u8 さん プロフィール

  •  
u8さん: 異説・国鉄駅名全百科
ハンドル名u8 さん
ブログタイトル異説・国鉄駅名全百科
ブログURLhttp://jevas457.blog.fc2.com/
サイト紹介文早期リタイアして車中泊暮らししながら退屈を紛らす社会不適合者。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供402回 / 352日(平均8.0回/週) - 参加 2016/08/08 16:47

u8 さんのブログ記事

  • 奈良 (関西本線・桜井線)
  • なら【奈良】(関西本線)(桜井線) 1890/12/27 大阪鉄道の駅として開業 1896/4/18 奈良鉄道(木津〜当駅)が開業 1899/5/21 関西鉄道(大仏〜当駅)が開業 1900/6/6 大阪鉄道が関西鉄道に合併 1905/2/7 奈良鉄道が関西鉄道に合併 1907/10/1 関西鉄道が国有化 1934/11 2代目駅舎供用 1984/2/1 貨物取扱廃止 1985〜88の間 駅西側の転車台および扇形庫を撤去 2003/9/7 高架化工事に伴い仮駅舎に移転 2004/5/11 [続きを読む]
  • (喜多) (宮福線)
  • きた【喜多】(宮福線) 1988/7/16 第三セクター鉄道・宮福鉄道の駅として開業 2015/4/1 鉄道運行事業がWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)に移譲される2017/7/21山裾に設置されたホームまで階段が続いています。駐輪場の脇のトイレ。駅前には広々とした農地があり、ホームからの眺めがとても良いです。宮津方面。ホームは1面1線。大江方面。待合室内部です。待合室の裏側。ホーム出入口。のんびりした時間が流れていきます。隣り [続きを読む]
  • 淵垣 (舞鶴線)
  • ふちがき【淵垣】(舞鶴線) 1960/3/29 開業2017/7/20国道27号線の歩道から高低差無しでホームに入れます。駅舎はありません。駅出入口に置かれた開業記念碑。西舞鶴方面。ホームは1面1線です。綾部方面。ホーム待合室。雰囲気から察するに開業時からのものではないでしょうか。待合室の横にもう一つ記念碑があります。こちらは開業二十周年記念。駅の周辺には綾部工業団地が広がっています。隣りの駅梅迫 (舞鶴線・下り)綾部 [続きを読む]
  • (福知山市民病院口) (宮福線)
  • ふくちやましみんびょういんぐち【福知山市民病院口】(宮福線) 1988/7/16 第三セクター鉄道・宮福鉄道の厚中問屋駅として開業 2015/4/1 鉄道運行事業がWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)に移譲される       同時に福知山市民病院口駅に改称2017/7/19駅舎は設置されておらず階段から直接ホームに入ります。2年前に改称された駅名。旧称は駅愛称名という形で残っています。福知山方面。ホームは1面1線です。ホームの無い線 [続きを読む]
  • 柏原 (福知山線)
  • かいばら【柏原】(福知山線) 1899/5/25 阪鶴鉄道の駅として開業 1899/7/15 当駅〜福知山南口駅が延伸開業され途中駅化 1907/8/1 国有化 1951/5 駅舎改築 1973/4/1 貨物取扱廃止 1991/9/21 現駅舎供用2017/7/181990年に開催された「花と緑の博覧会」で、会場内をSL列車が走行しました。その時に設置されていた2つの駅のうち「山の駅」の駅舎を当駅に移設し、現在も使っています。ちなみにもう1つの「風車の駅」も、若 [続きを読む]
  • 山家 (山陰本線)
