ゆー さん プロフィール

  •  
ゆーさん: DVと離婚の間で
ハンドル名ゆー さん
ブログタイトルDVと離婚の間で
ブログURLhttp://dvtorikon.blog.jp
サイト紹介文結婚して5年、周りからは仲良し夫婦に見られていますが、実は突然やってくるDVに悩んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2016/08/20 13:45

ゆー さんのブログ記事

  • 主人のいたずらで救急車で運ばれた日①
  • 主人は人をからかったり、 くすぐって人が嫌がるのを見て楽しむ傾向があります。要はいたずら好きなんですね。 私が包丁を持って調理している間も後ろからくすぐってきたり… ケガをしたら大変だから辞めて欲しいと何度も言っていました。その度に 気にするお前が悪い!と全く止めようとしませんでした。逆に同じことを自分がされたら鬼の形相で怒るくせに… そんな主人の悪い癖のせいで私は救急車で運ばれました。 スポンサーリン [続きを読む]
  • 私はただの目覚まし時計⑤
  • 次の日、エリート女性から「大丈夫だった?」と連絡がきました。 私はどうしても気になったので主人が話した内容を聞いたところわざわざお電話下さいました。 その時の話を要約すると 朝の大事な会議に遅刻した主人はその理由を私のせいにしたそうです。 それを聞いた周りはポカン状態。 何で奥さんが関係あるの?と。 そこで主人は朝のことを熱弁したんだとか。 それを聞いた周 [続きを読む]
  • 私はただの目覚まし時計④
  • 家に帰って来た主人は早々に「お前のせいで恥をかいた!」と凄み怒鳴って来ました。 思い切り壁をひと蹴りして…… 予想した通りです。 その時ふと私は「私も〇〇さんからメールいただいたよ」とエリート女性の名前を出しました。 主人は慌てて「何で知ってんの?」と。 主人は忘れていたようだったので、会った時のことを話したら、「あぁ!!」と納得していました。 そして執拗に何て [続きを読む]
  • 私はただの目覚まし時計③
  • この日は気落ちしながら仕事をしていました。 帰ったら怒鳴られんだろうな、と思いながら。 そんな時です。メールを受信しました。 それは以前、連絡先を交換した主人の会社の先輩でした。 「意外とバレてる主人のモラハラ」という記事に出て来た本社のエリート女性です。 仕事中に見るのは禁止なので逸る気持ちを抑え、昼休みを待って見たところ、 「ご主人、また亭主関白発言してたよ [続きを読む]
  • 私はただの目覚まし時計②
  • 結局主人は再び寝てしまい、 会社に遅刻したのだそうです。 私が起きた時には 慌てて朝の準備をしていました。 そしてこともあろうことか 私のせいだと言い始めたのです。 「起こすんだったら、  俺がきちんと起きるまで見届けろ!  責任の怠慢だ!!謝れ!!!!!」 あまりにも酷い [続きを読む]
  • 私はただの目覚まし時計①
  • とある平日、主人に朝4時に起こすように言われました。私はもちろん普段そんなに早く起きていません。それにもかからわず「明日4時に起こして」このひと言で済ます主人。私は単なる目覚まし時計にしか思われてないんでしょうね。でも口答えすればその何倍にもなって返ってくるので起こしてしまったほうが、まだ楽だと思ってました。そして実際に起こせば予想通り、「うるさい。あっちいけ」と怒鳴られ、そのうちお腹を足蹴りされ、 [続きを読む]
  • 食べ物のありがたみが分からない人。
  • 昨日は残業で遅くなるからと事前に伝えていました。 それなのに9時過ぎになって「どうしても手づくりが食べたい」と。 改めて遅くなると伝えましたが全くもってダメでした。 仕方がないので無理に切り上げ夜10時に最寄駅に着き、急いで食材を買って帰ると、主人はぐっすり寝ていました。 テーブルにはビール缶三缶とおつまみの数々。待ちくたびれて食べ呑みし始めたのでしょう。でも私はご飯 [続きを読む]
  • 警察は役に立たない。そんな時は、、、
  • 最初にDVを受けた時は、外で顔を思い切りビンタされました。唇が切れて血が止まらなくなり、近くの警察に駆け込んだのです。 でも警察は主人のパフォーマンスの上手さにすっかり騙され、多少のビンタは暴力とは言えないなどと言われすごく嫌な思いをしました。 ビンタされた部分が赤く跡になって顔にも残っていたというのに・・・・ しかも同性の女性の警察官に言われました。今でもあの時の悔しさを忘れることができません。 そ [続きを読む]
