isomatu さん プロフィール

  •  
isomatuさん: ごたくをならべて
ハンドル名isomatu さん
ブログタイトルごたくをならべて
ブログURLhttp://fanblogs.jp/gotaku/
サイト紹介文警備員のオッサンの備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 85日(平均8.8回/週) - 参加 2016/08/22 20:39

isomatu さんのブログ記事

  • 「保安用資機材の設置について」、ア
  • 「道路工事現場における保安施設等の設置基準」(1)請負人は、道路において工事又は作業を行う場合、工事による交通の危険、渋滞等の防止及び沿道住民に与える迷惑の防止、特に、歩行者の安全な通行を図るため、道路工事現場には、この基準に基づき、標示施設、保安施設等を設置しなければならない。(2)請負人は、標示施設、保安施設等を所定の位置に完備した後、工事に着手しなければならない。また、これらの施設は、堅固でかつ明 [続きを読む]
  • 車両等の誘導に関すること
  • 車両等の誘導に関すること。交通誘導警備業務検定2級の学科試験及び実技試験の出題範囲及び配点基準に沿っております。*「交通誘導警備業務の手引」も参考にしています。それによりますと、関係法令の次は「交通誘導警備業務用資機材の種類、機能及び使用方法」とあります。これはもう、現場でご活躍の皆さんにはご説明不要かと思います。しかし、このブログのコンテンツの一つとしてしばし御付き合いお願いいたします。●交通誘 [続きを読む]
  • 問題23
  • 問題23、次の文章は、交差点における他の車両等との関係等について述べたものです、正しいものを選びなさい。1、交差点又はその附近において緊急自動車が接近してきたとき、車両は、左側に寄つて一時停止しなければならない。2、交差点又はその付近において、消防用車両が接近してきたときは、緊急自動車は、交差点を避けて一時停止しなければならない。3、「交差点において」とは、交差点の中、または交差点を出ようとすると [続きを読む]
  • 問題22
  • *2級検定の学科をクリアするためには何度も何度も同じ問題を繰り返し解いてゆくことです。簡単な問題、似たような問題でもあきずに、一言一言を丁寧に読み解いているうちに、まぎらわしいひっかけ問題も解けるようになると思います。ここに載せててある問題文章はほぼ条文そのままです、これが頭に残っていれば本番でも大丈夫。警察官を退職された講師の方が作られる問題文章は意外と難問がありました。問題22、次の文章は、車 [続きを読む]
  • 問題21
  • 問題21、次の文章は、車両が道路外へ出る場合の方法について述べたものです、誤りを一つ選びなさい。1、車両は、道路外に出るため左折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端により、かつ、徐行しなければならない。 2、車両が右左折する場合の徐行義務は、道路の側端に寄る場合のみに課せられたものではなく、車両が道路外に出るまで徐行を継続する必要がある。3、車両は、歩行者又は他の車両等の正常 [続きを読む]
  • 使い捨てカイロ
  • 秋が終わり冬が始まるだんだんと寒くなってきます歳をとると寒さがこたえます腰が冷えるときついです冬の交通誘導警備業には必需品です使い捨てカイロ!!!私は、太ももにミニカイロ腰に普通サイズを貼っています寒いのは苦手です1シーズンかなりの数を使いますのでやはりまとめ買いがお得ですねアマゾンで人気のカイロですオカモト 温楽 レギュラー 30個入新品価格¥170から(2016/10/31 06:10時点)衣類に貼るカイロ 春魔人 レギ [続きを読む]
  • ただいま引っ越し中
  • このブログをご覧の皆様、いつもありがとうございます。少しずつですが、ai-iro-jp.blue交通誘導警備員が*ごたくををならべての方へ移行いたしますので、よろしくお願いいたします。こちらのサイトも、副サイトとして残しておくつもりです。内容変えないとまずいのかなぁ。。。 [続きを読む]
  • ai-iro-jp.blue
  • 交通誘導警備員のおっさんがムームードメインでMuuMuu Domain!ドメインをとりましたロリポップで★LOLIPOP★サーバーも借りましたwordpressなるものをインストールしましたWordPressを使うならロリポップ!簡単インストール完備で楽々スタート!ここのブログのコピーサイトを立ち上げましたゆくゆくは ai-iro-jp.blue の方がメインになりますこのブログをご覧の皆様にもよろしくお願いいたしますでもスマホのスタイルはこ [続きを読む]
  • 問題20
  • 問題20、次の文章は、道路交通法第17条(通行区分)についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。1、車両は歩道等と車道の区別のある道路は、車道を通行しなければならない。また、道路の中央から左側部分を通行しなければならない2、車両は道路に面した施設に入るため歩道等を横断する場合、歩道等に入る直前で一時停止し、かつ、歩行者の通行を妨げないようにしなければならない。3、車両は道路の左側部分の幅員が [続きを読む]
  • 問題19
  • 問題19、次の文章は、道路交通法における歩行者についての記述です、誤っているものを一つ選びなさい。1、歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する歩道等と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。2、歩行者は、道路を横断しようとするとき、横断歩道がある場所の附近においては、横断歩道によつて道路を横断しなければならない。3、歩行者は、交差点において道路標識等に [続きを読む]
  • 問題18
  • 問題18、次の文章は、道路交通法の定義についての記述です、誤りを一つ選びなさい。1、駐車とは車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止することをいう。2、車両等が停止し、かつ車両等の運転者がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態も駐車という。3、貨物の積卸しのための停止で5分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止は駐車ではない。4、徐行とは車両等が [続きを読む]
