ゆりパパ さん プロフィール

  •  
ゆりパパさん: 自閉症をあきらめない〜2歳半からABA
ハンドル名ゆりパパ さん
ブログタイトル自閉症をあきらめない〜2歳半からABA
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/natsu260115/
サイト紹介文2歳半で自閉症(言語社会DQ40)と診断。ABAを始めて、驚きの成長を遂げました!5語文喋ってます!
自由文次男が2歳半で自閉症(知的障害あり)と診断されました。即座に、ABA療育法を開始。驚くほどの成長を見せてくれています。診断外れる!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供269回 / 231日(平均8.2回/週) - 参加 2016/08/07 16:21

ゆりパパ さんのブログ記事

  • 父親にできることを考える
  • Twitterにあげたリタリコ発達ナビの記事自閉症をあきらめない@ゆりパパ@yuripapa260115 診断直後の家族をどう支える?父親に出来ることを考える https://t.co/0NvjjUxWi12017年03月23日 23:05これによれば、父親の役割として○父親主導で家族の道筋をつける○毎日10分でも子供と関わる(遊ぶ)○妻の話(悩み)を毎日聞いてあげるということが大事とされています。1つ目はやったつもりだけど、2つ目は仕事が遅いから無理 [続きを読む]
  • つみきの会のつみきプログラム(上級編)を手に入れてみた
  • twitterはじめました!←ここを とうとう手に入れましたといっても、まだ本格的に取り組めるわけではないんです。テキストの冒頭にも「健常児にキャッチアップしたいがために、焦って難しい課題に取り組んではいけない」とまるで代表に心を見透かされたような注意が記載されていますつみきプログラムの中級課題を改めて振り返ってみますと、概ね取り組んではいるものの、大事な「助詞」の取り組みは皆無ですし。ただ、「応 [続きを読む]
  • できた!がつくる、できる!の自信
  • twitterはじめました!←ここを 今日の投稿のタイトル、こどもちゃれんじのCMのフレーズなんですが、ちょうど今、私が考えていたこととシンクロする良い言葉だな、と思ってタイトルにしてみました昨晩は早く帰れまして、次男と一緒にABA(というか創作活動?)をしたのですが、お絵かきで、ちょっとした変化が。以前はクレヨンでヒョロヒョロ〜っと弱〜く線を引いたり、チョンっと点を描いただけで「てつだって〜」だ [続きを読む]
  • 抽象的な「何」という質問に答える練習
  • twitterはじめました!←ここを 次男くんは、目の前に答えが提示されているもの(例えば、お茶とジュースを提示して、どっちが欲しい?など)については選んだり応えたりできますが、目の前に答えを提示せず、「何が好き?」とか「何が欲しい?」という質問になると、からきし弱いのです。そこでリタリコでやっていた練習法が、なるほどな〜と思ったので、ご紹介まず型はめパズルを用意(ダイソーのです)して、提示します [続きを読む]
  • 切って、塗って、貼りまくる!
  • twitterはじめました!←ここを 昨日ツイッターにあげた「セサミストリートに自閉症のマペットが誕生」っていう話、日本で言えば「お母さんといっしょ」とかに自閉症のキャラが登場するようなもんで、考えれば考えるほど画期的だなあって、思います。どうやら、話すことが少し皆と変わっている、というキャラクター設定になるみたいですが、68人に1人が何らかの発達障害と言われていることを考えれば、同じ学年の中に少 [続きを読む]
  • 散歩は脳の活性化に良いらしいので毎週末のノルマとしたい
  • twitterはじめました!←ここを やっぱり歩くことって、脳の活性化にも良いらしいので、ますます散歩の習慣化は必要と思っています。散歩が脳に与える効果5選!散歩すれば脳がドンドン鍛えられる! | 50!Good Newsでも、子供が3人いる我が家にとって、妻が平日に時間をとって散歩するなんて、不可能ですのでやはり週末にパパのノルマとして実行したいところ。今日は、近所のスーパーに牛乳を買いに次男を [続きを読む]
  • 発達検査を私流に分析したら散歩に行きついた。という話。
