やわやわとまれ さん プロフィール

  •  
やわやわとまれさん: やわやわとまれ♪の鉄道雑記帳(信号やら配線やら)
ハンドル名やわやわとまれ さん
ブログタイトルやわやわとまれ♪の鉄道雑記帳(信号やら配線やら)
ブログURLhttp://ameblo.jp/mitowaki415/
サイト紹介文常磐線や水戸線、磐越東線を中心に鉄道信号や標識、配線などについて書きとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 240日(平均2.2回/週) - 参加 2016/08/13 19:20

やわやわとまれ さんのブログ記事

  • 東北線 東仙台駅
  • 東北線の東仙台駅の巻です。久しぶりに訪れた駅舎は改築されていました。間口はあまり変わりがなく、ホームの高さと駅前の高低差がかなりあるのは、変わりがなかったように感じました。駅舎が変わった東仙台。長町の貨物構内機能が東仙台信号場に移ったとき(長町機関区→仙台機関区(のち仙台総合鉄道部))、この東仙台駅構内が大きく変化しました。 詳しくは f54560zgさんブログ 懐かしい駅の風景 東仙台 もごらん [続きを読む]
  • 磐越東線 菅谷駅
  • 磐越東線 菅谷駅の巻です。自動化のときに棒線化された駅です。 よく見かける駅舎です。県道からほんの少し入ったところにあります。現在は平日だけ乗車券販売をしているようです。 駅舎側の線路を無くした配線です。上り線があったのが良く見て取れます。いわき方を見ました。 第5小野新町踏切からみると、Y字の配線だったことがよく分かります。 こちらは作前踏切から。 信号機の跡は探せばありそう [続きを読む]
  • 磐越東線 神俣駅
  • 整頓していたら、神俣駅が抜けていることに気づきました。それでは、磐越東線 神俣駅の回です。あぶくま鍾乳洞、星の村天文台の最寄り駅。ホームから見た駅舎(というよりは市の施設)。建物の中に平日のみ営業のきっぷ売り場があります。 まずは配線略図。Yで分岐する線路の間に島式ホームを持つ停車場です。駅に入って、構内踏切を渡ると・・・ 駅舎の反対側には朽ちたホームの跡が。 いつもより早く非自動時代の配 [続きを読む]
  • 目次(磐越東線)
  • ●磐越東線 いわき 赤井 小川郷(1) 小川郷(2) 小川郷(単線区間の信号現示) 江田(江田信号場の頃の話も) 江田(余談) 川前(1) 川前(2) 夏井 小野新町(1) 小野新町(2) 小野新町(3) 小野新町(入換)(仮作成) 神俣 菅谷 大越(1 セメント専用線) 大越(2) 大越(3) 磐城常葉(1) 磐城常葉(2) 船引(1) 船引(2) 要田(1) 要田(2) 要田(3) 三春 舞木 [続きを読む]
  • 磐越東線 舞木駅
  • いつもご覧いただきありがとうございます。 磐越東線 舞木駅の巻です。駅舎はミニ待合室になってしまっています。(写真ありません(_ _)) 2017年1月3日。728Dと9929Dの交換風景。 舞木駅は、磐越東線の駅ではユニークで、普段は1番のりばに下り/上り列車とも発着します。2番のりばに発着できるのは、下り列車のみ。配線略図は下記の通りです。 非自動時代のホーム配置で、1番ホームの真ん中から構内踏切 [続きを読む]
  • 磐越東線 三春駅
  • ご覧いただきありがとうございます。磐越東線 三春駅の回です。城下町をイメージする駅舎。右半分は観光案内スペースとなっています。左半分は・・・がありましたが、今は窓口は委託となっているようです。さて、駅構内は・・・上本で郡山方から折返しが可能になっています。毎年春、三春滝桜号が走るときに、折返し列車があります。かつてディーゼル機関車の試運転の折返し列車もありました。下り遠方信号機(2R)。下り場内中継信号 [続きを読む]
  • 磐越東線 船引駅 その2(終)
  • 磐越東線 船引駅の2回目です。前回お目にかけた、上り出発信号機です。これを南北跨線橋から見ると、まあ、何も変わりが無いのですが、下り本線上り出発信号機の列車停止標識の位置が目に入りました。車両接触限界と同じ位置なのでしょう。接触限界の上に列車停止標識を建てられないので、すぐ外方に建ててありました。それからいわき方の分岐器はY状でどちらも制限50。 振り返って郡山方を見ます。下り出発信号機の位置 [続きを読む]
