masaocarp さん プロフィール

  •  
masaocarpさん: それでもカープファンはやめられない
ハンドル名masaocarp さん
ブログタイトルそれでもカープファンはやめられない
ブログURLhttp://www.plus-blog.sportsnavi.com/masaocarp/
サイト紹介文広島カープに関するブログです。
自由文1975年のカープ初優勝の年からカープファンをやっております。長く優勝から遠ざかっておりますが、それでもファンを辞められず今日に至っております。クライマックスシリーズのおかげで、秋にも希望を持って野球を楽しめるようになりました。色々な角度からカープに関する思いを書いてみようかと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 260日(平均1.5回/週) - 参加 2016/08/08 22:24

masaocarp さんのブログ記事

  • 流れを変えた丸の一発
  • 久しぶりに勝ちました…(汗)広輔のタイムリー、菊池の絶妙なセーフティバントで完全にこっちのペースだったのですが、直ぐに追いつかれ、そして逆転。ああ、ついに5連敗、こないだ10連勝したから今度は10連敗??なんてことが頭をよぎったりなんかして…。初物のルーキー星くんに抑えられ、7回表に変わった杉浦から広輔、菊池が空振り三振。完全にヤクルトペースになっちゃた…という場面でした。杉浦のストレートが走っていまし [続きを読む]
  • 正念場
  • 分からんもんですねえ。つい先日まで10連勝したチームがこんなことになるなんて…ジョンソン、中崎、そして床田まで居なくなってしまい、暗雲立ち込める投手陣...と思いきや、この3連敗の大きな原因は明らかに打線の不調です。今の打線は繋がりませんね。長いシーズン、こんなこともありますが、開幕してからずっと打線の繋がりで勝っていたので、直ぐにこんなことになるとは思ってもいませんでした。まあ、ツキもないですね。 [続きを読む]
  • 負ける時はこんなもの
  • 物事には許せる限度というものがありますが、今日の一塁塁審の2度のミスは許されるものではないですね。2つとも誰がどう見ても明らかにウッソ〜!と分かるものでした。まあ、審判のジャッジは絶対なので、こんなところにこれ以上あれこれ書きたくないですけど…でも、こんなひどいミスが起きると、やはりビデオ判定導入の流れになってしまうものです。前回のブログでも書きましたが、ここのところ初回のチャンスを活かしきれていま [続きを読む]
  • 連敗はしません
  • 勝つには勝ちましたが、試合内容は酷いものでした。15安打で、終わってみれば4点ですから、打線の繋がりが売りのカープにとっては拙攻の目立つ試合でした。それでも、最後の最後に逆転して勝つのですから、逞しい、強いチームにはなっています。決して勝ちパターンの中継ぎではないものの、薮田、中田廉の踏ん張りがあっての今日のサヨナラ勝ちです。しかし、昨年同様、今年もDeNAには苦労しそうです。昨年も左腕投手にてこずりま [続きを読む]
  • 破竹の9連勝
  • ここ数試合、もうそろそろ負けるだろうと思いながら観ていますが、とうとう9連勝。どんな試合展開になっても、勝ってしまう今のカープは本当に強いっすね。今夜の試合、先発のルーキー床田からいきなり阿部が技ありの2ラン。完全に巨人ペースかと思いきや、すぐさま新井さんのもっと技ありのホームランにブラッドの豪快ホームラン。3回にもまたもや新井さん、ブラッドのライトスタンド中段への連発。開幕戦を落とした後、5連勝ぐら [続きを読む]
  • エースとストッパーの離脱
  • ジョンソンに続き、中崎まで「右側腹部の違和感」とやらで居なくなってしまいましたとさ…(汗)いくらチームが好調とはいえ、さすがにこれは痛いですね。明日からの巨人戦を前に、投手編成を組み直さなければなりません。情報では、福井が1軍に合流したとの事で、東京ドームに相性の良い彼を、いきなり先発で使うという可能性もあるかもしれません。2戦目の床田のところを福井にする?いやいや、初物に弱いと言われる巨人に床田を [続きを読む]
  • カープは強くなった??
