なかはら真斗 さん プロフィール

  •  
なかはら真斗さん: なかはら真斗の白昼夢
ハンドル名なかはら真斗 さん
ブログタイトルなかはら真斗の白昼夢
ブログURLhttp://ameblo.jp/nakaharamacoto/
サイト紹介文マニアックな日記・B級映画感想文・創作小説・散文書き。 廃墟を愛する昭和レトロ好き。
自由文いい歳してサブカル思考。日常の幸せ探しが得意。
執筆している時間が最高に幸せ。ワインを飲みつつ必殺ダイエッター。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 193日(平均8.5回/週) - 参加 2016/08/21 01:16

なかはら真斗 さんのブログ記事

  • 近況報告的人生スキル的○○的。
  • お久しぶりですっ。 ここ最近はお勉強に次ぐお勉強の毎日。読書もお勉強系に傾きがちです 実は資格を取ろうと思ってまして。 取ってどうなるか分からないけど、人生スキルの1つにしたいなあと。いや、2つ?3つ?そんなに取るんかーーーい。と。 はい。あれやこれややっている最中ですっ ↓何者!?↓Σ(・□・;) [続きを読む]
  • 「できる人の資格勉強法」備忘録
  • 書籍名:できる人の資格勉強法著者名:佐藤孝幸出版社:中経出版できる人の資格勉強法できる人の資格勉強法心に残った言葉:・自分の中にいくつかの得意分野をかかえておき、時代がどう変化しようと収入源を確保できる態勢を整えていく。・その分野の「基本」を知るために、通俗本を3〜4冊読む。・基本書(専門書)は読まずに「辞書」として使う・試験勉強のスタート時点ではかならず過去問にあたる。そうすることで「このレベル [続きを読む]
  • 「始めるのに遅すぎることなんかない!」備忘録
  • 書籍名:始めるのに遅すぎることなんかない!著者名:中島薫出版社:サンマーク出版始めるのに遅すぎることなんかない! (サンマーク文庫)始めるのに遅すぎることなんかない! (サンマーク文庫)心に残った言葉:・それは「できない」のではなく、「したくない」「しようとしない」のです。・自分の未来を信じられるのも、才能のひとつである・出る釘は打たれるが、出すぎた釘は打たれない・自意識は一文の得にもならない感想:とても [続きを読む]
  • 「1分間の日記で夢は必ずかなう!」備忘録
  • 書籍名:1分間の日記で夢は必ずかなう!成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣著者名:今村暁出版社:フォレスト出版1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~心に残った言葉:・理性が成功を邪魔する。・理性が嘘をつく。感性が夢をかなえる。・「欲望」の強さが意志の強さ。・人間の脳は意識の焦点 [続きを読む]
  • 『「限りなく少なく」豊かに生きる』備忘録
  • 書籍名:「限りなく少なく」豊かに生きる著者名:ドミニック・ローホー訳者名:原秋子出版社:講談社「限りなく少なく」豊かに生きる「限りなく少なく」豊かに生きる心に残った言葉:・嫌な仕事を忘れるいちばん手っ取り早い方法は、それを片づけてしまうこと。・一度にひとつのことだけをする。・自分自身のために、まったく何もしない時間を確保しましょう。そのためにはすべて用事を片づけ、心安らかでなければなりません。・感 [続きを読む]
  • 映画「ピエロがお前を嘲笑う」中二病的ハッカー映画。
  • まず題名からしてインパクト大。映像も演出も台詞もどこかスタイリッシュで、なんだか見る者を嘲っているような中二病的世界観。 ハッキングしている様子を人間で表現しているのがわかりやすくて面白い。ハッカーとそれを取り巻く野次馬がどんなふうにネット上で存在しているか想像できた。 「人は騙されやすく争いを避けたがる」「大胆にやれば世界はひれ伏す」「人は見たいものを見る」 それら言葉の謎かけも「あ [続きを読む]
  • 「悪人 シナリオ版」備忘録
  • 書籍名:悪人 シナリオ版著者名:吉田修一/李相日出版社:朝日文庫悪人 シナリオ版 (朝日文庫)悪人 シナリオ版 (朝日文庫)心に残った言葉:「今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎる……自分には失うものがないと思い込んで、それで強くなった気になっとう(中略)そうじゃないとよ。本当はそれじゃ駄目とよ」感想:映画「悪人」のシナリオ。ちなみにまだ映画は見ていない。原作小説も読んでいない。それでも読んでいて絵が [続きを読む]
