管理部CD さん プロフィール

  •  
管理部CDさん: 中小企業の管理部門に必要なことって?
ハンドル名管理部CD さん
ブログタイトル中小企業の管理部門に必要なことって?
ブログURLhttp://kanribu.net/
サイト紹介文中小企業の管理部門の仕事について、30年近く業務をしてきた経験について記しています。
自由文中小企業やベンチャー企業の管理部門(経理、総務、人事、法務等)の考え方ややりがいについて、プレイングマネージャーとして30年近く働いてきた経験の中での役立つ知識や失敗談なども交えて紹介したいと思っています。また情報の共有もできればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 217日(平均4.1回/週) - 参加 2016/08/08 14:29

管理部CD さんのブログ記事

  • 決算で、黒字にして利益を上げたい場合はどうすればいいのでしょうか?
  • 3月末決算の法人も多いと思いますので、今回は少し決算のお話を・・・決算は−少しでも税金を納めたくなくて節税策をとる会社もある反面、銀行から融資を受ける必要から、黒字決算できちんと利益を上げたい会社もあります。先日、日経新聞に『赤字申告法人3.3万件』を国税庁が調べたところ、1割以上が実は黒字だったことがわかった。という記事が載っていました。少し詳しく抜粋しますと・・・・非上場の中小企業の中にはわざと赤 [続きを読む]
  • 仕事をやる気にならない時には、どうすればいいでしょうか?
  • 仕事をやる意欲は、波があると思います。波が高い人、低い人、人それぞれですが、やる気のない時でもうまく乗っていく方法を知っている人もいます。そんな方法を少し・・・参考になればと思います。1.毎日の仕事初めの『ルーチン』を決めておく!スポーツで話題になっていた『ルーチン』ですが、スポーツでは、精神を落ち着けたり、集中したり、従来の力を出せるようにと用いられています。仕事では、冷えたエンジンを温めて、ス [続きを読む]
  • 効率的な会議をするために必要なことは?!
  • 管理部門は、会議を取り仕切ることも多いと思います。でも会議ばっかりしているわりには、業績に反映されなかったり、非効率な会議が多くて残業が増えたり・・・または、全く会議をしなくて他部署との連携が取れずに自部門だけでは、能率よく業務を進められていないことなどが見られます。会議を効率的にするだけでメリットがたくさんあるので、もったいない会議を見直してみましょう。■まずは、『なぜ、会議が必要なのか?』をし [続きを読む]
  • 組織図はちゃんと作っていますでしょうか?
  • 中小企業でもちゃんと組織図は、作っておいた方がいいのです。「人数も少ないし、誰がどの部署か、わかっているからいらないよ」ということで作っていないところもあるかもしれませんが・・・・次の3つの理由から、やっぱり簡単なもので十分なので、まだないところは作っておくことをお勧めします。1.責任の所在と役割が見える化により明確になる。①図になっているだけでリーダー職の人の責任感や自覚が出てきます。②本部と別 [続きを読む]
  • 目次 共通
  • ■カテゴリ:共通内の記事の目次です。『管理部門』って何でしょうか?管理部門は、どんな人が求められて、評価されるのでしょうか?仕事は、追いかけるより追いかけよう!年間スケジュールの一例月次の業務、日々の業務も書き出してみましょう。ともかくラベルを付けてみましょう!ファイリングちゃんとできていますか?切手や収入印紙、管理しているでしょうか?業務フローって作っているでしょうか?セキュリティ対策しています [続きを読む]
  • 目次 経理・財務
  • ■カテゴリ:経理・財務内の記事の目次です。『経理・財務』ってなんでしょうか?小口現金が合わない時は?小口現金が、どうしても合わなかったら最終的にはどうするの?ともかくラベルを付けてみましょう!収入印紙はちゃんと貼っていますでしょうか?収入印紙を貼り間違えたらどうするの?顧問税理士事務所は、どうやって決めていますか?請求書や見積書、納品書って、どうやって作っていますか?有利に借り入れをするためには? [続きを読む]
  • 目次 総務・人事
