binjiro さん プロフィール

  •  
binjiroさん: じゃいろーのブログ
ハンドル名binjiro さん
ブログタイトルじゃいろーのブログ
ブログURLhttp://jjairo.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の日常を書き綴っています。スポーツに関連するサプリメント、マラソンに関するギアを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 354日(平均0.7回/週) - 参加 2016/08/23 15:31

binjiro さんのブログ記事

  • 不安定な時期の体調管理
  • デイサービスがある枚方市が梅雨入りした。まだあまり雨が降っていないような気もするが、天候の変化が起こりそうだ。毎年梅雨入りすると、体調を崩したり、外に出たくなくなったりする利用者様が出てくる。気圧が体調や気分の変化に影響を与えているのだろうか。朝と夜の寒暖の差も大きいし、寝るときはまだ長袖だ。と、思ったら、近くにある中学校の体育祭で熱中症がたくさん出たようだ。熱中症は近年、高齢者だけでなく誰にでも [続きを読む]
  • 枚方市のデイサービス他求人
  • 枚方市の介護保険対応のデイサービスのうえにある枚方市の有料老人ホームが予約でいっぱいになった。地道な活動が実を結んだのだろうか。ドタバタと色々やることが多くて、どれが確定的な要因か分析できていない。結果から演繹的に要因を探っていくことにしよう。平成29年2月1日に開業した、枚方市の有料老人ホームが半年も経たずに予約で全室が埋まったことで、他の部門である枚方市のデイサービス、訪問介護、とともに求人を出し [続きを読む]
  • 業務改善の移行期
  • 現在、これからの業務をどうやっていこうか考えている。今までのやり方が悪かったのではなく、ボリュームが将来的に対応不可能になりそうだ。枚方市でおこなっている介護保険事業に関しては、枚方市にあるデイサービスを筆頭に、訪問介護、ケアマネージャー、生活介護、有料老人ホームと多岐に渡る。多岐にわたる業務をこれからもこなしていくには、業務効率の改善を行わないといけない。それには、人材を雇用ことと、仕事をアウト [続きを読む]
  • 体調管理下手
  • 最近は、体調管理がうまくいっていない。悔しいが、どうにも体調が整わない。枚方市のデイサービスでも利用者様が体調を崩されたりしている。やはり季節の変わり目だからだろうか。朝と夜の寒暖の差が大きく、睡眠に大きな悪影響があると感じられる。睡眠に関しては、すこしデリケートになり過ぎているのかもしれないが、睡眠時間の確保は仕事において最優先事項だ。そのためには、寝るスペースに入ったら、他に何もしないような工 [続きを読む]
  • 福利厚生
  • 会社を運営していると、福利厚生の話になることがある。実際に福利厚生費をかけて行っていることはあるが、それが経営者側の自己満足になっていないか、時間が経つと検証する必要がある。デイサービスは枚方市に120施設ほどあるので、働いてくれる人を確保するのも大変だ。採用時に一番重要なことは、給与面の話だろう。福利厚生的な話になれば、外部に委託している退職金制度がある等の話をしている。昼食補助や細かい話もあるが [続きを読む]
  • 情報共有の重要性
  • 枚方市で介護保険事業を行っているのであれば、医療機関との連携が不可欠だ。枚方市にあるデイサービスは、医療連携は必須ではないが、サービス担当者会議等で医師の意見が共有されたり、訪問看護が参加したりして、医療に関する知識が必要となる。サービス担当者会議は、基本的にケアマネージャーが主催し、執り行われる。そこでケアマネージャーが行う必要があることは、自ら立てた介護計画の有効性を述べるのではなく、利用者様 [続きを読む]
  • ケアマネージャーの試験
  • 今日は、枚方市のデイサービスに勤めるスタッフから、ケアマネージャーの試験を受けるために必要な実務経験証明書を渡された。ヘルパー2級や介護福祉士をもっていれば、枚方市のデイサービスだと、5年の期間と900日の実働日数が必要だ。それをクリアしなければ、試験は受けることができない。そのために、事業所が実務経験証明書を発行して、証明を行う。多くの人が勘違いされているが、介護保険では枚方市だけでなく日本全体で、 [続きを読む]
  • 介護職員と看護職員
