Graphite One さん プロフィール

  •  
Graphite Oneさん: Tune & Play - CRF1000L Africa Twin -
ハンドル名Graphite One さん
ブログタイトルTune & Play - CRF1000L Africa Twin -
ブログURLhttp://graphiteone.blog.fc2.com/
サイト紹介文CRF1000L Africa Twinの関連情報・カスタム・整備・ツーリングのメモが中心です。
自由文バイクのパーツ・ウェア選びやレビューについてできるだけ詳しく記載していきます。また、入手する際に積極的に利用する海外通販にも触れていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/08/20 15:33

Graphite One さんのブログ記事

  • CRF1000L TOURATECH JAPAN ツアラテックジャパン 訪問
  • 9月16日に神奈川県相模原市に新規オープンしたツアラテックジャパンに行ってきました。TOURATECH製品はこれまで長年の間、千葉にある「(有)ツラーテックジャパン」が正規代理店として日本での販売を行ってきましたが、9月からエアモニで有名なプロテクタが「ツアラテックジャパン」として新たに正規代理店となったとのことです。現在は旧ツラーテックジャパンのオンラインサイトは閉鎖されていますが、メールフォームでTOURATECH [続きを読む]
  • CRF1000L PASSAGEオリジナル ファーストエディション First Edition
  • 先日Webを散策していたらCRF1000Lオールブラック仕様の「大人のスペシャル」が登場との記事が。一瞬、「これが噂の2018年モデルか!」と思いましたが、記事をよく読むとホンダ車逆輸入でおなじみのパッセージさんのオリジナルモデルでした。それにしてもヨーロッパ仕様のブラックマットメタリックはカッコいいですね〜。下の写真では純正ではシルバーのはずのガードパイプとパニアケースカバーも特注仕様でブラックアウトされ、ス [続きを読む]
  • CRF1000L エンジンが始動できない&シフトインジゲーター不具合が時々発生
  • 5月くらいからエンジンが始動できない謎の不具合が時々発生します。エンジン冷温時が一番発生しやすいのですが、ツーリング途中にエンジンが充分温まっている場合でも再始動時に発生することがあります。発生頻度としては1,000kmで3~4回とそこまで高くないのですが、原因がよくわからず規則性なく発生しているように感じるのが不安です。発生した際はシフトインジゲーターが「ハイフン」の点灯(もしくは点滅)状態になり、キーの [続きを読む]
  • CRF1000L Transcend ドライブレコーダー DrivePro 50 取り付けレビュー 前編
  • 結論から申し上げます。純正マウントTS-DPA1を使ったDrivePro 50の取り付けは2つの問題によりうまくいきませんでした。一つ目はナビマウント用のクランプとの接触です。スクリーンの内側の適正な位置に取り付けようとすると、DrivePro 50本体がナビマウント用の黒いクランプに接触してしまいます。クランプをもっと小ぶりなサイズのものに交換し、ナビの固定方法を変更すれば対応できそうなのですが、機能的にもデザイン的にも気に [続きを読む]
  • CRF1000L Transcend ドライブレコーダー DrivePro 50 購入
  • 前回の教訓を元に改めて機種の選定を行なった結果、Transcend DrivePro 50という製品にたどり着きました。DrivePro 50を選んだ理由は「アクセサリーソケットからのUSBポート経由の給電で動作ができること」(USB給電での動作可能は口コミ情報から確認)「取り付けの際の自由度を高めるために汎用のマウントステーが利用しやすい本体形状であること」です。 前回のユピテルDRY-mini2WGXはGPSアンテナを内蔵した取り付け用マウントの [続きを読む]
  • CRF1000L ZETA フレームガード 取り付けレビュー
  • CRF1000L用 ZETA ZE52-0022フレームガードを取り付けました。最初は左側(チェンジペダル側)から作業を始めます。取り付けはボルトを一本外して付けるだけのいわゆる「ポン付け」なのですが、仮組みをしてみると少し怪しい感じです。フレームガードのエッジはバリこそないものの、かなり鋭角な仕上げです。普通にボルトを締めるとCRF1000Lのフレームとフレームガードのクリアランスが1mmほどしかなく、ヒールグリップで力を入れた [続きを読む]
  • CRF1000L ZETA フレームガード & ステアリングステムキャップ 購入
  • 週末のたびに雨に見舞われ、タイヤ交換後まだ300kmしか走れていません。そんな中、納期未定と聞いていたPIRELLI SCORPION MT90/ATが早くも届いたという連絡が来てしまいました。8~9月に3~4,000km走って早めの交換というつもりでしたが、E804/E805が減らないうちに交換してオークションに出品した方が良いかもしれません。交換したばかりで工賃がもったいない気がしますが悩んでしまいます。6月にMotostormに発注していたGIVIのツー [続きを読む]