  • やまが【山家】(山陰本線) 1910/8/25 開業 1971/8/26 貨物取扱を廃止 1974/3/30 跨線橋竣工 1980/2 現駅舎供用2017/7/171980年頃に多く作られ、当時「カプセル駅舎」と呼ばれていたタイプの建物。改札口。無人駅である事が前提になっていたのか、窓口はありません。券売機もありません。構内踏切跡。園部方のホーム端から駅舎側に渡れました。今は跨線橋で結ばれています。跨線橋内部。1番のりばから綾部方面。ホームは [続きを読む]
  • 日吉 (山陰本線)
  • ひよし【日吉】(山陰本線) 1910/8/25 殿田駅として開業 1996/3/16 日吉駅に改称 1999 現駅舎供用2017/7/16地域の交流センターが併設されています。キヨスクだった場所は観光協会に変わっていました。中央の通路の先は交流室です。交流室。出改札口。改札の正面に構内踏切がありホームに渡れます。1番のりばから綾部方面。ホームは島式の1面2線。2番のりばから園部方面。右側には複数の側線がありましたが、今は埋もれ掛か [続きを読む]
  • 船岡 (山陰本線)
  • ふなおか【船岡】(山陰本線) 1953/10/10 開業2017/7/15駅出入口の地下道と、築堤上のホーム。駅舎はありません。踊り場部分に運賃表などが置かれています。ホーム側出入口。鉄道財産票が付けられていて、1966/9/20となっています。当駅の開業は1953年なので、そのタイムラグが気になります。もちろん財産票は必ずしもその施設の完成時期を意味しませんが。綾部方面。ホームは1面2線。園部方面。駅の先に小高い山があり、トンネ [続きを読む]
  • 「丹波口1」 (山陰本線)
  • たんばぐち【丹波口1】(山陰本線) 1897/4/27 京都鉄道の駅として開業 1907/8/1 国有化 1976/3/16 山陰本線高架化と同時に北0.5kmの場所に移転[34.991630, 135.743062]2017/7/14①79年間に渡ってこの場所にあった丹波口駅ですが、今は公園になり面影もありません。②正面側から。トイレはほぼ駅舎の位置です。向かって右側には喫茶店など店舗が並んでいました。③駅前のロータリー全体が見えた位置から。④京都方面。ホーム [続きを読む]
  • (トロッコ嵐山) (山陰本線)
  • とろっこあらしやま【トロッコ嵐山】(山陰本線) 1991/4/27 嵯峨野観光鉄道の駅として開業2017/7/13歩いて数分の場所に有名な「竹林の道」があるなど、嵯峨野路のイメージ通りの風景の中に立地しています。嵯峨野観光鉄道には列車の運行が無い定休日があり、その日には通りに面した門が閉ざされ構内に入れなくなります。駅舎内部。待合室です。切符売り場。改札口。改札は列車ごとに行われるため普段は閉鎖されています。ホーム [続きを読む]
  • 保津峡2 (山陰本線)
  • ほづきょう【保津峡2】(山陰本線) 1989/3/5 山陰本線の新線切り替えのため、約0.6km北東の旧駅から移転 1990/11 現駅舎供用2017/7/12移転された現在の保津峡駅。駅係員のいない無人駅です。改札口を抜けたところ。階段を上に昇ると上りホーム、下に降りると下りホームに出られます。階段を降りると、ホームと線路の下をくぐって反対側に出られるようになっています。ホームの半分は橋梁の上にあるためホームからは絶景が展望 [続きを読む]
  • トロッコ保津峡 (山陰本線)
  • とろっこほづきょう【トロッコ保津峡】(山陰本線) 1929/8/17 松尾山信号場として設置 1936/4/15 旅客駅に昇格し、保津峡駅に改称 1969〜1972の間 現跨線橋供用 1989/3/5 山陰本線の新線切り替えのため、南西約0.6kmの場所に移設       旧駅は廃駅となる 1991/4/27 JR西日本の子会社・嵯峨野観光鉄道の駅として復活       駅名はトロッコ保津峡駅とされる2017/7/12駅の傍らには保津川が流れ、この鵜飼橋 [続きを読む]
