虹色の風としゃぼん玉 さん プロフィール

  •  
虹色の風としゃぼん玉さん: 七色の風が運ぶ祈り
ハンドル名虹色の風としゃぼん玉 さん
ブログタイトル七色の風が運ぶ祈り
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/fairychimneys
サイト紹介文ここで出会った風景・人について また、祖国日本に関しても 綴っていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 319日(平均1.7回/週) - 参加 2016/08/21 01:34

虹色の風としゃぼん玉 さんのブログ記事

  • これ誰?(激おこ)
  • 雲南民族博物館の紀子さま???紀子さまのなりすまし、どうやら本当でしたね。秋篠宮さまご一家がご無事でありますように祈りを込めて。上の画像はこちらよりお借りしました。http://news.livedoor.com/article/detail/13299238/ [続きを読む]
  • ご無事であることを祈るのみです
  • 拙ブログはトルコ情報のカテゴリーにおいているブログでありトルコに関しての情報発信をすべきではあると思いつつ(またトルコに関して書きたいことは沢山あるのですが)今はとりあえず祖国日本について拡散すべきこと優先ということで今回も日本人にとって想像も出来ないようなことではありますが取り急ぎアップしたいと思います。この記事内容に関して真偽のほどは勿論お読みになられた方のご判断に委ねるありませんし正直私自身 [続きを読む]
  • 戸惑いと恐怖
  • この写真を初めて目にした時目元何だか目が腫れぼったいなあと、まずそう感じたのです。昨晩は十分な睡眠をお取りになられなかったのかしら?もしかしたら泣き明かされたのかしら?お可哀想に。とも。しかしこの写真の眞子さま実は眞子内親王ではなく「眞子さまのなりすまし」であったことが検証されています。震災へ身分を隠してボランティア、の偽物眞子さまなりすましを使いこういう写真をメディアで広めて内親王を貶める魂胆丸 [続きを読む]
  • 党籍ロンダリングにご注意
  • とにかく、シングルマザーを売りのブランド大好き、整形美女、ウジテレビバックの入江伸子氏に注意が行っていて、とんだ伏兵だったのが港区から出ている、大塚たかあき氏。その大塚氏がダントツ当選圏内、というびっくりするようなネット内情報。えぇっ!? と探ると公明党の後押し 大みたい。プラス、過去建設大臣だった父親・大塚 氏の地盤かしらね?海江田万里氏についてた“連合”のサポートもまだ、あったりして??小池氏 [続きを読む]
  • 18歳
  • 皆さん、初めての選挙権を使う日が近づいてきました。私が初めての選挙は20歳でしたが、今は18歳で選挙権があるんですよね。皆さんが投票権があるということは「日本国民」であり「大人」なんだとしっかり理解してくださいね。あなたの選挙区にどんな候補が誰がいて、誰に入れるのかも自分自身で考えて投票してください。マスメディアの流す情報を100%信用するのは非常に危険です。あなた方が小学生か中学生のときになるでしょう [続きを読む]
  • うみへびがいるよね、お父様〜。
  • 眞子さまと同世代であり、小さい頃から「泣き虫愛ちゃん」として慕われてきた卓球選手の福原愛さんが台湾の卓球選手である江宏傑さんとご結婚され、日本・台湾両国民から祝福されたのは記憶に新しいところだと思います。3歳から卓球を始め、厳しい練習に泣きべそをかいていた愛さんが選手としても女性としても立派に成長され、生涯を共に歩む男性と出会い結ばれたことは、そんな彼女をテレビを通して小さな頃から微笑ましく見てき [続きを読む]
  • 翳り
  • 例えば秋篠宮家の長女眞子さまのような深窓の令嬢、お姫様が全く異なる世界の男性に魅かれること眞子さまのように皇族クラスではなくともそういうことは普通に有ると思いますし具体例を挙げればスウェーデンのダニエル (ヴェステルイェートランド公)は王女との結婚前は平民であったようにそれまでの人生の中で自分の周りには居なかった凡そ自分とは異なる世界の異性との予期しなかった突然の出会いにその新鮮な存在に強く心が動か [続きを読む]
  • カッパの奸計
