ともちん さん プロフィール

  •  
ともちんさん: こころに光
ハンドル名ともちん さん
ブログタイトルこころに光
ブログURLhttp://serene44.exblog.jp/
サイト紹介文終活は未来の自分に還る旅。 幸せな旅路になるような事業をつくっていこうと思います。
自由文終活は、生き方探しの旅。
今ここから再スタート、切りましょう。
こころに光、温もり感じること、自分に問いかけながら。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 256日(平均3.6回/週) - 参加 2016/08/11 16:57

ともちん さんのブログ記事

  • 全力を尽くして神の采配にお任せする
  • 年末の多忙から決算など諸々ずっと時間も作れないまま、特許庁からの拒絶査定通知を放置して不服申立の時期を過ぎて…本当なら、通知後に拒絶査定の文書が来る時期をとうに過ぎてるはずなのに来ない。担当者に電話してみると、たまたま予定が組めないまま延び延びになっていたそう。発明協会での相談で仕上げた文書の確認に、セカンドオピニオンを受けました。すると当時から状況が変わって、今の問題と新しい問題... [続きを読む]
  • 一人が寂しいなら二人でいても寂しい
  • 人は本来一人です。一人で生まれて一人で死にます。しかし私たちはつながっています。脳はミラーニューロンで互いに影響し合います。思考は、経験は、DNAにアカシックに刻まれます。一人ではなく、守護霊さまもいつも一緒です。ご先祖さまも見護ってくださってますねきっと…私たちは一人で生きてません。自分一人くらい、ではなく、自分の幸せが他の人に影響し合います。めちゃ責任ありますね、、... [続きを読む]
  • 今日の1日が早いなら、一生も早い
  • 気がつくとこんな歳になってた、、って思いますが、時間は皆等しいんですよね。人生は短い。想像するよりも。今日1日があっと言う間に過ぎるように。何か為し得てから死にたい?証を、形を残したい?任期中に何か形を残したくてハコもの作って後世に憂いを残す為政者と似てますね。立つ鳥跡を濁さず。出来得るなら、仄かな残り香だけを残して去りたいかな。どちらが良い悪いではないけど、死生観にはその... [続きを読む]
  • 世間様よりお天道様
  • 日本は和の国です。そしてムラ社会。調和を重んじますが…輪からはみ出ないよう、非難浴びないよう自分を抑えるのは窮屈。調和じゃない。多様性の中で凸凹なんだけど、それぞれの役割で補い合ってるのが楽しい調和。嫌われないよう生きたい、気にしてる相手は、好きな相手でしょうか?世間並みにって、世間さまは漠然としてる。そもそも、くだらない批判する人のこと、自分の中で大切な割合占めるのでしょうか... [続きを読む]
  • どう見ても「フランク三浦」
  • 商標登録の訴訟で「フランク三浦」が「フランク・ミュラー」を彷彿させるとの無効審決を覆し有効と判断。どう見ても「フランク三浦」じゃね?ってことで一件落着。昨年の夏に申請した商標登録の商標登録証が今日届きました。5件中4件登録。1件は、類似すると拒絶され、期間内に意見書を出さなかったので拒絶査定の通知が届いてから不服審判請求するつもりです。発明協会にて弁理士さんの無料相談が受けられま... [続きを読む]
  • 悲しみのベースは何でしょうか
  • 幸せのベース悲しみのベース人それぞれだと思います。幸不幸は心が決める、とは言いますが、幸不幸を感じているときは渦中に巻き込まれて鳥瞰できないかもしれない。中村久子さん両手両足を失って、心で合掌する生き方をされた方。久子さんのお言葉に「恩というものは着るものであって、着せるものではない」「見ているもののほうが辛いんだよ、それが一番大変なことなんだよ。だから私に対して安易な愛情を... [続きを読む]
  • 安易な同情は堕落させる。愛は厳しさにある。
  • 一見、良い人ぶって親切にするのは容易いですね。しかし、本当に相手を思い遣ってるか?真心からの、大きな愛での行動かは、自分が一番知ってるはず。同情は薄っぺらく、愛は厚い。神は表面の行動ではなく、陰の行動を見てます。死んだときに、自分の行動を振り返って見せられると言いますが…死ななくても、生きてる間にそういうの解消できていった方が良いに決まってる。見たくないから忘れてるかもしれな... [続きを読む]
  • メディア教に入信してて幸せで健康?