  • 吉富2 (山陰本線)
  • よしとみ【吉富2】(山陰本線) 1989/3/11 園部方から0.2km移設される2017/7/8郵便局、コミュニティプラザと一体化している駅舎。待合室部分。出札口らしきものはありますが無人駅です。田園風景を歩いて京都帝釈天や清源寺を訪ねるハイキングが人気です。1番のりばから園部方面。ホームは2面2線で、駅移転と同時に設置された跨線橋で繋がっています。跨線橋内部。2番のりばから亀岡方面。2番のりば上屋周辺。駅舎のホーム側。隣 [続きを読む]
  • 並河 (山陰本線)
  • なみかわ【並河】(山陰本線) 1935/7/20 開業 1989/2 現跨線橋竣工 1989/3/11 ホームが1面1線から2面2線に拡張され、       同時に駅舎を東側から西側に移設2017/7/8山陰本線複線化の際に、それまでの窮屈な場所から現在の場所に駅舎が移されました。駅舎内部。当駅を含む山陰本線複線電化には、当時の亀岡市長による国鉄・JRへの働きかけが大きく影響したそうです。構内全景。複線化までは右側のホームだけの棒線駅 [続きを読む]
  • 丹波口2 (山陰本線)
  • たんばぐち【丹波口2】(山陰本線) 1976/3/16 山陰本線高架化に伴い、0.5km北の現在地に移転2017/7/7山陰本線の高架化に伴いこの場所に移転されました。東側から。北側から。西側にも扉はありますが閉め切られています。高架化竣工記念の碑。駅舎内部。改札口はここだけです。改札の先の踊り場。待合室を兼ねています。駅の西側には京都市中央卸売市場があります。かつては京都市場駅が隣接していて鉄道で各地の産物を運んでい [続きを読む]
  • 長岡京 (東海道本線)
  • ながおかきょう【長岡京】(東海道本線) 1931/8/1 神足駅として開業 1987/2/1 現橋上駅舎供用、東口設置 1995/9/1 長岡京駅に改称2017/7/6当初から駅舎が置かれている西口。背後に見えるのは村田製作所本社ビル。こちらは東口。東口駅前に残る新駅舎落成記念の碑と、ヨ8000形貨車。東口駅前には他にも、D51形蒸気機関車と0系新幹線の車輪が置かれています。東西自由通路。改札口。1番のりばから京都方面。ホームは2面4線。 [続きを読む]
  • 大津3 (東海道本線)
  • おおつ【大津3】(東海道本線) 1921/8/1 東海道本線の新ルート上に開業、従来の大津駅は膳所駅に改称 1975/4/1 現駅舎供用 2016/10/1 「ビエラ大津」がオープン2017/6/92階建てのびわこ口(北口)。群馬県の前橋駅などと共に、地味な県庁所在地駅四天王の一角を担っています。南口もありますが、地下へ続く階段があるだけの簡素な出入口です。南口改札。外からのりば側に向いています。同じ場所を、中から外へ。一方こちら [続きを読む]
  • 東福寺 (奈良線)
  • とうふくじ【東福寺】(奈良線) 1957/12/27 開業、出改札は京阪電鉄に委託 1993/12/5 現橋上駅舎供用、JRの改札が設置される 2001/3/3 複線化されホーム増設 2003/9/13 京阪と改札を分離 2011/11/6 JRホームと京阪ホームの連絡改札が使用開始2017/6/29見えている改札口は京阪電鉄のものです。左に進むとJRの改札口に行ける通路があります。しかしかつてはその通路が無くて、京阪の改札とホームを経てJRの改札に辿り着く [続きを読む]
  • 藤阪 (片町線)
