ゆー さん プロフィール

  •  
ゆーさん: DVと離婚の間で
ハンドル名ゆー さん
ブログタイトルDVと離婚の間で
ブログURLhttp://dvtorikon.blog.jp
サイト紹介文結婚して5年、周りからは仲良し夫婦に見られていますが、実は突然やってくるDVに悩んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 247日(平均4.2回/週) - 参加 2016/08/20 13:45

ゆー さんのブログ記事

  • 一人でできないくせに態度はデカイ主人。
  • 昨日は主人の要望で渋谷に靴を探しに行きました。 途中でお昼になり、焼肉が食べたいと言うので近くの良さそうなお店をgoogleで探しました。 でも運悪くお店がその日だけは夜からの営業に変わっていたのです。 途端に不機嫌になる主人、慌ててまた探して、近くに「焼肉〇〇」と言うお店があったので入りました。 でもさらに不運なことにそこは韓国系のお店だったのです。 キムチの匂いすら苦手 [続きを読む]
  • 地獄のBBQ。
  • 主人の会社の部署では毎年ゴールデンウィークに家族で集まってBBQをしています。 いつもは仕事と逃げていましたが前年はタイミング悪くお休みで参加させられてしまったんです。 そしてやっぱり主人、いい顔をしようとして、「雑用はうちの嫁(私)に任してください」とか言っていたそうです。 おかげでほぼ全ての準備と片付けは私と心優しい後輩くんたちでしました。 しかも焼く作業ばかりであまり食べ [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか9
  • 主人のモラハラについて まったく考えていなかったわけではありません。 主人の運転マナーは かなりチェックしていたのです。 テレビか何かで 運転マナーが悪い人は DVやモラハラの恐れがあるあから 結婚しないほうがいいと聞いていたからです。 でも主人の運転マナーはスマートで 今まででの誰よりも丁寧で [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか8
  • 今思うモラハラDVの予兆は当時でさでも、「あれ?なんかおかしいな。」と思う事はありました。 付き合った途端に急に甘えてきたことも、寮生活での話を聞いた時も義両親の反応に対しても。 でも結婚というアメを前に気付くことを怠ってしまいました。 もし、このなんかおかしいな?に気づいていれば……… たとえ自分が気付くことから逃げていても既婚の友達と交流を持ち、相談していれば違ったかもし [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか7
  • そして最後は義両親に初めて会った時のことです。 この時はまだ付き合い始めの頃で、結婚の話は全く出ていませんでした。 そんな状況で会ったにもかかわらず義両親は……… 「〇〇(主人)が彼女を連れて来るなんて!」 かなりの驚きとともに結婚までも促されたのでした。 主人のスペック自体は悪くないと思います。 地方の国立大と大学院を卒業し有名会社にも [続きを読む]
  • 結婚する前に気づけなかったのか6
  • さらに失敗だった事があります。 私はひとり暮らしをしている人と結婚したいと思っていました。 ひとり暮らしを経験していれば家事の大変さを自覚しているし、結婚しても分担してできると思ったからです。 当時の主人は会社の寮に住んでいましたがワンルームマンションみたいなものだと言っていました。 お風呂と洗濯機は共同だけどトイレとキッチン、その他家電はそれぞれの部屋にあ [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか5
  • 付き合っている当時のことを改めて考えてみると、おかしかったと思う主人の言動がいくつかありました。 まずは付き合い始めた途端に甘えてきたことです。 最初はシャイな感じだったのに付き合ってからの変わり身の早さ、そして甘え方も異常だったと思います。 最近知ったことですが、DVとは自分勝手な甘えの極みなのだそうです。 両親に甘えられなかった分、私に母親と同じように甘え [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか4