  • 盲目的な愛国保守或いは8〜9割のお花畑日本国民を除くありのままの皇室の姿を捉えようとしている僅か1〜2割の日本国民の疑惑がここにあります。何故ゆえに内親王である眞子さまとあのようなどこの馬の骨か分からないような定職を持たない、かの国の男性との婚約が成り立つのか。(ましてや母親はご覧の通りのだらしなさそれに加え父親の不審死や同居する男性との不可解な関係等々)秋篠宮家はこの件に関し依然沈黙を貫いておら [続きを読む]
  • 人身御供
  • 秋篠宮家の長女眞子さまが婚約されるというニュース。本来であればお二人揃っての会見の場が設けられると思うのですが婚約者とされる男性がいきなり会見を開いたようですね。婚約報道後の眞子さまそして秋篠宮さま普通婚約というとご本人はもとよりご家族も嬉しそうな表情をされるものだとそう思うのですが秋篠宮家の皆さまご本人の眞子さまもお父様である秋篠宮さまも実に浮かない表情でらっしゃいますね。秋篠宮さまに至ってはま [続きを読む]
  • 捨てたキムチ
  • 韓国がああいう国だからと言ってかの国の食べ物、例えばキムチが嫌いなわけではありませんので久し振りに日本からキムチを送ってもらったのですが生憎原産国韓国その上ご丁寧に韓国から直輸入とまで(笑)記された商品だったのです。ここまで丁寧に明確に記されているということはこの商品を輸入した日本の会社はイオントップバリュー商品のように非常に巧みな誤魔化しテクニックを駆使して危険な韓国原産の商品を売りつけるという [続きを読む]
  • 美しい言葉のその先にあるもの
  • 戦争は人殺し自分は人殺しをしたくないから戦争には反対敵が攻めて来たら人殺しをしたくないから自分は逃げます戦争をしたい人間人殺しをしたい人間それは精神に異常のある人ではありませんか?脳が正常に機能している人は戦争もしたくないし人殺しもしたくないそうではありませんか?大東亜戦争で若くして大切な家族を残して後ろ髪を引かれながらも戦場に向かいそして国の為に散られた英霊たち彼らが戦争をしたくて人殺しをしたく [続きを読む]
  • 魂に響く音色
  • 数日前、テレビのニュースでシリアで化学兵器が使用され犠牲になった人々の姿が映し出されるのを見ていていてふと我に返るとものすごく険しい表情をしていたことに気付き心が言いようのない虚しさ・哀しさに包まれてしまいました。化学兵器これも人間の手により造られたものですがこういう風に残酷なものが存在する一方でこの世には心を癒してくれるものも数多く有ります。既にご存知の方もいらっしゃるとは思いますが私が感じた魂 [続きを読む]
  • ウサギの目
  • 現在トルコ在住の為食料品や衣類を始めとする生活に必要な殆どの物を基本こちらで調達しなければいけないのであるが例えば洗顔石鹸これを購入する際に気を付けている点がある。最近こちらで見つけたアルガン石鹸と書かれたこの商品これを見つけた際に嬉しかったことは成分にアルガンが使われていることと共にこの商品が動物実験によって開発されたものでは無いということであったこと。(上の画像を右にスクロールするとla divaの [続きを読む]
  • 16歳の少女、スポンジのプールでメダル獲得
  • 16歳のダイバー、スポンジプールでの練習にもかかわらず62個のメダル獲得。その殆どが金であるという、合計62個ものメダルを獲得した16歳のトルコの代表選手は、エーゲ海地方のアフヨンカラヒサール県ではオリンピックプールが不足しているため、スポンジのプールでトレーニングしてきたのだと、ドーアン・ニュース社が伝えた。高校生のヤプラック・セリン・ケスキンは競技のトレーニングの時だけは本物のプールが利用でき [続きを読む]
  • 「君は尊くましませど、民を苦しむれば天これを許さず
  • 第三十一回 国会衆議院 内閣委員会 昭和三十四年二月六日(金曜日)午前十時十九分開議 http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005.pdf 言及するには「続日本記」まで解読、その他勉強と関連資料集めがたくさん必要で一日延ばししている内に、不定期更新になってしまいました。絶句するような、大変なことも述べられています。いつ、きちんと学び解析できるか分かりませんので、とりあえず第一級「資料 [続きを読む]
  • 『りぼんBOX』ってご存知ですか?
