たばちゃん さん プロフィール

  •  
たばちゃんさん: 40代で失業、無職からの脱出・再就職への作戦!
ハンドル名たばちゃん さん
ブログタイトル40代で失業、無職からの脱出・再就職への作戦!
ブログURLhttp://tabatyan.jugem.jp/
サイト紹介文40代で無職になり再就職に挑みました。経験から、中高年の再就職・転職に必要な情報を公開しています。
自由文転職サイトやハローワークの実情、40歳代求職者の現実、なんかを、個人的主観で書いてます。
再就職するためには、様々な知識・情報が必要です。周りと同じように、再就職活動をしても厳しいだけです。私が無職時に考えた「再就職作戦」も参考にしてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 289日(平均4.0回/週) - 参加 2016/08/08 18:50

たばちゃん さんのブログ記事

  • 会社からリストラされない方法は2つ!
  • 「ベンチがアホやから野球がでけへん」そんな熱い言葉を残して、エモヤンこと江本孟紀さんは、シーズン途中で引退することになりました。この言葉は、「監督がアホ」と直接的に批判した言葉です。同僚で飲みに行っての陰口なら、そこまでにはならなかったかもしれませんが、なんせ直接です。 しかしながら、一般の会社員生活であれば、陰口でも密告により「リストラ対象」になってしまうこともあったりします。 そんなこ [続きを読む]
  • 「労働移動支援助成金」という、謎な政策
  • 「労働移動支援助成金」って言葉を、ご存じですか?私は、個人的には「リストラ助成金」と呼んでいます。 いちお、名目的には、「労働者が雇用契約を失う時に、新たな雇用契約が出来るようにしよう」って政策です。そう書けば、なんかいい政策のような気がしますが、現実は、「再就職支援を委託したら10万円あげるよ〜ん」(中小企業のみ)って、政策です。 で、再就職が決まったら「もっとお金をあげちゃうぞぉ」(6 [続きを読む]
  • ハローワークに車で行く時間は、何時(いつ)が良いか?
  • お車での来所はご遠慮ください。とは言われても、駐車場がちょっとでもあったら、車で行きたいって気持ちは、すご〜く分かります。 私も、車で行きたい人ですから(笑) では、何時に行くのがベストなのか?です。 それは、ズバリ11時です。(次に13:30も、おススメです)なぜ11時なのかを、解説します。 まずハローワークの営業時間ですが、朝の8:30〜夕方17:15です。その営業時間には、多 [続きを読む]
  • 仕事を探す方法が分からない!〜求人の探し方とコツ〜
  • 友人から、再就職の相談を受けたのですが、そこで思わぬ言葉が出てきました。「求人はどうやって探すのか?」ま、マジっすか?!と一瞬考えたのですが、落ち着いて考えると、たしかに「どうやって探すのか?」なんてマニュアルを見たことなんてありません。 普通に答えるなら、ハローワークに行って求職登録して、ハローワークで求人を検索する。他にもネットなんかで、求人を探す必要があるよ。でしょう。 しかし、この [続きを読む]
  • ネットの「適職診断」は、無駄。本当の診断を受けよう!
  • まずは、あなたの適職をみつけましょう! なんて見出しで、質問に回答していくと、適職と性格なんかを診断してくれるサイトがいっぱいあります。でも、正直なところ「いまさら?」って話しです。(職歴が多い場合などは、適職診断も大事になる場合があります。それに関しては、先にネットの適職診断について書いた後に書きますので、下の方まで読んでください。) ネットの適職診断は、新卒や若者層であれば、参考にはな [続きを読む]
  • 「男性事務職の採用は転職サイト経由が多かった」です
  • 以前の職場で、私は「生産管理・購買・外注管理」をしていました。その事務職の補充は、現場で複数年の経験をした人材だったのですが、リーマンショック以降は人員が少なくなり、現場の余裕が無くなりました。そのため、「内部からの異動で補充が出来ない状態」が続いておりました。現場からの異動が可能な状態でも、事務職を希望しない人もいます。正直、私自身も現場作業や兵隊の方が好きです。 工場の事務職なんて、営業に [続きを読む]
  • 「内定・採用の連絡来たが断りたい」って不安の解決方法
  • 内定や採用の連絡が来たら、嬉しい時もありますが、だいたいは不安になります。社会人経験が少なければ、「会社のネームバリュー」や「待遇」なんかが希望条件であれば、内定の連絡があれば「なんの疑いもなく」嬉しいでしょう。 しかし、40歳代は汚れています。誰もが知るような大会社から、採用の連絡があっても「不安」になるのです。 特に、転職経験が多ければ、なおさらです。 社会人経験が長くなってくると [続きを読む]
  • 面接に必要な自己PR・アピールは?・面接する側の答え
