まぼこ さん プロフィール

  •  
まぼこさん: まぼこのきろく
ハンドル名まぼこ さん
ブログタイトルまぼこのきろく
ブログURLhttp://www.maboko.net
サイト紹介文一条工務店で平屋を建築中。線状脂線母班症候群/片側巨脳症/多小脳回/角膜デルモイド/てんかん
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 226日(平均3.5回/週) - 参加 2016/08/14 00:32

まぼこ さんのブログ記事

  • 引き戸の選択、介護仕様住宅への考え方。
  • 今回は我が家のバリアフリーというか、設計にあたって将来をどのように考えたかを紹介したいなと思います。簡単にバリアフリーと言いますが介護をされる側の想定される状態によっても対策は違うものになりますし、私自身もかなり素人な知識で考えた結果ですのでその点をご考慮下さい。引き戸の種類引き戸には二種類のサイズがあるってご存知ですか?しっかり説明してくれる設計さんもいれば家が建って暮らしていてもサイズの違いに [続きを読む]
  • 設計時に家の風通しを考える
  • 窓を開けないのが基本設計一条工務店の高気密高断熱住宅は基本的に窓を閉めっぱなしを前提に設計されていると思います。外気の流入はロスガードのフィルターを通して循環しますし、差圧感応式換気口も熱交換はされないもののフィルターを通してきますので窓を開けないほうが室内の空気は綺麗な状態を維持出来ると思います。と言っても、やはり窓を開けて風を取り入れたい時はあるのかなと思います。自分では窓を開けないほうが良い [続きを読む]
  • 間取り紹介#49 LDKのライティングはこうしようかな?
  • 今回はリビングライコンを使用してLDKの照明をどのように使っていく予定かを紹介したいと思います。また、間取り紹介ではありますが設計時とは異なり現在の採用プランを元に記事を書いておりますのでご了承下さい。これから設計される方達にとっても照明案の一案として参考になれば良いなと思います。全体のおさらいまずは全体的な照明のおさらいをしたいと思います。基本的に電球色のダウンライトを使用しています。部屋の周りの [続きを読む]
  • 間取り紹介#48 キッチン照明:かってにスイッチ使用の暴挙に出る
  • 今回はキッチンで使用した照明の紹介になります。タイトルにもありますが、キッチンの裏メイン照明としてかってにスイッチを採用しております。この案を採用するに至った経緯なども後半で紹介しますね。キッチンのメイン照明キッチンのメイン照明としては緑枠で囲ったダウンライトを使用します。G1:ダウンライトLGB74121LB1オプション料金:5,900円(定価11,800円)こちらキッチンで使用するダウンライトということで美ルックタイ [続きを読む]
  • 間取り紹介#47 キッチン:練りに練ったコンセント計画
  • 今回はキッチン周りのコンセント計画を紹介しようと思います。普通の方はカップボードや家電収納などに家電を置いて使うことが多いのでしょうから、コンセント計画といっても必要数を追加する位の考えの方も多いでしょう。我が家の場合は家電収納ようにルミナスラックを使っているので、想定される家電配置において使いやすいようにコンセント位置を細かく指定しました。これから打ち合わせの方においてもキッチン周りでコンセント [続きを読む]
  • 間取り紹介#46 キッチン:見た目より使い勝手重視の家電収納
  • さて、今回は間取り検討時から計画していたキッチンのレイアウトを紹介したいと思います。全体的なレイアウトキッチンの間取り図としては前回の記事でも触れた通りこのような形になっています。この間取り図だけでは正直良くわからないと思いますので、設計士さんがコンセント案などを含めて作ってくださった施工連絡表を元にキッチンのレイアウト予定を見てみましょう。馴染みのない方にも出来るだけ分かりやすいようにやってみま [続きを読む]
  • 降雪の影響は?太陽光シミュレーションの正確さに驚く。
  • 我が家は2016年11月末に入居していますが、太陽光の売電自体は9月末から始まっておりました。10月〜2月までの太陽光発電の状況が見えてきたので半端な期間ではありますが紹介したいと思います。また、北海道などで基本的に冬は雪が積もって発電しません!という分かりやすい地域ならまだしも、我が家のように今年はどのぐらい降り積もるのかなぁ。。。なんていう地域の方はシミュレーションがどのように推移するのか非常に不安にな [続きを読む]