  • 磐越東線 船引駅 その1
  • 要田駅と磐城常葉駅を紹介したので、間をとって(^_^;)船引駅の巻です。合併によってできた田村市の中心地・船引。駅の南側が町でしたが、北側にバイパスや住宅地が整備されてすっかり様変わり。乗客も多いように感じます。まずは踏切から。駅探訪、構内配線調べを初めておもしろみを感じているのが、踏切名称。まあ、そのまんま!「神社前」踏切ですが、自動車は通れないところが良いですね。そこから船引駅構内を見ます。お決まり [続きを読む]
  • 磐越東線 磐城常葉駅 その2(終)
  • 磐城常葉駅の続きです。 郡山方にある信号機から。上り遠方信号機。上り場内信号機。おもしろみはあまり感じませんね。砂田踏切から見た、上記二つ。あまり遠くありません。カーブしているので、遠方信号機の役割はしっかりあります。 同じ砂田踏切から構内を見るとありふれた発条転てつ機。転てつ機標識の隣の箱が鎖錠スイッチと思われます。磐城常葉駅で使われることはほとんど皆無だろうと思います。ポイントの形状を [続きを読む]
  • 磐越東線 磐城常葉駅 その1
  • 要田駅からふた駅いわき方に戻りまして、磐城常葉駅です。 バス停でしたら、常葉町入り口になったかな。磐城常葉駅は、旧常葉町に存在しなくて、旧船引町今泉。合併後はどちらも田村市です。無人化後は、農協と田村今泉簡易郵便局が同居していましたが、今はすっかり新しい待合室の建物になり、農協も簡易郵便局もお引っ越ししてしまいました。早速、配線略図をご覧下さい。いわき方からほぼ直線で、構内を出るところで左にカ [続きを読む]
  • 小野新町駅 その3 構内でみかけたもの
  • 磐越東線 小野新町駅 その3です。もう一度、配線略図から。島式のホームに出発反応標識が並んでいます。 数字記号が書いてあると、わくわくします。主体となる信号機の名称が分かるのですもの。 いわき方にある常時鎖錠のポイント。チョークで「小野」と書かれているのは、なぜでしょう。 反対側。鍵が解かれて、動かすときはあるのでしょうかねえ。 写真を見て、気づいたのがこれ。保守用の線路を分けるのは、 [続きを読む]
  • 磐越東線 要田駅 その3
  • 磐越東線 要田駅 その3(最終回)です。2016年12月25日現在の配線略図をもう一度。(**)下り列車から見て、右カーブ上に停車場があります。上の写真は、郡山方にある寺岡踏切からいわき方を見ました。ホーム手前に上り出発信号機の中継信号機があります。(*)ホームは狭いです。通常のダイヤでは、現在交換列車は設定されていません。(**)カーブの向こうに上り出発信号機、2L。出発反応標識も写してみました。 [続きを読む]
  • 小野新町 748D到着
  • 2016年10月1日撮影。特別なことは何もありません。748D小野新町駅上り場内信号機、上り本線注意現示で進入するところです。748Dはこのあと、入換をします。(この記事は、このあと、大幅に書き換える予定です。動画はこれのみです(笑)) [続きを読む]
  • 磐越東線 小野新町駅 その2
  • 完結させずにおもしろいと感じたことをupするものですから、統一感がなくて、申し訳ございません。徐々に埋めて参ります。今回は小野新町駅の場内信号機をご覧いただきます。その1はこちら。配線略図もご覧いただけます。 まずは上り場内信号機。左から上2番、上本、下本です。下本場内はYY現示。車が見える鬼石踏切付近から場内信号機を背面から見ますとなんてことはないのですが、入換用の停止位置目標があります。4 [続きを読む]
  • 磐越東線 要田駅 その2 出発信号機と列車停止標識の近さ
  • 磐越東線要田駅の巻です。駅舎は建て替えられていて、かわいらしい待合室のみ。以前は三角で真っ白の屋根が特徴的だった駅舎だったと思います。 さて、前回 要田駅の下り出発信号機と列車停止標識の近さをお目にかけました。要田駅の調査に行ったのは、2016年9月25日。家に戻ってきて写真を見て、上記の事柄に気づきました。その写真がこちら。気になって仕方がないので、行ってみました。2016年12月25日。真横から見ました [続きを読む]
  • この近さは?
