まどりん さん プロフィール

  •  
まどりんさん: あんな事こんな事
ハンドル名まどりん さん
ブログタイトルあんな事こんな事
ブログURLhttp://shiawase2000.blog.fc2.com/
サイト紹介文40代主婦の思ってること・日々の出来事・ダンナ・子供の進学・仕事・過去の事など色々綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 156日(平均7.1回/週) - 参加 2016/08/17 09:13

まどりん さんのブログ記事

  • 見え隠れする意図
  • ご配慮願います の続きです。そんなある日。仕事でコピーを取る為、機械を開けた時のこと。コピー機の中に免許証サイズの物が置いてありました。誰だろう。きっと、コピー取ってそのまま原本を置き忘れちゃったんだな。私もたまにやるんだよな。そう思い見ると、それはヤジさんの診察券でした。一瞬ためらいましたが、そのままにせずヤジさんの元へ行きました。ためらった理由は、診察券の内容の為です。いわゆる内科などではなく [続きを読む]
  • ご配慮願います
  • コミュニケーションが取りたい の続きです。それでなくとも、顔や体型がかなりダイナミックな人。だからこそ清潔感はとても大事。いい大人なんだから気をつければいいのに。私  「ゴミ箱に捨てられてたのは見ました。いくつかありました」G部長「まさか、まどりんさん?」私  「違います私は受け取ってすらいませんので」なんで私なのよG部長「どうして?貰っとけばよかったのに。美味しかったよ」私  「いえ。私は結構で [続きを読む]
  • コミュニケーションが取りたい
  • 捨てられたお土産 の続きです。当初の予定通り派遣さんには、年末年始以降もしばらく来てもらうようにしました。私もヒメさんも業務に大分慣れてきて、作業スピードが上がった。派遣さんも加わり、ヤジさんが繁忙期に突然欠勤しても影響がなくなってきた。この調子でいくと、ヤジさん退職後もスムーズに新しい人へ引継ぎができそう。ヘルプ要員と思ってたら、いつのまにか仲間の1人として、自分より馴染んできた。これが面白くな [続きを読む]
  • 捨てられたお土産
  • 調子に乗る女 の続きです。年末年始を乗り切る要員として、12月の頭から派遣さんを迎え入れる事になります。1ヶ月経つ頃には仕事にも慣れ、スピードも早くなるだろう。そう計算した。「慣らし運転」の意味も兼ね、少し早目に来てもらうこととなりました。そして、派遣さん投入の目的はもう一つ。ヤジさん退職後の「つなぎ要員」。どちらかというと、これが一番の目的でした。3月末でヤジさんの雇止めをするのは決まってました。そ [続きを読む]
  • 調子に乗る女
  • 取り扱いにご注意 の続きです。G部長「ヤジさんとしては、みんなで話をする場が欲しいという事なんだ」私 「ここは会社ですよ。話相手がほしいなら、よそで探せばいいのに」ヒメさん「休みたい時に休んで、やりたい放題やって。この上何が不満なんですか」G部長「俺、ヤジさんを交えた話し合いの場をもうけようと考えてるけど。どう?」私 「お断りします。ヤジさんとは、必要以上に話すつもりはないです」ヒメさん「あの人と違 [続きを読む]
  • 取扱いにご注意
  • したたかな女の逆襲 の続きです。ヤジさんは色んな意味で、私の想像の斜め上を行く人でした。普通の人は、会社が気に入らなかったら辞める。正社員とか大黒柱ならともかく、今、私達の身分は単なるパート。何年勤めても、正社員には絶対なれる保証はない。給料だって安い。何がなんでも!と、執着するほどの待遇ではない。そこまでして会社にしがみつきたいんだ。訴えるとかありえない。けど、それは私の考え。そうだよな。ヤジさ [続きを読む]
  • したたかな女の逆襲
  • 加害者になった私 の続きです。怒りがふつふつとこみあげてきました。注意されたくなかったら、ちゃんとしてくりゃいいじゃん。言いかがりも甚だしい。腹が立つあまり言葉が出ませんでした。そんな私の怒った顔を見て、G部長。慌てて言葉を続けます。G部長「俺はそんな風に思ってないよ。指摘については、当然だと思う」私  「はあ」G部長「でもヤジさんはああいう人だから。普通の感覚とはちょっと違うから」私  「ちょっ [続きを読む]
  • 加害者になった私