  • これで引き分けを挟んでの7連勝。今日は巨人が負けたということで、カープが単独首位に立ったそうです。この時期に順位の事など早過ぎるかもしれませんが、これ以上ないスタートを切った巨人の上にいるというのは悪い気分ではありません。過去のデータから、巨人が開幕5連勝した年の優勝確率は80%超だそうですが、では、わがカープが開幕敗戦後、7連勝した場合の優勝確率はどれぐらいなのか調べて欲しいものです。(笑)開幕戦を [続きを読む]
  • カトタク 初登板初勝利
  • ドラ1加藤、あわやプロ初登板ノーノーか??と思いましたが、惜しかったですね。スタンドは異様な盛り上がりでした。高めに浮く球も多く、突如ストライクが入らなくなったりと、投球にまだまだムラがありますが、ストレートの球威は抜群で、3ボールからでも変化球でストライクが取れるあたりは、並みの新人ではないような気がしました。ジョンソンの離脱もあっての今日のプロ初登板初勝利となりましたが、加藤にとっては忘れられ [続きを読む]
  • 祝 開幕カード勝ち越し
  • 快勝でした。今日は先発の九里が6回を1点に抑えてくれたおかげで、終始カープのペースでゲームを進めることが出来ました。やはり、先発投手が6、7回投げてくれると楽に試合を進められますね。打線も勢いが出てきます。何より、今日の主審はまともなジャッジをしてくれていたので観ていて安心でした。(笑)會澤のリードも良かったですね。特に右打者へのインコースの使い方は実に見事でした。九里は、好調の原口を完璧に抑え、右打 [続きを読む]
  • 勝てばいいんです。
  • シーズン初ブログです。今季もよろしくお願いします。開幕戦は用事があり、観ることが出来ませんでしたが、ジョンソンがまさかの4回持たずという散々な試合だったようで…(汗)とはいえ、開幕戦はよく考えたら3年連続の敗戦ということで、2戦目に勝てばいいのだと開き直ってテレビ観戦しました。…が、これまた色んなことがあった大味な試合内容ではありましたが、まあよく勝ってくれました。そう、今日のブログの題名どおり、と [続きを読む]
  • 世界一の黒田に感謝
  • 永久欠番となった背番号と同じ、15回の胴上げ。笑顔いっぱいの黒田。そのまま笑ってグランドを去っていくのだろうと思っていました。歯を食いしばって投げ続けたマツダスタジアムのマウンドに、何の未練もなく清々しく去っていく黒田をこちらも笑顔で送ろうと思っていたのですが…おもむろにマウンドにひざまずき、野球の神様に御礼をしていたとか…(本人談)カッコ良過ぎるその姿を見て、スタンドのファンも皆泣いていました。黒 [続きを読む]
  • 幻の2016日本シリーズ第7戦
  • 高々と舞い上がったレアードの打球をレフトスタンドから見上げ、ボールがスタンドに吸い込まれた瞬間に、黒田の勇姿がもう二度と観られなくなったことを確信してしまいました。中田翔に押し出し四球を与え、投手のバースにまでタイムリーを打たれたジャクソンをなぜ代えなかったのだろう??どうしてくれるんだ緒方!!その感情しかありませんでした。後で冷静になって考えてみましたが、ジャクソンが2死を簡単に取っていたことも [続きを読む]
  • 内弁慶シリーズ?
  • 結局1勝も出来ませんでしたね。色々とあった札幌3連戦でした。ひとつぐらいは勝てるだろう…広島で2連勝した時は安易にそのようなことを思っていました。札幌でのベンチの采配も、先に2つ勝ったことにより、無理に勝ちに行かなくてもいいや…みたいな部分があったように思います。本来、ゲーム終盤の7回からカープは得点をあげることを得意としていたはずなのに、それが出来ず、逆に相手にやられてしまいました。でも、これが日本 [続きを読む]
  • 王手をかけるかかけられるか??
  • 最後はいい粘りを見せましたけどね。終わってみれば、ライトの岡ひろみさんの大ファインプレーが効きましたね。岡田はよく1点で切り抜けました。序盤はボール先行でランナーを溜め、一体どうなることやら…と思いましたが。中田翔への1球は、初球でしたからちょっと悔やまれます。この試合のポイントも色々ありますけど、やはり8回表の無死1塁で何も出来なかったことですかね?新井さんが必死で四球を選び、代走赤松で勝負をかけた [続きを読む]
  • やっぱりフォアボールはあかんよね
  • ナイスゲームでした。3連勝出来るほど甘くはないとは思っていましたが、負けるとやっぱり悔しいものです。黒田が頑張りましたからね。確か、去年痛めた右足のくるぶしでしょうか?現役最後の登板(おそらく…)も常にストライク先行の黒田らしいピッチングでした。「ホントに辞めてしまうの?」と、思ってしまうぐらいです。ただ、マウンドであんなに痛がる黒田をあまり見たことがありませんでしたから、本当に痛かったのでしょう [続きを読む]
  • 日本シリーズのビデオ判定