  • 不幸な犬猫を「ゼロ」にしていくことを目指すTOKYO ZEROキャンペーン×宅配買取ブランディア(株式会社デファクトスタンダード)の新しい宅配買取サービス「りぼんBOX」。使われずに眠ってしまっている洋服や小物たち。それらを「りぼんBOX」に入れて送るだけで「TOKYO ZEROキャンペーン」にひと箱につき500円が寄付されます(金額はブランディアが負担)。今なら「猫もぐらたたきBOX」もプレゼント! ぜひこの機会にご利用ください [続きを読む]
  • 動物の為にハンガーストライキ中のトルコ人
  • トルコ北部の都市バルトゥン県で野良である動物たちに対する虐待への関心を呼び起こす為、2月19日にハンストを決行した3名の動物愛護運動家たちの健康状態が悪化しているという。 アイシェ・キョセ46歳、ウーウルジャン・シャーバン18歳、セヴィム・アルカン44歳の3名は、毒殺・暴力・性的暴行などの動物に対する虐待に終止符を打つ為のハンストを決行したのである。このような暴力はトルコ刑法に基づいて法的に罰せら [続きを読む]
  • トルコの観光事情
  • ドイツ人観光客今夏もトルコ回避続く。フランクフルト ロイター ドイツ市場調査会社GfKによると、相次ぐ爆破事件後、観光客はギリシャやエジプトへと向かい、ドイツ人行楽客によるトルコへの夏の予約は半分以下に落ち込んでいるということである。毎年トルコ国内総生産におよそ300億ドルをもたらす観光業はイスラム国(ISIL)やクルド労働者党(PKK)の攻撃のせいで、ここ一年観光客を怖がらせ遠ざけて打撃をうけている。ドイツからの [続きを読む]
  • 京成特急で・・・
  • 現在住んでいるトルコ。以前(どこの国だっけ・・・南アフリカだったかな)観光客の年配の女性が「トルコって本当に世界中から観光客が訪れているのね」と驚いていましたが、世界中から観光客が訪れるここトルコでさえバスや地下鉄を始めとする公共の乗り物でのアナウンスはトルコ語のみ。(一度イスタンブールでトラムに乗っていた際に、何やらトルコ語のアナウンスが有ったのですが、トルコ語が分からなくって困った経験が有りま [続きを読む]
  • トルコの盲導犬1号「カラ」。
  • カラ(トルコ語で黒という意味)、黒のラブラドルはトルコで最初の盲導犬。彼女の飼い主、ヌルデニズ・トゥンジェルはトルコ盲導犬協会の会長である。カラとヌルデニズの二人組が最近一緒に暮らし始め、その後カラはヌルデニズの目となり始めました。皆さんはこのパイオニアコンビの冒険、彼らがお互いにどのように暮らしていくかを見出し、また数々の試練を乗り越えて来たのかをヒュリエットデイリー・ニュースで読むことが出来る [続きを読む]
  • 国際結婚における裏切り行為
  • うちの夫は義両親にとっては「出来過ぎた」息子。特に義母に対しての夫ときたら、どんなに疲れていようが面倒なことであろうが義母の頼み事に対しては文句ひとつ言わず、とにかくすぐにやってあげる文字通り「百点満点」の息子。私はそんな夫の様子をいつも微笑ましく見ていたのであるが良い息子=良い夫ではないということを嫌という程知らされた出来事がありました。「私VS義母」ある日、遂にこういうシーンがやってきました(笑 [続きを読む]
  • バレンタイン記念「ロッテ」記事
  • ロッテが日本企業だと思い込んでいる韓国人が相当数いるほど、日本のイメージが強いロッテですが、創始者が「日本で稼いで韓国に貢ぐ」と宣言していたほどの、反日韓国祖国愛企業です。民団中央本部顧問 ↓辛東彬(重光昭夫)「ロッテはわが国(韓国)の企業だ」、「日本で得た収益を韓国に投資するという辛格浩(重光武雄)の一念で韓国ロッテを設立した!」ところが、ロッテを買うお馬鹿国民が多いので、日本でグングン成長、日 [続きを読む]
  • トルコ人の愛にカンパイ、完敗・・・乾杯〜!
  • 中国の脅威と腹立たしい韓国のねつ造の記事が続きましたのでたまにはトルコに関する、心があったかくなるような記事を。日本(東京)では浅田美代子さんらが発起人となり、2020年のオリンピックに向け、やっと犬猫殺処分ゼロを目指すキャンペーンが立ち上げられたという状況である一方ここトルコでは、寒さに凍える動物たちの為にイスタンブールの各自治体がシェルターを設置するという、トルコは新興国ではありますが、こと動 [続きを読む]