  • 道路交通法第76条
  • 道路交通法第五章 道路の使用等第一節 道路における禁止行為等(禁止行為)第七十六条 何人も、信号機若しくは道路標識等又はこれらに類似する工作物若しくは物件をみだりに設置してはならない。2 何人も、信号機又は道路標識等の効用を妨げるような工作物又は物件を設置してはならない。3 何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。4(省略)道路交通法の条文もこれで最後になります。 [続きを読む]
  • 自動車の保管場所の確保等に関する法律
  • 自動車の保管場所の確保等に関する法律(保管場所としての道路の使用の禁止等)第十一条  何人も、道路上の場所を自動車の保管場所として使用してはならない。2  何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。一  自動車が道路上の同一の場所に引き続き十二時間以上駐車することとなるような行為二  自動車が夜間(日没時から日出時までの時間をいう。)に道路上の同一の場所に引き続き八時間以上駐車することとなるよう [続きを読む]
  • 道路交通法第45条
  • 道路交通法(駐車を禁止する場所)第四十五条 車両は、道路標識等により駐車が禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、駐車してはならない。ただし、公安委員会の定めるところにより警察署長の許可を受けたときは、この限りでない。一 人の乗降、貨物の積卸し、駐車又は自動車の格納若しくは修理のため道路外に設けられた施設又は場所の道路に接する自動車用の出入口から三メートル以内の部分二  [続きを読む]
  • 道路交通法第44条
  • 道路交通法 第九節 停車及び駐車(停車及び駐車を禁止する場所)第四十四条 車両は、道路標識等により停車及び駐車が禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、法令の規定若しくは警察官の命令により、又は危険を防止するため一時停止する場合のほか、停車し、又は駐車してはならない。ただし、乗合自動車又はトロリーバスが、その属する運行系統に係る停留所又は停留場において、乗客の乗降のため [続きを読む]
  • 道路交通法第43条
  • 道路交通法(指定場所における一時停止)第四十三条  車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあつては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、当該車両等は、第三十六条第二項の規定に該当する場合のほか、交差道路を通行 [続きを読む]
  • 道路交通法第41条の2
  • 道路交通法(消防用車両の優先等)第四十一条の二 交差点又はその付近において、消防用車両(消防用自動車以外の消防の用に供する車両で、消防用務のため、政令で定めるところにより、運転中のものをいう。以下この条において同じ。)が接近してきたときは、車両等(車両にあつては、緊急自動車及び消防用車両を除く。)は、交差点を避けて一時停止しなければならない。2 前項以外の場所において、消防用車両が接近してきたとき [続きを読む]
  • 道路交通法第40条
  • 道路交通法(緊急自動車の優先)第四十条  交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、路面電車は交差点を避けて、車両(緊急自動車を除く。以下この条において同じ。)は交差点を避け、かつ、道路の左側(一方通行となつている道路においてその左側に寄ることが緊急自動車の通行を妨げることとなる場合にあつては、道路の右側。次項において同じ。)に寄つて一時停止しなければならない。2  前項以外の場所 [続きを読む]
  • 信号機ない横断歩道、歩行者いても一時停止しない
  • 前回の投稿で道路交通法第6節の2 横断歩行者等の保護のための通行方法(横断歩道等における歩行者等の優先)を取り上げましたすると、先日のニュースで横断歩道の一時停止についてJAFが調査した結果信号機のない横断歩道で、歩行者が渡ろうとしているのに一時停止せずにそのまま通過している車が9割もいるとか自身にも多少心当たりがあります非常に悲しい結果としか言いようがないですハンドルを握っているときは歩行者を無視 [続きを読む]
  • 道路交通法第38条、第38条の2
  • 道路交通法第6節の2 横断歩行者等の保護のための通行方法(横断歩道等における歩行者等の優先)第38条  第1項 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道 [続きを読む]
  • 道路交通法第37条
  • 道路交通法(交差点における他の車両等との関係等)第37条第1項 車両等は、交差点で右折する場合において、当該交差点において直進し、又は左折しようとする車両等があるときは、当該車両等の進行妨害をしてはならない。これはすべての交差点における他の車両との関係についての規定です。第1項・交差点で右折する場合、直進、又は左折する車両等があるときは、その進行妨害をしてはならない。第37条の2もあるのですが、2級検 [続きを読む]
  • 道路交通法第36条
  • 道路交通法(交差点における他の車両等との関係等)第36条第1項 車両等は、交通整理の行なわれていない交差点においては、次項の規定が適用される場合を除き、次の各号に掲げる区分に従い、当該各号に掲げる車両等の進行妨害をしてはならない。・第1号 車両である場合 その通行している道路と交差する道路(以下「交差道路」という。)を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車・第2号 路面電車である場合  [続きを読む]
  • 道路交通法第35条
  • (指定通行区分)第三十五条 車両(軽車両及び右折につき原動機付自転車が前条第五項本文の規定によることとされる交差点において左折又は右折をする原動機付自転車を除く。)は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、前条第一項、第二項及び第四項の規定にかかわらず、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。ただし、第 [続きを読む]