  • 間取り紹介#45 キッチン:細かいオプションが盛り沢山
  • 今回はキッチンで採用したオプション達を紹介してみようと思います。ダラダラとオプション紹介だけにならないように気を付けながら書いていこうかなと思います。補強関係床補強(910ミリ×1,820ミリ)オプション料金:6,000円冷蔵庫やサブ冷凍庫などの割りと重量があるものを置く場所なので何となく補強してみました。壁下地補強(高さ900ミリ×幅3,640ミリ)オプション料金:5,000円後に紹介しますKAWAJUN(カワジュン)のキッチ [続きを読む]
  • 間取り紹介#43 小屋裏物入:収納方法と拘った点
  • 今回は小屋裏物入を運用するにあたり考えた点や、細かな仕様などを紹介したいと思います。小屋裏物入に関してはただの収納として見られてあまり詳しく紹介されている記事が少ないように思うので、出来るだけ詳しく紹介出来ると良いなと思います。我が家の小屋裏物入の仕様「束」と呼ばれる見慣れないものが打ち合わせ段階ではずっと6畳スペースとして勧めていた小屋裏物入ですが、図面にある換気扇をどうしても右側(東側)から上 [続きを読む]
  • 間取り紹介#42 小屋裏物入:収納の主役です
  • 今回は小屋裏物入の紹介になります。小屋裏物入に関しましては以前は3.5寸勾配の屋根にしか設置が出来ませんでした。しかし数年前から1.5寸勾配の屋根にも採用が可能になりまして、設置に関してはかなりハードルが下がったなと思います。小屋裏物入小屋裏物入のコスパ小屋裏物入のメリットとデメリットは今までに採用されている方の記事でも散々語られていると思いますが、我が家のような限られた面積で家を建てようと思うと季節物 [続きを読む]
  • 間取り紹介#41 リモコン集約壁:リモコン配置を紹介
  • 今回はリモコン集約壁にどのようにリモコンを配置するように計画をしたのか紹介してみましょう図面の紹介前回も紹介しました電気図面ですが、これでは分かる訳がないので設計さんが作って下さった施工連絡票を見てみましょうか。施工連絡票 E-1 リビングカップボード周辺リモコン等紹介しました通り、2マス分のカップボードの上部吊戸棚を撤去した壁を使ってリモコン集約壁としています。基本的な配置として用途が多くて画面を見 [続きを読む]
  • 間取り紹介#40 リモコン集約壁:リモコンニッチを採用しなかった理由
  • 今回はリモコンを集約した壁を紹介したいと思います。リモコンニッチは人気オプションで採用される方はとても多かったと思います。最近ですとリモコンニッチの生みの親のさすけさんの名をとって「リモコンニッチsa」として標準仕様として生まれ変わりましたよね。室内の造作を頼むのが大変なi-cube/i-smartにおいて壁面を凹ませたニッチを採用できるのは貴重です。しかし我が家では以下の理由で採用を当初から考えていませんでした [続きを読む]
  • 間取り紹介#39 ダイニング:LDK=生活の中心です
  • 今回はダイニングの間取り紹介になります。実はダイニングに関してはダイニングセットと収納があるだけなので特段紹介する内容も無いのですがお付き合いくださいね。ダイニングの紹介図面ダイニング全体の図面はこのような形になります。我が家の特徴であるアイランドテーブルにダイニングセットを接続しましてという何の変哲もない仕様ですね。ダイニングセットの想定ダイニングテーブルの仕様としてはL1350×W900程度のサイズを [続きを読む]
  • 間取り紹介#38 タイルデッキ:こんな使い方を考えてます
  • 今回はタイルデッキのオプション関係からどのような使い方をしたいかを紹介したいなと思います。当初はガーデンルームが希望だった思えば打ち合わせを進める中でタイルデッキの選択肢が出てきたのは打ち合わせも終盤に近い頃だったような気がします。打ち合わせ当初はガーデンルームが欲しいなと思って設計を進めていました。ガーデンルームが欲しいなと思ったきっかけ家を建てる前に色々な方の一条ブログを拝見している中で気にな [続きを読む]
  • エコキュートの配管洗浄:取説しっかり読みましたか?
