ともはる先生 さん プロフィール

  •  
ともはる先生さん: ともはる先生の小学校生活はがけっぷちブログ!
ハンドル名ともはる先生 さん
ブログタイトルともはる先生の小学校生活はがけっぷちブログ!
ブログURLhttp://ameblo.jp/tomoharu-teacher/
サイト紹介文小学校教師ともはる先生の日常を書いていきます。教員志望の人や教員の人が見てくれると嬉しいです!
自由文・子どもとのエピソード
・小学校教員の仕事について
・教育ニュースに対する現場の意見
・授業で使えるネタ
・小学校教員採用試験への対応
など小学校の先生に関わることを、自由に発信しています。
現役教員の方、教員志望の方、お子さんがいる保護者の方、先生が何をしているか知りたい人などなどなど、ぜひ見てください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 285日(平均7.5回/週) - 参加 2016/08/11 09:25

ともはる先生 さんのブログ記事

  • 昨日思ったこと
  • 小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ 私も使ってみよう(^^) https://t.co/yV5TLE3YaH2017年05月21日 08:13小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ 小学校算数では問題解決のプロセスを重視した授業が主流だが、知り合いの中学校数学の先生には、「子どもが計算問題ができなさすぎてやめてほしい」とよく言われる。小学校も中学校も色々主張はあるだろけど、一番困るのは子どもなので考えていきたい。2017年05月20日 23:21 [続きを読む]
  • 子どもが騒いで静かにならない時の対応 〜小学校教師の日常〜
  • 「子どもが騒いで静かになりません。」と言う先生がいます。 クラスを見ると授業を始めたいのに、おしゃべりをして子どもが席に着きません。先生は、その子を注意しますが、その間に他の子供が喋り始めて、騒がしい状態が続きます。 子どもに振り回されている感じがあります。そこで、自分だったらどうするか考えてみました。 私は、とにかく授業を始めることがいいと思います。 例えば国 [続きを読む]
  • 今週思ったこと
  • 小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ 子どもが、折り紙で折ったお花をくれた。「ありがとう!」というと「それでプロポーズしてください!」と無茶振りをしてきた。仕方ないので「僕に毎日お味噌汁を作ってください」と言ったら、「ダサい!おっさん!」と2年生女の子たちに叩かれまくった。誰か素敵なプロポーズの言葉を教えてください。2017年05月18日 22:30小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ 今日のファインプレ [続きを読む]
  • 日常生活を計算する 〜小学校教師の日常〜
  • 算数の新学習指導要領では、学習内容と日常生活や社会の事象とを繋げて問題解決に取り組むことの重要性が述べられています。 しかし、日々授業をしていると、日常生活とつなげるのは、なかなか難しいとも感じます。 算数の教科書には例えば、「53円持っています。25円のお菓子を買ったら残りはいくらでしょう。」という問題が出てきます。 53ー25の「繰り下がり」を考えさせたいのですが、子供に考 [続きを読む]
  • 立場が人を作る 〜小学校教師の日常〜
  • 来週、遠足に行くので、各クラスで子どもたちの中から遠足実行委員を選びました。。(遠足の前のはじめの言葉や終わりの言葉、遠足への心構えなど、子どもたちの中でリーダーとなる係) イベント毎に、実行委員を選んでリーダーの経験を積ませる取り組みは、子どもが成長するので、実施している学校は多いと思います。 この実行委員は子どもたちに人気があるようで、希望者を募るとたくさんの子がやりたい [続きを読む]
  • 時間を守る
  • 小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ 時間は守ろうと頑張っている。うまくいかない時もあるが、休み時間だけは子どものものなので、フルに取れるよう授業を終わらせる。終わるのが無理なら途中で切る。というのを続けていたら、最近子どもたちが「今年はラッキーだ!」と喜んでいる。子供の信頼は先生の取り組み次第だと実感。2017年05月15日 21:03小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ 1ヶ月ドロケイをしてルールを子ど [続きを読む]
  • 叱るのではなく気づかせる 〜小学校教師の日常〜
  • 先生が話している時に、話を聞いていない子が出ます。あるいは、静かに待つ場面でおしゃべりをしてしまう子もいます。 そんなとき先生には、「ちゃんと人の話を聞きなさい!」「さっき注意したでしょ!」と叱って指導したい気持ちが生まれます。 しかし、大人でも気を抜くと話の内容を聞き逃すことがあります。まして体力も集中力もない子どもたちが、全員話を理解しながらしっかり聞く、というのは非常に困難です。&nb [続きを読む]
  • 先生もやります 〜小学校教師の日常〜
  • 小学校では掃除があります。掃除指導をしっかりすると、クラスが非常に安定します。 しかし、掃除をすると余計なおしゃべりが始まったり、ダラダラ行う子が出てきます。以前クラスが始まった時も書いたのですが、私は子どもと一緒に掃除をします。子どもに「やれ」と言うのに、先生が何もせず見ているのであれば、子どもは疑問を持ちます。 4月ずっとおしゃべりをしてサボっていたAくんがいます。 1 [続きを読む]
  • 今日思ったこと
  • 土日は移動が多いので、しっかりブログを書くのは大変でしたが、Twitterはふと思ったことを気軽にかけるので愛用してしまってます(^^)小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ これはすごい https://t.co/FIyXwQHd5j2017年05月14日 20:13小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ 休み時間に男の子2人が鼻歌を歌いながら遊んでいた。微笑ましく聞いていたら徐々にテンションが上がっていって最後は「エリィィィマイラァァァブ! [続きを読む]