  • 傘をさすことさえ許されないのか。3
  • 私は思い切って聞いてみました。 「その傘は私のだと思うんだけど?」 それに対して主人は「は!?何の証拠があって そんなこと言ってんの!!!!」と。 「 傘の裏が銀色なのは 日傘だからなんだけど、、、 あなたは日傘なんて買わないよね?」 明らかに顔色が変わった主人。 「だから何!? 名前でも書いてあんの?」 確かに名前は書いてないけれど、、、 黙ってい [続きを読む]
  • 傘をさすことさえ許されないのか。2
  • 家に傘を取りに帰り改めて駅に向かうと、先ほどの場所には主人がいました。足を思い切り音を立てて踏み鳴らしながら・・・「待ってやったのに のんびり歩いてくるな!」その瞬間に思い切り足を蹴られました。ビジネス靴は普段のスニーカーよりも固く痛く、後には青あざが残ってたくらいです。でも私は先に行ってほしいと伝えたはずなのですけどね。さらにその後の主人は私へのダメ出しのオンパレードです。待ってる間にスーツがび [続きを読む]
  • 傘をさすことさえ許されないのか。1
  • ある日主人の出勤がいつもよりも早く、家を出る時間が被った時のことです。家を出てすぐに雨が降り出しましたが私は傘を持っていませんでした。そこで私は「傘を取りに帰るので 先に(会社)に向かってください」「取りに行かなくていいだろ。 俺は傘を持ってるから大丈夫だし。」と言い出したので、「私はないから取りに帰ります」すると「(駅まで)数分なんだから 我慢すればいいだろう!!」と不機嫌になりながら大きな声を出し [続きを読む]
  • 主人の実家に帰らない理由。
  • このお盆に嫌々ながら義両親の家に行かれた方は多いのではないかと思います。 でも私たちはあまり呼ばれることがありません。 それはなぜか。 義両親にとって最愛の息子は長男とその孫たちだからです。 長男家族が帰省している時に私たちは邪魔なんだそうです。 でも全然嬉しくありません。 代わりに義両親は東京での過剰な接待を要求してきます。 ホテル代から歌舞伎の観劇代、 [続きを読む]
  • 会社の女性の意識変化。
  • 会社で飲み会がありました。飲み会では男尊女卑の素晴らしさが語られ子供のいない私は説教されるのでいつも嫌な思いをさせられます。今回も40代の独身男性が、「最近の女は 働かせていただいているという 感謝が足りない。 たとえ結婚して子供を産んでも 家事や旦那を立てることを 怠るべきではない。」というようなことをさも偉そうに語り出しました。私は「また始まったよ・・・」とうんざりしつつ聞き流していましたが [続きを読む]
  • 私が離婚に躊躇する理由。
  • 会社の女性がまた理不尽な退職をしました。その女性、Aさんは以前に某お局からいじめを受けており異動させてもらった経緯がありました。異動してからは平和でしたがAさんが離婚した頃から上司の風当たりが強くなっていたようです。そのような状況が続き、上司はAさんを部署異動の対象者にリストアップしており、その異動先はかつていじめを受けたお局がいる部署でした。Aさんは過去の経緯を話し別の部署への異動を希望しましたが人 [続きを読む]
  • 主人に割り箸を投げつけられた日のこと。後日談
  • あれから義両親の来訪について何も聞けていません。すっかりタイミングを失いました。立ち消えになったのか、バツが悪くて言えなくなったのか、はたまた直前に言ってくるのか、、、それはそれで安心できない日々が続いています。急に言われても予定を変えられない時がありますから。仕事関係はなおさら、、、それでも義両親が来るとなったらどんな無理も無茶も当然のように押し通す人です。 主人に確認したいですがあの日のこと [続きを読む]
  • 主人に割り箸を投げつけられた日のこと。4
  • 慌てて主人の電話に出ると、「いったいどこにいるんだ! 早く帰ってこい!!!」 と言われました。私はすごく混乱しました。ほんの少し前に 「二度と帰ってくるな!」と 鼓膜が破れそうなくらい大声で 怒鳴り散らした人と 同一人物とは思えません。 でも今になって冷静に考えると、 先ほどまでのテンションとは 少し違ったような気がしました。 [続きを読む]
  • 主人に割り箸を投げつけられた日のこと。3