  • 磐越東線要田駅の下り出発信号機と列車停止標識です。不思議なのは、この近さ。2016年9月に観察したときに、戻ってきて写真を眺めて疑問に思いました。その時に気づけば良かったのに。さて、この近さの訳は?みなさまのお考えはいかがでしょうか?私の再調査の答えは後日。2017年もどうぞよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 常総線下館駅 その2
  • 前回、関東鉄道常総線の下館駅場内第2中継信号機をご覧いただきました。こちらその続きをご覧いただきます。場内第1中継信号機はよくある形。場内は、三ツ目なのに、Gがふさいであります。JRでも副本線用の場内でふさいであるときがありますが、常総線下館駅は終端駅なので、主本線側も閉じてあります。 出発はというと、G・Rの二現示式。三現示式のYをふさぐ様式ではないところがいい感じ。出発が二つ一緒ですから、袂には列 [続きを読む]
  • 中継信号機に予告機
  • 駅の探検はなかなか骨がおれます。線路の反対側に行こうとしたのですが、なかなか渡れずに困りました。そのような時、出会った信号機。おおおー初めて見ました。中継信号機に予告機。常総線の下館駅場内第二中継信号機には予告機付き。私の駅探検って(^_^;) [続きを読む]
  • 水郡線 水戸と常陸青柳の遠方信号機は・・・
  • 滅多になさそうなものをみつけるとわくわくします。先日水戸駅をぐるりと観察しておりました。ちょっと足を伸ばして、水郡線にも。 水郡線が水戸を出ると、那珂川を渡るのですが、この橋は架け変わりました。この橋の上に、背中合わせの信号機が。背中合わせの信号機はよくありますが、遠方信号機同士が背中合わせ。見えているのが水戸駅場内の遠方信号機。背中が常陸青柳駅場内の遠方信号機です。営業キロで1.9kmの両駅 [続きを読む]
  • 磐越東線 小野新町駅 その1
  • 磐越東線 小野新町駅です。小川郷駅同様、線路がちょっとだけ高い位置にあるので、駅舎とは地下道で結ばれています。ローカル線で地下道があるのは珍しいかしら。三春駅も地下道。磐越西線磐梯町駅も地下道があります。 停止目標「入」は入換車両の停目はご存知の通り。小野新町駅には、キハ110系2両の5編成がお泊まりしますので、入換が行われます。(規模としては小さいのですが、これはいずれ報告します)。ちなみに磐越 [続きを読む]
  • 出発反応標識(レピータ)の見本市 常磐線高萩駅
  • なかなか更新できずにいます。(更新を待っていて下さる読者さん、いらっしゃるのかしら??)突然飛んで、今回は高萩駅。私は実際に見ていないのですが、石炭輸送で活況を呈し、高萩支区というSLの機関区支区があり、ターンテーブルがあったとのこと。ホームは一面二線なのに、副本線は下り4本、上り5本もありました。現在は一面二線の本線と副本線下り1本、上り2本です。ホームの日暮里方端から岩沼方を眺めるとこんなにある [続きを読む]
  • 磐越東線 川前駅 上り場内信号機
  • 前回の磐越東線 川前駅の配線図等の紹介で、上り場内信号機だけ載せられませんでした。写真を整理していたら、出てきました。f^_^;)2011年5月22日撮影。731D車内後部から。奥の方に川前駅で交換した724Dが見えます。ま、どうってことはないありふれた信号機です。 2016年3月改正時点で、川前駅では一日2回の列車交換があります。場内注意が一日2回見られます。くどいですが、川前駅の上り場内は、列車に乗らないとみられま [続きを読む]
  • 磐越東線 川前駅
  • 久しぶりの更新です。磐越東線 川前駅。山間の集落にある小さな駅です。まずは現在の配線図を。 島式ホームの交換駅で、磐越東線ではよく見られるパターンです。駅舎をくぐって小階段を登り、上り線を渡ります。まず、郡山方を見ます。下り出発信号機(5R)。線路はY線というよりは、上り本線が分かれるように感じます。上り本線の外側の保守用線路、使ったことがあるのかどうか・・・その先に、上り場内(5L)が見えます。 [続きを読む]