  • ふじさか【藤阪】(片町線) 1979/10/1 開業2017/7/31979年の片町線高架複線化の際に設置された駅です。西側から。東側から。駅設置前は、畑の中の単線区間を101系電車がゴトゴト走る長閑な風景でした。改札口。駅周辺にはコンビニや飲食店が数軒集まっています。1番のりばから四条畷方面。ホームは島式で1面2線。上屋。2番のりばから長尾方面。ホームに出入り可能な階段は2ヶ所あります。階段の踊り場部分。12〜19時の揺らぎの [続きを読む]
  • 木幡 (奈良線)
  • こはた【木幡】(奈良線) 1896/1/25 奈良鉄道の駅として開業、現駅舎供用 1905/2/7 関西鉄道に転換 1907/10/1 国有化 1981/12/9 跨線橋竣工 2001/3/3 2番線が廃止され、3番線が新2番線に変更 2012/4/15 旧2番線が復活し、新2番線(元3番線)が廃止2017/7/2古い木造駅舎です。待合席。自動改札が入って窮屈に見えます。改札口。改札口のホーム側部分。1番のりばから宇治方面。ホームは単式ホームと元島式ホームの2面2 [続きを読む]
  • (玉桂寺前) (信楽線)
  • ぎょくけいじまえ【玉桂寺前】(信楽線) 1987/7/13 第3セクター鉄道・信楽高原鐵道の駅として開業2017/6/11駅出入口と駐輪場。駅舎はありません。南側には大戸川に架かる吊り橋が見えます。吊り橋寄りにもホームに出入り可能な通路があります。駅名の由来になった玉桂寺は吊り橋を渡って徒歩3分です。信楽方面。ホームは1面1線。貴生川方面。ホーム待合室周辺。駅全景。隣りの駅信楽 (信楽線・下り)勅旨 (信楽線・上り) [続きを読む]
  • 上狛 (奈良線)
  • かみこま【上狛】(奈良線) 1902/5/3 奈良鉄道の駅として開業 1905/2/7 関西鉄道に転換 1907/10/1 国有化2017/6/18開業時からのものと思われる駅舎。駅舎内部。カードリーダーが中央に大胆に置かれています。隣接するコートでフットサルが行なわれていました。1番のりばから木津方面。駅舎のすぐ隣にトイレがあります。1番のりばから見た宇治方。かつて2番のりば側に伸びていた軌道が一線スルー方式化で1番のりば側に変更さ [続きを読む]
  • 東滝川 (根室本線)
  • ひがしたきかわ【東滝川】(根室本線) 1913/11/10 幌倉駅として開業 1954/11/10 東滝川駅に改称 1982 跨線橋供用2016/9/30早朝の東滝川駅。出札口の跡が残っています。改札口。旧称の駅名板らしき物がありますが、後年作られたものではないかと思います。滝川を出て1つ目の駅。根室は遥か先です。改札口を抜けて右に進むと上りホームがあります。上りホーム付近から富良野方面。左に進むと跨線橋があり、渡ると下りホームで [続きを読む]
  • 六地蔵 (奈良線)
  • ろくじぞう【六地蔵】(奈良線) 1992/10/22 JR西日本の駅として開業 2009/8 ホームに櫛状ゴムを設置 2023春 京都寄りにホーム移設予定2017/6/29奈良線の南側に置かれた1992年築の駅舎。改札の先に通路があり、突き当りから階段とエスカレーターでホームに昇ります。切符売り場周辺。駅名の由来は、当駅から徒歩10分の距離にある大善寺の伏見六地蔵。1番のりばから宇治方面。1面2線の島式ホームです。カーブがきつくホームと [続きを読む]
  • 櫟本 (桜井線)
  • いちのもと【櫟本】(桜井線) 1898/5/11 奈良鉄道の駅として開業、現駅舎供用 1905/2/7 関西鉄道の駅に転換 1907/10/1 国有化2017/6/27駅舎前に階段がある駅と、駅舎とホームの間に階段がある駅がありますが、前者の方が風格があるように見えます。待合室。出札口。改札口。当駅は無人駅で窓口は閉まっています。下りホームから奈良方面。ホームは2面2線です。駅舎の天理方、貨物ホーム跡に車止め風のブロックが残っていま [続きを読む]