夢鉄道のブログ さん プロフィール

  •  
夢鉄道のブログさん: いつか見た夢 不思議な想い出
ハンドル名夢鉄道のブログ さん
ブログタイトルいつか見た夢 不思議な想い出
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rakuhokuitiban
サイト紹介文懐かしい鉄道の世界をHO模型を主体に工作を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 275日(平均3.3回/週) - 参加 2016/08/23 19:40

夢鉄道のブログ さんのブログ記事

  • 隙間隠しに難儀しながら
  •        工作中のC59のテンダー工作を進めました。        テンダー前後妻板を本体にハンダ付けします。          テンダー内には中板がセットされます。      上板をのせてみましたが前妻板との間に隙間ができピッタリと     おさまりません。      ここはみっともないので4mm幅の帯材できっちりと合うように     しましたが角度を合わせるのに6枚くらい作り直しをするはめ [続きを読む]
  • C59テンダー工作を進める
  •       工作を始めたC59はテンダーの工作を進めました。             テンダー本体の構成        戦後形は船底テンダーですので本体のゆがみなどを       ガラス板にのせてチェックします。        ゆがんでいると妻板がきっちりと組めないので       修整します。       パーツを取付ける前に前後の妻板を本体に合わせて      ピッタリとなるように修正します。 [続きを読む]
  • 京阪プレミアムカー公開と中之島公園
  •       今朝の地元紙の朝刊に京阪電車が今夏に登場させる     プレミアム車両の記事が掲載されていました。       8月20日から運用を始めるそうで全席指定で出町柳駅〜      淀屋橋を上下線とも1時間に最大4本運行するとのこと。       全8両の特急に1両を組み入れ専属のアテンダントが乗務し      運賃は別に距離によって400円から500円が必要とのこと。       京阪電車 [続きを読む]
  • 久々の蒸気機関車工作はC59
  •        次の工作は久しぶりに蒸気機関車としました。     C59は以前工作候補に上げましたが浮気をしてしまい長らく     ガマンしてもらっていました。      続けてきた近代制式蒸気機関車工作のテンダー車の残る最後の     一両です。         キットは珊瑚模型のC59後期形です。        長期保存でスポンジがやられてきています。        ストックのパーツも引っ張り [続きを読む]
  • 工作台を整理整頓して気分を新たに
  •       先日EF53が完成しました。工作により散らかっていた     工作台をきれいにして次の工作に向け気分を新たにします。         これがいつも格闘している工作机です。      前作で出た削りくずなどを掃除してきれいにしました。          大げさな工具類は何もありません。      ごちゃごちゃとしていた工具類を元の位置に戻します。      ニッパーやペンチ、ヤスリなどは [続きを読む]
  • ナンバープレートに魂を宿しEF53完成
  •       EF級旧型電気機関車シリーズ第5弾として工作中の     EF53が完成しました。      ナンバープレートの取付けは今までの工作の思いを込めて     取付けますがいつもこのときは車両に魂が宿るように思える     のです。     車番はEF5314としました。14号機は日本車両と東洋電気    により製作されたもので手持ちにメーカーズプレートがあり決定した    ものです。   [続きを読む]
  • 金ピカにして再組立
  •      工作中のEF53はクリア塗料をして再組立を進めました。          塗装後窓セルを取付けました。       カプラーはケイデイNo8を加工して取付けましたが      頭が下がらないようにワッシャーをかましてます。       あと完成に向けてパンタ、ナンバープレートなどが      残っています。 [続きを読む]
  • サンポールのあとは急ぐほうが
  •      工作中のEF53は再度分解し洗浄から塗装へと進めました。     金ピカ仕上げにするため洗浄の前にマッハのピッカフェルトで    車体を磨き上げておきます。      そのあと薄めたサンポールを柔らかい歯ブラシで酸洗いし     お湯でよく流したあと中性洗剤で洗います。      洗ったあとはすぐに水切りして水滴が残らないように     拭き取ります。      水滴が残るとそこにカタが [続きを読む]
  • EF53はお顔の仕上げ
  •       工作中のEF53は車体の仕上げを進めました。      ホイッスルは手持ちのロストに交換し、ワイパーは0,25の        燐銅線を活用してました。      扉の取っ手は0,4真鍮線を叩いて平たくして取付けました。         これで車体の工作は完了としました。        先に仕上げた下回りと合体させました.        EF級は貫禄十分といったところです。       [続きを読む]
  • そうは問屋は卸さない
  •         工作中のEF53は先台車へ進めました。       ドロップ製の先台車は台車枠は組んであり車輪を入れて      排障器も付けられた押さえ板をネジ止めすれば出来上がり      これは簡単と思いきや      さてレールにのせて見ると排障器の位置が低くレールに     接触してしまいます。      やはりそうは問屋は卸してくれませんね。      考えたあげくチャンネル材に排障器 [続きを読む]
  • EF53のモーター選択
  •       地元神社の大祭準備に追われましたが無事終了しました。      若衆の神輿巡行はエキサイティングさせてくれます。      今年も若い熱気にパーワーをいただきました。      さてEF53の工作の再開はモーターの取付けを進めました。            これはオリジナルのモーターですがかなりデカイ。      旧形モーターの取換えはEN22を使用してきたので     このEF53も [続きを読む]
  • EF53はギア調整します
  •      いよいよ連休がスタートしましたね。この時季5月5日が    地元神社の大祭があるのでその準備に追われます。     今日も午前中は御旅所の掃除に行ってきました。     さて工作中のEF53はギアの調整などを進めました。      先日工作したエアータンクの具合を見るため車体を     のせてみました。          特に問題はありませんでした。          次にギアボックスを [続きを読む]