  • 再就職での面接においては、新卒や若者層とは違った面接でのアピールが必要となります。 社会人経験が無い・少ない人に対しては、面接する側が質問を用意します。アピールも聞きますが、聞くだけで、そんなに重要ではありません。正直、働いてみないと、社会人としてどうか?なんて分からないからです。(ま、余りにもおかしいのを、除去することはしますが) 逆に、再就職においては、アピールが必要となります。なんせ [続きを読む]
  • 月曜日は求人情報誌のチェック〜現場系は良求人あり!〜
  • 街中のコンビニやファミレス、駅ナカなんかにおいてある「TOWNWORK(タウンワーク)」って求人誌を、見かけたことはありませんか? 「パートやアルバイトの募集のヤツでしょ?」と、思いがちですが、「社員」バージョンもあります。これらは、新しいものに月曜日の朝、入れ替えが行われます。私は無職の時、朝にガストでモーニングを食べている時、ちょうど入れ替えが来ていたので、目を通していました。(8時ごろ) [続きを読む]
  • 「就職は売り手市場」に騙されるな!これが現実です。
  • ここ最近、ネットやテレビなんかでは、労働市場は「空前の売り手市場!」なんてコトになっています。確かに、数字上は「新卒の内定率」や「求人率」なんかは、かなり良いです。 しかしながら、現実はと言えば「?」なのが、実感な方も多いでしょう。特に、求職活動を行っている方は、実感されていると思います。 ここを読まれている方で、こんな「空前の売り手市場」なんて言葉を聞いて、離職を考えていたりする方は、ち [続きを読む]
  • 「休憩時間90分」は危険!休憩が長いはブラックかも?
  • 求人内容に、「休憩時間○○分」と書かれてています。 休憩時間には原則があり、労働時間6時間まで 与えなくてよい6時間〜8時間まで 45分以上8時間を超える場合 1時間以上ってのが、決まっています。 6時間までは休憩無しは、法律的にはセーフです。過酷な労働の場合、6時間休憩無しなんて「地獄」です。でも、法律的にはOKなのです。 この場合、拘束時間=労働時間なので、拘束時間 [続きを読む]
  • 「急募求人に応募」作戦〜私はこれで再就職しました〜
  • 求人の検索をしていると、「急募」と書かれた求人があります。ネットの情報では、ブラックだとか危険だとか良くないことが書かれています。 しかし、私のまわりでは、「本当に急募」って事象が多いのも事実です。ま、私のまわりは中小企業で30人ぐらいから以下規模の会社が多いので、「急募」になっている場合が多いって理由もあります。 私の再就職活動での体験も含めて、「急募」に関して書きたいと思います。 [続きを読む]
  • 「制服・作業着1着目貸与」は、ブラック臭ξがプンプン
  • 求人の内容で、「制服貸与」とか「作業着貸与」と書かれている求人があります。これは、「業務において使用する制服や作業着を、会社から貸してもらう」ってことで、求人ではよくある表記です。 しかし、世の中には「1着目貸与」という、不思議な表記もあったりします。「1着目貸与」ってことは、2着目以降はどうなるのでしょう? そのことについて、詳しく書いてある求人もあります。「2着目以降は2年毎に支給」と [続きを読む]
  • 就活の面接は録音して良いのか?〜面接する側の答え〜
  • 以前にいた会社で、面接をした際に「面接を録音して良いですか?」と聞かれたことがあります。ま、別にダメな理由も無いので、OKの返事をしました。 でも、これってどうなの? 録音をして、どうするのでしょうか?(私には無い発想なので・・・)善く考えれば、「面接内容の反省に使うの?」です。逆に、悪く考えれば「面接内容で、あら探しでもするのか?!」です。 個人的な意見としては、「録音するのは自由で [続きを読む]
  • 「40代は再就職できない」と思った時に試して欲しい事
  • 再就職活動が、上手く行かない時に「ネガティブな気持ち」になる場合があります。 特に、応募書類を送ったのに「そのまま返送される」が続いた時なんか、かなりヘコミます。WEBでの応募でも、「今回は応募者多数のため・・・」なんて返信が続いても、同じです。手応えが良かった面接の後に、「不採用の連絡」なんかも、かなりヘコミます。 それで、再就職への気持ちが萎えてしまうのは、再就職の就活には良くないこと [続きを読む]
  • 「急募求人に応募」作戦〜私はこれで再就職しました〜
  • 求人の検索をしていると、「急募」と書かれた求人があります。ネットの情報では、ブラックだとか危険だとか良くないことが書かれています。 しかし、私のまわりでは、「本当に急募」って事象が多いのも事実です。ま、私のまわりは中小企業で30人ぐらいから以下規模の会社が多いので、「急募」になっている場合が多いって理由もあります。私の再就職活動での体験も含めて、「急募」に関して書きたいと思います。 「急募 [続きを読む]
  • 転職・求人サイトのアクセス数〜敵が少ないサイトとは?〜