  • ■カテゴリ:総務・人事内の記事の目次です。『総務・人事』って何でしょうか?ファイリングちゃんとできていますか?切手や収入印紙、管理しているでしょうか?業務フローって作っているでしょうか?補助金や助成金のチェックはちゃんとしていますか?退職金制度は、ありますでしょうか?印鑑証明書、登記事項証明書なども電子申請が便利って知っていますか?社会保険の手続きもオンライン申請が便利です!雇用保険、労働保険の手 [続きを読む]
  • 目次:法務
  • ■カテゴリ:法務内の記事の目次です。『法務』って何をするのでしょうか?収入印紙はちゃんと貼っていますでしょうか?収入印紙を貼り間違えたらどうするの?契約書を読むのが眠くなくなる方法?商標登録を電子申請しましょう!契約書の合意管轄裁判所を不利にしないためには?請負、基本、委託、受託、委任、それぞれの契約書の意味と印紙は?ソフトウェア開発など・・・瑕疵担保責任、チェックしていますでしょうか? [続きを読む]
  • 年金のしくみってどうなっているのでしょうか?
  • 年金のしくみというのは、どうなっているのでしょうか?2階建てとか言われるのはどういうことでしょうか?それは、1階が国民年金で2階が厚生年金になっているということなんですが・・・1階の国民年金(基礎年金)は、日本に在住する20歳以上60歳未満の人がすべて加入する必要があります。それぞれ詳しく説明します。1.自営業者とその家族・学生と会社務めの被扶養配偶者の入っている保険が→国民年金(基礎年金)老齢に [続きを読む]
  • 労災と認められる範囲を知っているでしょうか?
  • 労災保険とは、労働者が業務上または通勤途上で病気やケガをした場合やそれが原因で障害や死亡が起こった時に補償されるという事になっていますが・・・・業務中、通勤途上であれば、すべてが認められるというわけでないのです。一度、確認してみて下さい。■通勤災害と認められる範囲とは1.通勤とは、労働者が仕事をするために自宅と会社の間を合理的な経路と方法で往復することをいい、この合理的な経路を外れた場合は、通勤と [続きを読む]
  • 労災保険は、従業員1名以上で強制加入って知っていますか?
  • 会社を設立して、従業員を1人以上雇うとまず加入しないといけないのが、労災保険です。※正式名称は、「労働者災害補償保険」です。労働者以外の会社の代表者や役員は加入できません。また労災保険は、アルバイトやパートでも1名でも、すべて強制加入で、入社と同時に自動的に加入したことになります。■労災保険の内容・業務災害と通勤災害に分けられます。・業務上、通勤途上で病気やケガをした場合は、健康保険では扱われませ [続きを読む]
  • 小さな会社がすぐに使える『経費精算ができる業務フロー』
  • 小さな会社で、経費の精算方法がちゃんと決められておらず、領収書と交換で現金を渡している・・・というような場合、精算方法を決めた方が間違いもなくなりますので、参考にして下さい。1)精算に使う『経費精算書』を提示します。  ※全員がダウンロード可能なところへ保存するか、全員にデータを渡しておきます。2) 従業員へ精算の仕方についての書面を提示します。※『経費精算の業務フローについて』を印刷して渡して説 [続きを読む]
  • 従業員の慶弔関係について決めておくべきこと
  • 働いている従業員に慶弔関係の事項が発生したときにその時々の思い付きで何かをしたり、しなかったりと不平等な扱いをする事は好ましいことではありません。事前に規定を設けて、また総務担当者が困らないように金額の多寡なども決めておくのがいいと思います。毎日一緒に働いている従業員に何もしない、というのもこの会社で働くというモチベーションを考えても喜びや悲しみを共有することで得られるものがあっていいのではないか [続きを読む]
  • 社宅は、ちゃんと取り決めていないと困ったことになります。
  • 中小企業でも都市部と地方に本支店を置いて、転勤のための社宅を用意することなどあると思います。社宅は、事前に規定を作成して取決めを行っていないと転勤する従業員にとって思わぬ負担が生じたり、逆に会社がどこまで負担すればいいかわからないくらい経費がかさんだり・・・また自宅勤務の従業員との間に不平等が発生したり不満のもとになったりしないようにしておかないといけないです。■取り決めておくべきこと1.社宅を利 [続きを読む]
  • プライバシーマークの取得は難しいでしょうか?