  • 介護施設で働く職種として、大きく二つに分けることができる。介護職員と看護職員の二つが主な職種だろう。その一例として挙げられるのが、デイサービスだ。どこの枚方市のデイサービスでも、この二つの職種が一緒になって働いている。その理由は、枚方市の介護保険の指定基準にある。小規模デイサービスでは看護職員は必須ではないが、中規模デイサービス以上になると、看護職員が必須になる。これは准看護師でも正看護師でも構わ [続きを読む]
  • 体調管理
  • 仕事をするにあたって、体調管理が一番重要だと思う。体調を崩すような働き方は自分も辛いし、体調不良で仕事を休むと一緒に働く人にも迷惑を掛ける。例えば、枚方市のデイサービスで、現場、事務、外部対応などいろいろな仕事があるが、それを一手に引き受けてしまうと、長期間経つと体力的にも精神的にも厳しくなってくる。体力的な磨耗は、比較的短い時間で回復できるが、精神的なそれはそうではない。精神的疲労は長期間の療養 [続きを読む]
  • 介護に関する相談
  • 先日、久しぶりに学生自体の旧友と再会した。学校を卒業してうん10年経つが、やはり楽しいものだ。白髪増えたり、太ったり痩せたり、いろいろ外見的な変化があるが、内面はほぼほぼ変わっていない。有難いことに、仕事や家庭でみんな忙しくしている。景気が良いのか悪いのかわからない時代に、経済的な困窮の話を聞かずにすんだ。たまにはみんなで集まってゆっくり会いたいと思う。仕事の話になると、みんな大変そうだ。こちらが介 [続きを読む]
  • 長期間にかけての成長
  • 枚方市の有料老人ホームに、また良い波が来ている。問い合わせが続いたり、契約が入ったりしている。Web、ちらし、他の事業所の方への営業により、良いペースで入居者が増えてきている。6月は忙しくなりそうだ。上記の広告宣伝活動は必要だが、それに対応して接客が同じくらい大切だ。どれだけ広告宣伝をしても、問い合わせをいただいた訪問者への対応が悪いと、良い結果に繋がらない。四角四面にガチガチに内容説明に徹すると、間 [続きを読む]
  • アフターフォロー
  • 以前に枚方市のデイサービス、枚方市の有料老人ホームでお世話になった業者さんから連絡があった。大きな用事ではなく、業者さんが行った仕事全般で何か不具合は起こっていないかの確認だった。突然の電話であったが、素直にうれしく思った。仕事は常にアフターフォローが大事だと思っている。やりっぱなしの仕事をされる業者さんとは、あまり付き合いたくない。そのような付き合いなら、インターネットで仕事を発注してしまえばい [続きを読む]
  • 期初め
  • 毎月、月末はどこの会社も組織も官公署も忙しいだろう。特に給与や、他社への支払いの作業があるため、その作業に追われる。給与に関しては、支払いの締め等の関係で、4月分の給与が5月に支払われるところも多いだろう。4月は昇給等があるので、その考査もあると思う。たいていの企業や組織や官公署が3月に決算をしているので、決算の最終的な処理の作業もある。期初めはやはり忙しい。デイサービスを枚方市に開業して、もうずいぶ [続きを読む]
  • 問い合わせ
  • 有難いことに、枚方市の有料老人ホーム、同じく枚方市のデイサービス共に空き情報の問い合わせがある。口コミであったり、Web経由であったり、地域の事業者間のネットワークであったり、チャネルは様々だ。しかし、問い合わせをしていただける人に、何か訴求するものがあるから、こういった問い合わせがいただけるのだろう。Web上で、枚方市の介護保険を含めた入居料金や利用料の金額を明示しているので、問い合わせる方も具体的な [続きを読む]
  • アウトソース
  • 長い間同じ場所で仕事をしていると、状況的にどうしても一人で片付けなければならない仕事が出てくる。今までは、それをどうにか処理するようにしてきた。無理もしてきたのかもしれない。しかし、今は業務過多で、手が回らなくなってきている。なんとか手を打っている状態だ。今日は、枚方市のデイサービスの案件で施設に行政書士の先生が来られた。枚方市の介護保険関係の届出等の話合いだった。今までは自分で処理していたが、ア [続きを読む]
  • 介護事業単独での危うさ
  • 先日、知り合いと仕事のことで話すことがあった。仕事にやりがいや誇りを持っているようで、素晴らしいと思った。公的な事業で、また社会からのニーズも大きい。全くの公的事業ではないが、介護事業も社会からのニーズが大きい。枚方市のデイサービスや枚方市の有料老人ホームに勤務している人も仕事にやりがいを持って仕事をしてくれている。介護の仕事は、素晴らしい仕事だと思う。人が嫌がる仕事をやっているからではなく、進ん [続きを読む]
  • 寒暖の大きさ
