ウルル さん プロフィール

  •  
ウルルさん: 家を売るには
ハンドル名ウルル さん
ブログタイトル家を売るには
ブログURLhttp://myhomeurukothu.net/
サイト紹介文家を売るための正しい方法を知れば簡単に高く売れます!
自由文家を売るには正しい方法を知っておかなければ安売りされたり当て馬物件にされて大損させられることもあります。
数々の私の売却実体から得られた「高く売るための正しい方法」を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 217日(平均5.9回/週) - 参加 2016/08/25 17:18

ウルル さんのブログ記事

  • 売りに出した家の網戸の破れや紛失は数百万円の大損に繋がります
  • 家を売りに出したものの、その家に本来なら備わっていたはずの網戸が無くなっていたり、破れている状態だと、売れるはずの家も売れなくなります。また、本来の価値よりも安く見えてしまいやすくなるために、現在の売値に100万円や200万円といった値引きを求められやすくなることも。網戸は簡単に張り直せるけど私はやらない理由私は夫婦で不動産投資をしていて、戸建ての賃貸もやっているため、網戸の貼替えは数えきれない程 [続きを読む]
  • 家を売るのにお金がないけど大丈夫?
  • 家を売るのに手持ちのお金が全くなくても不動産屋に依頼することはできます。ただし、売ろうとしている家に最適な不動産屋を選ばないと、いくら売却依頼ができたとしても、1年以上も売れ残ってしまうリスクがあります。家の間取りや価格帯などによって売るのが得意な不動産屋もいれば苦手な不動産屋もいるからです。そこで、まず最初に、早く高く売ってもらえる不動産屋選びの方法から紹介してみたいと思います。あなたの家を売る [続きを読む]
  • 家を売る 自分でやるなら?
  • 家を売る作業を自分でやるなら、まずは買い手を探すところからはじめないといけません。でも、買い手なんて素人が簡単に見つけられるものじゃありません。そこでなるだけ自分でやる場合の注意点などを紹介してみました。仮に知り合いが購入してくれても危険ですそれに、もしも知り合いなどに購入希望者がいたとしても、売却後に隠れた欠陥や修理が必要な箇所が見つかった場合の取り決めなど抜かりなくやっておかないとトラブルのも [続きを読む]
  • 家を売ったあと次に住む家が見つかるまで売家に住み続けられる?
  • 家は早く売ってしまいたいけど、いざ家を売ったあとにすぐに住むところが決まっていなかったり、移り住む先の諸事情ですぐに引っ越しできない方も多いと思います。例えば、次はマンションに住もうと思っているけど、気にいった物件がすぐにはみつかりそうにないというケースです。通常、そんな面倒な条件がつくと売れる家も売れなくなるのが普通です。でも大丈夫です。売った後も数ヶ月ほど住み続けられる方法があるんです。住み続 [続きを読む]
  • 家を売るにはどうする?
  • 家を売るにはどうするか?これって遅かれ早かれ人生で一度は当たる壁だと思います。そこで、今回はどうすればいいかを最初から最後まで簡単にまとめてみましたので是非参考にしてみてください。家を売るにはまず最初に不動産屋を吟味する家を売るには不動産屋を利用するのが一般的ですが、この不動産屋選びが売却に成功できるかどうかを大きく左右するんです。と言うのも、不動産屋によっては相場より高く売ってくれる業者もいれば [続きを読む]
  • 家を売るのに専任と一般のどっちの契約方法が良い?
  • 家を売るのには大きく分けて専任契約と一般契約の2種類がありますが、どの契約方法が一番良いかと言うと、過去に私が数多くの家を売ってもらった経験からは「一般」がベストだと思ってます。私は経験から、依頼する不動産屋さんがちょうど自分の家の買い手にふさわしいお客さんを持ってさえいれば契約方法なんて何でも良いという事を知っているからです。専任や一般の契約方法よりも家と不動産屋の相性が大切家を売ってもらうのに [続きを読む]
  • 家を売る際に太陽光発電の売電価格は引き継がれる?
  • 太陽光発電のついた家を売る方はかなり増えてきていますが、その際に気になるのが売電価格をそのまま次の人にも引き続ぎができるかどうか?だと思います。売電価格がリセットされてしまうと単価が安くなるので次の購入者からすると思ったほどのメリットがなくなるため家がすぐに売れるかどうかにも影響します。そこで、単価の引き継ぎがされるかどうか?そして太陽光発電のついた家を高く売るための方法も以下にまとめてみました。 [続きを読む]
  • 家売却で老後に困らないためには
  • 家の売却はタイミングを間違えると、いざ家を売って治療費や介護施設への入所費用を作ろうとしても売れずに困ったり、最悪の場合、老後に住む所を失う可能性もあります。家を売却することは非常に疲れる行為なので少しでも早い方が心身への負担も少ないですし、それに何と言っても1年でも新しい方がスムーズに売れやすいものです。家の売却を依頼する不動産屋を適当に選ぶと大損しますただし、慌てて腕の悪い不動産屋を選んだり家 [続きを読む]
  • 家の査定にかかる時間はどのくらい?