  • 変化の兆し の続きです。顔はほぼノーメイク。これは元からだったので、まあいいとして。問題は服装などの「身だしなみ」日を追うごとに「え?」と思うほどだらしなくなっていった。制服は、シャツもベストもスカートも全てしわくちゃ。洗濯・脱水後、パンパンしないで干したのを着てきたの?というほどのシワシワ。際めつけだったのは匂い。汗を何日も放置したようなすえた匂い。さすがに他部署の女性社員も気がついて、私達へ言 [続きを読む]
  • 変化の兆し
  • 欠勤の理由 の続きです。10日近くも休んだヤジさん。GW明け、爽やかに出社します。ヤジさん「お休みしちゃってすいませんでした〜。お陰様で主人、元気になりました」度重なる連日の欠勤。慣れたとはいえ、この厚かましさはやはり頭に来る。しかもこの頃のヤジさんは、月20日の所定出勤日数の内、半分しか出勤してなかった。これには、普段温厚なG部長も、さすがに厳しく注意しました。私達もうるさく言うからねーG部長「いく [続きを読む]
  • 欠勤の理由
  • 上司の本音 の続きです。ヤジさん「明日からお休み頂きます。お忙しいところすいません〜」結局ヤジさんは宣言通り、月末繁忙期を休みました。ちっとも悪びれる様子もなく、ニコニコ挨拶するヤジさん。腹立つわ。すまないと思うなら休むな。でも困った顔を見せると相手の思う壺。私も負けずに、満面の笑顔で言い返します。私  「ご心配なく。ヒメさんと2人で大丈夫ですから」心の中で、なんならもう来なくていいんだよ。と思いな [続きを読む]
  • 上司の本音
  • 欠勤という名のストライキ の続きです。私が担当してた業務は、欠勤が多い人には向かない仕事でした。日々、取引先の経費の内訳や異常の有無をチェックする。前日の仕訳が翌日に連動するし、相手ごとの「クセ」もあった。ところが、連日休んでしまうとこの「クセ」や「流れ」がわからなくなる。毎日やってないと感覚が鈍る。1日休んだだけでも浦島さん状態。当時、業務拡張に伴い取引先もどんどん増えていた。毎月繁忙期があって [続きを読む]
  • 欠勤という名のストライキ
  • ただ者ではない の続きです。何事もなかったかのように、つらっと会社へ来たヤジさん。散々迷惑をかけてこの振る舞い。この厚かましさ。考えらない。さすが同じ会社へ2度も応募するだけの事はある。5連続欠勤後、しばらくは真面目に出社する日々が続きました。けど、一度こういう事があるともう信用できない。いつ休むかわからない、勤怠が悪い人に大事な仕事を任せる事はできない。もうヤジさんを信用できなくなった私。そこで [続きを読む]
  • ただ者ではない
  • 美しい毒 の続きです。翌日も朝一番に部長から告げられます。G部長「ヤジさん、今日も休みだって。熱が下がらないって」昨日に続き、今日も欠勤のヤジさん。聞いた瞬間「ふざけんな」と毒づいてしまった。前日4時間以上も残業した疲れもあり、私とヒメさんの怒りはMAX。私 「なんなんですかあの人。この繁忙期に休むとか、本当に困るんですけど。」ヒメさん「これだからデブは嫌い。普段不摂生ばかりしてるから、病気になるのよ [続きを読む]
  • 美しい毒
  • 傷ついたプライド の続きです。G部長「ヤジさん、今日休みだって」出社して朝一番に、G部長から告げられました。聞いた瞬間「ああ。やっぱりな」と思ってしまった。嫌な予感に限ってよく当たる。なんでだろう。不思議だ(^_^;)私   「欠勤の理由はなんですか?」G部長「なんでも、熱が出て歩く事もできないらしいよ」私   「インフルですか?風邪ですか?明日以降は大丈夫そうですか?」G部長「風邪って言ってた。声を聞く [続きを読む]
  • 傷ついたプライド
  • やる気が空回り の続きです。トキさん「パワハラ係長には私から言っとくからもういいよ。仕事に戻って」ヤジさん「大丈夫です!私がパワハラ係長へ連絡します」トキさん「ヤジさんが大丈夫でも、パワハラ係長が困るから連絡しなくていい」ヤジさん「どうしてですか。何が困るんですか?」あ〜あ(^_^;)どうして 「はい、わかりました」で終われないんだろう。これ以上聞いても、自分にとっていい話ではないと予測できないのかな?こんな [続きを読む]
  • やる気が空回り
  • 競争心丸出し の続きです。ヤジさんは、簿記2級の資格を持ってました。本人、この資格を独学で取ったと誇らしげに言っていた。対するヒメさんは実務経験はあっても、資格は無い(私もだけど)資格はあるに越したことはない。独学での資格取得も立派。ただ「資格だけ」あっても仕事は出来ない。まして彼女は実務経験が全くない。加えてヤジさんのコミュニケーションの取り方は独特だった。彼女は人の話を全くと言っていいほど聞かな [続きを読む]
  • 競争心丸出し
