ともはる先生 さん プロフィール

  •  
ともはる先生さん: ともはる先生の小学校生活はがけっぷちブログ!
ハンドル名ともはる先生 さん
ブログタイトルともはる先生の小学校生活はがけっぷちブログ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/tomoharu-teacher/
サイト紹介文小学校教師ともはる先生の日常を書いていきます。教員志望の人や教員の人が見てくれると嬉しいです!
自由文・子どもとのエピソード
・小学校教員の仕事について
・教育ニュースに対する現場の意見
・授業で使えるネタ
・小学校教員採用試験への対応
など小学校の先生に関わることを、自由に発信しています。
現役教員の方、教員志望の方、お子さんがいる保護者の方、先生が何をしているか知りたい人などなどなど、ぜひ見てください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2016/08/11 09:25

ともはる先生 さんのブログ記事

  • レジリエンスを高める大らか教育 ?肯定言葉 〜小学校教師の日常〜
  • 「大らか教育」を1学期取り組んで行った、実践とまとめの続きです。(大らかさとは?→レジリエンスの高い「大らかさ」のある子に育てる) 大らかさを身に付ける3種類の言葉 ?切り替え言葉?受け入れ言葉?肯定言葉 今回は、?の肯定言葉の実践とまとめの紹介です(^ ^)(前回ブログ→?切り替え言葉・?受け入れ言葉) ?肯定言葉 ・でしょ・まあね・個性です・ありがとう 肯定言葉は、周囲からの評価を肯定的に受け取めるた [続きを読む]
  • レジリエンスを高める大らか教育 ?受け入れ言葉 〜小学校教師の日常〜
  • 「大らか教育」を1学期取り組んで行った実践と、わかったことのまとめの続きです。(大らかさとは?→レジリエンスの高い「大らかさ」のある子に育てる) 大らかさを身に付ける3種類の言葉 ?切り替え言葉?受け入れ言葉?肯定言葉 今回は、?の受け入れ言葉の実践とまとめの紹介です(^ ^)(前回ブログ→?切り替え言葉) ?受け入れ言葉 ・なんとかなる 私の大らかさの定義に「楽しくチャレンジできる楽観性」というがありま [続きを読む]
  • レジリエンスを高める大らか教育 ?切り替え言葉 〜小学校教師の日常〜
  • 夏休みもわずかとなって、徐々に新学期の準備も進んで来ました。ここで2学期に向けて、私が「大らか教育」を1学期取り組んで行った実践と、わかったことをまとめてみたいと思います。(大らかさとは?→レジリエンスの高い「大らかさ」のある子に育てる) 以下は、私の個人研究なので、暇つぶしぐらいで読んでください(笑) 以前ネガティブな気持ちを言語化することで、自分の気持ちをコントロールできるようになる、と言う [続きを読む]
  • 子供がスムーズに動く手順の視覚化 〜小学校教師の日常〜
  • 朝、宿題を出さない子休み時間に机の上を片付けない子時間になっても授業の準備をしない子 など、先生は子供に「動いてくれない」と思う時があります。 何度も伝えているし「考えればわからないのか?」と思ったりしますが、子供の動きは一向に変わらない。 何度言ってもできないから、ついつい怒ってしまう。こんな経験ないでしょうか? 私も最初は、子供に必死に語りかけましたが、全く動かず悩んだりしていました。 そんな時、 [続きを読む]
  • 消しゴムを使わない:漢字・作文指導 〜小学校教師の日常〜
  • 「書く力」をつける方法は色々あります。その中の一つに「消しゴムを使わない」という方法があります。 例えば漢字スキルをすると、何度も書いては消し、書いては消し・・・を繰り返す子がいます。 結果、漢字スキルを1ページ書くのに何十分もかかる子がいます。 丁寧に書こうとする意識はほめるべきことですが、書く力をつける方法としてはいい方法でしょうか? 確かに丁寧に書いてはいますが、作文やノートを書くときは大量の時 [続きを読む]
  • クラスを担任する時に最も大切なこと 〜小学校教師の日常〜
  • 先日、中学校の先生を希望する学生に会う機会がありました。その時に、彼らにクラスを担任する時に最も大事なことは何か聞いてみました。すると、 「規律・ルールを徹底させること」 という答えが最も多くでました。 私は少し意外でした。小学校の先生の場合だと 「ほめていいところを伸ばす」 という答えが多い印象だったからです。 おそらく中学校は小学校よりも生徒指導において困難な場面が多いことが、理由にあると感じます [続きを読む]