  • CRF1000L SHINKO E804/E805 タイヤ交換 次タイヤ検討 後編
  • コストよりもパフォーマンス重視、オン・オフ両方での使用を前提にしてタイヤ選びをすると真っ先に候補としてあがるのがANAKEE WILD。MICHELINはPILOT ROADシリーズを愛用していたため愛着があるブランドですし、ANAKEE WILDは安定性と快適性、耐久性を高いレベルでバランスしているビッグオフでは人気のタイヤです。しかし、昨年検討した時と状況が変わっておらず、CRF1000Lに適合するサイズはフロントのみ。(リヤ用のサイズは発 [続きを読む]
  • CRF1000L SHINKO E804/E805 タイヤ交換 次タイヤ検討 前編
  • 年に一度の大イベントであるカンファレンスの準備での激務が続き、すっかりブログの更新が滞ってしまいました。そのイベントも7月上旬に無事終了し、先週末になって事後処理もようやく落ち着いたところです。とは言うものの心身ともにヘトヘトの状態で、7/23~24に開催された第2回ライドアフリカツインに遠征する気力も体力もなく(エントリーはしていたのですが)、この週末はずっと大人しくしていました。昨年もそうでしたが、会 [続きを読む]
  • CRF1000L GIVI S250ツールボックス用 取り付けアタッチメント TL1146KIT 発売開始
  • (6月22日追記:当記事のTL1146KITはやはりNC750Xなどの車種別専用品でした)先日入手したGIVI S250ツールボックスの取り付けアタッチメントTL1146KITがようやくイタリアで発売になりました。型番が予想されていた「S250KIT」ではなく「TL1146KIT」であること、Motostormの製品情報ではDUCATI Multistrada 950専用品と取れるような記述があることが不安を誘います。まさか汎用品ではなく、車種別の設定なのでしょうか?GIVIのイタ [続きを読む]
  • CRF1000L ARROW MAXI RACETECH DARK 72621PO
  • ARROWのスリップオンマフラー購入時に悩んでいた2種類のエンドキャップ形状ですが、私が購入したカーボンエンドキャップモデル(72621AKN)の別バージョンであるスチールエンドキャップモデルのCRF1000Lへの装着写真をようやく見つけることができました。第一印象としてはカーボンエンドキャップより、マフラーの全長が短く見え軽快感が増しています。(逆に言えばカーボンエンドキャップモデルは全長が長く、間延びしているように [続きを読む]
  • CRF1000L GIVI S250 ツールボックス 到着レビュー
  • Motostormに発注していたGIVI S250ツールボックスが到着しました。取り付けに必要なアタッチメントS250KITがイタリア本国でも未発売のようですので、今回は簡単にツールボックスのみのレビューをお届けします。素材はパニアケースなどと同じ肉厚の樹脂製ですが、表面は細かい梨地仕上げで目の細かいヤスリのようにザラザラしています。重さは約430gと結構あります。開口部は本体側にゴム製のパッキンが施してあり、蓋を閉めると密 [続きを読む]
  • CRF1000L Kijima キジマ ヘルメットロック 303-1580 取り付けレビュー
  • デザイン・機能性ともに非常に気に入っているDoubletake ADVENTURE Mirrorですが、唯一の不満点がこれまでのようにミラーに安心してヘルメットをかけることができないことです。RAMマウントの保持力が高いため、ヘルメットをかけただけで目の前でミラーの角度がガクッと変わることはないのですが、これまでのように気軽にミラーにヘルメットをかけるのは気が進みません。バイクを離れている間にいつの間にか落下していた...という [続きを読む]
  • CRF1000L GIVI S250 ツールボックス 発売開始
  • 先日お伝えしたGIVIのパニアステー装着用ツールボックスS250がようやく発売されました。当初は4月発売とのことでしたが5月に遅れたようです。当ブログではおなじみのMotostormでの価格は約55ユーロ(約7,000)、対応パニアステーはPL CAM/PLRです。予想通りS250ツールボックス単体では装着できず、別途S250KITというアタッチメントキットが必要のようでした。S250KITはこれまでGIVIのイタリア本国サイトでも情報がありませんでし [続きを読む]
  • CRF1000L Pivot Pegz MkIII ピポットペグ Mk3 取り付けレビュー
  • 前回の到着レビューに続き、今回は取り付けレビューをお届けしたいと思います。下の写真をご覧いただくとわかる通り、サイズにはかなりの差があります。ノーマルステップは幅35mm、対してピポットペグは幅60mmですので約2倍の幅です。長さもノーマル比で約20mm長くなっています。取り付けに際してはポン付けで完了。さすが専用品として作られているだけあって精度もバッチリです。 早速跨ってみます。ステップの面積が増えたことで [続きを読む]