  • 溢れる健康情報は、不安を解消するものでしょうか?他人の価値観を知らずに自分のモノサシにして幸せを計ってないか?考えるソースはメディアが絶対の基準?病院は病いを治してくれますか?そもそも、誰かに期待して◯◯して欲しいという思考、自分で考えること放棄してる。そして、期待値を下回るとクレーム…学歴があれば安心、安泰?テストの基準だけで計る価値ってほんの僅か。与えられたことだけ... [続きを読む]
  • 当たり前の中の奇跡、奇跡に潜む悪魔
  • 当たり前のことに感謝するって当たり前ですが、当たり前にスルーすると感受性は貧困に。奇跡を追い、奇跡を拝むと、悪魔に囚われて当たり前に感謝できなくなる。私たち日本人は古来、万物を拝む精神性のもとに自然と調和して暮らしてきましたが。普通に飽き足らず、奇跡を求める気持ち、地に足着いてると言えますか?死んだら救われる、ンなわけ無いのは道理では分かりますね。今が不幸な思考に囚われてるな... [続きを読む]
  • リア充とか、要りますかね?
  • もし明日、全てが滅んでも。明日が来なくてもまいっかって思えますか?人生、充実してた?って思うのかな天命を生きてたかな?って不安になる?今日を笑って生きれたら十分かもしれない。幸せ感じてたら、いつ生が終わっても成仏してるかも。そもそも、人生をやり切った感って、無いと思う。常に、道半ば。だから、いい。何か残せるのがいいとか、そんなのも要らなくない?生きた証なんて... [続きを読む]
  • 愛と憎しみと慈悲
  • 愛というのは煩悩なのです。執着ー何かにとりつかれることは、全て煩悩愛というのは何かの対象にとりつかれること。愛は憎しみに変わる。愛は裏切られると憎しみに変わる。裏切られるとは、自分を残しているということ。自分を残しておいて、相手を愛する。相対的なのです。絶対的な愛とは、自分をなくすということ。裏切られて憎しみに変わるようなものは煩悩。仏教では自分を残す可能性のある愛... [続きを読む]
  • 熱いこころ燃やしてますか
  • なんのために 生まれて なんのために なにをして 生きるのかこたえられないなんて そんなのは いやだ!…なにが君の しあわせ? なにをして よろこぶ?…わからないまま おわる そんなのは いやだ!今を生きる ことで 熱い こころ 燃えるだから 君は いくんだ ほほえんで(やなせたかし作詞「アンパンマンのマーチ」より抜粋)熱いこころ燃やしてま... [続きを読む]
  • 迷いと偏見がつくる現世(うつしよ)
  • 人間の本質をどうして月に喩えるのかといえば、満月のように丸く明るい形は、そのまま迷いのない心と似ているからです。言葉は、読む人の偏見によって、真意が隠れてしまいます。その本当の意味は、読み手の技量に応じて現れてくるのです。ー空海 人生の言葉ー迷いのない人はいないかもしれないけれど、迷いがあることを知っている人は幸い。迷いの中にいること知らない不幸。偏見がつくる現世を認識し... [続きを読む]
  • この世を逃げてあの世はない
  • もう死にたいって、思うことありますね。死んだらラクになると思いますか?解放される?ようがんばったねって、癒し所でしょうか?今幸せでなくて、あの世で幸せになる道理は無いですね。死んでも救われない。生きてこそ救われる。生きて成仏する。普通に考えて、自然なことですね。でも、見たくないから逃げ場を作って認めない。もっと大変になるの、直感してるから、ですね多分。なら、退路は... [続きを読む]
  • 矛盾が基準
  • 平安を得るにはプラス思考だけじゃ片手落ちですね。ネガティヴ思考を認識することが必須。闇は悪?闇があること知ると照らすこと出来るけれど闇があること知ってないと閉ざされて無明なまま。お松の方様。たおやかな女性。お花畑思考だけでは危険ですね。ジワリ侵食されても気づかないなら生存本能は衰えてます。連綿として守り育んできた過去の尊い心を大切なものと感謝して受けるなら、芯は太くなり... [続きを読む]
  • 子どもたちの未来は?幸福な日本?ジワリ崩壊していく日本?