  • 「魔女裁判 魔術と民衆のドイツ史」備忘録
  • 書籍名:魔女裁判 魔術と民衆のドイツ史著者名:牟田和男出版社:吉川弘文館魔女裁判―魔術と民衆のドイツ史 (歴史文化ライブラリー)魔女裁判―魔術と民衆のドイツ史 (歴史文化ライブラリー)内容:16〜17世紀ドイツ。無実の人々が「魔女」という嫌疑で迫害され、処刑された魔女狩り。その原因はなぜか。魔女裁判とはどのようなものだったのか。当時の民衆の心理や正義を通して、なぜそのような事態になったのかを探っていく。 [続きを読む]
  • 「スティーブ・ジョブズ名語録」備忘録
  • 書籍名:スティーブ・ジョブズ名語録 人生に革命を起こす96の言葉著者名:桑原晃弥出版社:PHP文庫スティーブ・ジョブズ名語録 (PHP文庫)スティーブ・ジョブズ名語録 (PHP文庫)心に残った言葉:・少し休むのはいい。発想のリフレッシュにもなる。だが、腰を下ろしてはいけないのだ。・技術者がつけてあたりまえと思っていても、消費者が不要と思えば平気で外させる。・何かを捨てないと前に進めない。・人材の質が少しでも低下す [続きを読む]
  • ミニミニライトスタンドに猛烈感動している。
  • 訳あって、1分小説(オリジナル小説)の掲載を一時中止していますまた掲載する時がくると思いますのでその際はよろしくお願いします。あと、いいねをしてくださった方、本当にありがとうございます。感謝しております!そう。最近、感動したことと言えば・・・。100均(ダイソー)で見つけたミニミニライトスタンドです!これっ↓すごくないですか?100円でこのミニマムなクオリティー。黄色のLEDなので目に優しいのです。 [続きを読む]
  • 無口な鏡。(1分小説)
  • チャイムと同時に教授の元へ向かうA子。その背中を「お腹すいたんだけど」と、言いながら見送るB子。C子は静かに眉を上げ、無言で机に凭れかかった。「先行くよ!」黒板に跳ね返る声音。A子は苦笑して振り返る。「まあ、そう慌てなくても」C子は一言呟いた。気さくに手を上げて去っていく教授に、A子は一礼した。浮かんでいたのは積年のつかえが取れたかのような微笑み。「待たせてごめん」と、駆け寄る足取りも心なしか軽い [続きを読む]
  • 「超訳 ニーチェの言葉」備忘録
  • 書籍名:超訳 ニーチェの言葉 エッセンシャル版著者名:フリードリヒ・ニーチェ出版社:ディスカバー・トゥエンティワン超訳 ニーチェの言葉 エッセンシャル版超訳 ニーチェの言葉 エッセンシャル版心に残った言葉:・「自分の評判など気にするな」そうでないと、本当は嫌われているのに、部長だの社長だの先生だのと呼ばれることに一種の快感や安心を覚えるような人間になってしまう。・「始めるから始まる」すべて、初めは危険 [続きを読む]
  • 「書くことについて」備忘録
  • 書籍名:書くことについて著者名:スティーヴン・キング出版社:小学館文庫書くことについて (小学館文庫)書くことについて (小学館文庫)心に残った言葉:・最初は自分一人のものだが、次の段階ではそうではなくなる。原稿を書き、完成させたら、あとはそれを読んだり批判したりする者のものになる。・ものを書くというのは孤独な作業だ。信じてくれる者がいるといないとでは、ぜんぜんちがう。・書くこととは──ずばりテレパシー [続きを読む]
  • 究極の選択とα波(1分小説)
  • ゾンビになるか、孤立無援で立ち向かうか。どっちを選ぶ?今夜もそのことばかりを考えていた。不眠よりも最悪の事態を想定する。それが、今を生き残る最高の手段だ。第一希望は誰よりも早くゾンビ化してしまうこと。窓ガラスを叩き割られる恐怖に怯えて暮らすより遥かに幸せだろう。だが、体よく一噛みしてくれるゾンビはいるだろうか。それも、歯型がつく程度の朗らかな甘噛み。いない。軽く肉片をちぎられるのがオチだ。ならば、 [続きを読む]
  • ルール違反のない町(1分小説)
  • 工場町にある年季の入った酒場は、仕事帰りの男たちでいつも溢れかえっていた。 しかし、彼らは何も語らない。 訥々と酒を煽り、そして、また明日と言わんばかりに片手だけを上げて去っていく。 その中で、ひと際、異端の影を背負っている男がいた。 髪を丁寧に撫でつけ、仕立ての弱いスーツを毎日着ているのだ。 彼は新聞の一面がこぞって賑わった日から、命からがら流れ着いた漂流者のように、この酒場 [続きを読む]
  • ハイボールダイエットをするための新聞紙ゴミ箱。