  • twitterはじめました!←ここを さて、各所に感謝の意をお伝えしたところで、まるで全て丸く解決したようになってますが、実際発達検査をみても未だ遅れが認められるわけですので、これからもまだ一踏ん張りが必要です。発達検査では、認知・適応領域が一番遅れていたわけですが、そもそも「認知・適応」ってなんだ?ということも分からずにいましたので、調べてみました。あるウェブサイトでは「認知-適応領域」というの [続きを読む]
  • あなたに感謝を伝えたい(その4)
  • 一方的に感謝を伝えるシリーズ(笑)第4弾ですこのブログを読んでいただいている皆様全員に感謝をお伝えしたいです。ブログって不思議なもので、記録として残したい!と言いつつはじめたのに、皆さんにみてもらうとなぜか嬉しいものなんです。ブログ自体を書くモチベーションとなるのはもちろんのこと、療育自体のモチベーションともなるから不思議です。最近になり、特にPVが増えており、アメブロの「子育てパパランキング」 [続きを読む]
  • あなたに感謝を伝えたい(その3)
  • 一方的に感謝を伝えるシリーズ(笑)第3弾です「ママと呼んでくれてありがとう」の著者の杉本さんです。平岩先生の「あきらめないで!自閉症」、つみきの会の「つみきBOOK」、そしてこの「ママと呼んでくれてありがとう」の3冊が、この8ヶ月間の私のバイブルでした。その中で一番繰り返し繰り返し読んだのが、この本です。繰り返し読みすぎて、もうボロボロになっています。つみきの会の会員で知らない方はいないのではないで [続きを読む]
  • あなたに感謝を伝えたい(その2)
  • 一方的に感謝を伝えるシリーズ(笑)第2弾です。次に感謝をお伝えするべきは、つみきの会です。 一番最初に知ったのは、妻がネットで調べて「こういうのがあるよ」と教えてくれ、平岩先生の本にも紹介されていたので、信頼できるのではないかと思い、あまり深く考えずに入会した記憶があります。まず最初にテキストとDVDを購入するのですが、テキストはABA理論が非常に分かりやすく理解できるようになっていて、さらにD [続きを読む]
  • あなたに感謝を伝えたい(その1)
  • 発達検査の結果を受けまして、(まだ遅れもありますし)正直ピンときてなかったのですが、「すごい結果」というようなお声もいただき、だんだん、素直に喜んで良いんだと思うようになりました。そうしたらこの8ヶ月間に起きた色んなことが思い出されてきて、感謝の気持ちがフツフツと湧き上がってきましたので、順に(一方的に)綴りたいと思います。まず感謝を述べたいのが、医師である平岩幹男先生です。診断を受け途方に暮れ [続きを読む]
  • (閲覧注意?)発達検査の様子
  • twitterはじめました!←ここを 先の投稿で発達検査の内容に触れましたが、その時の次男の様子を記録として残しておきたいと思います。発達検査の課題を事前に知ってしまって対策すると検査結果に正しくない影響を及ぼすのかもしれない、ということも考慮しつつ、 そういうことを気になさる方はスルーしていただくことをお願いした上で、以下綴りたいと思います。※青字が検査内容※赤字が次男の様子です○つみき3つ [続きを読む]
  • 3歳2ヶ月の発達検査の結果
  • twitterはじめました!←ここを 2017年3月16日(木)本日、8ヶ月ぶりに発達検査を受けました(新版K式)まずは前回と比較しつつ、結果から。前回(2歳6ヶ月時)姿勢・運動 80認知・適応 70言語・社会 40全領域 66今回(3歳2ヶ月時)姿勢・運動 100(年齢相応)認知・適応 78(2歳6ヶ月相当)言語・社会 89(2歳10ヶ月相当)全 [続きを読む]
  • 自閉症児の兄弟姉妹に支援が必要
  • twitterはじめました!←ここを 早速、twitter 経由で、考えさせられる記事に出会いました(福井新聞の記事です)↓↓↓自閉症児の兄弟姉妹に支援が必要 疎外感、医師らが悩み共有の場提供 社会 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト(以下引用) 自閉症児者との関係の中で、親は療育に熱心で濃密な関係を築きやすい一方、兄弟姉妹に対しては関心が薄くなる場合もあり「分け [続きを読む]
  • twitter はじめました!!
