ゆー さん プロフィール

  •  
ゆーさん: DVと離婚の間で
ハンドル名ゆー さん
ブログタイトルDVと離婚の間で
ブログURLhttp://dvtorikon.blog.jp
サイト紹介文結婚して5年、周りからは仲良し夫婦に見られていますが、実は突然やってくるDVに悩んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 282日(平均4.0回/週) - 参加 2016/08/20 13:45

ゆー さんのブログ記事

  • 私が子供を産めない理由2
  • 記事の更新が遅くなり申し訳ありませんでした。状況が改善したわけではありませんが今日は友達と会って話したことで少し気持ちが軽くなりました。では、以下続きです。 主人は子供にこだわりがなく、 「産むかどうかは時期も含めて 私が決めること」 と周りに吹聴しています。 でもこれは私への思いやりではなく、 家族や周りに聞かれたと [続きを読む]
  • すみません。
  • 更新が滞っています。 主人のことは相変わらずとして、仕事でもすごく嫌なことがありました。 自分がチヤホヤされないと機嫌を損ねる同僚がおりまして・・・ その女性からイジメとも思えることをされています。 先週の席替えでその女性が座りたかった席に私が移動することになったからだそうです。 それも直前の変更でした。私が希望したわけでもありません。 でもそれ以降の彼女の陰湿 [続きを読む]
  • 私が子供を産めない理由1
  • 今まさに妊娠している後輩がいます。 きっと妊娠できて浮かれていたんでしょうね、トイレで会った時にすごく嫌な質問をされました。「〇〇さん(私)は子供産まないんですか? もしかして不妊とか? 妊活とかしちゃったりしてます??」 女性のセクハラ発言は、男性に言われるよりも傷付きますね。 同じ女性として、言葉の裏にあるトゲにも気づいてしまうから 。 男性は単に女性 [続きを読む]
  • 主人のいつもの横暴理論。
  • 昨日はお互いにお休みでした。まさか主人がお休みとは思わず、GWの振休を取っていたのです。そして午前中からお酒を飲み始めた主人。何かを思い立ったのか、いきなり食材を買いに行き、台所で料理をし始めました。その後は作ったおつまみを食べながらまたお酒を飲み始めたのですが、主人が料理をした後のキッチンは油があちこちに飛び跳ねて汚れ、洗い物もそのままどっさりあります。主人は自分で片付けると言いましたが夕ご飯を作 [続きを読む]
  • 他人事とは思えませんでした。
  • 戸越銀座の商店街に行きました。 楽しそうに歩く人たちばかりでしたが、ふと気づくと目の前のご夫婦が喧嘩をしていました。 喧嘩といってもご主人が一方的にまくし立てていただけですが。 奥様が一生懸命事情を話そうとしてもご主人が遮って「てめーは。。。」と奥様にまくし立てる。 人差し指を奥様に向けてその指を上下させる時のご主人の顔は目が血走っていてこの世のものと思えないほどの威圧感で [続きを読む]
  • いつもの理不尽さと糖尿病予備軍。
  • クリーニングと買い物に行こうとすると主人も行くと言い出しました。この日はクリーニングの半額の日で行列ができることが多いので、一緒に行きたくはありませんでした。そしてやっぱり・・・・・クリーニング店に行くとすでに数人が待っていました。行列に並んで待つのが嫌いな主人はイライラし始めてきました。本屋さんに行っていたらどうかと提案しましたが、いい!と不機嫌に拒否されました。そしてやっとクリーニングが終わる [続きを読む]
  • 主人の家族のこと。
  • 義両親には3人の子供がいます。 長男、次男(主人)そして長女です。 長男は医者にするべく育て上げ、 某地方の国立大の医学部を卒業しました。 代わりに次男の主人は放っておかれ そのことを根に持っているので、 義両親との距離を置いているように見えます。 そして長女は唯一の女の子で、 いろ [続きを読む]
  • 主人の会社のBBQで。1
  • 例の主人の会社のBBQが開催されました。 私が参加しなかったので準備と片づけをする人が誰もいなくて大変だったそうです。 男性陣は奥様方に押し付け、奥様方は"何で私が!"と夫婦喧嘩状態だったそうです。 「昨年は○○(主人)の奥さんかいて とてもよかったのに。 [続きを読む]
  • しぶといDV同僚。
  • DV同僚の離婚がなかなか成立しません。もう成立するかと思いきわ、やっぱり戻ってきてほしいようです。一時は若い子と結婚して後悔させてやると息巻いていたというのに……心変わりの理由としては、相席屋や合コンに繰り出したものの思ったような成果が出なかったからでした。社内の飲み会にも顔を出したそうですが仕事が絡むと連絡先も聞きにくいそうです。20代の若い子ばかり狙っているからでしょうけど。さらにうちの会社は給与 [続きを読む]
  • 加齢臭とはまた違います。
  • 昨日からGWが始まりました。 お昼から飲み始めた主人は夜には本格的に寝始めて、とてつもなく大きなイビキをかきお風呂にも入りません。 最近の週末は、場合によっては平日も、お風呂に入らないことが増えました。 だからでしょうか。主人からドブの臭いがし始めました。 まだ加齢臭のほうが可愛いもんです。 鼻に付くこの臭いは離れた空間にもやって来ます。 私の部屋にいるときはまだ [続きを読む]
  • 酔った主人の暴挙。
  • 飲んで帰って来た主人は、たくさん飲んだであろう証拠にありえないほど目が座っていました。 もう嫌な予感しかありません。 早くそのまま寝てくれないかなと心の底から願ったけど叶いません。 いきなり出張用のスーツケースをロフトに向かって投げ出しました。 いつもロフトに置いてあるので仕舞おうとしたんでしょうね。 でも大きなスーツケースがそんな簡単にロフトに乗るはずもなく、跳ね返 [続きを読む]
  • 主人と外食したくありません。
  • 最寄り駅の近くには雑誌でも特集されるほど 美味しいお店が結構あります。 結婚した当初は それらのお店に行くのが楽しみでした。 でもその楽しみはすぐに崩壊します。 お店に行くたびに、 何だかんだ理由をでっち上げて難癖を付ける主人。 お店が混んでるから仕方ないの [続きを読む]
