ニセコのダチョウ牧場 さん プロフィール

  •  
ニセコのダチョウ牧場さん: ニセコのダチョウ牧場
ハンドル名ニセコのダチョウ牧場 さん
ブログタイトルニセコのダチョウ牧場
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ostrichfarm
サイト紹介文ニセコのダチョウ牧場がどのようなところなのかを紹介し、日々の営みを記録していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/08/09 09:00

ニセコのダチョウ牧場 さんのブログ記事

  • 牛の糞尿にまみれても心地よいのと感じるのは不思議なものです
  • 牛舎では牛の糞拾いをします。敷いている草の上から糞だけを淡々と拾い上げます。お母さん牛に寄り添う子牛がびくびくしながらこちらを見上げています。お母さんはこちらにかまわず草を食んでいます。子牛を呼ぶ親牛の声がしつこく響いています。尻尾を振って草を食んでいる牛のおしりには糞がこびりついています。見渡せばいたるところに糞はこびりついています。柵をまたごうとすれば、必ず糞に触ります。作業着にも糞が付き、体 [続きを読む]
  • 命をいただくことについて
  • 牧場では、卵からダチョウを孵して育てます。そしてそのダチョウさんのお肉をウインナーなどにして販売しています。卵のころから育てているので、ダチョウさんたちは私のことをとても慕ってくれています。しかし、育てながらいつかはこの子たちの命を奪わなくてはならないと考えています。なぜなら、ダチョウさんを精肉にする処理場は北海道には我々のところしかありません。私は自らの手で命を奪うために卵から孵しているとも言え [続きを読む]
  • ダチョウの卵プリンを牧場で販売しました。
  • 今日は牧場でダチョウの卵プリンを販売しました。卵サンドや卵の殻、生卵、無料の麦茶を用意しました。お客さん達とダチョウのお話をしている間に卵の殻以外は売り切れました。柵の近くで販売していたので、今日はいつもよりダチョウさんの様子をしっかり観察できました。元気です。目の前でダチョウさんが生んでくれた卵の商品を売るのは、ちょっと可哀想です。でも、これもまた食育にはなるのかなと自分を納得させていますダチョ [続きを読む]
  • 卵探し、6月23日
  • 今日も卵探しです卵を探す私に、ダチョウさん達は付いてきますこのダチョウさんはショウちゃんといって、私の後をストーキングします。私の頭を撫で回す事が大好きな変わり者です。いつかみなさんにお見せしたい不思議な行為ですねぇ~ [続きを読む]
  • 卵探し
  • 毎日、放牧地を卵を探して回ります。私に気づいて走り寄るダチョウさんもいますが卵を取るからと怒る子はいません。ありがとうね、ダチョウさん。放牧地の端からの写真です。結構歩きます。 [続きを読む]
  • 民泊後の猫
  • 学生さん達がたくさん泊まりに来てくれた民泊が終わり、我が家の猫は寂しそう。アイドルのようにもてはやされて、学生さん達の膝の上を渡り歩いていました。しばらくは学生の温もりと比べてしまって、ストーブでは不満なのかもしれませんね。 [続きを読む]
  • 育児放棄された子牛が他の母牛に可愛がられていました。
  • この牧場では、母牛とその子牛を分けることはしません。母牛の子育ては多くの場合、愛情深く、きめ細かいですから。しかし、数日前に産まれた子牛には母牛を近くに置いておけませんでした。産んだ子牛の事を自分の子だと思えず、頭で押したり、乳を飲もうとする子を蹴ったりしてしまうからです。子牛にとっては悲しいことですが、ミルクを人が与える人工保育が始まりました。ミルクを時間を決めて与えますが、いつも一緒にはいられ [続きを読む]
  • 牛の親子に嫌われる事が有ります。
  • 子牛は小さいので、柵の隙間から良く脱走します。お母さんから離れて、通路に落ちている草を食べたり、他の牛に挨拶したりしています。やがて飽きると、お母さんのミルクを飲みに帰りますが、入れません。子牛は出る方法は分かっても、入り方は分からないのです。大抵、近くの干し草をベッドにしてふて寝しています。そうしていると、私のような人間がやってきます。子牛は必死に逃げますし、お母さんは鳴いて抗議しています。なん [続きを読む]
  • ヒーターの下の子牛
