ゆりパパ さん プロフィール

  •  
ゆりパパさん: 自閉症をあきらめない〜2歳半からABA
ハンドル名ゆりパパ さん
ブログタイトル自閉症をあきらめない〜2歳半からABA
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/natsu260115/
サイト紹介文2歳半で自閉症(言語DQ40)と診断。つみきの会でABAを始めてDQ89に!普通に幼稚園行ってます!
自由文次男が2歳半で自閉症(知的障害あり)と診断されました。即座に、ABA療育法を開始。驚くほどの成長を見せてくれています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2016/08/07 16:21

ゆりパパ さんのブログ記事

  • 3歳8ヶ月の様子
  • 3歳8ヶ月になりました日頃は、自閉症?ってことを本気で忘れるくらい特性は影を潜めており、何ら問題なく幼稚園に通ったり、普段の生活をしているのですが、リタリコで指摘された課題としては、子供同士のコミュニケーションにまだ弱いところがある、という点です具体的には、「発信はできるけど、受信が弱い。」つまり、自分からは話しかけたり、アクションを起こせるのですが、他の子から「貸して」とか言われた時に、無反応 [続きを読む]
  • エンジェル係数を考える
  • ご無沙汰のブログです。今のちょっとした悩みは、毎月のやりくりの中で、子供費をどれくらいかけるか、ということです。いわゆるエンジェル係数(総支出に占める子供費の割合)ですけど、世の中平均は、26.2パーセントらしいです。我が家の支出を改めて洗ってみたのですが、おそらく30パーセントはゆうに超えてるんじゃないかなあ。果たして、自閉症と診断された次男に、通常の幼児教室に通わせる必要性は?まだ喋らない三男に七 [続きを読む]
  • リタリコへの叱咤激励
  • 土曜日はリタリコへの付き添い初めての先生で、どんな感じかなあ、と注意深く観てましたが…ペアのレッスンということもあり、それぞれ自由な行動をとる2人に翻弄されてる感じがしました途中、ミニカーで自由に遊んでいる時間があったのだけど、「ん?これは何を目的としてるんだ?」と疑問に思いましたし。それと、「決められた道を通り、ゴールに箱を積む」という課題をやっていて、1人ずつ取り組み、もう1人は待たないとい [続きを読む]
  • 細々と、数の概念
  • 相変わらず、「数」の習得が不安定ですが、ネットで調べたところ、3歳ぐらいって数字は不安定なものらしいので、ちょっとは安心したものの、そうやって油断しているとあれよという間に時間が過ぎてしまうものなので、コツコツと毎日取り組んでいます最近は、シンプルに数しかやっていないこともあるのか、「数」の学習と、強化子のチョコが強く結びついているらしく、パパ「数字のオベンキョするよ」次男「しない!」パパ「チョ [続きを読む]
  • 最近のはやり②
  • 最近、恐竜に興味を持ってるので、ちょうど近くでやっている恐竜展に行ってみました「写真とって〜」というのも、最近のはやりみたい家に帰ってもこんな感じ(えんえんと恐竜の名前を言わされるのには閉口するけど…)アンパンマン一辺倒でなく、色んなことに興味を広げるのはとても良いことだと思うので、どんどんハマって欲しいと思っていますにほんブログ村自閉症児育児ランキングへ [続きを読む]
  • 幼児教育での課題
  • 今週の幼児教育での取り組みの一部をご紹介。絵カードを見せて、仲間はずれのものを当てる、というもの。例えば下のカードであれば、ハンバーグが正解ですねで、この課題のミソは、それを当てさせるにとどまらず、「どこが違うの?」などとさらに突っ込んで行くところです。この場合、「ハンバーグは食べ物で、他は乗り物だから」が模範解答ですが、当てるのはできても、なかなかここまで応えることは難しいかもしれません。では [続きを読む]
  • 1年経って思うこと
  • 次男が自閉症(軽度知的障害あり)と診断されてから、ちょうど1年が経ちました。(2016年7月25日)今、次男は幼稚園年少児。当時は考えてもみなかった姿で、普通に幼稚園に通っています今、少し考えるのは、なんとなく安堵感に包まれている今日この頃だけど、もう一方で感じる、なんとなくの不安感はいつになったら消えるのだろうか、ということです。多分、唯一の方法は、診断をした医師にもう一度見てもらい、「もうこの子は自 [続きを読む]
  • かるた遊び
  • 今月のこどもチャレンジの教材は「かるた遊び」それを知った瞬間、「これはイイに決まってる!」とビビっときましたさすがこどもチャレンジ、なんともタイムリーな教材を送ってくれますかるた遊びの効果としては①遊びの中でひらがなにふれられる!②取れた!という達成感がひらがなの習得につながる!③言葉をきちんと聞こうとする力や集中力がつく!④記憶力が育つ!⑤見分ける力がつく!と良いことづくめ(らしい)まずは手始 [続きを読む]
  • 1日100回のマンド練習メソッド
  • 史さんからリクエストいただいたので、我が家が利用していた訪問エージェンシーで教わった、1日100回のマンド練習の仕方をアメ限で公開したところ、思いのほかお役に立てたようなので、アメ限記事から、諸々特定できる情報を排除した上で、一般公開いたします。マンドとは要求語のことで、自分の意思を伝えるという意味で、発語の中でも重要なものです。次男は当時マンドが少し出つつもまだまだ足りない状態でした。この取り組み [続きを読む]
  • 3歳6ヶ月の様子 そして、中締め!?
