夢鉄道のブログ さん プロフィール

  •  
夢鉄道のブログさん: いつか見た夢 不思議な想い出
ハンドル名夢鉄道のブログ さん
ブログタイトルいつか見た夢 不思議な想い出
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rakuhokuitiban
サイト紹介文懐かしい鉄道の世界をHO模型を主体に工作を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/08/23 19:40

夢鉄道のブログ さんのブログ記事

  • 関西大手私鉄の情報紙あれこれ
  •       毎月各鉄道会社から沿線のイベントやグルメなどの情報を     掲載した情報紙が大きな駅に置いてあります。      私が時々利用する叡電出町柳駅には各社のものが置いてあり     この駅を利用したときはもらって帰ります。      各社工夫を凝らした楽しいカラーで読者を誘っています。     まずは阪急電車発行版で、上旬、下旬で月2回発行されてます。     月2回発行と熱が入って、1 [続きを読む]
  • 関西合運にお伺いさせていただきました。
  •       今年も大阪交野市で開催された「2017鉄道模型大集合     IN OSAKA」にブロ友のhawkeyeさんからお誘い     いただき所属されるクラブのゲストで参加させていただきました。      会場はこのほか施設の数か所にわかれてNゲージ以外の各ゲージ      がクラブごとに設置されています。      ラッピング車両など様々な車両で賑わっていました。        中にはすご [続きを読む]
  • 塗装の失敗はご法度
  •      工作中のかぼちゃ電車は暑さも一段落し塗装をはじめました。    ペーパー車体の塗装はブラス車体と違い失敗によるシンナープールへ   ドボンができないので気を使います。      新潟交通電車のカラーは上部が黄かん色、下部がグリーンの      塗り分けとなります。      先に室内に茶色を吹いてマスキングして車体はマスキングを     考えて下部のグリーン色から吹き付けました。     [続きを読む]
  • 窓にブラインドを
  •        夏バージョンで工作してきたかぼちゃ電車ですので      日よけブラインドを付けることにしました。      昔の木造電車といえばヨロイ戸でできたブラインドでした。      木目色のケント紙にスジ目を入れたものと木枠を切り出した      ものを作ります。            これを貼り合せます。          切り出してブラインドにします。             仮付けし [続きを読む]
  • 新潟交通電車は2連で試運転
  •       台風18号が九州に上陸して列島を縦断するコースなので     被害が心配されます。      地域の自主防災会を担ってますので避難対応も準備しておきたいと     思います。    工作中のかぼちゃ電車のモハ16(2代目)も生地完成しました。         床下機器は不明でテキトーに付けています。     これで2両とも生地完成しました。後部写真の左側の電車が    当時のWルーフの [続きを読む]
  • 生地完成となってきました
  •      工作中のかぼちゃ電車はお連れの電車から生地完成しました。       お連れのモハ11系電車からパーツの取付けを完了       屋根まわりパーツは塗装の関係から仮付けしてます。      旧伊那電で国鉄富山港線から入線したモハ16は床下機器を     取付けました。      窓をあけてますので中が丸見えになり座席くらい付けないと。      そしたらお客さんも・・・・ [続きを読む]
  • 床下工作と試運転
  •      工作中のかぼちゃ電車はパーツを確保しましたので試運転と    床下工作を進めました。       ボールドウイン台車を拝借していた近鉄電車にお足を      お返しいたしました。         新しい台車には集電ブラシを作りました。        台車にネジ止めして集電効果をアップさせます。          動力を組立て試運転してみました。       FMギアにしてはちょっと音がうる [続きを読む]
  • EF64キットがやってきました
  •       今年に入りEF56、旧EF58、EF15、のリニューアル工作     EF53、EF65のキット組立てなどELが主体の工作が続きました。      次にやってきたのは約40年あまり前に発売された     シナノマイクロのEF64初期型のキットです。       このメーカーはもう存在しませんがここのキットは       工作者泣かせのキットとして噂を聞いてました。       ところで私自身はここのキットは組 [続きを読む]
  • 曲げて差し込んでパイピング
  •        工作中のかぼちゃ電車は屋根のパイピングを進めました。      0.5真鍮線を車体に沿って曲げていきます。        帯材で作った割ピンを差し込んでいきます。      差し込んだ割ピンは裏で開いて瞬間接着剤で固定します。      妻側は細めの割ピンを上から順番に差し込んで裏から     瞬間接着剤で固定しました。         取付け後はまっすぐになるよう補正しました。   [続きを読む]
  • 割と面倒なウインドシル、ヘッダーの取付け
  •     工作中のかぼちゃ電車はシル、ヘッダーの取付工作を進めました。      シル、ヘッダーはエコーのパーツを利用しました。     いつもどおり定規をガイドにしてゼリー状の瞬間接着剤で接着    しました。液状の瞬間接着剤では調整ができません。      ドア上部はこれもエコーのパーツを利用しました。      扉の幅が狭いので中央部でカットして切りつないでいます。     シル、ヘッダーを取 [続きを読む]
  • ここがチャームポイント
  •      工作中のかぼちゃ電車はサフェ仕上げをして排障器の取付けなどを    進めました。         動力車に床板取付けステーを接着します。       車体は仕上げのホワイトサフェを吹きました。      排障器はフクシマに実車そのもののパーツがあるので     これを組立てます。     排障器を取付けるとがぜん新潟交通電車のお顔になります。        お連れの電車も新潟交通のお顔に [続きを読む]
  • 北陸 永平寺で得たものは
