http://nousyuyou119.com/ さん プロフィール

  •  
http://nousyuyou119.com/さん: 脳腫瘍の症状・原因・手術がよくわかる
ハンドル名http://nousyuyou119.com/ さん
ブログタイトル脳腫瘍の症状・原因・手術がよくわかる
ブログURLhttp://nousyuyou119.com/
サイト紹介文脳腫瘍の症状・治療・手術・原因・名医情報などを分かりやすく詳しく解説して行きます。
自由文脳腫瘍の症状・治療・手術・原因・名医情報などを分かりやすく詳しく解説して行きます。脳腫瘍とは、脳または髄膜に発生した全ての腫瘍(良性腫瘍・悪性新生物)を意味します。脳腫瘍は発症した箇所により、症状をはじめ治療方法も異なってきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 194日(平均0.4回/週) - 参加 2016/08/20 12:50

http://nousyuyou119.com/ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 脳腫瘍の種類
  • 脳腫瘍とは、脳の細胞が腫瘍化して脳内で腫瘍を形成する原発性脳腫瘍と、他の臓器で発生したがんが血液やリンパに乗って脳まで流れ着いてくる転移性脳腫瘍の二つに分けることができます。転移性脳腫瘍では、肺がんや乳がん、直腸がんや胃がんなど多岐に渡り、さまざまな種類の臓器から脳へ転移が起こる可能性があることを示しています。その中でも肺がんは脳に転移する確率が高く、早期発見と治療が望まれます。原発性脳腫瘍には、 [続きを読む]
  • 脳腫瘍の放射線治療
  • 放射線治療とは、発生した腫瘍へ放射線を照射することで腫瘍細胞の遺伝子を傷つけ、細胞を死滅させることを目的としています。脳腫瘍においては、特に転移性脳腫瘍に多く適用される治療方法となり、腫瘍の成長が遅れたり、腫瘍が小さくなる効果を期待されます。抗がん剤に比べ、全身での副作用が少ないことが注目されており、最近は非常に正確に照射範囲を決められるガンマナイフやサイバーナイフと呼ばれる定位照射装置を導入して [続きを読む]
  • 脳腫瘍の後遺症について
  • 脳腫瘍においての後遺症とは、腫瘍により脳が圧迫されていたことが原因で起こるものと手術によりものがあります。脳に発生した腫瘍を取り出すには、頭蓋骨を開ける開頭手術を行わなければなりません。脳は非常にデリケートな器官で、重要な神経や血管がたくさん通っています。また、腫瘍が神経を巻き込んでいる可能性があるため、基本的に脳腫瘍手術は高度で難しい手術になることが多くなります。手術によって後遺症が残る確率は約 [続きを読む]
  • 脳腫瘍の自己チェック
  • 脳腫瘍において自覚症状を感じる原因を頭蓋内圧亢進と局所症状に大別します。多くの人が感じる初期症状として、頭痛・吐き気・嘔吐の3つが考えられます。これらの症状は特に朝方から午前中に一番悪化し、午後には改善するという特徴があります。頭痛に関しては、頭蓋内圧亢進症状と呼ばれるもので、腫瘍により脳の体積が増え、頭蓋骨内に収まりきらなくなることで起こります。実は、私たちの脳圧は健常な人でも睡眠中に上がるため [続きを読む]
  • 脳腫瘍における名医情報
  • 脳腫瘍における名医とは、やはり手術症例の多さなどが一番の判断材料になるという方も少なくありません。医師の間でも名医といわれる先生がおり、後輩の教育や新たな主義の解発に力を注がれています。また、脳腫瘍は手術だけでなく放射線での治療の多く行われています。そこで今回は脳腫瘍の治療におけるエキスパートをご紹介します。■福島孝徳先生福島先生の名前をメディアで聞いたことのある人も多いのではないのでしょうか。福 [続きを読む]
  • 脳細胞ががん化したグリオーマ
  • グリオーマとはの脳細胞の一種であるグリア細胞ががん化したものです。脳は神経細胞だけでなく様々な細胞腫で構成されています。その中でもグリア細胞は神経細胞の間の隙間を埋めるため、神経細胞の働きを調節するために活躍しています。グリオーマは脳腫瘍全体では約3割を占める腫瘍となり、治療が難しいことで知られています。■星細胞腫(悪性度2)グリオーマの患者さんの3割程度が星細胞腫です。5年生存率は約60%で、治療開 [続きを読む]
  • 脳腫瘍による頭痛の特徴
  • 脳腫瘍が原因で起こる頭痛のメカニズムについて解説します。脳は頭蓋骨という硬い骨で包まれています。脳は柔らかくデリケートな臓器となり、頭蓋骨の中にピッタリと収まり、満たされた水の中に少し浮いているような状態になります。そのため脳腫瘍によって脳の体積が増えてしまうと、脳は頭蓋骨内に収まりきれなくなります。つまり、頭蓋骨内が満杯状態となってしまうのです。この状態を「頭蓋骨内の圧力が亢進した」と呼び、脳腫 [続きを読む]
  • 脳腫瘍の治療と最新治療
  • 脳腫瘍の治療は、外科手術・化学療法・放射線治療の3つの柱で構成されていますが、最近では、さらに免疫療法という方法が加わり、患者さんの選択肢は広がってきています。また、外科手術で用いられる医療器具をはじめ、新しい技術が開発されており、放射線の線量や位置を正確に制御できるシステムなども新たに登場しています。さらに腫瘍に蛍光色を付けて、腫瘍の取り残しを減らす技術等が開発されています。一口に手術といっても [続きを読む]
  • 脳腫瘍と5年生存率について
  • 脳腫瘍という病気は腫瘍の性質により、生存率が大きく左右されます。腫瘍の性質は悪性(がん)か良性(良性腫瘍)の2つに大別し、また腫瘍の種類によってその傾向が変わります。例えば、良性腫瘍が多い髄膜腫においても時には悪性化し、がんとなることがあるのです。悪性腫瘍は、細胞の増殖スピードも速い上に他の臓器に転移を起こすことから、私たちの命を脅かす存在となります。悪性と良性を合わせた脳腫瘍全体の5年生存率は約7 [続きを読む]
  • 小脳腫瘍の症状・治療
  • 小脳腫瘍とは、小脳部分に腫瘍が発生する病気です。小脳は大脳の下にくっついているように見える部分となり、耳の後ろ位の高さに位置しています。小脳は大きさで比べると大脳の10分の1ほどしかありませんが、細胞数では大脳の数倍の細胞を保持しています。小脳腫瘍は、星細胞腫などの腫瘍を発症することがあり、とくに小児に発症が多いという報告があります。これまで小脳はあまり重要な役割を担っていないと考えられていましたが [続きを読む]
  • 過去の記事 …