紫庵 さん プロフィール

  •  
紫庵さん: 茶道教室 紫庵の徒然日記
ハンドル名紫庵 さん
ブログタイトル茶道教室 紫庵の徒然日記
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/sian5510/
サイト紹介文茶の湯に魅せられ、茶道教室を始めました。茶道の楽しさを知って頂くために、茶道の日々を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 233日(平均1.1回/週) - 参加 2016/08/07 23:50

紫庵 さんのブログ記事

  • 三月最後のお稽古♪
  • 冷たい雨の一日でしたね。。。 今日は、神社で野点の予定でしたが、雨で中止になり 急遽、お稽古をすることになりました 皆さん、野点を楽しみにされていたので、残念な空気が流れていたのですが 先生がこちらのお軸をご覧になりながら 「今日は雨で残念でしたが、いつもご一緒できない方と いつもとは違う形でのお稽古が出来、終わってみれば好日なのですよ」 と仰い、皆様一同に納得& [続きを読む]
  • 和美の会&日本橋長門♪
  • 今日は春らしい一日でしたね 東京美術倶楽部で開催されている「和美の会」へ行ってきました 全国の茶道美術商が集い、新、古茶道具を中心に展示即売する会です といっても、美術館にあるような茶道具ばかりで とても手が出ないのですが、勉強になります 図録も美術館みたい こちらを見ているだけでもため息が出てしまいますが 実物はもっとすごい 東京国立博物 [続きを読む]
  • 東京国立博物館 博物館でお花見を♪
  • 麗らかな日。。。とはなかなか参りませんが 東京国立博物館では「博物館でお花見を」を開催中です 桜をモチーフにした名品が展示されています 特別展が催されていない時期は、すいているので行ってきました 重要文化財になっている本館 昭和天皇の即位を記念し、「日本趣味を基調とした東洋式」 という設計案を公募して建てられたそうで、内装も [続きを読む]
  • 日本人の教養のための茶道講座 正午の茶事♪
  • 昨日に引き続き、「日本人の教養のための茶道講座」のご紹介です 最終回は「茶事」  牛久市にあるお茶室で「正午の茶事」の体験をしていただきました 正午の茶事といっても、茶道を経験されたことがない方ばかりなので 一つひとつ、ご説明しながら、大切なところは体験して頂き それ以外は少し省かせて頂きました お懐石は楽しみの一つですので、キチンと 向付 鯛 [続きを読む]
  • 日本人の教養のための茶道講座 ミニ懐石♪
  • 桜の花便りがあり、これからは様々な花が咲く頃になりますね 花の咲くのを知らせる風を「花信風」といいますが 中国の「二十四番花信風」からきています 二十四節気の小寒から穀雨にいたる八節気を24候にわけ それぞれの候に花を咲かせる風が吹くとされていました 古の人たちは、自然の移ろいを優雅にとらえていますね 自宅マンションでは、「日本人の教養のための茶道講座」を開催 [続きを読む]
  • 古寺巡り♪
  • 今日は雨模様の一日でした。。。 一雨ごとに暖かくなるといいますが 明日は暖かくなるといいですね 奈良の東大寺に行った次の日は古寺巡りをしてきました 浄瑠璃寺     木津川市にある真言律宗の寺院 東に建つ三重塔 (キレイに撮れていなくてごめんなさい) この塔に安置されているのは 秘仏・薬師如来像 まず東の薬師仏に苦悩の救済を願い その [続きを読む]
  • 奈良東大寺 お水取り♪
  • 暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので すっかり暖かくなってまいりましたね 奈良では、東大寺二月堂のお水取りが終わると 春が来ると言われているそうです そんな東大寺のお水取りに初めて行って参りました 「お水取り」正式には「修二会」といい 752年に実忠和尚によって始められたと伝えられ 今年で1266回目となります 修二会は、仏前にて過を悔い [続きを読む]
  • 稲荷茶会♪