  •       先日ドライブを兼ねて家内と北陸あわら温泉へ一泊二日で     出かけ、翌日は曹洞宗大本山の永平寺を訪れました。      行きはゆったりと美しい越前海岸をドライブしましたが     天候にも恵まれ絶景を堪能しました。      永平寺は1244年に道元禅師によって開かれた厳しい     座禅修行の道場としてよく知られています。      境内に建立する七堂伽藍は本当に立派で建物内は修行 [続きを読む]
  • 田舎電車の下回り工作
  •       工作中のかぼちゃ電車は下回りの工作を進めました。       床板にFMギア、台車等を装着してみました。       ユニバーサルジョイントがないので走行テストは次回に。       車体をのせてみて高さのバランスを見ました。       ちょうどよい感じです。         台車は実車によく似たボールドウイン台車      お連れの電車の床下は中央部が上がっているのでその部分を    [続きを読む]
  • 作動の不安定なパワトラはやめました
  •      工作中のかぼちゃ電車(新潟交通の車両は黄かん色と緑の湘南電車    のような塗装でかぼちゃのような色合いであったのでそのようなニック    ネームが付けられていたようです。)は下回りの工作を進めました。      M車の床板は0.8tの真鍮板から切り出しました。      糸鋸で長距離の切り出しは手が疲れます。          台車やモーターの位置を決めます。     各取付け位置にド [続きを読む]
  • 田舎電車はサフェ吹き
  •      工作中のかぼちゃ電車は組んだ車体のサフェ吹きをしました。      シル、ヘッダーはリベット付の真鍮帯材を予定しているため     後付けするので雨樋を屋根に回しました。       車体に500番のサフェを吹きました。今の時季流石に      乾燥は早いです。 [続きを読む]
  • お連れ電車の工作
  •        カボチャ電車のお連れさん工作の続きです。      塗料やパーツを発注していたIMONさんから品物が到着     しました。     パーツ類はこれらですがなるべくストックしているもので    対処しようと思います。      ややこしい切り抜きに苦労した車体を組立てます。      屋根板は車体幅が狭いのでだいぶ削り込む必要があります。     [続きを読む]
  • 田舎電車にお連れさんを
  •      工作中の新潟交通電車はいつもはだいたい2連で走行していた    ようですので、ここはお連れさんを作ることにしました。     お連れさんはこの電車としました。デハ12なんでしょうか。     あまり詳しくはありません。       こちらも同じく窓のあいた夏バージョンとします。      切り抜きが終わりました。窓をあけると切り抜きがちょっと     複雑になりやり直しもしました。    [続きを読む]
  • 田舎電車はダブルルーフの工作
  •      田舎電車でちょっと手間のかかるのがダブルルーフです。      ダブルルーフの工作はいろいろな方法がありますが私が     いつも使うのが厚手の屋根板を利用する方法です。      所定の幅に削った屋根板を車体横梁の上にのせます。     この電車の前面お顔の上部はR型になっているので周囲は    中央の屋根を抜いた1枚ものの厚手のボール紙(菓子箱を利用)    に丸みをつけたもので対処 [続きを読む]
  • 田舎電車の組立て
  •       お盆のお墓詣りや来客など工作中のでカボチャ電車は     スローペースです。       切り抜きが終了しホワイトサフェを吹き付けて      一度研磨しました。        外側、内側板をサフェで接着し3×3のヒノキ材を       上下に入れました。       前面妻板と側板を接着して100均のアルミクリップで      止めました。            次はWルーフを考えま [続きを読む]
  • パソコントラブルとヤフーブログの対応は
  •     先日パソコンにトラブルが発生し、どうしようもなくリカバリを   実行し再作動させました。    結果このブログを確認したところ一部表示の欠けるところ、送信   できないなどの状況でアレコレとやってみましたが結局はバンザイ。    そりゃそうですよねパソコンに詳しくないものがアレコレしたところで   ムダな抵抗です。    結局、ヤフーブログの「お問い合わせ」コーナーに状況を記載して   送 [続きを読む]
  • 田舎電車は夏バージョンとします
  •        工作をはじめたカボチャ電車は猛暑の季節に鑑みて      夏バージョンスタイルにすることにしました。       クーラーなど当然ないので涼をとるのは窓をあけて      風を入れることしかない時代です。       内側ケガキ切り抜きは窓あけ状態とします。         外側面を重ねるとこのような感じに。      窓があいているとこ閉まっているとこを間違わないように     切 [続きを読む]
  • 田舎電車の窓抜き
  •      工作を始めた田舎電車はケガキをして車体工作を進めました。      外側板は強度が欲しいのでいつも使う厚手のコーナンで     売っている安価な工作用紙を使います。        妻面は側面部を折り込んだ後で窓を抜きます。            お顔を切り抜きました。           車体外側面を切り抜きました。 [続きを読む]
  • 猛暑でハンダ付け工作はパスして
  •       連日猛暑が続いて唯一エアコンのない工作部屋での     ハンダ付工作はやめなさいということにしました。      C59工作はちょっと置いといて久しぶりに好きな  田舎電車を作ることにしました。      以前から作りたいと思っていた新潟交通の超弩級田舎電車      誰も作らないであろう電車です。      ネットの写真等を参考に設計図(的なもの)を引き始めました。     [続きを読む]
  • EF65−500は生地完成で出場
  •     工作の完了したEF65−500の塗装をどうするか考えましたが   連日の猛暑で肉体的にも塗装環境にも無理と判断してクリア仕上げで   出場させました。     ナンバーはEF65−530としました。調べると川崎製で     手持ちに川崎のプレートがあったので取付けました。     とにかく細かいナンバープレートの貼付けには苦労しました。     ライトや尾灯のレンズは将来の塗装の機会に保存し [続きを読む]