  • 日本シリーズ第2戦はバックスクリーン横2列目からの観戦でした。やはり、この試合のポイントは皆さんご承知のとおり、ビデオ判定でのあのシーンでしょう。センター後方から観ていて、プレーの詳細はよく分かりませんでしたが、追いタッチでタイミング的にはセーフではないか?と思い判定を待っていました。判定の結果セーフとなりましたが、菊池のバスター、西川の送球、広輔のスライディングはどれもプロのスーパープレイであり、 [続きを読む]
  • 初戦の大きな勝利
  • マツダスタジアムで初の日本シリーズの試合を現地観戦してきました。スマホ天気予報の雨雲レーダーの情報からは、試合中雨が降ることはないと思っていましたが、大谷君が降板するあたりまでは、小さな雨がずっと降っていました。レフトポール際のテラス席からの観戦でしたから、投手の投げる球筋を横から見ることができました。確かに、大谷のストレートは常に150kmオーバーで速いですが、7回表に投げた今村の145kmのストレートの [続きを読む]
  • 日本シリーズ開幕
  • 広島は朝から雨が降っていますが、そのうち上がり第1戦は問題なく行われるでしょう。いよいよ、始まります。日本シリーズは観ている方にとってはある意味お祭りだと思っています。たった2チームしかこの夢舞台に立てないわけですから、ファンとしてそれを観戦出来るのは本当にありがたい事です。25年間、よその日本シリーズはほとんど観ていませんから(笑)待ちに待ちました。もちろん、カープが勝ってほしいとは思いますが、勝敗 [続きを読む]
  • 黒田の日本シリーズ
  • といってもいいでしょう。ここまで来れたのも、レジェンド黒田のおかげです。今日の黒田引退報道を耳にして驚きはありませんでしたが、一瞬意外な気がしました。引退するだろうけど、それは全ての日程が終わってから発表すると勝手に思い込んでいたためです。このタイミングでの発表理由は色々と考えられます。これ以上ない最高の舞台での最後の雄姿をファンに観てもらうこと…これが1番でしょうか?次に、チームメイトのモチベー [続きを読む]
  • 日本シリーズへ
  • 「優勝」とは言わないようなので、「祝CS制覇!」といえば良いのか、「祝日本シリーズ進出決定!」なのか…何せ、初めてのことなのでよく分かりませんが、とにかく良かった良かった。地元ですし、緒方監督の胴上げをするもんだと思っていたのですが、やらないもんなのですかね?何せ、初めての経験なもので、過去のCSファイナル突破の瞬間を観たことがないものですから…(笑)終わってみれば予想外の乱打戦で8−7というスコアで辛 [続きを読む]
  • 2番打者の役目
  • まあ、仕方ないですね。初回、3回、6回に広輔がノーアウトで出塁したにも関わらず、点が取れなかったのですから、どうしようもありません。特に6回の走塁の凡ミスは痛かったです。菊地が紛らわしい動作をしてしまったのも良くなかったですが、明らかに広輔のボーンヘッドです。シリーズの流れを変えてしまいかねない嫌なミスだったように思います。今シーズン、試合序盤での無死1塁バッター菊池の場面は、ほとんどバントはしていま [続きを読む]
  • あと1勝
  • こういう形で連勝出来るとは、正直想像していませんでした。リーグ優勝から1ヶ月以上経過し、試合勘がどうなのか?という心配がありました。しかし初戦、打つ方では広輔が、投げてはジョンソンがレギュラーシーズンと変わりない、いやそれ以上の活躍でチーム全体に勇気を与えてくれましたね。2試合共、まさに横綱相撲といえるのではないでしょうか?ジョンソン、野村。15勝以上勝っている投手というのは技術もさることながら、メン [続きを読む]
  • いよいよファイナル
  • CSファーストステージ最終戦は死闘、まさに紙一重の勝負でしたね。最後の阿部の打球もほんの数ミリ程度のボールの捉え方の違いでサヨナラになっていたかもしれません。本当に3試合共いい試合でした。こんなにいい試合をするのなら、5試合制にでもすれば?とも思いましたけど…(笑)でも、巨人は肝心なとこでのミスが目立ちましたね。バントミスやバッテリエラー、さらには足のスペシャリスト鈴木尚が、あの場面で牽制死するという [続きを読む]
  • 明日、相手が決まります。
  • CSファーストステージ、激戦ですね。昨日の勢いでDeNAが連勝か?と思いましたが、巨人が意地を見せました。回跨ぎさせたマシソンは凄かった。昨日の澤村のことを考えれば、マシソンに締めを託すしか方法はなかったのでしょう。両チームの打線のキーマンはやはり坂本と筒香ですかね?この2人をいかに抑えるかがポイントになりそうです。坂本は絶好調。その坂本を1番に据えると言う賭けに出た高橋監督。今の坂本はどこにいても打つで [続きを読む]
  • 祝V7! それでもカープファンをやめなくて良かった
  • 今夜の東京ドームは、初優勝の時の後楽園球場と同じような雰囲気だったのでしょうか?41年前の1975年10月15日。断片的ではありますが、小学2年だったその日の記憶が今でも残っています。当時、友達との間で流行っていた駒回し(笑)をしながら、テレビで放送している後楽園球場での巨人‐広島戦を時々観ていました。赤ヘルブームでクラスの男子の大半が赤い帽子を被っていた影響もあり、自ずとカープファンになっていましたが、ま [続きを読む]