  • ここ最近はワインを嗜む機会がすっかり減りました・・・ というのも、ハイボールダイエットをしているからですっ。 やりかたは簡単。ブランチ1食はしっかり食べて、後の食事は、豆類、鶏肉、チーズ、豆腐をつまみに作業しながらハイボールをいただくだけ。 私の場合は↓このグラスで一日に4杯ほどいただいております。レモンを搾るのもお忘れなく はい。3日で2キロほど減りましたもともと体重が多い [続きを読む]
  • 「ほぐしヨガプログラム」備忘録
  • 書籍名:DVD付き ユルめて見つけてカラダをつくる ほぐしヨガプログラム著者名:山本俊朗出版社:成美堂出版DVD付き ユルめて見つけてカラダをつくる ほぐしヨガプログラムDVD付き ユルめて見つけてカラダをつくる ほぐしヨガプログラム心に残った言葉:・しなやかな筋肉をつくるには、呼吸と体を連動させる。・いったん体の緊張をゆるめてから再び緊張させると、そのポーズで体のどこを意識すればいいのかがわかりやすい。感想 [続きを読む]
  • ぼくは、丸呑み隊(1分小説)
  • ごはんはできれば噛みたくない。 ガムも飴もできれば丸呑みたい。 でも、ママはよく噛みなさいという。 先生も30回は噛みなさいという。 噛めない(ぼくの場合は噛まない)人は、噛む力が弱いのだそうだ。 だから、ミルクフランスで噛む練習をさせられた。 噛んでいる間は地獄だ。 だって、ぼくは丸呑み隊。 どうして、丸呑みたいのかと思うだろう。 理由は簡単。 食べている [続きを読む]
  • 忘れないでとは言わない。(1分小説)
  • 「一日も早く忘れてくれ」 父の遺言にそう書いてあった。 「私のことを忘れろ」と、 「覚えていられるのが苦痛」とさえ書いてあった。 父がどんな思いでそれを遺したか。 母は分かっているようだった。 人は先立たれる相手に対して負い目を感じるものだ。 そこに特別な何かがなかったとしても。 もっと、話しておけばよかった。もっと、理解しておけばよかった。 もっと、もっと。&n [続きを読む]
  • 「脳の強化書」備忘録
  • 書籍名:アタマがみるみるシャープになる!!脳の強化書著者名:加藤俊徳/医学博士「脳の学校」代表出版社:あさ出版アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書心に残った言葉:・価値観がまったくかわるような体験をすると、脳が心地よい「衝撃」を受け、その結果「潜在能力」が引き出されるのです。・脳は死ぬまで成長を続ける。・「マンガを読むのは好きだけど、本を読むのは嫌い [続きを読む]
  • 「642文章練習帳」備忘録
  • 書籍名:642文章練習帳著者名:サンフランシスコ・ライターズ・グロット出版社:徳間書店642文章練習帳: TINY THINGS TO WRITE ABOUT (マルチメディア)642文章練習帳: TINY THINGS TO WRITE ABOUT (マルチメディア)心に残った言葉:この小さな本は、あなたの心を開き、時が経つのを忘れさせ、クリエイティビティを刺激します。必要なのはペンだけ。楽しんでください。感想:642個のお題にそってひたすら文章を書く練習帳。と [続きを読む]
  • 個人的な本の備忘録ブログを始めてみた。
  • 「アメブロ」で読んでくださっているみなさまは、こんにちは。「Ameba Ownd」で覗きにきてくださったみなさまは、初めまして。なかはら真斗と申します。今年から、本の備忘録だけを集めたブログを開設しました。個人的な記録見返しブログです。故に「自分がわかればそれでいい」感じになりますが、もしかしたら、それがどなたかのお役に立つかもしれないという思いもあり、全体公開にしました。わたしの本棚 Since 2017小説・自己 [続きを読む]
  • 個人的な本の備忘録ブログを始めてみた。
  • 「アメブロ」で読んでくださっているみなさま、こんにちは。「Ameba Ownd」で覗きにきてくださったみなさま、初めまして。なかはら真斗と申します。今年から、本の備忘録だけを集めたブログを開設しました。個人的な記録見返しブログです。故に「自分がわかればそれでいい」感じになりますが、もしかしたら、それがどなたかのお役に立つかもしれないという思いもあり、全体公開にしました。わたしの本棚 Since 2017小説・自己啓発 [続きを読む]
  • 本「自分を操る超集中力」備忘録
  • メンタリストのDaiGoさん著。心理を操る存在としても知られているが、その手腕がこの本でも発揮され、実にわかりやすく説明してある。 思考や感情をコントロールしているのは脳の前頭葉。その力を「ウィルパワー」といい、集中力を使うことで「ウィルパワー」は消耗する。 だったら、ウィルパワーを消耗しないようにすれば集中力は続くのではないか。 ということで、ウィルパワー節約方法が書いてある。 ・姿 [続きを読む]