Micky さん プロフィール

  •  
Mickyさん: モスクワ奮闘記
ハンドル名Micky さん
ブログタイトルモスクワ奮闘記
ブログURLhttp://mickymm.hatenablog.com/
サイト紹介文初めての海外生活をモスクワで始めました。日々の生活や興味のあることについて綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 322日(平均6.2回/週) - 参加 2016/08/08 02:06

Micky さんのブログ記事

  • ボロジノ戦闘パノラマ館
  • Привет!昨日からiPhoneの言語設定をロシア語に変えました。旦那にはなんで自分を追い詰めるのかと聞かれたのですが、授業中に出てくる言葉が携帯電話のアプリや設定でよく使う単語だったりすることが増えてきたからです。すると、ツイッターまでロシア語になってしまいました。例えば「リツイートしました」は「ретвитнул(-а)」=リトビートヌル(ラ)と書いてあり、そのままやんと思う反面、動作をした人の性別で過 [続きを読む]
  • 肉まん屋さん
  • Привет!やっと金曜日です!母が来ていた2週間は語学学校をお休みしていたのですが、戻って来ると違う先生になっていました。前から顔も名前も知っている先生だったのですが、先生も一年近くいる私のことを知っていたようで、自己紹介を求められませんでした。そんな先生がこの前「悲しいニュース。今年はモスクワに夏が来ないんやって。最高でも25度で、それ以上は上がらないらしい。ウラル山脈より東は暑くて、シベリアなん [続きを読む]
  • さらばノブゴロド
  • Привет!今日はロシアにとって大事な日だそうです。先生に「なんの日かわかる?」と聞かれたのですがクラスメイトは誰もわからず。第二次世界大戦、というより大祖国戦争(ロシアとドイツの戦争)が76年前の今日、ドイツがロシアに攻めてきたことによって始まりました。なんと朝の4時だったそうで、クレムリン前の戦争犠牲者を追悼するモニュメントの前には同時刻に人々が集まって花を供えているニュース映像を見ました。また、 [続きを読む]
  • ヴォルホフ川クルーズ
  • Привет!今日は夏至ですね!近頃では夜10:00近くにやっと日が沈み、朝4:00前には日が昇るので、4:30ごろに明るい中目が覚めて寝坊したかと慌てて時計を見て安心し、二度寝して結局寝坊しかけるという日々を送っています。1度、目が覚めたらお布団に入るべきではないですね。そんな生活ですが、やはり日が長いのは無条件に嬉しいので、これから日が短くなることを思うと少し寂しいです。引き続きノブゴロドでのお話です。教会 [続きを読む]
  • ヤロスラフ宮廷跡と市場
  • Привет!昨日からうちのクラスに新しい生徒が来て、フランス人二人、イギリス人(育ちはフランス)、イタリア人(大学はフランス)、日本人(生まれも育ちも日本)の5人で勉強しています。そろそろ本気でフランス語を始めるか迷ってきました。音は綺麗なんだけどなー自分が話しているところが想像つきません。さて、まだまだノブゴロド編を続けたいと思います。クレムリンは通り抜けられるようになっていて、駅やホテルのある方から [続きを読む]
  • ノブゴロド・クレムリン
  • Привет!今朝地下鉄でもらった新聞を電車の中でめくっていたら、衝撃的な見出しを見つけてしまいました。なんと「モスクワに再び寒さが戻ってくる」と書いてあるではありませんか。なんでも、今週の半ばが最後の太陽が出る日で、来週からまた寒くなるそうです。やっと衣替えができるのでは、と期待していたのに。夏はどこで買えますか。キジ島から始まったこの旅は今からは考えられないほど、ほとんど晴れていたのですが、最 [続きを読む]
  • ユーリエフ修道院
  • Привет!もう20度台前半を維持するようになった気温にまだ慣れません。上着を着ていないと心細くて、スプリングコートをきて出かけては暑くて後悔する、という日々です(学習ができない人)。さて、野外博物館を見終わったので、市街地に戻るバス停を探します。バス停自体はすぐ見つかったのですが、時刻表がない…。携帯によると相変わらず49分間隔でバスが走っているようなのですが、ここで一時間近くもぼーっとしているのも [続きを読む]
  • 野外博物館「ヴィタスラブリツィ」