  • ネットの求人関連サイトは、求職者向けには求人案件登録数であったり、求人会社側に対しては求職登録者が何人いるか?の情報が記載されているものが多いです。そんな、登録数ランキングはネットにあるのですが、アクセス数のランキングがないのです。 実際に「どれぐらい利用されているのか?」は公表されていません。ま、学生部活の幽霊部員的な人数も「利用者」にしておけば、「ウチはこんなに利用されています!」って、宣 [続きを読む]
  • 「営業職」やってみませんか?〜40代未経験で挑戦〜
  • 営業職は、求人が多い職種です。私も、営業職で再就職をしました。 再就職活動を始めた時には、営業職ではなく違う職種で求人を探し応募していました。それなのに、営業職で再就職をしました。そもそも「営業職以外」で求人応募をしていたのは、20代から31歳まで営業職をしていたので、営業職の嫌な部分を知っていたからです。 営業職の嫌な部分とは、・残業が多い(もちろんサービス)・ノルマがある(数字)・新規 [続きを読む]
  • ハロワの「求職情報提供サービス」の記入・登録について
  • ハローワークで求職登録をする際に、個人の求職情報が登録されます。求職情報の公開を選ぶと、「地方自治体や民間職業紹介事業者(これも選択可能)が情報を見て、職業紹介や転職支援サービスの案内などのメッセージが届く」という、「いかにも公的機関」なサービスです。 私が「民間紹介事業者」なら、システムを悪用して、求職者に「採用につながる50の方法!」みたいな怪しい教材なんかを売ってみようと、するかもしれま [続きを読む]
  • 「企業ホームページから直接応募を検索でする」作戦
  • 企業のホームページを見ると「採用情報」なんて欄があったりします。ここから、求人に応募したことありますか?私は、あります。 なんとなくで応募してみたのですが、昼寝している時に面接日時の電話が掛かってきて、なんのコトか分からずに(寝ていたので思い出せなかった・・・)あたふたした記憶があります。 この「応募」のメリットは、他で求人を出していなければ、「人数の少ないイス取りゲームに参加できる」って [続きを読む]
  • 「SEは30代が限界」はウソ!中小企業は困っています
  • 「得意先に持って行く書類が印刷されない!」中小企業は、朝から大騒ぎだったりする日があります。 マイク○ソフトのWin10へ自動アップグレードの時なんか、「パソコンが変わってる!」なんて騒ぎが、多発しておりました。(あんたが、電源いれっぱで放置してたんでしょ・・・) 世の中、PCを使うのが当たり前な時代のはずななのに、大騒ぎです。 「オレのPCだけ印刷できない!」とか騒いでいるので見てみ [続きを読む]
  • 43歳彼女の再々就職3「3連休が無い会社カレンダー」
  • とりあえず再々就職が決まった彼女ですが、面接で大事な部分を確認しておりませんでした。「年間休日94日」だったので、「隔週で土曜日休み・お盆年末年始が休み」程度の休日日数です。面接の際に「会社カレンダー」を確認していなかったので、入社後に会社カレンダーを渡されました。 で、見てみると・・・「3連休が無い」さらに、「年間休日93日」。ということで、こちらがその「会社カレンダー」です。見難いのは、い [続きを読む]
  • 「ワード・エクセルを使える人」求人は、気にせず応募!
  • 求人の項目に「ワード・エクセルが使える人」なんて言葉が書かれている求人があります。中には「パワーポイント」を書いている求人もあります。その文言で、「ちょっと厳しいかな・・・」って応募を躊躇(ちゅうちょ)しては「いけません」。そんなソフトを、使いこなせる人を見たことがありません。少なくとも、私は使えない人です。 この表記って、「とりあえずパソコンを触れる人を募集」と読んで良いでしょう。求人を出し [続きを読む]
  • 面接の時間が、「夜間」「土曜日」「定時外」は要注意
  • 面接に呼ばれたけど、変な時間を指定される場合があります。失業中・無職なら、どんな時間を指定されても問題は無いのですが、「定時外」や「土曜日」なんかを指定される場合があります。 働きながら次の仕事を探している場合に、「定時以降」や「土曜日」なんかを指定されると、「会社が合わせてくれている」なんて勘違いまで発生させます。 そもそも、時間外に面接の時間が指定されるのは、おかしなことなのです。&nbs [続きを読む]
  • 東京都内の再就職を探すならアリな就職支援サービス
  • (内容的に、「アウト判定」で消さなければならない日が来るかもしれないので早めに読んで下さい・笑) 「東京しごとセンター」って、東京都が委託してやっている公益財団法人です。同じようなサービスは、各自治体等であったりもするのですが、さすが東京!お金が掛かっています(笑)そして太っ腹なコトに「東京都内の就職」なら、都民以外でも登録可能です。 まず、このサービスを請け負っているのが「パソナ」です。 [続きを読む]