  • お店を出た私は駅のトイレに入りました。 声を出すことはできないけれどそれでも泣きたいと思いました。 ここで泣かないと悲しさと辛さの感情を出さないと気持ちが崩壊しそうだったからです。 でも涙は出ませんでした。すごく泣きたい感情はあるのに。涙は湧き上がっては、また落ちる。 私は諦めました。これ以上トイレにいると他の方にも迷惑がかかります。 そして家に帰るかどうか 迷っ [続きを読む]
  • 主人に割り箸を投げつけられた日のこと。2
  • 主人が割り箸をへし折り、お店から出て行ってしまったので、周りの視線が私に集中しました。その視線は憐れみと同情を含んでいました。もしかしたら好奇の目もあったでしょうね。その視線に耐えられなくなった私も、 逃げるようにお会計をして お店を後にしました。 これから起こるであろう 最悪な事態を予測すると 気持ちは下がる一方でした。 すぐに主人から [続きを読む]
  • 主人に割り箸を投げつけられた日のこと。1
  • 主人と外出してお昼を食べていた時のことでした。頼んだものが来るのが遅くて主人はすでにイライラしていました。そんな中で主人が義両親からのメールを受信したのです。その内容は、こちらに来るからホテルの手配と食事をよろしく、というもの。義両親がこちらに来るときは豪華な接待を要求しておきながら、すべての負担を私たちに強いるのです。そのような不満が日ごろからあったあらでしょうか。義両親が来ると聞いたとき、つい [続きを読む]
  • DV同僚の後日談。3
  • DV同僚からのメールを解釈すると、、、 まず転勤先で馴染めない理由、 それは例の後輩が 同期を通じて通報したからです。 転勤先の女性たちは 頑なに連絡先を教えないようにしているとか。 男性陣としても DV同僚と仲良くしたりでもしたら 女性たちから嫌われると避けているようです。 そして慰謝料とは 養育費のことだと思われますが 離婚時に公正証書を作らされた [続きを読む]
  • DV同僚の後日談。2
  • DV同僚からのメールにはこのようなことが書いてありました。 ****************** 久しぶり!元気でやってますか? 俺は元気で彼女も出来て、、、と言いたいところですがなぜか転勤先で馴染めません。 みんな俺に冷たいんだよな。 嫁も慰謝料はぶん取るくせに子供たちに会わせようとしてくれないし。 それなら慰謝料渡したくないけど会社に通報されることになってるから仕方な [続きを読む]
  • DV同僚の後日談。1
  • このブログにはタイムラグがあるのでDV同僚が転勤してから1ヶ月ほどが経っています。近況を後輩から聞きました。なんとDV同僚は離婚の理由を奥様の浮気と言っているようです。本当の理由を知ってるのは私と上司くらいでしょうからね。例の後輩もさすがに理由を知りませんでしたが、「本当に奥さんの浮気なんですかね?」と疑っていました。とはいえ後輩のストーカー行為は転勤先でも周知の事実となっていたので周りからは同情され [続きを読む]
  • 意外とバレてる主人のモラハラ。
  • 家に帰ろうとしていると、主人からメールが届きました。 「◯◯で飲んでるから、すぐ来て!」 またですか・・・ 主人は外国の取引先との接待に必ずと言っていいほど私を呼びつけます。 通訳代わりに使われます。 会社にいい顔したくて、 「うちの嫁は英語が好きだから、 かえって喜んでますよ。」 なんて言ってるんですから。 はっきり言って大迷惑ですけどね! でも断 [続きを読む]
  • 離婚したDV同僚の暴走。6
  • みんなに打ち明けた結果、 驚くことがいくつかありました。 まず後輩については ピッチで誰とでも寝るような人、 そのように□□さんを始め、 周りの人や部外の人にも言っていました 悔しくて2人の仲を裂きたかったのでしょうね。 事情を知っていた□□さんには まったく通用しませんでしたけど。 [続きを読む]
  • 離婚したDV同僚の暴走。5
  • とりあえず飲み会は断りましたが後味が悪い結果になってしまいました。 私にとって予想外だったのは、あの場で直接伝える事になるとは思ってもいなかったことです。 さらに後輩が □□さんに気のある素振りをするとは こちらも想定外でした。 本当はメールで 「 せっかくなら大人数の方が楽しいので □□さんや◇◇さんにも声をかけました! 参加できるそうですよ。」 [続きを読む]