  • ツイッターをはじめてみましたtwitterはじめました!←ここを だから何?って感じかもしれませんが動機は、第一に、アメブロ以外の方とも繋がって、いろんな情報を得たいからです。早速、ABAで有名な鳥取大学の井上雅彦先生や、アメブロ以外の自閉症子育てパパさんや、LITALICO執行役員の方などをフォローさせていただきました第二に、このブログは、テーマをボヤかさないために、次男子育てに焦点を当てて書くよう心がけ [続きを読む]
  • 糊で貼る作業は脳の発達に良いに違いない
  • T幼児教室にはまだ一回しか通ってませんが、家で取り組んでくださいと言われたものの1つが、糊で貼る作業です。以前、体験時にシール遊びの有効性を教えてもらい取り組んだところ、次男はおかげさまで気に入ってしまい、今や率先してシールブックをやりたがるようになったのですが、そのさらに発展系なのだと思います。シール遊びは、子どもの脳を活性化させる!?|ウーマンエキサイト早速、くもんのドリルを買ってきて、取り組 [続きを読む]
  • 会話はできないけど観察眼にはポテンシャルを感じる
  • 昨晩次男に「今日誰が遊びに来たの?」と聞いたら「幼稚園いった!」というトンチンカンな答えこんな会話は高度すぎるよね〜と分かってはいるものの、定型の子だったらこれくらい答えるんだろうなあ、と遅れを再認識。その後「これジバニャン」とジバニャンの人形を見せに来たので、「何色?」と聞いたら「赤!」と答えたり、「あ、そうだ、シールやろう!」とシールをやり始めたので「これ何?」と聞いたら「りんご(のシール) [続きを読む]
  • 東京駅丸の内オアゾの丸善にて
  • 今日は仕事が超絶早く終わりまして(といっても19時)、帰る途中に丸の内オアゾの丸善に寄りました。ここの発達障害コーナー(?)は、私の知る限り最大級で、私のバイブルである平岩先生の著書「あきらめないで!自閉症」に運命的に出会ったのもこの本屋でして、大変思い入れの深い本屋さんです。※この棚、ほとんどが発達障害の本ですさて、本日は無目的にウロウロと立ち読みしてたんですが、買ったのはこの本です。オチが発達 [続きを読む]
  • 数字の練習
  • 1から3までの概念の習得ですが、まだまだ完璧とはいきません。T幼児教室で教わったのですが、親が教えよう教えようとするほど、子どもは頭に入ってこないもんだそうですそこで、100円ショップで買えるシールを台紙に貼り、壁に貼って常に子供の目に触れるようにしておくと良いとのアドバイスを受けました。早速100円ショプでシールを購入。台紙に貼り、壁にセットしました。ウチの子、コチョコチョやダッコが強力な強化子なん [続きを読む]
  • 療育センターに通うかどうか
  • 今日の、妻とのもっぱらの話題は、「療育センターに通うかどうか」です。市の療育センターは診断を受けた病院の併設で、4月から週1回、親子通園し、手遊びしたり、個別の課題に取り組んだりする場です。先日見学に行き、集団行動に慣れる場としては良いのではないかと判断し、通うつもりではいたのですが、ずっと心に引っかかっているのが、幼稚園への巡回指導のことなのです。つまり、療育センターの職員が、療育に通ってる子 [続きを読む]
  • 幼児教室が始まった
  • 本日から健常児も通う幼児教室が始まりました。3歳の女の子と、5歳の男の子といっしょの3人クラス。内容は見ることはできないのですが、先生の話によれば、座って課題に取り組めたとのこと。運筆の練習で、ひらがなをなぞる課題があったようなのですが、自分でできてましたよ、と書いた紙を見せられて、ホント!?と目を疑いました。そこで頭に浮かんだ仮説なのですが、もしかしたら同じクラスの子に大きく影響を受けてるので [続きを読む]
  • 意外な一面をみた〜特性か個性か〜
  • 昨日、妻が子供達を連れ、友人宅に遊びに行きました。そのお宅にはほぼ同年齢の息子さんがいるので、果たして次男がどのような関わりをするのか注目していました社会性に問題ありと言われてるけど、今の所ピンと来ず、どういう形で顕在化するのかハラハラしながら見守っている状態なんですこれまで、上下一歳差くらいの子供との関わりはチラホラありましたが、ほぼ同じ月齢というのは滅多になかったのです。結果は意外なものでし [続きを読む]