  • 敵の敵は味方 の続きです。ヤジさんは事あるごとに、ヒメさんと張り合うようになりました。後から入った人に追い越されたくない。という気持ちがひしひしと伝わってきた。「自分の方が仕事ができる、有能だ」アピールもすごかった。ヒメさんはどちらかというと、正確性を重視するタイプの人でした。時間をかけても、ミスを最小限に留めたい。そういう仕事の進め方。ですから、お世辞にも仕事のスピードが早い、とは言えなかった。 [続きを読む]
  • 敵の敵は味方
  • 女の戦い の続きです。ヤジさんは性格にかなり難ありでしたが、仕事はそれなりにこなしてくれました。ただスピード重視の人なので、ミスがポロポロ出てくる。思い込みで仕事を進め、間違う事も多かった。けどミスを指摘するともう大変。間違いに気づき、教えようとしても途中で遮られてしまう。「わかってます!後で直そうと思ってたんです」すぐ直せよ「そんな事教わってません!」メモ取れって言ったじゃんそのくせ、人のミスに [続きを読む]
  • 2017年はじめの一日
  • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます本日は、昨日までの記事の続きはお休みします。明日から通常ペースに戻します。さて。日付変更と同時に、早速初詣へ行きました。戻って寝たのは朝方。皆、つい先ほど起きました。まだ寝ぼけ気味(^^ゞこれからおせちお雑煮をつまみながら、飲みに入ります。ではでは。 [続きを読む]
  • 女の戦い
  • 毒を食らわば の続きです。第一印象って当たるよな。今回の件でしみじみ感じました。初対面で感じた違和感が、ずばり的中してしまった。やっぱ人間見た目って大事だ。私が悪い。浅はかだった。トキさんへの防波堤になる、なんて変な事考えたせいだ(^_^;)ヤジさんは本採用後すぐ、本性をあらわしてきました。とにかく人の話を聞かない。「初めての事務です。色々教えて下さい」と言った。にも関わらず教えても、頑として自分のやり [続きを読む]
  • 毒を食らわば
  • 毒には毒を の続きです。これまでとは一転、ふてぶてしい態度になったたヤジさん本採用が決まった翌日、開口一番こう切り出しまてきました。ヤジさん「実は私、事情が変わって、残業や休日出勤が出来なくなりました」は?何言ってんの。本採用になっていきなりこれですか。募集要項も面接でも私からも言ってあったよね。ここは忙しい部署だって。私 「昨日までは、残業できるっておっしゃってましたよね」ヤジさん「主人が病気にな [続きを読む]
  • 毒には毒を
  • ダイナミックな新人 の続きです。ヤジさんは良く言えばフレンドリー。悪く言えば図々しい。そんな人でした。正直私とは合わない。それは、一日一緒に仕事をしてすぐわかりました。でもここは会社。別に友達を作りに来てるわけじゃない。きちんと仕事をする人なら、他に注文をつける気はありませんでした。ましてや部長が直々に面接して選んだ人。個性的だけど悪い人ではないだろう。問題は残業の可否。毎週月曜と月末月初は、目が [続きを読む]
  • ダイナミックな新人
  • 心強い戦友  の続きです。派遣さんやヒロさんに助けてもらいつつ、仕事をこなす日々。新しい人を募集するも、年末時と重なり思うように人が来ませんでした。T社の条件は決して良くない。社会保険有りフルタイムのパート勤務。時給は最低賃金スレスレ。何年勤めようが、正社員登用は無し。年収は税込150万ほど。可処分所得となると、130万にも満たない。バリバリ稼ぎたい人にとって、最初っから選択肢に入らない。夫の扶養内で働 [続きを読む]
  • 心強い戦友
  • 救いの一言 の続きです。派遣さんが言ってくれた言葉は、私にとって心強い励ましになりました。トキさんは、相変わらずの態度だった。けど、1人じゃない。同じように思ってる人がいる。私にとって、それだけで充分でした。慣れない者同士だったので、トキさんが抜けてしばらくは、どの業務も時間がかかりました。けど次第にスピードも上がり、定時で帰れる日が出て来るようになります。その日もノルマを終え、帰ろうと支度をして [続きを読む]
  • 救いの一言
  • 忙しい生活 の続きです。新しく入ってきた派遣さんは、とてもいい人でした。いつも遅くまで残る私を気遣って、最大限できる仕事を片付けてくれた。トキさんに叱られた後は、明るい話題でさりげなく私を笑わせてくれもした。急場しのぎなので、短期間のお付き合いだった。でも、私にとって大切な相棒でした。そんなある日の事。私と派遣さんが2人で仕事をしてると、トキさんがやってきます。顔つきが険しい。嫌な予感。突然、一枚の [続きを読む]