  • 習ってない漢字を使っていいですか? 〜小学校教師の日常〜
  • 習ってない漢字を使っていいですか? これどのクラスを担任しても子供に言われます(笑) 私はどんどん使って欲しいんですが、使うと周りの子が読めなくて不便なこともたまにあります。 なので私は「書いていいよ〜でも読めなくて困る子もいるから、ふりがなも書いてね(^ ^)」と言います。 すると、漢字も書いて、読み方、送り仮名を理解してかけるようになるので、一石二鳥で漢字力がつきます。 オススメの方法です!以上! P [続きを読む]
  • 愛する我が子の価値はどう評価する? 〜小学校教師の日常〜
  • 私が尊敬している人に、ロケット開発で有名な植松努さんがいます。下町ロケットのモデルの人としても有名です。 上のyoutubeは2015年に山梨で行われた植松さんの講演会の映像です。 私は植松さんほど、夢をもつことの大切さや生きる意味を教えてくれる人はいません。上のyoutubeは約2時間あるんですか、すでに10回ほど見てます。 子供でも2時間の映画を10回は見ないと思います(笑) ・愛する我が子の評価は、どう評価 [続きを読む]
  • 子供の頭を撫でるのはいいこと? 〜小学校教師の日常〜
  • 「子供の頭を撫でて大丈夫ですか?」と言われたことがあります。 確かに、「子供扱いされている!」と捉えて怒る子もいる気がします。しかし、褒めて頭を撫でてあげれば、子供は喜ぶ気もします。 どうなのでしょうか? 例えば、アドラー心理学の本には、「子供に対して尊敬の念を持って接することが大事である。」とよく書かれています。そして、「頭を撫でるという行為は、立場が上の者から、下の立場の者への行為である。子供 [続きを読む]
  • 拍手の仕方でクラスが変わる 〜小学校教師の日常〜
  • 友達の良い行動に自然に拍手が起こると素敵ですよね(^ ^) できれば先生が「拍手〜!」と促すのではなく、子供から自然に出て欲しいと思います。 そんなことを考えていましたが、今年の低学年のクラスでは、なかなか拍手が起きませんでした。 最初は、拍手をするタイミングが、まだわかっていないだけかな?と思ったのですが、どうやら違いました。 よく見ると、拍手はしている風なのですが、パチパチという音がなっていませんで [続きを読む]
  • アサガオを授業で使う理由 〜小学校教師の日常〜
  • アサガオを授業で使うといい理由を、教えてもらいました(^ ^)1、発芽率ほぼ100%2、双葉の形が個性的3、蔓タイプなので他の草花と違いが明確4、支柱が必要なので手間の分、関わりが増える5、花びらで色水遊びができる6、害虫がつきにくい7、自家受粉なのでどの子も収穫できる8、栽培期間がちょうどいい何十年も、授業でアサガオが使われ続けるのがわかります(^^)PS:Twitterをはじめました(^ ^)→https://twitter.com/m0jJJvFujGoZ [続きを読む]
  • 黒板の字をノートに写すのが遅い子への対応 〜小学校教師の日常〜
  • 黒板の字をノートに写すのが遅い子がいます。もちろん、スピードは人それぞれなので、それ自体は悪いことではありません。ただ授業は数十人が一斉に動くので、どうしても早く書き終わった子がふざけたり、遅い子を待ってイライラする、ということも起こります。なので、子供達全員がなるべく同時に行動させる、という配慮ができると授業がストレスなくスムーズに進めることができます。例えば、算数の授業で「ひろしさんは、37円 [続きを読む]
  • 気持ちのコントロールが苦手な子どもへの対応 〜小学校教師の日常〜
  • 気持ちのコントロールが苦手な子がいます。 ・友達と喧嘩をしてしまった。・何か自分の思い通りにいかなかた。 そんなとき、ついイライラしてしまい、トラブルも起きてしまいます。しかも、本人もよくわからずイライラしてます。そんな子にどう対応すればいいでしょう。 こんな時に使えるのが「ラベリング」と言う方法があります。 これは、わからないものに対して、定義づけしてあげることで、その気持ちを言語化して理解させて [続きを読む]
  • 当たり前のことを当たり前にできるようにする 〜小学校教師の日常〜