  • その飲み会には男女合わせて30人ほどいました。 交流会という名の飲み会ですが合コンと言っても変わらないでしょう。 主人は茶髪にパーマがかっていて平日にもかかわらず私服でした。 最初は学生かと思ったのですが、大学院卒出たての社会人だったのです。 この時聞いた主人のスペックはまさに私の理想そのものでした。 理系の研究職で転勤がなく、スポーツをしているとい [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか3
  • こうして私は、ベストな相談役となったであろう既婚の友達から遠ざかり、一人よがりの婚活を始めたのでした。 既婚者からの唯一の情報源は母親のみ。 そして母親から学んだのは、マザコンではない人を選ぶということ。 その結果、結婚相手の条件として ①ひとり暮らしをしている②長男ではない この2つを念頭に婚活を始めました。一人暮らしをしていれば、多少は家族との距離感がある [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか2
  • 婚活中の自分を振り返って、今更ながら考えると失敗だと思うことが多々あります。 その中の一つに既婚の友達を避けていたことです。 婚活真っ最中に幸せな結婚生活やノロケを聞くのはあまりにも辛かったので、似たような婚活中の独身の友達とばかり過ごしていました。 既婚の友人たちと会う時はほんのたまに開かれる同窓会のみ。 そこで繰り広げられるのはいかに自分が幸せかを競い合 [続きを読む]
  • 結婚する前に気付けなかったのか1
  • 母親にふと聞かれました。 「主人と結婚する前に DVやモラハラの兆候はなかったの?」と。 その時は気付けなくても、後から思えば思い当たる節があったのではないかと聞かれたのです。 私は婚活をしていたとき、結婚相手は慎重に選んでいたはずでした。 でもその観点にDVやモラハラはありませんでした。 身近にそういった話は聞いたことがなかったので、どこ [続きを読む]
  • 顔に傷が付きました。
  • 主人がキッチンで水を出すときは蛇口のレバーを思い切り上げます。それゆえ勢いよく水が飛び出すので、洗い場に水が飛び散るのです。洗い場の周りは水浸しのようになり、それを掃除させられるのは私です。昨日はさらにひどく洗い場には主人の食器類があり、そこに水が当たって大きく飛び散りました。あまりにも酷かったので、「水の勢いを弱めたらいいんじゃないの?」とつい口から出てしまったんです。その瞬間にスポンジが顔に当 [続きを読む]
  • 主人の横暴わがまま発動2
  • 主人が実家に帰るときに 私を引き連れていきたい理由、 それは自由の確保にあります。 義両親は二人で暮らしているので 話し相手が欲しくてたまらなく、 特に義父は大の話好きでなのす。 話し好きといっても 自分の自慢話を延々としているだけですが。 それゆえ主人が帰って来ると話が止まりません。 [続きを読む]
  • 主人の横暴わがまま発動1
  • 先週の三連休、主人は実家に帰ると言い出しました。私は親戚の法事に出る予定があったので主人が一人で帰るものと思っていたのですが・・・・私も法事を断って一緒に帰れと言い始めました。私は義両親が好きではありません。この理由はいつか書きたいと思いますが、主人も一人では帰りたくない、でも帰らないと行けないから私を連れまわします。ましてや法事の予定があることは数か月前から言ってたにもかかわらず、2日前になって [続きを読む]
  • DV同僚のいま3
  • 松田龍平さんの奥様が家を出て離婚問題になっていますね。 奥様の不倫が原因と言われていますが・・・・・・ そんな最中に松田さんがInstagramを更新し「奥様は今でも大事な人」と公言し絶賛されたようです。 確かに普通の人から見れば(勝手に)家を出た奥様が悪いのに、それでも愛しているという松田さんは、健気で応援したくなるかもしれません。 でもDVモラハラ被害者の私として [続きを読む]
  • DV同僚のいま2
  • 前回からの続きです。 DV同僚のの要求はこうでした。 養育費は義務教育までしか払わない、高校以降は利子付きで貸してやるから子供が将来社会人になったら返すべき。 さらに離婚は奥様の我がままだから、自分(DV同僚の)親の面倒も奥様が見ることは必ずすること。 そんな内容の公正証書を作ろうとしたみたいです。 また財産分与も拒否したそうですが、そこも含めて弁護士がうまく説得し [続きを読む]