  • 3歳6ヶ月になりました。自閉症と診断されて、ABAを始めて、約1年。改めて、自分のブログを振り返って見たところ、順調だったという自分の印象を覆すほど、そこそこ苦労していたな、悩んでいたな、そしてよく頑張ってたなあ、というのが率直な、感想ですそして、このブログも書きも書いたり。よくもまあ、こんなに書くことがあったもんだと感心します3歳6ヶ月の次男くんは、非常に成長著しく、その進歩には目を見張るほどです [続きを読む]
  • 幼稚園での1日1日が貴重
  • 我が幼稚園では、週に1回だけ、「こういうことをやりました」という手紙をくれるのですが、その水曜日の欄に「ジャンケンを覚えてゲームをしました」という記載がありました。それを見て、悔しがる私たちその週の水曜日は療育センターに行っていて(今は辞めましたが)、幼稚園にいってなかったので、その機会を逃したのです。「あの」次男を正座させるという不思議な力を持った幼稚園(というか集団の力)ですから、きっと、ジ [続きを読む]
  • 絶賛おサボり中!
  • 次男も三男も体調不良の1週間。私も休日出勤があり、子供への働きかけ、と言う意味ではなーんにもしていない一週間となりました。リタリコも、幼児教室も、七田も、幼稚園にも、1週間、どこにも行けず公園も、自宅ABAも、とにかく何にもしていません!そしてブログもおサボり気味そして、三男の後追いの激しさが増してきて、何をするにももう大変…私がワンコのお散歩に行こうとしただけで泣いて追いかけてくるので大変です…ち [続きを読む]
  • たまにはポジティブなことも
  • 最近は、ネガティヴシンキングが続いてましたが、ポジティブな面に目を向けてみると、○数を覚えたようやく1から3までの個数の概念を覚えたようです。苦節半年…ホントは1個、2個、とか、4〜5までと発展させていきたいけど、余計なことしたらまた振り出しに戻るんじゃないかと、怖くてできません。徐々にね○質問と応答の上達どこで覚えたか知りませんが「パパ、何色が好き?」と聞いてくるように 「パパは青が好き!」と [続きを読む]
  • 1歳8ヶ月の憂鬱
  • 三男が1歳8ヶ月になりまして、そう言えば、次男は1歳8ヶ月の時、どんな感じだったけなあ?と思って、当時の動画を見返して見たら、発語こそないものの、長男の野球のマネをして、素振りをしたり、テレビに合わせて踊ったり、パパ達に変顔をしてみせたり。ちょっと衝撃でしたてっきり、三男の方が次男に比べて、色々できるし、(次男のように)ものを並べたり、多動だったりというような、分かりやすい特性が全くないので大丈 [続きを読む]
  • 生きるって大変
  • 次男の療育センターの退所に伴い、三男の七田式を平日に移動したので、土曜日は比較的、負担が軽くなりましたよって、土曜日のリタリコは私が担当することに。車なので妻が行くよりは負担が軽いです。今日は順番(もう1人の子が課題をやっているのを応援する、待っている)や、「どこ?」に答える課題、絵の中の間違いを指摘する課題。などをやっていましたが、先生曰く、とってもよくできてましたよ、とのこと。私がモニターで [続きを読む]
  • 幼稚園のお迎え
  • 昨日は、次男を延長保育に預けていたので、私が引き取りに行きましたソーッと教室を覗くと、先生が紙芝居をやっていて、それが終わるまで待っていたのですが、次男は正座をしてしっかりみていました(むしろ他の子はベターって寝そべりながらみていました)先生によれば、今日は年中さんと年長さんばかりだったので、一番小さい次男は皆から可愛がられ、人気者でしたよ〜とのこと幼稚園生活、どうなることかと心配でしたし、それ [続きを読む]