  • 梅の香りに春の気配を感じるようになってまいりましたが 今日は寒い一日でした 日々の雑事に追われていると、あっという間に日が経ってしまい なかなかブログ更新が出来ずにおります とはいえ、稲荷茶会のことは2月のうちに記事にしなくてはと思い またまた焦ってPCに向かっています 初午の日に高田の馬場にある茶道会館で開催された 稲荷茶会に行ってまいりました  [続きを読む]
  • 初釜♪
  • 新しい年が明けて、早くも一ヶ月が過ぎようとしています 年末に想定外?のことが起こり。。。 それからバタバタと余裕のない日々を送っていました このままでは一月が終わってしまうと思い、焦ってブログアップしています 一月も色々なことがありましたが 初釜だけ記事にしようと思います 今年の初釜は空模様が怪しかったのですが、どうにかお天気がもちました   [続きを読む]
  • 年満月(12月)のお稽古♪
  • 12月も残り少なくなってきましたが 12月の異称の中に「年満月」というのがあります 一年が満ちていくというという事ですが 一年が過ぎていくというよりも、満ちていくと思うと 今年一年が満ち足りた年になっていく気がします 12月の紫庵のお稽古では 歳月不待人( 歳月は人を待たず)のお軸を掛けました 「歳月不待人 」は陶淵明の詩の中の一 [続きを読む]
  • 塩野 赤坂♪
  • 暖かい日が続いていましたが、今日はほんの少し冷えました 前回に引き続き、赤坂記事です 辻留さんで頂いた塩野さんのお菓子が美味しくて 早速、帰り道に買って帰りました 実はこの日、塩野さんに寄って帰るつもりだったので 塩野さんのお菓子が出たときはびっくりしました 赤坂へ行ったら買いたい、塩野さんのお菓子 (12月の生菓子です) 冬牡丹         [続きを読む]
  • 辻留 お料理♪
  • 辻留さんの続きです 早速、お料理をご紹介いたしますね 向附 鯛の昆布〆 手前にある箸袋の文字は北大路魯山人のもので 羹 臛 (こうかく) 意味は箸袋の中に表記してありました 以下、箸袋の表記より 羹はあつもの。五味を和した吸物。肉に菜を加えた吸物。臛は肉のあつもの。総じて野菜のあつものと肉のあつものを意味しておりまして、あ [続きを読む]
  • 辻留 赤坂♪
  • お茶人であれば一度は訪れたいと思うであろう 「辻留」 辻留は裏千家の指導のもと京都東山に建てられた懐石料理店です 京都店では出張料理を専門にしておりますが 赤坂店では個室のお座敷でゆっくりと懐石料理を味わえる贅沢な場所です そんな憧れの場所へ、先日お茶仲間と行ってまいりました 待ち合わせはニューオータニのガーデンラウンジ お昼を頂く前にお茶を頂きながら、おしゃべ [続きを読む]
  • 畠山記念館♪
  • 久しぶりの更新です 師(お坊さん)も忙しさから走る?「師走」ですが。。。 私もバタバタと走っていました そんなバタバタしたとした合間に畠山記念館で開催されていました 「天下人の愛した茶道具」 に行ってまいりました 畠山記念館(はたけやまきねんかん)は、東京都港区白金台2丁目にある美術館。所蔵品は茶道具を中心とした日本・東洋の古美術品であり、国宝6件を含む。実業家畠山 [続きを読む]
  • 壷荘付花月♪
  • 11月最後のお稽古模様を綴ろうと思いながら。。。 12月に入ってしまいました 年々、時間が経つのが早く感じられます 12月もあっという間に過ぎてしまうのでしょうね 「年満月(としみつづき)」という異称を持つ12月 一年の締めくくり、忙しくなりがちですが満ちたりた月となるよう 心、穏やかにすごしていきたいものです 先日は11月最後のお茶のお稽古でした お [続きを読む]
  • 茶道と禅♪
  • 「茶禅一味」 という言葉をご存知でしょうか? 字だけ見ると、茶と禅は仲間。。。といったところでしょうか 茶禅一味とは、「茶道の心と禅の極意とは一つであること」ということですが なかなかピンとはきませんね 簡単に言えば、茶道の習練と禅の修業が相通ずる道なのだと思います でもそう聞くと、茶道ってそんなに厳しいの ということに成りがちですが、それは心の内のことで [続きを読む]
  • 禅 ZEN 心のかたちに