  • Привет!家庭教師の先生に今日の予定を聞かれたので「とりあえず宿題します」と答えると「明日は晴れるらしいから、今日中にしちゃって明日は散歩しにいったら?」というアドバイスを受けました。明日晴れるって!!!素晴らしいニュースやん!と喜んでいると、一言「すっかりロシア人みたいね」と先生。いやいや、最近の雨模様にはロシア人じゃなくてもうんざりしてますよ…。今日からノブゴロドの観光編です。この日の午後9 [続きを読む]
  • ノブゴロドについて&ホテル
  • Привет!最近朝おにぎりを作って学校の休み時間に食べているのですが、たまたまかぶりつくところを見ていた先生に「それ、砂糖の塊?」と聞かれました。もともと開けていた口が呆れてもっと開いた気がします。思わず「ライスボールって知らない?」と聞くと「ああ、それお米なの!」とのお返事。先生、手のひらほどの砂糖の塊を生徒が食べていたら、とりあえず止めてください。さて、ノブゴロドにつきました!観光地の紹介を [続きを読む]
  • ノブゴロドへ
  • Привет!今日はプーチン大統領に国民が直接質問できるホットラインがあるそうです。朝のニュースでもずっと画面の端に「ホットラインまであと○時間○分○秒」と出ていました。日本でも初めて中継されると聞いて、関心の高さがうかがえます。ついでに興味があるかわかりませんが、現在(朝の9:30ごろ)で気温は8度です。夜寒かったからか、6月に雪が降る夢を見ました。さて、サンクトペテルブルクの観光を終えて、ロシア最古の [続きを読む]
  • サンクトペテルブルクでの出会い
  • Привет!ロシア文学を読んだことはありますか?来る前も、そして来てからもどこか陰鬱としたイメージしかなく、あまりちゃんと読んでいなかったのですが、母が「これは面白いよ」と教えてくれた短編小説があります。1836年に発表されたゴーゴリの「鼻」というお話です。iBookなどでも無料で翻訳があるので機会があれば是非。なんといっても設定が凄まじいのでご紹介しますね。サンクトペテルブルクのヴォズネセンスキー 通り [続きを読む]
  • サンクトペテルブルクのホテル
  • Привет!突然ですが、ロシア語で「教室の」はклассный、「美しい」はкрасивый、「赤い」はкрасный と言います。昨日テレビで私の青春時代にお世話になったテレビ映画「ハイスクール・ミュージカル」が放送されていたのですが、ロシア語表記では"Классный мюзикл"となっていました。当時一緒にハマっていた友人に思わず「美しいミュージカルって言うんやって!」とメールをしてしまった [続きを読む]
  • ロシアの日
  • Привет!今日だけは少しモスクワに話を戻しますね。久しぶりに何もない週末だったので、日曜日に次の日までの宿題を終わらせて旦那と散歩に出かけました。赤の広場では何か大型行事の準備を進めています。へーロシアの日っていうのがあるんだ。しかも6月12日ってもうすぐ…というか明日!というところまで思ったところで気がつきました。もしかして月曜日祝日?慌てて先生に赤の広場でメールをします。「明日って授業あります [続きを読む]
  • ペテルゴフ(スタンド編)
  • Привет!やっと気温も20度近くなってきて(まだなってない)長袖シャツで出かけられるようになってきました!何度になったら半袖を着れるのか忘れてしまったのですが、30度くらいからでしたっけ…?さて、今日中にペテルゴフから帰りたいので、書いていこうと思います。残念なことに、この日はいろんな電子機器の充電が保つか心配だったので、今回の記事は写真少なめでお送りします。ご了承ください。前回の記事に出てきた噴水 [続きを読む]
  • ペテルゴフ(下の公園編)
  • Привет!ふと授業中に窓の外を見ると白いものが舞っていたので「雪!?」と思いましたが、この時期のモスクワ名物、ポプラの綿毛でした。「夏の雪」とも呼ばれるくらい綺麗ですが、友人曰く「これから掃除の度にふわふわ漂ってイライラすることになる」そうなので、今から覚悟していきたいです。そんな綿毛などなかった春のサンクトペテルブルク、というよりペテルゴフの続きです。地球の歩き方のペテルゴフの地図です。こん [続きを読む]
  • ペテルゴフ(宮殿編)
  • Привет!部屋の中にいると外の気温が分からず、しばらく窓から外を歩いている人を観察していたのですが、長袖シャツに上着を羽織っている人もいれば、半袖で歩いている人、ダウンを着ている人まで歩いて来たので大混乱に陥りました。結局シャツに薄手のカーディガン、上着を着たのですが、私にはちょうど良かったです。今ダウン着ている人は真冬どうしてたの…?さて、3日しかないサンクトペテルブルク滞在を満喫するために毎 [続きを読む]
  • イサク聖堂