  • 昭和63年12月に行政機関が保有する電子計算機処理に係る個人情報の保護に関する法律が制定され、平成10年4月1日にプライバシーマーク制度が創設されました。また平成15年5月30日に個人情報保護法が公布され、平成17年4月1日に個人情報保護法全面施行となりました。そのことから平成17年度よりプライバシーマーク付与事業者の数は増え、現在(平成28年10月21日現在)14,929社となっています。それでもまだま少ない業種も多く、取得す [続きを読む]
  • 【中小企業等経営強化法】って、知っているでしょうか?
  • 国が中小企業等の“生産性向上の必要性”“業種横断的な経営課題への対応”“業種別の経営課題への対応”“中堅企業の重要性”を目的とした「中小企業等経営強化法」という指針を策定しています。■経営力向上計画・マーケティング・財務管理の高度化、人材の育成、生産性向上のための設備投資等 「経営力向上計画」を申請して認定されると支援措置が受けられます。(支援措置)・固定資産税の軽減(3年間半額)・計画に基づく事業 [続きを読む]
  • 会計ソフトの入力方法によって管理は楽になります!
  • 今は、もうどこの会社でも会計は会計ソフトを使っていると思います。ソフトによって若干使える機能は違うとは思いますが・・・管理会計を導入するためにも、会計ソフトから楽に知りたい情報が取り出せるように入力の段階でひと手間かけることをお勧めします。■手間をかけても入力したいこと参考例101.売掛金、買掛金は、補助科目を使って取引先名を入れる。 未回収先、未払い先を別に一覧を作成しなくても打ち出せるようにし [続きを読む]
  • 月次決算後の視点は?在庫はできるだけ少ないほどいいという事!
  • 会社を安定的に成長させてつぶさないためには、自社の内容の分析をして、予算という計画を立てて、それがちゃんと実行されているか、毎月チェックするために月次決算をして、問題点はないのか?検討をする必要があります。参照:月次決算をしているでしょうか?■検討する会議での注目ポイントは!1.売上の予算は達成できたか? できなかった場合は、なぜか?2.在庫の金額がふくらんでいないか? ふくらんでいる場合、それは [続きを読む]
  • 請負、基本、委託、受託、委任、それぞれの契約書の意味と印紙は?
  • 管理部門は、契約書の扱いも多いと思いますが・・・契約書に貼る印紙って、ややこしいですよね。特に間違いが多いと思われる契約書の注意点を!契約書の意味と印紙の種類を確認してください。1.契約の意味【請負契約書】・・・業務を完成させ、その結果に責任を持つという契約です。【基本契約書】・・・「売買取引基本契約書」や「特約店契約書」「代理店契約書」「業務委託契約書」など継続的に生じる業務委託取引に関して、共 [続きを読む]
  • 部門別や店舗別の損益を出してみましょう!
  • 実際に部門ごとや店舗ごとに儲かっているのかどうか?と各部に共通した業務をしている管理部門や間接部門、そして全社的な業務をしている役員等管理職に係る費用を含め売上目標はどれくらいが妥当なのか?それは、それぞれの損益を出すのが有効です。部門ごとの損益の出し方は、その部門で直接数字が出せるものは、簡単ですが、管理部門の費用などどうすればいいのでしょうか?◆それぞれの算定基準を決めて、按分する方法例えとし [続きを読む]