u8 さん プロフィール

  •  
u8さん: 異説・国鉄駅名全百科
ハンドル名u8 さん
ブログタイトル異説・国鉄駅名全百科
ブログURLhttp://jevas457.blog.fc2.com/
サイト紹介文2017年3月出発、車中泊で駅めぐり。社会不適合者。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 294日(平均8.2回/週) - 参加 2016/08/08 16:47

u8 さんのブログ記事

  • 的場 (川越線)
  • まとば【的場】(川越線) 1940/7/22 開業2017/3/12瓦屋根の古い駅舎が残っています。駅舎内の待合席。見上げると吹き抜けていて、梁と屋根裏が丸見えでした。出改札口。業務委託駅です。改札を抜けると左に通路、そして構内踏切が続き、ホームへ渡れます。1番のりばから川越方面。ホームは1面2線です。2番のりばから高麗川方面。川越方のホーム端が構内踏切に繋がっています。ホーム側から見た改札口。隣りの駅笠幡 (川越線・ [続きを読む]
  • 東野尻 (城端線)
  • ひがしのじり【東野尻】(城端線) 1951/8/10 開業2017/4/19県道の踏切近くに1面1線のホームがあります。ホームへの出入りは複数箇所から可能になっています。これは待合室付近。同じ出入口をホームから。一番城端寄りの出入口。ホームから。城端方面。砺波方面。ホーム中央付近。古い待合室とトイレが並んでいます。建物資産標の年月はこの待合室が1951年10月、隣りのトイレが1951年3月。そして駅の開業は1951年8月と、なぜかバ [続きを読む]
  • 一時帰宅
  • 【5/27】午前中は旅の荷物の見直しと整理整頓。この帰宅中に、撮影用のメインカメラをキャノンkissX7から80Dに交代する。芸術性に乏しい記録性主体の撮影なので機材にうるさい要求はないのだが、X7はISOの設定が100、次が200、400と大雑把である事と、保存する画像サイズにこちらの要求に合致するものがない事がずっと不満だった。今回入手する80Dは18-135mmのキットレンズ付きのものを選んだ。これまで通常はフルサイズ換算で100m [続きを読む]
  • 宮ノ平 (青梅線)
  • みやのひら【宮ノ平】(青梅線) 1914/4/1 青梅鉄道の貨物駅として開業 1923/4/1 旅客営業を開始 1944/4/1 国有化 1971/2/1 無人化 1974頃 跨線橋供用 2000頃 駅舎解体 2009/11/24 現駅舎供用2017/3/22以前は木造駅舎があり、中央の木の向かってやや右寄りに出入口がありました。現在の駅舎。待合室部分。駅の南北とホームを結ぶ跨線橋。跨線橋の北側出入口。駅舎はありません。跨線橋からホームへ。この場所が改札 [続きを読む]
  • 田立2 (中央本線)
  • ただち【田立2】(中央本線) 1973/5/25 中央本線(南木曽〜田立1)の複線化に伴い現在地に移転2017/4/6ホーム出入口。駅の上を横切る道路から上下ホームそれぞれに階段が設置されています。出入口から少し離れた広場にバスと兼用の待合室があります。その内部。1番のりばから中津川方面。同のりば待合室。2番のりばから木曽福島方面。同のりば待合室。ホーム全景。ホームから見た階段。駅全景。隣りの駅坂下 (中央本線・下り) [続きを読む]
  • 焼石 (高山本線)
  • やけいし【焼石】(高山本線) 1929/4/14 開業 1930/1/12 当駅〜下呂が延伸開業され途中駅化 1968/12/4 跨線橋竣工 1985/4/1 無人化 2015/3/19 現駅舎供用2017/4/12改築されて2年目の新駅舎。駅舎内の待合室。丸窓や岩肌風の壁など凝っています。1番のりばから美濃太田方面。下呂方に残る貨物ホームの跡。元々は2線あったようです。無蓋タイプの跨線橋。中の様子。2番のりばから下呂方面。同ホーム上の待合室。駅舎のホ [続きを読む]
  • 越前東郷 (越美北線)
  • えちぜんとうごう【越前東郷】(越美北線) 1960/12/15 開業、現駅舎供用 1990頃 無人化 2004/9/11 業務委託化 2008/4/1 再無人化2017/4/27「おつくね」とはおにぎりのことで、ここ東郷産の米で作ります。待合室。出改札口周辺。小手荷物窓口はしっかりと塞がれていますが、出札口はまた再開出来る状態になっているようです。改札口を抜けると構内踏切があり、その先にホームが続きます。元下りホーム、今は上下方向の列車 [続きを読む]
  • 石部 (草津線)
  • いしべ【石部】(草津線) 1889/12/15 関西鉄道の駅として開業 1907/10/1 国有化 1952/12 現駅舎供用 1979/11 跨線橋竣工 1986/6 駅前広場完成 1997/6 石部駅コミュニティハウスオープン2017/5/19昭和20年代の駅舎としては近代的な作りです。駅舎の西隣りにあるコミュニティハウス。列車やバスの待合に利用出来ます。こちらは駅舎内の待合席。出改札口。2番のりばから貴生川方面。当駅は駅本屋側のホームが2番のりばに [続きを読む]