  • (引用)小中学校の支援級の先生がど素人というシステム
  • ツイッターより引用させていただきますエリー@ellytakayama 支援級の教員に特別支援教育を学ぶ義務がないのは問題 - 心配性ママの発達障害児育児☆ただいま早期療育中 https://t.co/yJVDnS9mCE特別支援教育が教員個人や管理職次第では困ります。2017年06月28日 07:23現行制度では、特別支援学校にも、特別支援学級にも、特別支援の教員免許を持っていない先生が沢山いるわけです。それでも良いとされているのが今の制度です。え〜 [続きを読む]
  • 奇跡の正座
  • 幼稚園からもらってきた写真(一番手前)正座しとる☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆仏教系なので、朝に仏様への挨拶みたいのがあって、その一コマだと思います幼稚園生活は奇跡の連続ですねにほんブログ村自閉症児育児ランキングへ [続きを読む]
  • 新セラピスト誕生
  • 全く動作模倣に応じない三男くんですが、昨日も諦めずにパチパチパチってやっていたところ、次男が真似して、三男に向かってパチパチパチって見せはじめまして、それをみた三男がパチパチパチってやりはじめたんですこの動画は少しタイミングがズレてますが、何回も検証したので、間違いなくできてますこういうこともあるんだなあ、と思って…次男がセラピストとして役に立つとは思ってもみませんでしたにほんブログ村自閉症児育 [続きを読む]
  • あと2ヶ月勝負
  • 三男くんはまもなく1歳8ヶ月を迎えます。相変わらず言葉に進歩はみられず、ここ2、3ヶ月をみても、言葉の面で成長している感覚は得られません。「パパ〜」とか言うけど、パパだけに言ってるわけではないし、それ以外、これといった意味ある単語がありません。名前を呼ぶと「あっ」と言って手をあげたり、「なあに」といって振り返るのが、唯一の人間らしい(言葉の)反応。ただ、言葉以外の様子には、あまりおかしなところは [続きを読む]
  • 数字の受容〜つみきBOOKの基本に立ち返る〜
  • 個数の概念について、つみきプログラムの基本に立ち返って、受容から徹底的にやり直していますまずはドーナツの教材(こどもちゃれんじ)を3グループに分け(色も分け)、1はどれ? 2はどれ? 3はどれ?と聞き、指を指させます。これをできてもできてもランダムローテしながら、徹底的に繰り返しています。そして、そのグループ間の距離を徐々に詰めていきます。だいぶできるようになったので、1ちょうだい!2ちょうだい! [続きを読む]
  • なんか、おかしい
  • さて、発達支援センターの話で熱くなった後に、少し冷静になって考えたのですが、個別支援計画がないっておかしくない児童発達支援とか放課後等デイには、個別支援計画を義務付けてるくせに、公的なお膝下でそれがないっておかしくないこの支援センター、公的とはいっても、正確には役所から委託を受けてる民間法人なんです。昨今、適当な運営をしている放課後児童デイサービスが問題になって指導を受けたりしてるけど、この療育 [続きを読む]
  • ついに決断の時!②
  • 発達支援センターに連絡し、「中途半端な時期で恐縮ですが幼稚園に専念したい」と伝えると、思わぬ抵抗(説得)が始まりました(一応ルール上は「いつ辞めても良い」となっています)(以下発達支援センターの話)○とにかく1年通った方が良い。年中へのステップアップとなる○これから集団プログラムが始まる、お子さんはコミュニケーションに問題があると聞いている○お父さんの意見だと思うが普段通っているお母さんの話も聞 [続きを読む]