  • 一人でできないくせに態度はデカイ主人。
  • 昨日は主人の要望で渋谷に靴を探しに行きました。 途中でお昼になり、焼肉が食べたいと言うので近くの良さそうなお店をgoogleで探しました。 でも運悪くお店がその日だけは夜からの営業に変わっていたのです。 途端に不機嫌になる主人、慌ててまた探して、近くに「焼肉〇〇」と言うお店があったので入りました。 でもさらに不運なことにそこは韓国系のお店だったのです。 キムチの匂いすら苦手 [続きを読む]
  • 地獄のBBQ。
  • 主人の会社の部署では毎年ゴールデンウィークに家族で集まってBBQをしています。 いつもは仕事と逃げていましたが前年はタイミング悪くお休みで参加させられてしまったんです。 そしてやっぱり主人、いい顔をしようとして、「雑用はうちの嫁(私)に任してください」とか言っていたそうです。 おかげでほぼ全ての準備と片付けは私と心優しい後輩くんたちでしました。 しかも焼く作業ばかりであまり食べ [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか9
  • 主人のモラハラについて まったく考えていなかったわけではありません。 主人の運転マナーは かなりチェックしていたのです。 テレビか何かで 運転マナーが悪い人は DVやモラハラの恐れがあるあから 結婚しないほうがいいと聞いていたからです。 でも主人の運転マナーはスマートで 今まででの誰よりも丁寧で [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか8
  • 今思うモラハラDVの予兆は当時でさでも、「あれ?なんかおかしいな。」と思う事はありました。 付き合った途端に急に甘えてきたことも、寮生活での話を聞いた時も義両親の反応に対しても。 でも結婚というアメを前に気付くことを怠ってしまいました。 もし、このなんかおかしいな?に気づいていれば……… たとえ自分が気付くことから逃げていても既婚の友達と交流を持ち、相談していれば違ったかもし [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか7
  • そして最後は義両親に初めて会った時のことです。 この時はまだ付き合い始めの頃で、結婚の話は全く出ていませんでした。 そんな状況で会ったにもかかわらず義両親は……… 「〇〇(主人)が彼女を連れて来るなんて!」 かなりの驚きとともに結婚までも促されたのでした。 主人のスペック自体は悪くないと思います。 地方の国立大と大学院を卒業し有名会社にも [続きを読む]
  • 結婚する前に気づけなかったのか6
  • さらに失敗だった事があります。 私はひとり暮らしをしている人と結婚したいと思っていました。 ひとり暮らしを経験していれば家事の大変さを自覚しているし、結婚しても分担してできると思ったからです。 当時の主人は会社の寮に住んでいましたがワンルームマンションみたいなものだと言っていました。 お風呂と洗濯機は共同だけどトイレとキッチン、その他家電はそれぞれの部屋にあ [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか5
  • 付き合っている当時のことを改めて考えてみると、おかしかったと思う主人の言動がいくつかありました。 まずは付き合い始めた途端に甘えてきたことです。 最初はシャイな感じだったのに付き合ってからの変わり身の早さ、そして甘え方も異常だったと思います。 最近知ったことですが、DVとは自分勝手な甘えの極みなのだそうです。 両親に甘えられなかった分、私に母親と同じように甘え [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか4
  • その飲み会には男女合わせて30人ほどいました。 交流会という名の飲み会ですが合コンと言っても変わらないでしょう。 主人は茶髪にパーマがかっていて平日にもかかわらず私服でした。 最初は学生かと思ったのですが、大学院卒出たての社会人だったのです。 この時聞いた主人のスペックはまさに私の理想そのものでした。 理系の研究職で転勤がなく、スポーツをしているとい [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか3
  • こうして私は、ベストな相談役となったであろう既婚の友達から遠ざかり、一人よがりの婚活を始めたのでした。 既婚者からの唯一の情報源は母親のみ。 そして母親から学んだのは、マザコンではない人を選ぶということ。 その結果、結婚相手の条件として ①ひとり暮らしをしている②長男ではない この2つを念頭に婚活を始めました。一人暮らしをしていれば、多少は家族との距離感がある [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか2
  • 婚活中の自分を振り返って、今更ながら考えると失敗だと思うことが多々あります。 その中の一つに既婚の友達を避けていたことです。 婚活真っ最中に幸せな結婚生活やノロケを聞くのはあまりにも辛かったので、似たような婚活中の独身の友達とばかり過ごしていました。 既婚の友人たちと会う時はほんのたまに開かれる同窓会のみ。 そこで繰り広げられるのはいかに自分が幸せかを競い合 [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか1
  • 母親にふと聞かれました。 「主人と結婚する前に DVやモラハラの兆候はなかったの?」と。 その時は気付けなくても、後から思えば思い当たる節があったのではないかと聞かれたのです。 私は婚活をしていたとき、結婚相手は慎重に選んでいたはずでした。 でもその観点にDVやモラハラはありませんでした。 身近にそういった話は聞いたことがなかったので、どこ [続きを読む]