ashe さん プロフィール

  •  
asheさん: 赤木名窯
ハンドル名ashe さん
ブログタイトル赤木名窯
ブログURLhttp://akakinagama.amamin.jp/
サイト紹介文奄美大島で退職した男の日々の暮らしの様子をアップします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供477回 / 258日(平均12.9回/週) - 参加 2016/08/08 13:03

ashe さんのブログ記事

  • 野茶坊焼2
  • 野茶坊焼の陶柳先生に、頼まれた素焼きの器が上がったので持っていきました。焼き物は素焼き、本焼きと2回焼いて完成するのですが、電気窯、ガス窯、灯油窯…本格的にやれば薪を使った登り窯とかあるのですが、燃料費が意外と大きいので、ある程度作品を作って、まとめて焼成しないと出費が大変なことになります。そういう意味で、試作品などの焼くことによる縮み具合を調べる時など、窯のスケジュールと合わないと相当な時間がか [続きを読む]
  • ゆで卵のぬか漬け
  • ぬか漬けは好きだけど2,3年に1回の転勤で引っ越し荷物の中に入れたぬか床が港に1週間ほど置かれるたびにダメになってしまい、ぬか床と一緒に私もくさってしまうのでした。行くところ行くところで新しいぬか床を作るもののまた、転勤で、うまくいきません。でやっと今後、引越しのない生活になりまた、復活しました。きゅうりのぬか漬けは娘たちも大好きで漬けるごとになくなってしまいます。今、我が家のブームは「ゆで卵のぬか [続きを読む]
  • 野茶坊焼
  • 今日は嬉しいことがあったので久しぶりにこちらにアップします。野茶坊焼の池波陶柳先生にお電話をいただき、何年ぶりでしょう、野茶坊焼に遊びに行きました。実は陶柳先生とは30年来のお付き合いをさせていただいています。1回目は私が朝日小勤務時代、トライアスロンに出るころでバスケの指導の傍ら、自分のスイム練習も朝日小プールで行っていました。時々、三儀山のプールでも泳ぎましたが、実はなんと陶柳先生、水泳の名手 [続きを読む]
  • 素敵なお客様
  • ブログをシフトしたものの、今日はとても気になる出来事がありましたので、こちらにアップさせてください。3月のフリマが本日、ありました。私のブログをずっと、読んでくださっていた方、何人かにブログシフトの件を怒られました(苦笑)まあ、大人の事情ですので、分かってください。(どこが大人の事情や!駄々っ子の事情やろが!)まあ、それはさておいて一つ、気になったのはいつもフリマで器を買ってくださっていたお客様が [続きを読む]
  • ごめんなさい
  • このたび思うところありましてブログを他の場所にシフトすることにしました。こちらの方を削除するのも惜しいしこちらはこちらで思い出もあるのでこのまま残し思い出したように記事アップするかもしれません。これまでのご愛読温かいコメント励ましのお言葉を無視するようでしかも、感謝の言葉もなく逃げ去るようで卑怯な気もします誠に心苦しいです。全く、個人のやる気の問題ですのでどうか、お笑いになってください。年寄りでも [続きを読む]
  • 焼き芋
  • 先日、庭で娘と遊んでいると、焼き芋の移動販売の音楽が流れてきました。ほどなくその車がゆっくり、ゆっくりとこちらを見ながら通っていきました。前、家内の友人に買ってもらって食べたらおいしかったようで娘二人が、私をじい〜っと見つめたけど焼き芋は結構、高いので(私、学生時代に高知で焼き芋の移動販売をしていたのでわかるのです。)よっしゃと言うことで父ちゃんが焼き芋を作りました。以前、アマゾンで買って愛用して [続きを読む]
  • 赤小の花いっぱい
  • 赤小の県道沿いの花壇です。見事なものでしょう。奄美市報でも紹介された奄美市で最優秀賞を取った緑化活動の成果です。みなさんもついでがあればぜひ、赤小に見に来てください。我が家のボンザマーガレットも徒長した草姿を整えようとばっさり切り戻して1カ月半ですが春の訪れとともに勢いを増してきましたよ。これが1月20日2月3日2月17日そしてこれが今朝、3月7日の姿です。小さなつぼみがいくつか見られるようになり [続きを読む]
  • 阿木名の町
  • 土、日と二日連続、赤木名から古仁屋まで娘たちのバレー観戦に行きました。北大島の笠利から南大島の瀬戸内、古仁屋まで道が良くなったとはいえ、結構、遠距離です。古仁屋に着く前に阿木名の集落を通ります。「あきな」ではなく、みなさん「あぎな」と呼びますね。龍郷の秋名は、「あきな」です。徳之島には西阿木名という町もありますが、確かここは「にしあきな」でしたかね。何回か訪れたことがあります。ところで瀬戸内の阿木 [続きを読む]