  • 寒さが強まり、子牛やダチョウの雛にとっては辛い日々です。牧場では、家畜用のヒーターをあてがっています。暖かい所を求めて、子牛が集まります。気持ち良さそうに寝ていましたが、私が写真を撮る為に近づくと慌てて立ち上がります。緊張しきった様子で、撮りたかった写真にはならないですね。可愛かったのですけど、残念です。 [続きを読む]
  • 1羽のダチョウさんだけ帰って来られません
  • 昨日、ダチョウさん達をお客さん達の見学スペースから遠ざけました。しかし、1羽だけ小屋の方へ戻りません。どうやら、牛舎の高い屋根が怖いようです。首をかしげながら目線を高く上げて観察しています。近寄れないまま、1羽だけ放牧されています。今日か明日には連れて来てあげないと、1羽でポツンと可哀想ですね。 [続きを読む]
  • 今日でダチョウさんの放牧を終了します
  • 昨日と今日は比較的暖かい一日ですが明日からは冬の気候になるようです。なので、ダチョウさん達には冬ごもりしてもらいます。また来春まで、彼らには長い冬ごもりですね。冬の寒さで体調を崩すと、回復しないで亡くなってしまいます。ダチョウさん達にとっては我慢の時ですが、頑張って世話させていただきます。彼らには来年も広い草原を闊歩してもらい、たまに来るお客さんを興味津々に観察する姿を見せてもらいたいですから。 [続きを読む]
  • 雪が溶け、牧草をついばむダチョウさん
  • 今日は暖かい一日でした。雪が溶け、牧草が姿を見せました。草が見つけられない日は刻んだ乾草を与えていますが、生えている牧草の味には敵わないです。運んだ草には目もくれずに、太陽の光を浴びながら外で草をついばみます。時々姿を現す山並みとダチョウさん達の姿をのんびりと楽しみつつ、私を見つけて駆けてくる子達と遊んでいました。皆が厳しい冬を耐えきれるかどうか分かりませんが、祈りにも似た気持ちで彼らを見つめてい [続きを読む]
  • 牛の親子
  • 最近産まれた子牛と母牛が一緒に寝ています。難産で大変だった母牛ですが、今はすっかり穏やかです。寒くなり、母牛が近くで暖めてくれているのでしょう。見ていると良いものです。 [続きを読む]
  • 散歩日和な良い天気です
  • 今日は気持ちの良い天気でした。羊蹄山がはっきりと見えました。ミニチュアホースのうららちゃんとゆっくり散歩することにしました。彼女は天気や景色よりも路肩の草に夢中です。雪を払い除け、鼻息荒くむしゃむしゃと食べます。散歩というよりはしゃがんでうららちゃんをゆっくり観察していたといえるでしょう。彼女も少し満足したのか、帰り道は素直に手綱を引かれて帰ります。もちろん、道草はしますけど。 [続きを読む]
  • 冬支度
  • 朝、牧場は雪で真っ白でした。草を探してダチョウさん達はうろうろとしていました。雪の層はまだ数cmなので、見つけられます。草を見つけられ無くなりそうなので、放牧終了までもう少しです。ミニチュアホースのうららという馬が牧場にはいますが、彼女は一足早くしまいました。名残惜しいのか、小屋では少し不機嫌ですね。少しでもいいから、やっぱり動物達は外に出したいですねぇ。 [続きを読む]
  • 大根と白菜の収穫
  • 今日は午前中、気持ちの良い陽気に恵まれました。好天の中、畑に残された野菜を沢山収穫しました。心地よい汗をかけました。良い日射しは、ダチョウさん達にとっても嬉しいようで、雛たちはみんなお外で遊んでいました。いつもは不安がって、あまりハウスから離れないのですが、今日は本当に気持ち良かったのでしょうねぇ。 [続きを読む]
  • 朝は雷が落ち、雛たちはパニックでした
  • 今朝は天候が荒れました。暗い空に稲光がフラッシュのようにピカピカと光っていました。とりわけ光って、すぐ近くに落ちた時には焦ってしまいます。雛たちは雷が苦手ですから。どしゃ降りの雨の中、雛の元へ。ハウスを支える鉄パイプが倒れています。どうやら体当たりして倒してしまった様です。雛たちは怪我をしていないようでした。一安心です。日中は天気がやや回復したので、外に出しました。少しでもいいから、外に出られるう [続きを読む]
  • 天気が良く、紅葉が綺麗な1日でした
  • 今日は暖かく、天気が良かったです。紅葉を楽しむ為か、牧場のお客さんが多かったです。冬がすぐ近くなので、ダチョウさん達がオヤツを貰えるのもあとわずかですね。私は寂しく感じてますが、ダチョウさん達は気にせずにパクパク。もう少し味わった方が良いよ、君達。私からオヤツはあまり与えられないのだから。 [続きを読む]