  • (日当) (樽見線)
  • ひなた【日当】(樽見線) 1989/3/25 第三セクター鉄道・樽見鉄道の駅として開業2017/5/152つの集落を分かつ谷の近くに立地しています。ホームは道路から階段を降りたところにあります。名所が殺人死体遺棄現場です。本巣方面。1面1線の短いホームです。すぐ先に鉄橋があります。樽見方面。ホーム上に待合室があります。こちらはトンネルが口を開けています。待合室内部。桜の季節になると人が詰めかけるそうですが、しっとり緑 [続きを読む]
  • 美濃赤坂 (東海道本線)
  • みのあかさか【美濃赤坂】(東海道本線) 1919/8/1 開業 1971/5/1 無人化2017/5/161919年築の木造駅舎が原型の雰囲気をよく残していて貴重です。窓の周辺が時代を感じさせます。出札口と手小荷物窓口の跡。現在は、切符は乗車した列車内で車掌から購入します。窓口と改札口の間に、どう見ても盆棚に見えるものが残っています。待合席。改札口。ラッチは撤去され、跡だけが床に残っています。改札から入るとすぐホームの終端部 [続きを読む]
  • (水鳥) (樽見線)
  • みどり【水鳥】(樽見線) 1989/3/25 第三セクター鉄道・樽見鉄道の駅として開業2017/5/15ホームの途中に設置された階段で出入りします。駅前の様子。左に見えている煙突は火葬場です。ホームの南端付近にある古い駅名標同じく名所案内樽見方面。この区間の駅としては異例の長いホームです。本巣方面。ホームには待合室とベンチがあります。待合室内部。ホームから外へ。奥に見える建物は根尾谷地震断層観察館。駅から歩いて行け [続きを読む]
  • 木知原 (樽見線)
  • こちぼら【木知原】(樽見線) 1958/1/15 開業 1984/10/6 第三セクター鉄道・樽見鉄道に転換2017/5/14本巣方のホーム端が唯一の出入口。「きちばら」ではなく「こちぼら」です。樽見方面。本巣方面。待合室の戸の半分はサッシ化されず、年季の入った木枠のものが残っています。待合室内部。ホームから外へ。隣りの駅谷汲口 (樽見線・下り)織部 (樽見線・上り) [続きを読む]
  • (モレラ岐阜) (樽見線)
  • もれらぎふ【モレラ岐阜】(樽見線) 2006/4/21 第三セクター鉄道・樽見鉄道の駅として開業 2008/3/21 待合所竣工2017/5/12田んぼと畑に挟まれたロケーション。手前の建物は待合所です。待合所。使われている木材は100%岐阜県産です。その内部。ホーム出入口。左に階段、右に車椅子用のスロープがあります。近くの商業施設の名称がそのまま駅名になっています。大垣方面。ホームは1面1線。本巣方面。いかにも何も無かったとこ [続きを読む]
  • 美江寺 (樽見線)
  • みえじ【美江寺】(樽見線) 1956/3/20 開業 1984/10/6 第三セクター鉄道・樽見鉄道に転換2017/5/12駅舎はありません。大垣方のホーム端からダイレクトに出入りします。反対側。踏み固められた地面が示す通り、普通に線路を人が往来していました。本巣方面。大垣方面。ホーム全景。一見すると元は島式ホームで左側(自販機のある側)にも線路が敷かれていたように見えます。ですが、おそらく開業当時から、本巣方にこのように [続きを読む]
  • 【72日目】 湖に沈んだ村
  • 【72日目】 2017/5/15 (月) 雨のち曇り 73.7km 【岐阜県4】(概略)予報では降水確率10%。なのに朝から大雨。もうこういうのも慣れた。山に掛かった雲が風流で良いよね。樽見線も終盤。神海を過ぎてから登場する駅はどれもロケーションに味がある。終わってしまうのが残念。日当駅で名所案内に「坊主落しの谷」というインパクトの強いものがあって、思わず訪ねた。行ってみると大したことないのだが、こういうネーミングは嫌い [続きを読む]
  • 東大垣 (樽見線)
  • ひがしおおがき【東大垣】(樽見線) 1956/3/20 開業 1984/10/6 第三セクター鉄道・樽見鉄道に転換 1988/11/11 無人化2017/5/11立地の関係か、妻面に出入口があります。駅舎内部。出札口のシャッターは、もし駅係員を再配置することがあれば再開が速やかに行えそうです。シャッターの向こう側。右奥にタブレット閉塞機が見えます。待合席。樽見線は2015/4/30に17の駅で市民駅長を委嘱しました。任期2年が過ぎた今も駅長紹介 [続きを読む]
  • 行動記録目次(未完成)