  • 家の査定をしてもらうには2つの方法があって、いきなり不動産屋さんに家を見てもらう方法(普通の方法)と、もう一つはネット上のやり取りだけで査定を出してもらう方法(早い方法)です。急ぎで売らないといけない人もいれば、じっくり1年くらいかけてなるべく高く売りたい人もいると思います。以下ではそれぞれの査定にかかる時間を紹介してみました。普通の査定にかかる時間とネット査定の時間の違いまずはスピードの早いネッ [続きを読む]
  • 家の査定ポイントを知れば査定額をく高くできる?
  • 家の査定にはいくつかの基準があって、これはどこの不動産屋でも同じ基準を使っています。例えば査定ポイントとしては、築年数・間取り・敷地面積・延床面積・建築メーカーのブランド・立地・日当たり・建築にあたる制限(再建築ができるかどうか)などです。(もちろんこれ以外にもまだありますが基本的な基準はこんな感じです。)あとはここから家の傷み具合をチェックしたり、近隣のマイナス要素をチェックしたりと、本来の価値 [続きを読む]
  • 家の査定をしてほしいけど時間がない人へ最短の方法
  • 家の査定をしてほしいけど毎日仕事がたてこんでいでゆっくり不動産屋をまわる時間なんてないという方も多いと思います。そんな場合、家を見せることもせず、不動産屋に行くこともなく査定をもらえるとっても便利なものがあります。それはネットから利用ができる不動産の査定サービスになります。複数社の査定が家にいながらもらえます→ PC・スマホ・タブレットに対応でどこからでも使えます家を売るとなればどこかの不動産屋に頼 [続きを読む]
  • 築30年の家を査定してみたら
  • 築30年の家を査定してみたら、木造住宅の場合には土地の値段にしかならないのが一般的で、もしも、鉄筋コンクリート造りの家なら土地値に建物の価値も多少上乗せされて査定額が出るのが一般的です。ただし、これはあくまで平凡な腕しかない不動産屋を頼った場合の例で、仮に、腕の良い不動産屋を利用すれば良い査定額が出て高値で売ることも可能です。なので、築30年も経っているから「まともな査定額は出ない」という先入観は [続きを読む]
  • 家を売る前に断捨離すれば売れやすくなる
  • 家を売る前に断捨離をすることで得られるメリットはいくつもあります。それは家を空にして空き家状態で売る場合でも、住み続けながら売る場合でもどちらでも言えます。もし本格的な断捨離までできなくてもプチ断捨離がでるだけでも家が売れやすくなったり、お金の出費を大きく抑えられることにも繋がります。無駄なものがごちゃごちゃある状態だと売れる家も売れなくなりますよ・・・家を売る際の断捨離にはいろいろあります家を売 [続きを読む]
  • 北向きでの家も上手に売れば高く売れます
  • もともと北向きの家というの日当たりが悪くカビやすいなど好む人が少ないために、同条件のライバルの売り家よりも大きな値引を出してお得感を出す必要がありました。しかも、ここ最近は太陽光発電が広まってきたこともあり、オール電化住宅にしたいという人には北向きの家は避けられる深刻な事態となっています。でも大丈夫です!北向きを好む人さえ見つけてあなたの家を知ってもらえばきっと相場やそれ以上の高値でも平気で売れる [続きを読む]
  • 立地も建物もいいのに家が全然売れない時は
  • 家を売りに出しているのにいつまで経っても売れる気配がないという不安にかられる方も多いと思います。それはハッキリ言って不動産屋さんの腕が悪いとしか言いようがありません。仮に、立地が良くて建物の状態もいいのに売れないとなるとチャンスを逃し続けているその機会損失はあまりも大きいです。今すぐにでも依頼先を腕の良い不動産屋に変えないと死ぬまで後悔し続けることになりかせんませんよ。不動産屋の腕が良いとか悪いと [続きを読む]
  • 京都で家を売る際の不動産屋の選び方
  • 京都で家を売る際には、他の県と違ってかなり上手に不動産屋を選ばないと相場よりも安く売られてしまったり、思わぬ高値で売れる相手を逃して大損するリスクがあります。というのも、不動産市場から見て京都の場合は日本広しと言えども独特の土地で、全国各地から京都での暮らしを憧れて家探しをしている人もいるからです。芸能人が京都に家を構えることでも有名な土地ですし、東京や大阪で暮らした人が定年後に京都に移住して中古 [続きを読む]
  • 埼玉で家を相場より高く売るコツ
