ryu1214 さん プロフィール

  •  
ryu1214さん: 最先端がん情報
ハンドル名ryu1214 さん
ブログタイトル最先端がん情報
ブログURLhttp://gan-saisentan.com/
サイト紹介文最先端がん情報を発信するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 29日(平均3.9回/週) - 参加 2016/08/22 13:12

ryu1214 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • がんのTNM分類とは?
  • TNM分類とはTNM分類とは、病期分類に用いられる指標の1つである。T,N,Mそれぞれに病気の進行度合を示します。腫瘍の大きさ、リンパ節にどれくらい転移しているか、他の臓器や組織に転移しているかという3つの基準を元に分類されています。T(腫瘍)Tは原発巣の大きさと進展度を表します。腫瘍が無いT0から始まり、T1〜T4までの4段階に分けられます。N(リンパ節)リンパ節への転移の状況を表します。転移のないものをN0とし、第一 [続きを読む]
  • 血液一滴でがんにかかっているか判断できるメタボローム解析
  • 日本ではまだまだ臨床段階のメタボローム解析ですが、血液一滴で判断できるというから驚きです。メタボローム解析とは?メタボローム解析とは、代謝物を網羅的に解析することをメタボローム解析と呼びます。私達を含めて生物には多く代謝物(有機化合物)を作る機能が備わっています。生体内で作られる代謝物は、その特有な特徴があります。この代謝物を網羅的に解析することをメタボローム解析といいます。がんを含めて、特異な疾 [続きを読む]
  • がん検査のコストが数百円の線虫検査が普及する日
  • 米国オンライン科学誌のPLOS ONEに掲載された線虫の研究を知っていますか?この研究がどういうものかを3行で書くと、線虫、尿の成分でがんを判定可能 こんな感じです。あんまりすごそうな感じはしませんが、ぶっちゃけかなりすごいんです。 なぜすごいのかというと、がんの検診というのは基本的に病院で行いますよね。人間ドックなどで疑義があったり、身体の不調で病院へ診察へ行って、がんが発覚ということが大部分を [続きを読む]
  • 樹状細胞ががん細胞をやっつける切り札になってきている
  • つい先日、テレビで樹状細胞のことをやっていたので樹状細胞について調べてみました。樹状細胞とは?樹状細胞とは、直接的にがん細胞を攻撃するわけではなくがん細胞を取り込むことによって、その特徴を記憶し、キラーT細胞にその特徴を伝える細胞です。この細胞間の伝達によって、キラーT細胞ががん細胞を敵と認識し攻撃することによって免疫力を高め、がんの治療に応用したものが樹状細胞療法になります。樹状細胞の本来の役割樹 [続きを読む]
  • 緩和ケアとは
  • 緩和ケアとは、がんによって出てくる痛みや、倦怠感を含む様々な苦痛(身体的・精神的)を少しでもやわらげるケアのことを言います。がん自体によって、出てくる痛みはがんの箇所によって様々です。全く痛みが出ない場合もありますし、病巣が神経を圧迫すれば痛みを伴う可能性もあります。がんと向き合うためにも緩和ケアはとても重要なケアです。 [続きを読む]
  • がんにかかった時の治療費と選ぶべき保険
  • がんにかかった時に気になるのが保険です。病気にかかってしまってから気づくのですが、治療費はかなり高額になります。日本の保険制度日本の保険制度は日本国民なら誰でも入ることができ、ある一定額を越えた治療費は戻ってくるのです。日本ではあまり聞きませんが、治療費がないため治療が受けられないということはアメリカを始め、海外ではよく聞く話です。日本では医療保険に入っているので、治療が受けられないということはあ [続きを読む]
  • 腫瘍マーカーからがんの存在を知る
  • がんの診断に腫瘍マーカーというのがあります。腫瘍マーカーとはいったい何なんでしょうか?腫瘍マーカーとは?腫瘍マーカーとは血液検査の一種のことで、がんになっていると普通の血液とは違う特殊なタンパク質や酵素、ホルモンなどが発生します。これを見つけ出すことによって、がんの発生を見つける検査のことを腫瘍マーカー検査と言います。腫瘍マーカーでの検査結果だけでは、がんとは診断されません。腫瘍マーカー検査でわか [続きを読む]
  • アメリカと日本のがん治療の違い
  • 日本は国民のほとんどが保険に加入している国です。アメリカは貧しい人は保険に加入していない人もいます。保険に加入していないから治療費が出せないので病院に行けないなんてことも聞きます。保険制度をとっても日本とアメリカはだいぶ違いますが、がんの治療方法も違います。アメリカのがん治療がん治療の先進国であるアメリカでは積極的に遺伝子治療を行なっています。遺伝子治療は例えば、がんを抑制する遺伝子を導入すること [続きを読む]
  • ストレスを軽減することによって転移のリスクを減少させられる
  • ストレスを軽減することががんの転移の可能性を減少させられるという記事がこちらにありました。http://www.eurekalert.org/pub_releases/2008-02/afot-saf022708.phpリスクの軽減Shamgar Ben-Eliyahu教授によると手術後の転移の可能性がストレスを取り除くと下がるという研究を発表したそうだ。精神的ストレスが身体に与える影響は免疫システムに無視できない影響があるとの研究結果がでた。例えば、手術後に身体的に弱っている状 [続きを読む]
  • がんにならないためにすべきこと
  • 今や、日本人の2人に1人はがんになり、3人に1人はがんが原因で死亡しています。がんにならないためにできることはあるのでしょうか?がんにならないためにがんの原因は多々あるが、がんにならないようにするということはほぼできない。なぜなら人間には、生活する面において1日に約5000~6000個のがん細胞ができていると言われています。これを私たちの免疫である、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)がやっつけてくれるので私たちはが [続きを読む]
  • 大腸がん
  • 大腸がんの症状一般的に大腸がんの症状は以下のものが代表的だ。血便排便異常腹痛など代表的なものはこのようなものだが、実際には早期の発見時では特徴的な症状はないとされている。S状結腸や直腸にがんが発生した場合は便に血液が混じる、便が細くなる、残便感、腹痛、下痢と便秘のくり返しなどの症状がでる場合があるが、これらの症状はがんがある程度大きくなった時に見られる症状である。基本的に大腸がんは自覚症状のないが [続きを読む]
  • 子宮がんの怖さ
  • 子宮がんとは子宮がんは症状があまり表に出てきません。生理がある方なら不正出血とかでおかしいって思えるらしいのですが、閉経した方には、わかりにくいです。胃部が膨張してきて身体の変化に気づいた時には、かなり進行していると考えられます。子宮がんと診断されるまで身体の変化に気がついた時に正確な診断ができればいいですが、検査を重ねるうちに異常に気づきがんだったと気づくケースが多いです。小さな病院で診察を受け [続きを読む]
  • 腎臓癌について
  • 肝臓の働き腎臓は腰辺りの高さに左右1つずつあり、形はそら豆に似ていると言われています。腎臓の働きは血液の中に含まれている体に不要な成分を濾過し、尿を作っています。肝臓がんとは腎臓癌とは初期症状が現れない事が多く、腎臓にできた癌の直径が5〜6センチになると、下記の症状が現れる事があります。【症状】・痛みを伴わない血尿・腹部の痛み・水腎症・体重減少、食欲不振、全身倦怠感、発熱、貧血血尿 : 腎臓癌での代表的 [続きを読む]
  • 過去の記事 …