  • 毎年思うこと
  • 小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ 作文が書けない。計算が苦手。話し合いができない。すぐ叩いてしまう。すぐ泣いてしまう。毎年いろんな困難を抱えた子を担任する。その子にどんな支援をしたら、苦手がなくなり、よいところが伸びるのか考える。そして最後は、困難を抱えた子が私の幅を広げてくれる。とても感謝してる。2017年05月13日 22:02 [続きを読む]
  • 保護者に一番褒められた言葉 〜小学校教師の日常〜
  • 今週は保護者との個人面談が始まりました。 学校での様子をお伝えし、家や放課後の様子を話しながら、子どもの成長や課題を確認していきます。 だいたい半分程度が終わったのですが、保護者から「ゴールデンウィーク前の先生の〜という言葉が子どもに一番の衝撃で嬉しかったみたいです!」というお褒めの言葉をたくさんいただきました。 なんだと思いますか?(^ ^) それは「ゴールデンウィ [続きを読む]
  • 廊下で女の子たちが・・・
  • Twitterの投稿をアメブロでも投稿できるようなので、これから上げてみようと思います( ̄▽ ̄) 小学校教師ともはる@m0jJJvFujGoZjdZ 廊下で女の子たちが「男は真面目な方がいいけど、真面目なだけじゃおもしろくないよね〜」と真剣な顔でトークしている時に、興味ないふりをして聞き耳を立てている男の子たち。 安心してください。先生は君たちの味方です。2017年05月12日 22:44 [続きを読む]
  • 遊びでPDCAサイクル 〜小学校教師の日常〜
  • 最近、体育の授業の準備運動で、氷鬼をやってます。 しかし、子どもの中で遊びのルールが確立せずもめることが多々あります。 ・タッチしても動く子がいる・足が速い子がみんな鬼をやりたがらない・2人で挟み撃ちをすると文句を言う 子どもがやると色々な問題が出ます。先生が「こう言うときはこうした方がいい・・・」とルールを決めてしまうこともできますが、できれば子どもに話し合わせて、自分たちで問題解 [続きを読む]
  • タヌキがいるんだよ! 〜小学校教師の日常〜
  • 小学生といえば立派な子どもです。子どもは大人には見えないものが見えるといいます。女の子「先生!」私を見つけると走ってきて、私のお腹をポンポン叩きます。私「何してるの?」女の子「先生のお腹にはタヌキがいるんだよ!」私「どう言うこと?」女の子「タヌキがいるんだよ!」すでに会話になってません(笑)私「タヌキさんは何か言ってる?」女の子「ん〜」(私のお腹をポンポン叩きます。)私「・・・」女の子「やっぱりタヌ [続きを読む]
  • うさぎとかめ 〜小学校教師の日常〜
  • 「うさぎとかめ」の童話があります。あれは子どもも大人も、良い教訓を与えてくれるお話なので私は好きです。 クラスには、 行動が早い子行動が遅い子 どちらもいます。 授業でパッと自分の意見を考えてしまう子もいれば、じっくり周りの子の意見を聞きつつ自分の考えを作っていく子もいます。 「帰りの準備をしましょう。」と言えば、10秒で適当にランドセルに詰めて終わる子もいれば、丁寧に確認し [続きを読む]
  • 子どもの行動を記録する 〜小学校教師の日常〜
  • 以前ブログに書いたことがありますが、私は子どもの様子を記録するようにしています。それは、子どもの傾向を客観的に判断したいからです。クラスが始まって1ヶ月色々ありました。前の担任から聞いたことと、随分違う様子も見られます。あるいは、要注意と言われた子が良い子で過ごしていたり、いい子と引き継いだ子が意外とトラブルを起こしたりします。そんな様子を見つつ、出来事や気づいたことを記録していきます。そうすると [続きを読む]
  • 大人だって嫌なものは嫌! 〜小学校教師の日常〜
  • 春新しいクラスが始まると、学校からの電話に抵抗がある保護者の方に会います。 先日も、子どもが忘れ物をしたので、お家にお電話すると、「うちの子が何かしましたか?」と、聞かれます。 聞けば前年(または幼稚園時代)から、担任から子どもの問題行動について何度も電話を受け、学校からの電話に抵抗があるとのことです。 これはやんちゃな子の保護者の方ほど、感じていることかもしれません。新しいク [続きを読む]
  • 確かに成長している 〜小学校教師の日常〜
  • ゴールデンウィークに入る前、子どもたちを褒めました。それは、1日にクラスの全員が挙手をして発言したことです。 間違えることなど気にせずに、自分の意見を堂々と発表し、たとえ間違えても誰もバカにしない。 このような、 当たり前のことを当たり前にできることは、実はすごいことです。 という風に褒めました。 クラスが始まってから、色々な手立てを取りつつ全員が自分の意見を発言できる、という状態 [続きを読む]
  • 子どもの大事な瞬間は駆けつける 〜小学校教師の日常〜
  • ゴールデンウィーク2日目です。 今日は担任している教え子5人に会ってきました。 午前中は、野球の試合に参加している男の子3人に会いに行きました。今年から野球を始めたそうです。「応援きて!」と言われたので、帽子をかぶって、応援に行きました(^ ^) 一生懸命頑張っている姿を見ながら、しっかり応援してきました。 試合後は、保護者の方と雑談しつつ、子どもの試合の振り返りを聞いてあげまし [続きを読む]
  • 子どもに話す時は短くゆっくり 〜小学校教師の日常〜
  • 今年、2年生を担任してみて思うことは、言葉が長くなるほど子どもに伝わらない、ということです。悲しいくらい、話の長い校長先生の話を覚えていません(^_^;)先生の間では、指示は15秒以内と言われたりしますが、感覚的には10秒でも聞けない子がでます。だからと言って早口で話すと、これも伝わらない子がでます笑そもそも45分間集中力して授業を受けることも難しい子たちです。なので今意識していることは、話す内容は短くシンプ [続きを読む]