  • DV同僚のいま1
  • 昨日はDV同僚と打合せをしました。 そしてまた聞いてもいないのに 離婚の事を勝手に話し出してきました。 今は家にひとりぼっちなので 話す相手がいなくて寂しいみたいです。 でも今度は10歳以上若い子と結婚して 奥様を後悔させてやると息巻いていました。 奥様はDV同僚が誰と再婚しようと 気にも留めないと思うん [続きを読む]
  • 宅配事件3
  • 主人は0時を過ぎても帰ってくる気配はありませんでした。 私もベッドに入っていたのでいつの間にか眠ってしまったのです。 なのでいつ主人が帰ってきたのかは分かりませんでした。 ですが次の日の朝、いつも通りに時間に起きてみるとリビングで寝ている主人がいました。 大きないびきを立ててまっすぐに寝ているその様はまさに木偶の棒のようでした。 リビングの電気は付 [続きを読む]
  • 宅配事件2
  • ひとつ前のブログからの続きです。 主人は飲みの席にいることを忘れ、いつもの調子で私を怒鳴りました。 これが同僚に筒抜けで、謝りのメールを受けたのですが、私は瞬時に血の気が引くのを感じました。 酔って帰って来た主人は 「おまえ(私)のせいで恥をかいた!」 と逆ギレしてくるに違いありません。 私が大人しく宅配便を受け取っていればこんなことにはならなかった [続きを読む]
  • 宅配事件1
  • 今週のお話です。 午後6時ごろにメールがあり、「飲みに行くから夕ご飯いらない」と。 私もちょうど残業になったのでちょうどよかったとメールしたら、何度も電話がかかってきました。 今は残業中だと伝えたのに電話が鳴りやまないので仕方なく掛け直しました。 何か大事が起こったのかと思ったら 「今日の20-21時の間に宅配便が来る。 それまでには帰るように!」 と言わ [続きを読む]
  • 主人は良くても私はダメだそうです。
  • 今月は飲み会が6回もあります。 主人の話ではなく、私の予定なんです。 今年に限ってはお世話になった人の退職や友人の転勤が恐ろしいほど3月に集中してしまったのです。 6回のうち1回は会社の部署の打上げなので家計費から出してもらえることになりました。 でも残り5回分の飲み会代のみならず送別の品を買う余裕はないので、数か月前から準備していました。 アンケート [続きを読む]
  • 朝の会話を減らすために。
  • 毎朝主人にコーヒーもしくは紅茶を出しています。 コーヒーなのかはたまた紅茶なのかは、その日の朝、主人が起きた時に決まります。 前の日から決めてくれれば楽なのにそれは絶対に嫌だと拒否されます。その日の気分で決めたいそうです。 そのため朝起こす時にどちらを出すか聞いているのですが、寝起きが悪い主人から聞き出すのは容易なことではありません。 布団にもぐりながら寝起きの状 [続きを読む]
  • 我が家の家計管理の実態
  • 我が家の家計管理についてお話ししてみたいと思います。これまでに何度か触れていますが、お金の管理は私がしています。主人はお小遣い制なので、一見すると、私がお財布を握っているように見えるかもしれません。でも管理しているだけなんです。 面倒な家計管理は私にやらせておいて、実権は握らせないと思っているようです。 というのも、日々の出費はエクセルで管理しなくてはならず、これは主人も見られ [続きを読む]
  • 天国の後の試練。
  • 日曜日は天国タイムを堪能しました。 主人を見送った後は紅茶にパンで優雅な朝ごはん。 本を読んだり、部屋の後片付けをしたり、したいことを邪魔されずにできるのはいいですね。 いつもはテレビが大音量で流れ、さらに急に歌い出したりするから、静かでのんびりとした時間は過ごせません。 こんなにのんびりしたのは主人が出張して以来だから、2ヶ月ぶりでしょうか。 でも天国の後には、試練 [続きを読む]
  • 少し我慢すれば天国が待っている。
  • 今日は主人の休日出勤です。 嬉しいったらこの上ない♪ それでも出勤するまでは、本当に大変でした!! 主人が起きる10分前に起きて、リビングに暖房をつけ、洗面所はすぐお湯が出るようにして、ご飯を用意してから起こします。 起こしに行けば機嫌がすこぶる悪く、うるさい!とか嫌味の連続です。 もう起こすの止めるよ!って本当に止めたら大変なので、ここは我慢して起こし続けます。 [続きを読む]