  • −2017/5/26金計算中−(・○・)−2017/5/25木404.5km−越美南線81日目2017/5/24水68.0km滋賀県1東海道本線280日目2017/5/23火33.0km滋賀県1東海道本線2東海道本線3北陸本線79日目2017/5/22月30.7km滋賀県1東海道本線3 78日目2017/5/21日78.8km滋賀県1東海道本線377日目2017/5/20土63.4km滋賀県1東海道本線376日目2017/5/19金78.8km滋賀県1草津線東海道本線375日目2017/5/18木143.3km岐阜県4→三重県1→滋賀県1−74日目2017/5/17水31 [続きを読む]
  • 西岐阜 (東海道本線)
  • にしぎふ【西岐阜】(東海道本線) 1986/11/1 開業2017/5/11鉄道を立体交差で越える市道の脇に駅があります。引き絵で見ると解りやすいでしょうか。この真下に線路が通っています。北側から見た橋上駅舎。南側から。南北それぞれにエレベーターが設置されています。駅舎の出入口。ここから南北それぞれの駅前に通路が続いています。駅舎内部。国鉄末期の1986年に開業し、5ヶ月後にJR東海になりました。1番線から岐阜方面。ホーム [続きを読む]
  • 【70日目】 休養日
  • 【70日目】 2017/5/13 (土) 雨のち曇り 6.9km 【岐阜県4】(概略)今朝は涼しく過ごしやすくなってくれて助かった。体調は回復し、食欲もある。強い雨が降っていたので、もうどんなに天気が回復しても完全にオフにすると決めた。コインランドリーで洗濯。スーパーで食料の購入。今日はそれだけ。昼からはブログの更新作業。久しぶりに過去の訪問駅を2つ更新した。つい最近訪ねた美濃太田からたった3駅離れているだけの下麻生訪 [続きを読む]
  • 洗馬 (中央本線)
  • せば【洗馬】(中央本線) 1909/12/1 開業2017/4/3開業当時からの貫禄ある駅舎。窓口は塞がれ、無人の駅舎内はしんと静まり返っています。待合席。駅務室の内部がガラス越しに見えました。窓口は残っているようです。これは外に残る臨時の改札口。使われることはなさそうです。隣りの塩尻はJR東日本の駅。ここ洗馬からはJR東海の駅になります。改札口の1番線ホーム側。昔の駅舎の見本のような配置です。1番線から木曽福島方面。2 [続きを読む]
  • 下麻生 (高山本線)
  • しもあそう【下麻生】(高山本線) 1922/11/25 開業 1924/3/20 当駅〜上麻生が延伸開業し途中駅化 1968/11/14 跨線橋供用 1985/4/1 無人化 2002/3 現駅舎供用2017/4/12木造駅舎に代わって建てられた簡易駅舎です。駅舎内部。1番線から美濃太田方面。ホームは2面3線です。2番線。ホーム間の移動は跨線橋で。跨線橋の様子。3番線から下呂方面。2・3番線ホームの待合室。その内部。1番線の下呂方にあった貨物ホームの辺り。 [続きを読む]
  • 長森 (高山本線)
  • ながもり【長森】(高山本線) 1920/11/1 開業 1969/1/1 無人化 1977/12 現駅舎供用2017/5/9古い簡易駅舎です。かつては今の駅舎より西寄りに木造駅舎がありました。駅舎内部。1番線から美濃太田方面。ホームは2面2線です。ホーム間の移動は無蓋タイプの跨線橋で。2番線から岐阜方面。岐阜駅前にそびえる43階建ての岐阜シティ・タワー43が見えます。2番線ホームの待合室。2番線には駅の北側に出られる出入口が設けられていま [続きを読む]
  • 加茂野2 (越美南線)
  • かもの【加茂野2】(越美南線) 1952/12/26 加茂野口駅として開業 1986/12/11 第三セクター鉄道・長良川鉄道に転換        同時に加茂野駅に改称2017/5/7国道346号から横道に入って突き当りが駅です。以前は隣りの富加駅が加茂野駅を名乗っていましたが改称され、当駅が2代目の加茂野駅となりました。関方面。駅の構造は開業時からあまり変化していないようです。美濃太田方面。ホーム待合室。ホームから外へ。余談で [続きを読む]
  • 関口 (越美南線)
  • せきぐち【関口】(越美南線) 1952/12/26 開業 1986/12/11 第三セクター鉄道・長良川鉄道に転換 2013/4/1 無人化 2013/8/23 ローソン長良川鉄道関口駅店がオープン2017/5/6駅の中にコンビニがあるケースはよくありますが、ここは駅舎建替え時にコンビニにしてしまった珍しい形。「関口駅」の表示や、左端に見える列車のイメージイラストなど、長良川鉄道の影響が出ています。この階段は国鉄時代からのもの。美濃太田方面 [続きを読む]
  • 美並苅安 (越美南線)
  • みなみかりやす【美並苅安】(越美南線) 1928/5/6 苅安駅として開業 1986/12/11 第三セクター鉄道・長良川鉄道に転換        同時に美並苅安駅に改称2017/5/5旧駅務室には地域の会社が入っています。木枠の戸やストーブなどレトロなガジェットが豊富です。窓口は使われていません。改札を抜けると見える光景。田植えの終わった水田が広がっています。郡上八幡方面。美濃市方面。跨線橋は駅の外にあって、隣りの小学校 [続きを読む]