  • 今の世相と今に至る潮流から、未来予想図はどうですか?幸福を描ける要素。内外を見て、何れくらいあるでしょう。心身の様子、自然環境、海外の潮流から、水面下で進む崩壊の危機感を感じ取れてますか?振り返って、過去の大戦前夜の雰囲気に絶望を感じ取れていた人は何れくらいいると思いますか?後の祭りとなって、責任の所在を云々なすり付ける愚は犯したくないと誰もが思いながらも愚の歴史は繰り返されてきま... [続きを読む]
  • 心ここに在らず
  • 欧米の新年はバカ騒ぎ、クリスマスは聖夜。日本はクリスマスも新年もお祭り騒ぎ。陛下は日本の安寧に祈りを捧げる。どうかしてるぜ⁈って思いませんか。心を忘れて、中身無しのざわついた日々。危機管理意識は薄く、日本人の肝はぼんやり。心を静かに澄ます時間を持たずして、鋭気も叡智も養われません。ほんの少し昔は、元旦は静かに過ごしたものです。初売りが始まり、ザワザワした新年を迎えること... [続きを読む]
  • 砂上の楼閣は一瞬にして崩れ去る
  • 大歳のすす払い、新らしいものを迎えるには先ず捨てることからですね。気がついたら、要らないものを沢山くっ付けてます。一年がそうであるなら、今迄生きてきた基礎はどうでしょう。思考の基盤はどうでしょう?あなたの考えは、本当にあなたの考えでしょうか?それとも誰かの受け売りを自分の考えと勘違いしてなぞってませんか?自らのルーツを知る。未来を見据えて今を確固としたものにするには、ベー... [続きを読む]
  • あそぶこと
  • アソブをカタカムナで思念読みすると(ア)感じる・生命(ソ)外れる(ブ)内側に増える意識を外らして命を感じることで内側が豊かになること、に感じます(^.^)常識の服を脱ぎ、普段と違う空間を味わい、五感を解放することが内側を豊かにする。いつもの音楽、見慣れた景色、帰るところ、懐かしい匂い、お気に入りのテイスト…安心感からちょっと離れて、新しさを経験して、見知らぬ自分を再発見する。... [続きを読む]
  • あなたに会えて良かった
  • あなたに会えて良かった。心に浮かぶ人はどれくらいいますか?そしてあなたに会えて良かった。そう思ってもらえる生き方をしているでしょうか?神の御心に沿う生き方であるかは、ハートが知っている。亡くなって会えない大切な人が、喜ぶ生き方をしているか。。クリスマス。祝うのも良いけれど、自らを省みること…マイナスを減らしていくことが土台をしっかりしてくことのよう... [続きを読む]
  • 1+1=○?
  • ご縁は、緑の木のようですね。「縁が枯れると人類は滅びる」縁の木は、見えない根を張りつながっています。無意識を共有する大地に根を下ろし光を滋養とし、雨は潤い、ハートに染み込む。緑はその存在が癒し。空気を浄化し、見るものを癒す無心の愛があります。私たちは色んな見えないご縁をいたただき生きてます。いただいている分、お返しって出来てるでしょうか?バランス、傾いてると重くな... [続きを読む]
  • ハートの刻むビートは?
  • 真剣に生きるって心に刀を携えること。真の優しさとは、心地よいぬるま湯ではなく雷鳴轟かすような、光のビームだと思います。揺るがぬ信念が、人の心揺さぶる。信念は、愛そのもの。優しいって、優れているということ。優しいという言葉を中国語に訳そうとすると、あらゆる賛辞の言葉を並べて優しいになるそう。日本人は元来、賢明です。が、エセ優しさの文化に侵されている。死んで気がついても、遅... [続きを読む]
  • 感情が、残る。
  • 振り返るとき記憶に残るのは、シーンよりも感情ではないですか?感情の記憶にも色々あって…ふんわりした記憶や、塊の記憶、感情の記憶には質量あると思います。苦しい感情の記憶は、ブラックホールみたいに質量大きくて、トラウマみたいにそこに感情が戻りますね。楽しい感情は、質量軽くて浮いてるみたいな。楽しいけど苦しい感情は、ホワイトホールみたいにやっぱり吸い寄せられて執着になって。体験か... [続きを読む]
  • 闇が基盤
  • 「闇」そこにすべての存在基盤がある。「光」をつけたり消したりすることはあるけど、「闇をつける・消す」ことはないだろう?常に闇という舞台の中で、光という性質の波が動き回っているんだ。僕たちが普段「死」を恐れるのは、「自分(個別)の命」の消失をイメージするからだよね。命は形あるものに宿るのではなく、形なき空間に満ちている。形ではなく空間だから、分かれるとこも、始まることも、終わるこ... [続きを読む]
  • 安否確認。連絡事項。◯◯メモ。
  • ご無沙汰してます(*^_^*)毎日、連絡をとるような人居ますか?顔合わせなくても、ネットでのつながりは安否確認にもなりますね。しばらくアクションないと、元気なんかな?と思ったり。もし突然、自分の身に危機があったとき、伝えたいことを伝えられますか?何かメモ書き等あったとしても、伝えられなかったら、無いに等しいです。現在、成り行きで叔父の遺産相続の手続きしてます。夏から始めて数ヶ月... [続きを読む]