  • 心強い
  • 昨日のバレー大会では6年生と一緒に、コートに出っぱなしだった次女、レシーブもサーブも頑張って、本人も納得していたけど夜になると人差し指の付け根がひどく痛むと訴えました。鹿屋にいるころ(2年生)も先輩のアタックを受けて小指を痛め、突き指だと思って翌日も練習すると、痛みが増したので病院に行くと骨折してました。その時のことを思い出して今日は朝イチで名瀬のW整形外科に行きました。ここは、教え子が3人勤務して [続きを読む]
  • これも
  • 3月になったので、このノースフェイスのダウンベストももう着ることはないでしょう。もう、鹿屋以来3冬、着る機会がありませんでした。ダウンベストを着る機会がないのだからダウンジャケットはそれ以上に着る機会がないと思います。結構、いい値段がしたのですが。となると、このフード付きのチャンピオンのコートなんて湯湾岳か徳之島の井ノ川岳の山頂で暮らさない限り、島では一生、着る機会がありません。まあ湯湾岳に家を作 [続きを読む]
  • 古仁屋散歩2
  • 瀬戸内役場の前にある「ラーメン、のむら」白濁豚骨スープの懐かしい鹿児島ラーメンです。一昨日(土曜)は、なにわ食堂さんで味噌ラーメンと焼きめしを食べました。合わせて850円です。なんて安いのでしょう。とみ食堂さんも安いです。ラーメンとライスでワンコインです。古仁屋漁港のすぐ近くです。味華さんもいいですよ。ここのラーメンは本当にきれいな澄み切った塩ラーメン風でおいしいです。お惣菜、弁当の七福さんだった [続きを読む]
  • 古仁屋散歩
  • 瀬戸内の久慈時代は本当に親子ともに大変な時期でした。お店は近くにない、名瀬は遠い、学校にも近所にも子供はいない。教師と子ども1対1の学校で社会性も何も、多様な価値観の授業もあったものではありません。娘たちは年に何回か、息が詰まって壊れそうになりました。でも古仁屋バレーの練習に週3回通えるということが大きな力となって乗り越えてくれました。しかし、久慈〜古仁屋はくねくね道で車で40分娘たちは車に酔っても [続きを読む]
  • 古仁屋「のむら」
  • 安直な禁断の手食事画像、特にラーメンなどの画像をアップすると閲覧数がアップします。そろそろ、しーまから、もう1個の参加ブログにシフトしようと考えています。古仁屋のラーメン、のむらさんです。瀬戸内時代はお世話になりました。ニンニクもワイルドです。カウンター、テーブルの上には酢が置いてあります。味を変えるのにいいし、健康にもいいしいいじゃないですか。久しぶりの古仁屋はなつかしいですね。 [続きを読む]
  • 準優勝
  • この人はBチームの三女さんですが6年生と5年の次女たちのAチームは決勝で朝日小と当たり途中20−20のデュースになるなど接戦を繰り広げましたが惜しくも準優勝でした。準決勝では娘たちを見守り、育ててくれ、今でも可愛がってくれる古仁屋チームと対戦しここともフルセットの末に勝たせてもらったのですが古仁屋の監督はうちの3人娘の「古仁屋の父ちゃん」みたいなものでチームメートもきょうだい以上の付き合いをしてくれ [続きを読む]
  • 少しずつ
  • 退職して花づくりをほとんどしなくなったのが不思議な感じです。これまでは年明けから3月にかけ、卒業式用の花の管理に追われていたのに今は、ビッグⅡで苗を買ってくるだけという楽な方法で玄関周りを飾っています。道路に沿った家の前も少しずつ花を飾っています。我が家の入り口は土地購入前はずっと木が植えられてあった場所でここを刈り取って大工さんたちの工事の車が入れるようにしました。そのため、入り口の周りにはまだ [続きを読む]
  • 弥生・弥栄
  • 「弥栄(いやさか)」という言葉をお聞きになったことがありますか。これは「いよいよ栄える」と言う意味の言葉でめでたい席などで、「御尊家の弥栄(いやさか)をお祈りいたします。」などと言います。これと同じで3月、弥生(やよい)は、生命、満ち溢れる季節で草木も「いよいよ、生い茂る」、つまり「弥生=いやおい」から「やよい」となったわけです。黒糖焼酎にも「弥生」ってありますよね。草木が生い茂るということは畑の [続きを読む]
  • 遠足の弁当
  • 強風もおさまり、今日は赤小のお別れ遠足朝からにこにこ笑顔で、髪の毛もしっかり整えて「行ってきます〜。」と娘二人が出かけて行きました。楽しい1日になるといいです。遠足の朝を迎えるといつも思い出す子がいます。「粘土」 深夜の巡回を終え、寮長部屋へ戻りコーヒーを一口すすると、先ほどA子と話したことが再び頭の中によみがえり、やるせない気持ちになってきた。 A子は実の母親を知らない。物心ついたころは父親と一緒 [続きを読む]