  • 新しい物を買った時に取扱説明書に一通り目を通しながら使ってみる人と、とりあえず使ってみて後から取扱説明書を見るという人の2パターン居ると思います。私は余程厚い取扱説明書以外は一通り目を通して何が書いてあったかを何となく確認してから使ってみる方です。というか、何か欲しいなって思ったらとりあえず取扱説明書をダウンロードして買う前に見ちゃうかな。その中には予想外に出来ることが書いてあったり、逆にできると [続きを読む]
  • 間取り紹介#37 タイルデッキ:お手入れが決め手でした
  • 今回からタイルデッキの紹介になります。タイルデッキの件を細かく記事にされている方をあまり拝見しないので、需要があるが分かりませんがちょっと細かく書いてみようと思います。タイルデッキに決めるまでタイルデッキの採用理由我が家ではガーデニングというかお庭部分には全く拘りが無くて、芝生なども手入れが絶対に出来ないと思っていましたし、雑草を処理するのも嫌ということで出来るだけ手入れの掛からない庭を目指してタ [続きを読む]
  • 間取り紹介#36 主寝室:ライティングプラン
  • 今回は今のところ考えている主寝室のラインティングプランを紹介したいと思います。主寝室のラインティングプランリビングライコン前提として我が家ではリビングライコンを採用しまして、主寝室内の照明を一括で管理する予定でおります。リビングライコンがよく分からない方の為に。。。http://www2.panasonic.biz/es/lighting/home/control/living-lightcontrol/kantan.htmlこちらに紹介されている通り4つのシーンを設定し、ボタ [続きを読む]
  • 間取り紹介#35 主寝室:紆余曲折を経た照明案
  • 今回は主寝室の照明案について紹介したいと思います。採用照明器具図面の紹介まずは主寝室の照明関係の図面から紹介したいと思います。主寝室の電気図面はこんな感じですが、説明において分かりにくいので照明以外の表記を消した図面を使いたいと思います。こちらになりますね。大分スッキリして見やすくなったと思います。ちなみに真ん中の【I4】番照明はシーリングライトの配線及び壁面スイッチのみを設置して現状は使う予定が無 [続きを読む]
  • 間取り紹介#34 主寝室:物干し計画など
  • 今回は物干しを含めてその他のオプション的な内容でお願いします。主寝室の物干し計画天井補強及び壁補強物干し金物を装着する為の天井補強と、テレビを壁掛けするための壁補強です。外壁面の壁補強に関しては断熱材を削るので出来るだけ壁補強をしないようが良いというのが一般的です。今回も南側はほぼ全面が壁補強されていますので影響がどれだけ出るのかは分かりません。しかしながら以下の点からこの部屋に関しては問題ないの [続きを読む]
  • 間取り紹介#33 主寝室:AV中継地点
  • 今回は仮WICの棚板の上に集約したAV中継地点の紹介をしたいと思います。まずは簡単に電気図面から紹介しましょうか。蓄電池への対応について蓄電池への準備について改めて簡単に説明しようと思います。蓄電池を将来的に採用するにあたり完結に説明すると以下の準備が必要かなと考えました。蓄電池の置き場所の確保分電盤及び蓄電池用の分電盤の取り付け位置の確保外との配線のやり取りが可能なようにエアコン用スリーブ配管の設置 [続きを読む]
  • 分電盤の設置・蓄電池に備えて
  • 我が家で間取り検討時に困ったことの一つとして分電盤の設置位置の問題がありました。将来的に蓄電池を導入しようと思った時に困らないように分電盤の位置を考えると色々と考慮しなければならない事が多いです。分電盤の取り付け位置の条件?のような事を書いた記事に関してもあまり見たことがない気がするのでそれらを絡めて記録に残しておこうかなと思います。また、この記事の内容に関しては2016年1月頃の情報を基本として書い [続きを読む]
  • 間取り紹介#32 主寝室:寝室とは思えない電気図面
  • 今回は前回に触れずに終わった収納上の電気配線図を部屋全体を見ながら紹介したいと思います。主寝室の使用想定通常時の使用想定取り急ぎ我が家の主寝室ですが、使い方としては以下の図面のように使うことを前提に考えました。このように畳部分に頭を南向きにしてダブルとセミダブルのお布団を並べて親子3人で寝ています。息子が自分の部屋に寝るようになってもこの向きで寝るのは変わらないと思います。お布団のサイズは落とすか [続きを読む]
  • 間取り紹介#31 主寝室:使用頻度大の仮WIC
  • 今回は主寝室に設けた仮WIC部分の紹介をしたいと思います。普段使いの仮WIC図面の紹介図面で見るとこの部分になります。このような形でLDKから直ぐにアクセス出来る&扉を開けずに出し入れできる収納として考えました。普段から出入りが激しいと思われるのでこの動線だけ畳ではなくフローリングに出来たのも良いことでした。仮WICの用途ここは私が毎日職場に着ていく作業着代わりのスラックスやYシャツ、妻や息子が普段から切る上 [続きを読む]
  • ナノイーユニットに純正フィルターを取り付けてみた。
  • 一条工務店で契約をすると3個までサービスされているナノイーユニットですが、年末の大掃除の際に掃除に困ったという報告をよく目にしましたね。我が家では純正フィルターを取り寄せまして対策を立ててみました。天井埋込み型ナノイー発生機「エアイー」一条工務店でサービスしているナノイーユニットはパナソニック製のエアイーという商品になります。商品の詳しい説明はこちらのHPを御覧ください。https://sumai.panasonic.jp/ai [続きを読む]