  • EF53のエアタンクを見ると
  •         工作中のEF53は床下工作を進めました。      キットもエアタンクの配管は取付けてあります。          しかし曲げが甘く斜めに付いてます。         写真を見ると水平で配管吊りも見えます。     そこでキットに付いていた配管は全て取外して新たに真鍮線で    作り直し割ピンも作って配管吊りとしました。     床板に割ピンをハンダ付して出た足をカットして完了   [続きを読む]
  • EF53は決定したやり方で進める
  •       EF53の台車枠のブレーキ引き棒の追加工作の方法を     決めたので、その要領で残りの箇所の取付けをしました。       ブレーキテコ、ブレーキ引き棒を追加しました。       同じパーツを4個作る必要があり蒸気機関車のパーツ      追加と違いこのあたりはキツイ工作になります。       砂撒管も気に入らなかったので全部取替えました。      ギアボックスを付けてみました [続きを読む]
  • 試してみてどうするのか決めることに
  •      EF53の台車枠工作でブレーキ引き棒をぜひ追加したいので    どうすればよいかやり方を試してみました。       何か使えるものを探していると先に取付けたロストの      ブレーキロッドのランナーが使えそうなので穴をあけて      真鍮線を差し込んでみるとテコに使えそうです。      上部ブレーキロッドは帯材に穴をあけたものを折り曲げ     0.7角線にハンダ付し真鍮線を差し [続きを読む]
  • 老眼にキツイ工作です
  •         工作中のEF53は下回りを進めました。        砂撒管元栓から砂撒管を取付けます。        砂撒管元栓の取付穴を0.5ドリルでさらいます。      車輪に沿うよう0.5真鍮線の配管を曲げて位置決めして     ハンダ付しますが先に付けた部分のハンダが溶けて外れないよう    クリップで固定しました。      砂撒管元栓とブレーキロッドにハンダ付したあと真鍮線を    [続きを読む]
  • EF53はブレーキロッドをグレードアップ
  •       工作を始めたEF53はまず台車枠から手を入れました。      旧型デッキ機関車はがっしりした足回りが魅力でもあるので     ブレーキロッドをロストに取替えます。         キットはプレスのものが付いています。        これを取外し取付板の出っ張りをカットします。       上がキットの状態で下がロストに取替えたもの。      全部で12か所の取替えが完了しましたがち [続きを読む]
  • 次のEF53は金ピカ仕上げを目指して
  •       EF級旧型デッキ付機関車の第5弾はEF53です。      今回工作するのは以前に紹介しました珊瑚模型のキットです。     珊瑚模型からこのような組まれたカタチのキットは珍しく    私もこのようなキットが過去発売されたのは知りませんでした。        先ずは主要部分を洗浄することから始めます。       サンポールでの洗浄のあと中性洗剤でお湯で綺麗に      洗い上げます。 [続きを読む]
  • EF562次形のリニューアル完了と試運転
  •      リニューアル工作をしていたEF562次形が出来上がりました。      下回りのギアボックスの取付けとユニバーサルジョイントを     取替えました。      台車枠を取付けます。取付けの順番に注意が必要です。      ウエイトを取付け下回り完了。ここで問題ないか一度試運転     します。        試運転のOKを確認して車体を取付けます。      EF562次形のリニューア [続きを読む]
  • EF56はモーターの取付など
  •       工作中のEF56はモーターの取付けなどを進めました。     旧モーターの取付台座はカシメ取付けがされているようなので    このままにしておき、新たな取付台座のネジタップを切ります。        モーターはこれまでと同様のキャノンEN22を       取付アタッチメントを介し前後に切出した台座にセット       しました。       先台車に端梁がないと締まりがないので厚さの [続きを読む]
  • EF56は分解開始
  •         EF56のリニューアル工作を始めました。         まず上回りと下回りを外していきます。       動力はMH7モーターで初期天賞堂製品の伝動スタイル      モーターを取外し動力はリニューアルシリーズと同じ     EN22に交換する予定です。       いつものようにギアボックスを分解してすべてを      取外します。           このあとシンナーで洗浄し [続きを読む]
  • EF56電関2次形のリニューアル工作
  •       マイナーなクモニ13が完成し、次の工作を旧型F級デッキ     リニューアルシリーズ第4弾としてEF562次形電気機関車を     リニューアル工作することにしました。      天賞堂の旧いモデルですがどこにも破綻は見当たりません。      1次形の丸いお顔から平べったいお顔になりました。      走行状態を確認しますと動きますが渋い感じがします。       まず台車分解、ギア [続きを読む]
  • クモニ13が出場しました
  •         工作中のクモニ13が出来上がりました。     本当にマイナーな車両でクモニ13一党の中でもこのタイプは     この1両だけしか存在しないとのこと。      今度は失敗しないように慎重にインレタを貼付けました。        車体にパンタなどの屋根回りを取付けました。        上回りと下回りを組立て完成となりました。        LEDライトが点灯します。        [続きを読む]
  • 最後の最後に涙
  •       工作中のクモニ13も最後の仕上げのインレタ転写を     していたところ・・・        この「荷物」という標記の最後の一か所を転写した       ところ一部に転写欠けがあったので、いつものように       セロテープで剥がそうとしましたがこれがしっかりと       付いていて・・・・         何回か繰り返しているうちに・・・ガァ〜ン         塗装までいっしょ [続きを読む]
  • クモニ13の組立て
  •      EF15といっしょに塗装していたクモニ13の組立てを    はじめました。      屋根のパイピング塗装のためマスキングして、あと面相筆で     グレーを塗りました。       別塗装した胴受やジャンパ栓、ステップを取付けます。          窓にエコーの保護棒を貼付けました。           荷物電車らしくなってきました。           完成までもう少しかかります。 [続きを読む]