紹介。右手と左手で違うことを同時に行うことが脳の発達に大事だそうで、そのために、ハサミを使った工作が最適なのだとか(なので手遊びとかで左右非対称の動きをさせても良いわけです。もしかしたら、ピアノとかも非常に良いかもしれません)これをパラレルアクションといい、右手と左手で違うことを [続きを読む]
  • 感想☆ひらめきで自閉症と闘う異端の出張カウンセラー
  • 以前、ブログに書いた、フジテレビのドキュメンタリー「ひらめきで自閉症と闘う異端の出張カウンセラー」を視聴して、色々思うところがあったので、感想を書きます(長くなりますが)(以下感想)カウンセラーの奥田健次さん。「異端」というくらいなので、どんな魔術のような手法を使うのかと思ってましたが、ABA漬けの毎日を送ってきた私には、ABAの基本原則に忠実にカウンセリングを実施しているようにみえ、特に驚きはありま [続きを読む]
  • 少しの期待と少しの誤算
  • 昨日、妻方のばあばが家に来たのですが、「じいじが待ってるから、ばあばは帰るね」って言ったら、次男が「じいじの、おうち、きをつけて、かえってね、ばあば」「ばいばい、また、あそぼうね」って言ったらしいですこれって何語文だろなんだか最近、言葉の進歩が著しく、今後、言語面ではもしかしたら問題にならないのではないかと、淡い期待を抱いていますそんな中、最も心配かつ関心ごとは、幼稚園での集団生活に馴染めるか、 [続きを読む]
  • 映画「僕と魔法の言葉たち」をぜひ観てみたい
  • 自閉症を題材にした「僕と魔法の言葉たち」という映画が来月から公開されるそうです自閉症をあきらめない@ゆりパパ@yuripapa260115 https://t.co/OEyPE4CDmh2017年03月29日 13:04 自閉症の子が、ディズニーアニメを足掛かりに、コミュニケーションの力を伸ばし、自立へ歩んでいく姿を描いた米国のドキュメンタリー映画で、各国で話題を呼んでいるそうです。とても興味深く、ぜひ観たいとおもいます。この記事をみただけで [続きを読む]
  • 助詞への取り組みは自然体で
  • twitterはじめました!←ここを つみきの会のつみきBOOK(中級編)で、明らかにやり残しているのが「助詞」です。テキストによれば、助詞は0.5語文の負担があるそうで、まずは助詞抜きの三語文が言えるようになってから、助詞を導入していくようです。これまで集中的に取り組んでこなかったのは、次男はすでに私たちの会話やyoutubeなどから、自然に言葉を吸収する段階に入っているようで、「ハンバーグとポテト、おいしか [続きを読む]