  • Привет!やっと22度になりました!暑い!周りは半袖ばかりです。そして路上のいちご売りを毎日見ていて食べたくなっていたところ、お友達から親切にも分けていただいたので春を感じました。練乳を買い忘れていたので次の日に持ち越そうかと思いましたが、蜂蜜とヨーグルトで同じような味が出せるという裏技を編み出しました!美味しかったです!さて、クラスメイトからはいつも何か食べている事で有名な私ですが、サンクトペ [続きを読む]
  • たい焼き屋さん
  • Привет!みんなが水曜日から夏みたいな気温らしいと騒いでいたので、普通のシャツにライダースジャケットのみ羽織って出てきたのですが、16度って寒いんですね。さて、ツァールスコエ・セローから帰ることにした私たちはまたマルシュルートカに乗ろうとバス停で待っていました。そこへ「вокзал(長距離列車の駅)行き」と書かれた普通のバスがやってきます。なぜかその「駅」をサンクトペテルブルクの中心部にあるモスク [続きを読む]
  • ツァールスコエ・セロー
  • Привет!朝から地下鉄の駅に人が溢れており、ホームには電車が止まっているのに誰も乗り込みません。無人のままその電車は行ってしまい、次に来た電車にみんなで乗り込みましたが、次の駅に着く前に止まってしまいました。ほとんど軟禁状態です。先生に「そう言うわけで遅れます」とメールをすると「よくあることだから大丈夫よ」と言われました。よくあるの?そんな今日6月6日はプーシキンのお誕生日だそうです。ロシア人に [続きを読む]
  • 文学カフェ
  • Привет!一昨日雪が降ったのですが、先生に先ほど「明日から夏らしいわよ!」と言われました。え、春は?雪が降るのは冬でしょう…もしかして昨日と今日だけが春だったの?さて、6:30に列車に乗り、ひたすらサンクトペテルブルクまで五時間半ほど揺られます。今回は食堂車もなく、朝も早かったのでほとんど寝て過ごしました。このペトロザボーツクからの電車はサンクトペテルブルクの中心地にあるモスクワ駅には着かず、少し [続きを読む]
  • ホテル・カレリア
  • Привет!鍵をかけたはずのドアが半開き状態になっている…ホテルに滞在している時に絶対出会いたくない状況の1つです。恐る恐るドアを開けて中に入ると、エプロンをつけたおばさんが忙しそうに歩き回っていました。私たちと目が合うと「今日ここに泊まるお客さん?ちょっと待ってくださいね、いまベッドをもう1つ作るので」…なんて?「だって3人で来ているのでしょう、この部屋でみんなで泊まった方がお金も節約できて、夜 [続きを読む]
  • キジ島③
  • Привет!日本から母が持って来てくれた刀型のキーホルダーを渡したらJさんが周りに「これで今から僕もサムライの一員やから、それなりの敬意を払ってくれ」と言っていたのが面白かったです。私もJさんもロシア語上達したなあ。さてさて、1日のことを何日かけて書くねん、と思われそうですが、それほどキジ島は魅力的な島でした。天候が少々怪しくても、それはそれで島の幻想的な雰囲気を引き立ててくれます。誰もいない島(実 [続きを読む]
  • キジ島②
  • Привет!体感気温1度のモスクワからお届けします。友人に「ロシアって寒いんでしょ?」と言われるたびに「いやいや、夏は暑いんやで」と返していたのですが、訂正します。夏が来たら、暑いのです。私が来た時は暑かったはずなのに…肝心の夏はいつ来るの…。さて、今日はキジ島の木造建築コレクション紹介です。前回記事の教会を出ると、なぜかあれだけいたはずの同じ船の人たちが神隠しにあったのかというほど忽然と消えてし [続きを読む]
  • キジ島①
  • Привет!また風が強くなるとか、ビリヤードの玉くらいの雹が降っただとか(危なすぎる)、毎朝ニュースでは気象関係がよく取り上げられています。それにしても6月の1日目からジャケットを出したのですがこれは例年通りですか。本当にいつ半袖着れば良いの…。さて、話をペトロザボーツクへ戻しましょう。11:15になったので船に乗り込みます。その時にイケメンのお兄さんにこんなチケットをもらい、帰るまで首から下げておいて、 [続きを読む]
  • キジ島へ(まだ着きません)
  • Привет!最近仲良くなったイタリア人の友達と英語で話している時に、彼女の言葉にロシア語が混じったので「やっぱりヨーロッパの人でも英語とロシア語で混乱するの!?」と思わず聞いてしまったら「当たり前やろ!みっきーも混じってるやん!」と返されてしまいました。そりゃそうか。その横でイギリス人が「僕は混じらんけどな」と言ったのには少しイラっとしました。母国語が英語の人には聞いていません。For you(あなたの [続きを読む]