  • 二十四節気の「小雪」が過ぎ 暦の上では、雨が雪に変わる季節となりましたが 昨日は本当に雨が雪に変わりましたね 先日、東京国立博物館で開催されている  「禅」心のかたちに に行ってまいりました 行こう、行こうと思いつつ、なかなか行かれなくて やっと行ってきました とにかく圧巻というか、これだけよく集めてくださいましたと 心の底 [続きを読む]
  • 銀杏のお菓子♪
  • 今朝の地震には驚きましたが、大きな被害に至らなくてよかったです 千葉県もかなり揺れました お弁当を作っているときで、目眩がしたのかと思いましたが 電気が揺れているのを見て、地震だと気がつきました 何が起きてもよいように、備えは万全にしたいですね 今日は紫庵のお稽古でした お菓子はまさに昨日見た紅葉の銀杏 七條甘春堂 「銀杏」 外郎製で [続きを読む]
  • 霜月のお稽古♪
  • 今日は少し寒い一日でしたね お稽古に行く道すがらにある神社の紅葉がとてもきれいでした 参道の銀杏並木 まだ紅葉していない木もあって、グラデーションがキレイでした お天気がよければもう少しキレイだったかな。。。 境内の紅葉は、もうたくさん散ってしまっていて まさに紅葉の絨毯 お掃除が大変そうでした &nb [続きを読む]
  • やっぱり和菓子♪
  • 11月も半ば過ぎ、明後日22日は二十四節気の「小雪」です そろそろ冬の訪れを感じる頃ですが、今日も暖かい一日でしたね じっとしていられない性分なので、今日のような陽気でバタバタしていると ちょっと汗をかいてしまいます そんな時の一服はやはり、お抹茶と和菓子 鶴屋吉信製 里の秋 白あんとこしあんを焼皮で包んであり、とっても美味しくいただきました [続きを読む]
  • 壷荘(つぼかざり)♪
  • 今週の紫庵のお稽古は壷荘 壷荘の紐結びをお稽古しました お軸は 「関 東西南北活路通」(かん とうざいなんぼくにかつろつうず) 「関」は関所や関門のこと、人生にはいくつもの関門があり その関門乗り越えたとき、東西南北に道が開けるという意味 炉開きも「関」と考えてなのか、このお軸がよく掛けられます 茶道をなさらない方からみたら、この茶壷の紐結びって何 [続きを読む]
  • 口切の茶事♪
  • 立冬が過ぎ、真冬並みの寒さが続きましたが ここのところ寒さが和らいでいますね 11月の最初のお稽古は口切の茶事 去年は息子の中学受験でお休みしていたので、二年振りの口切の茶事でした 待合のお軸 淡々斎筆 画賛 瓢箪の絵 都乃錦 いつ拝見しても心が和む瓢箪の絵 待合で香煎をいただいてから腰掛待合へ 迎付けの後、蹲で清めて、席入りです   [続きを読む]
  • マンションで茶道教室♪
  • なかなかブログ更新ができずにいたら。。。 あっという間に11月になってしまいました 11月は炉開き。。。利休さまは「柚子の色づくころ」と仰いましたが 亥は五行で水を意味することから、亥の日に炉開きをすると 火事にならないとも言われております 紫庵はといいますと。。。まだ塞がっている状態でして 今週末には取り掛かりたいと思います 前置きが長くなりましたが、今回のタ [続きを読む]
  • 秋のお軸♪
  • 今日も暑いくらいの陽気でした茶道教室を始めるにあたって、お道具を揃えるのはかなり大変です 茶道の醍醐味ともいえる季節感を大切にしたいと思うと少なくとも四季のお道具は揃えたいところですねできればお軸は毎月変えたい。。。とはいえ、12ヶ月一気には無理なので、春夏秋冬だけでも揃えたいと考えています茶席では床に禅語の墨蹟を掛けるのが常です禅の思想を短い句にしたものが禅語ですが禅の教えは心に深く切り込むよう [続きを読む]
  • 五行棚 初炭点前♪
  • 昨日は自分自身のお稽古日でした朝から本降りの雨だったので、タクシーに乗ろうとおもったのですが長蛇の列 でも雨コートを着ているとはいえ、着物を雨で濡らしたくなかったのでしっかり並んで待ちました 雲門在脚下(うんもんきゃっかにあり)雲門を目指してきたが、脚下にあるではないか。。。という言葉で日常のさりげないところに大事なことがあるという意味を含んでいます確かに、難しいことを学ぶこ [続きを読む]