  • 埼玉県で家を売るなら売却に成功できるかどうか業者選びが全てを左右します。ただし、単にあちこちの不動産屋に声をかけても意味がなくて、あなたが売ろうとしている家の立地や間取りを気に入ってくれる人と出会うことができないとせいぜい相場並の価格で売れるのがオチです。万人に気に入られるより家に惚れてくれる人に1人出会えればOKどれだけ万人受けする家でも、惚れてくれるほどでなければ大した値段では売れません。特に「 [続きを読む]
  • 神奈川県で家やマンションを売る前に知っておくこと
  • 神奈川県で家やマンションを売る場合、東京などと同じで莫大な不動産屋さんの数があるために売却を依頼する業者を選ぶのが大変です。でも、ここで選ぶのが大変だからといって、安易に地元にある不動産屋などを利便性から選んでしまうと、相場よりも安く売られてしまったりと大損をさせられる恐れがあるので注意してください。神奈川県で家やマンションを売る前に知っておくべき事とは神奈川県のように業者数が異常に多い場所で家や [続きを読む]
  • 群馬県で家を高く売るためにすることは
  • 群馬県で家を高く売るためには、都内から物件探しをしている人と地元群馬で家探しをしている人の両方にあなたの家の情報を知ってもらわないと高値で売ることは難しいです。一口に家を売ると言っても、間取りや立地やハウスメーカーの好き嫌いなどによって、人によっては同じ家なのに売値が数百万円も違ってくることがあるからです。逆に言えば、あなたの家を「我慢して買う」ような人に売る場合には、相場よりも安い値段でしか売れ [続きを読む]
  • 広島で家をできるだけ高く売るためには
  • 広島で家を売る場合には、不動産屋を選ぶ際に注意すべきことがあります。それは、知名度や目立つ場所にあるという理由で安易に不動産屋を選んでしまうと、相場よりも安く売られて大損するかもしれないということです。もちろんこれは全国で共通して言えることですが、特に広島のように比較的人口が多い県となれば、不動産屋の数もそれに比例して多くなり、腕の良い業者も多くなるかわりに、腕の悪い業者や悪徳業者の数も増えてしま [続きを読む]
  • 茨城県で家や土地を高く売るには
  • 茨城県で家や土地を売る時に注意しないといけないのは不動産屋の選び方です。茨城県の場合には地元以外からも物件を探している人が多いエリアなため、上手に不動産屋を選ぶことができれば相場よりも高く売れることも珍しくはありません。でも逆に、あなたの物件とミスマッチな業者に売却依頼をしてしまうと、相場よりもさらに値下げをしないと売れなくなるリスクだってあるんです。茨城県内にあるあなたの家や土地に惚れてくれる人 [続きを読む]
  • 香川県で家や土地を売るには
  • 香川県で家や土地を売るなら、地元の不動産屋に声をかけるのも大切ですが、大阪や東京から香川の家や土地を探している人に情報を伝えることも重要です。なぜなら、地元で探している人よりも予算に余裕がある人が多く、相場よりも高く売れやすいというメリットがあるからです。また、ほとんどの人は家や土地を購入する際にはローンを利用しますが、その審査に通りやすい人が大阪や東京に多いのも事実です。ただし、相場よりも高く売 [続きを読む]
  • 千葉県で少しでも高く家を売るには
  • 千葉県で家を売るには、それぞれの家の特徴に合った不動産屋を選んで売却を依頼しないと大損してしまいます。(古い家や新築並などは特に注意)古い家でも売れないと思い込んでしまったり、新築並だから簡単に売れると過信すると何百万円も損をさせられることもあるんですよ。千葉県の家は上手に売れば高く売れやすい千葉にある家は上手に売れば高く売れやすいんですが、その理由は「千葉は東京のベッドタウン」という背景が大きく [続きを読む]
  • 福岡県で家を売るには
  • 福岡県で家を売る場合、上手に売れば相場よりも高く売れやすいんです。その理由は、東京や大阪など他県に出た人が故郷の福岡に戻る率の高さや、福岡の魅力に魅せられて移住する人(特に東京から)が多いからです。でも、逆に福岡のような大きな街だと不動産屋選びをしっかりしないと思わぬ痛い目に会うことも事実です・・・。良い業者も悪い業者も沢山いる福岡で家を上手に売るには福岡は人口が九州で最も多いことから、不動産業者 [続きを読む]
  • 奈良県で家や土地を高く売るためには
  • 奈良県で家を売る場合、大阪や京都のベッドタウンという特徴からも、地元の不動産屋さんだけに声をかけて売却するのはあまりにも危険です。でも大丈夫です、今はネット査定を使えば大阪や京都にも顧客を抱えた不動産屋に声をかけることが簡単で、相場を超えた高値で売れることも珍しくはありません。そもそも不動産の値段というは相場なんてあってないようなもので、買い手が納得してくれればいくら高くても売れるのなんです。まず [続きを読む]