  • 朝の登校指導
  • 子どもの交通安全指導は大事です。子どもは大人が守らないといけません。でも、と私は現役の教員生活時代から考えていました。真綿に子どもをくるんだような丁寧な安全指導は必要ですか?と。こう考えるきっかけとなったのが飲み会の時のグループでの行動です。2次会、3次会に移動する時、ほとんどが自分の目で信号を見ないで周りに合わせて行動しています。まあ、これは酔っぱらいの情けない行動なのですが学校の集団行動でも似 [続きを読む]
  • アイコ先生の話
  • 先日、アップしたブログの中に私の記憶違いがありました。http://akakinagama.amamin.jp/e642005.html幼稚園の時の担任の先生の名前を「アヤコ」先生と書きました。よく、考えると「アイコ」先生でした。鹿児島中央駅の西口から歩いて2,3分のところにある「武(たけ)幼稚園」で「藤(ふじ)組」さんを担任してくださいました。「S・アイコ」先生です。私は、卒園してからアイコ先生と会う機会はずっとなかったけど大人になってか [続きを読む]
  • お別れ遠足
  • 明日は赤小のお別れ遠足学校から歩いて太陽が丘運動公園に行きます。そうですねえ、学校から3kmぐらいでしょうか。遠足と言えば子どもたちの楽しみはおやつ、300円以内で買うようになっています。準備のいい子は早めにタイヨーとかドラモリとかで買うのかもしれませんがスポ少の練習や親の仕事の都合などで買ってない子は今日、友達同士でおやつ買いに行くはずです。赤木名で子どもがよく行くのはAコープとか前島商店以前は [続きを読む]
  • すぐれもの
  • と、ある駐車場で見かけた自転車思わず、立ち止まって感心しながら見入ってしまいました。す
    ごく、頑丈そうな太めのタイヤでした。って、そこかい!タイヤじゃなくて雨除けカバーの方だ
    ろが!いやあ、便利なものがあるんですねえ。早速、検索してみました。https://search.yahoo.co.jp/image
    /search?p=%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E7%94%A8+%E9%9B%A8%E3%82%88%E3%81%91%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC&aq=-1&ts=11231&ei=UTF-8&fr=t [続きを読む]
  • アタックナンバーワン
  • 赤小バレー少年団の練習は基本、月、水、金の17時からですが試合前は週末も練習試合などが組まれます。昨日、火曜日は練習日でないので5年と2年の娘もゆっくりしているのかと私も太陽が丘のトレーニングから帰ってくるとなんと、家の前で二人して、自主練習をしていました。いつもはケンカばかりしているのにお互いに声を掛け合っていろんな動きをやっています。さすがに西日本大会の前だと気合が違いますね。それを見て父ちゃ [続きを読む]
  • 晩白柚
  • 晩白柚(ばんぺいゆ)です。ばあが、持ってきてくれました。柑橘の王様と呼ばれる果物です。鹿児島ではボンタン、ザボン高知ではブンタン(水晶文旦と呼ばれるものもある)とも言います。北薩(阿久根、出水)方面ではこの時期、道路わきに山積みしてボンタンを売るお店が出ます。でも、さすがにこの大きさはそんなにありません。私、大好物なんです。西出水というところで昔、伯父が観音寺という臨済宗のお寺をやっていてその寺の [続きを読む]
  • 咲いた咲いた
  • 龍郷町、大島養護学校近くの国道沿いにチューリップの花が咲いています。咲いた咲いた チューリップの花が並んだ並んだ 赤白黄色どの花見ても きれいだな童謡「チューリップ」の歌詞です。この歌の題名を「さいたさいた」と思っている人もいると聞きました。違いますよ、この歌の題名は「チューリップ」です。ところでこの歌の2番、3番の歌詞をご存知ですか?2番 ゆれるゆれる チューリップの花が 風にゆれて にこにこ笑 [続きを読む]
  • あと7カ月
  • 去年の10月の小学校(校区)運動会で、1種目も選手の声がかからないという屈辱を味わい「来年は絶対、町体(笠利)で走り、市民体育大会選手に選ばれたい!。」と始めたトレーニングですが…なんか10月、11月はそれなりに毎日、太陽が丘に通ったのですが左足ふくらはぎの張りに始まりそれをかばったために、右足の膝裏(ハムストリング)を痛めこちらは結構、長引き、鍼治療に毎週通い結局、10、11、12、1、2月と全 [続きを読む]