  • 今年低学年を担任していると、「当たり前のことを当たり前にできる」ようにすることを意識することが多くなりました。 世の中で「当たり前」と言われることは、発達途中の子供にとっては「当たり前ではない」ことです。 よって、早い段階で身につけると、子供自身にメリットが大きいですし、その後の保護者、次の担任の負担も減ります。 また、「当たり前」のことができないまま、思春期・反抗期に入ると注意されることも増え、 [続きを読む]
  • 楽しい授業は万能の治療薬 〜小学校教師の日常〜
  • 私は「楽しい授業は万能の治療薬」だと思っています。 小学生はまだ体が成長途中なので、様々な要因で体調を崩します。 例えば、叱責が多い先生のクラスでは欠席する子が増えることがよくあります。また、お腹の弱い子は、少しのストレスでも保健室に行くようになります。 裏付けがあるわけではないですが、シンプルに考えて、クラスが子供にとって嫌な場所であれば不調になるし、病気にもなりやすくなる、ということです。 例 [続きを読む]
  • 4〜7月までの振り返り<仕事の取り組み> 〜小学校教師の日常〜
  • 今まで子供の行動と授業編を振り返ってきました。最後は、仕事の取り組みについて振り返りをします(^ ^) 前回までと同じく思いつくまま書いていきます。 朝・8:00〜8:20→子供が登校。その間に、宿題の丸つけ、確認を終える。→確認した宿題は配り係の子が、すぐに返却していく。→特に頑張って取り組んだ子は、朝の会で紹介するために持っておく。→子供は8:20までに片付け、宿題の提出、明日の予定を連絡帳に書い [続きを読む]
  • 4〜7月までの振り返り<授業編> 〜小学校教師の日常〜
  • 前回のブログ4〜7月までの振り返り<子供の行動>から少し日が空いてしまいましたが再開します(^^;) 今度は授業についての振り返りです。 1、国語 ・話す聞く力毎朝全員一言スピーチ(※)で声、スピード、はっきりとした滑舌など、徐々に上達中。1日の間に、ほぼ全員が何らかの授業で手をあげるようになってくれたので、成果が見える。(まだ苦手な子はいるが) 休み明けも続けて、話し合いのレベルをアップしていきたい [続きを読む]
  • 4〜7月までの振り返り<子供の行動> 〜小学校教師の日常〜
  • 4月からクラスを担任していて、色々あったので振り返ってみたいと思います。しっかりと振り返り、夏休み明けから、さらによい学級にしたいと思います。 1、子供の行動2、授業3、仕事の取り組み 3つの点を振り返ってみようと思います。 1、子供の行動 4月の様子と7月の様子を、思いつくまま書いてみます。 ・登校しぶりで、朝大泣きをして遅刻をしてきた子→母親と一緒なら時間内に登校できる、週に2回は一人で登校もで [続きを読む]
  • 7月27日(木)夏休み中の先生の仕事 〜小学校教師の日常〜
  • 午前中は、夏休みの水泳学習なので、プール指導です。 地区の水泳大会もあるので、指導も熱が入ります。同時に大会中の応援の仕方も指導(^ ^) 応援がいいと盛り上がりますからね〜 プールの後は、成績表の所見を書きました。 係活動や実行委員のことを中心に書いていきました、みんなよく頑張っていました(^ ^) お昼をはさんで、夏休み明けに行う地域の研究会の実践提案を作成しました。 日頃の自分の取り組みを紹介するので、気 [続きを読む]
  • もしこの子を担任するなら 〜小学校教師の日常〜
  • 夏休みなので、子どもと関わる機会はないですが、小学校なので校庭に遊びにくる子どももたくさんいます。 あるいは学校のホールで学童も受け入れているので、そこにも子どもはきています。夏休みは特に、子どもを預ける家庭も多いので、学童の方も忙しそうです。 本日、校庭にある倉庫に行くと途中で「えぃ!」といきなりけられました(・・?)みると男の子です。 「先生じゃん!おらっ!」とどんどん殴ったり蹴ったりしてきます。 [続きを読む]
  • 7月26日(水)夏休み中の業務 〜小学校教師の日常〜
  • 本日は日直を担当。 ・電話当番・来訪者対応・校内見回り・うさぎの餌やり などをしつつ、成績表の作成をしていました。 各単元のテスト結果、ノート評価、作品評価、授業の評価をエクセルにまとめました。 これで、休み明けの授業の評価を入れれば、一覧表(ABCの成績をまとめた評)は完成です。少しずつ所見も書きつつ、あと少し。 それにしてもデスクワークに慣れてないからか、1日机にいるだけでしんどい・・・ 子どもと活動 [続きを読む]