  • 5月も後半に入り、朝と晩の寒暖の大きさを強く感じるようになってきた。これは介護を必要と知る高齢者には大きな問題だ。なぜなら、高齢者は暑さ、寒さに敏感でない。大阪は寒さはそこまで厳しくないが、枚方市はNHKのニュースで放送されるほど暑い。暑さが厳しい時は熱中症などに気をつけなければならない。枚方市のデイサービスでは、クーラーの調節をしたり、枚方市の有料老人ホームでは、室内の温度をチェックしたりしてい [続きを読む]
  • 介護保険制度の変更
  • 新聞やネットで見たが、司法試験の受験者数が激減しているそうだ。制度が変わり、基本的に法化大学院を修了しないと受験資格が無いのが要因だ。司法試験予備試験という抜け道があるが、非常に突破が難しい。弁護士資格を持った人は増えたが、弁護士の質は落ちているのではないか。弁護士にならない司法試験合格者も増えているみたいだ。これは弁護士が過剰供給されて、就職や就業環境に大きな影響を与えているからだろう。制度が変 [続きを読む]
  • 自治体ごとの介護
  • 介護の仕事をしていると、午前中はバタバタしているのが常だ。枚方市のデイサービスで働いているが、午前中は送迎や入浴でいっぱいいっぱいだ。送迎や入浴は、枚方市の介護保険で加算対象になっている。介護保険は枚方市だけで運用されているのではないが、最近は、介護予防・日常生活支援総合事業が始まり、自治体によって差が出始めた。財政が厳しい自治体や、介護保険や福祉に対して大きな関心を抱いていない自治体に住んでいる [続きを読む]
  • 介護の実情
  • 昔は介護は子どもや孫など直系卑属が行ってきた。そこにはイエという観念があったからだろう。イエを継ぐために長男が必要など、よく聞かれたものだ。田舎では今もそういったことが根強くあるみたいだが、晩婚化、未婚化の傾向に拍車が掛かり、イエを継ぐということが難しくなってきている。イエを継ぎ、守っていくということは、親の老後の面倒を看るという側面も備えていた。しかし、それもイエ自体の観念が希薄になり非常に難し [続きを読む]
  • 温暖化
  • 5月に入ったばかりなのに、非常に暑い。会社の事務所もついにエアコンを入れた。枚方市にあるデイサービスは1階なので、まだ入れていないが、もう時間の問題だろう。最近は、夏を感じる期間が長いように思える。5月がこの暑さで、この暑さが9月の中旬まで続くのだろう。地球温暖化がずいぶん前から叫ばれているが、根本的な対策は立てられていないと思う。電気自動車や、太陽光エネルギーが解決策として挙げられていたが、それもあ [続きを読む]
  • デイサービスの定員
  • 事業運営の様々な面に影響を与える、施設の定員設定の問題がある。介護保険法の改正で、定員の少ない小規模デイサービスはかなりの介護報酬減額になった。これは対岸の火事ではなく、中規模デイサービスの枚方市にあるデイサービスも枚方市の介護保険に関する解釈に影響される。それにより、多くの小規模デイサービスが施設を閉鎖したり、広さに余裕があれば、定員を多くした。定員を多くした場合に問題になるのは、やはり職員の対 [続きを読む]
  • 呼吸
  • 最近は呼吸に気を配っている。緊張していたり、ストレスがかかっていたりすると、呼吸が浅くなる。しっかりと腹式呼吸を行い、自律神経を安定させる必要がある。多くのデイサービスがある枚方市には、競合他社の整骨院等の治療院がある。そこれも、やはり呼吸の大切さが言われている。整骨院等の治療院は、病院のように薬を出したり、診断をしたりすることはできない。その代わり、いわゆる代替療法と言われる治療法が多く行われて [続きを読む]
  • ぶれない心
  • ぶれない心はどうやれば養われていくのだろう。会社内でもぶれない人を見ると、尊敬する。意固地ではなく、どんな問題が起こっても自分の考えをしっかりと持っている。それは本当にすごく難しい。何か問題が生じると動揺してしまうことがある。たいしたことがじゃないことでも考え過ぎてしまう。デイサービスで枚方市を回っていると、いくつものデイサービスと枚方市ですれ違う。競争が激しい地域であると思う。枚方市が中核市にな [続きを読む]
  • 事業の宣伝
  • 枚方市にある有料老人ホームの宣伝を考えている。新しくホームページを作ろうとしているが、なかなか素人にはうまくいかない。費用対効果を考えてポスティングやFAXでの宣伝をしようと思う。地域での認知がまだまだ低い。それをどうやって高めていくかが、今の問題だ。小さな問題はいつでもある。それに囚われてはいけない。以前から事業を行っているデイサービスは枚方市での認知度も高い。真面目に事業を行ってきたからだろう [続きを読む]