kitatik さん プロフィール

  •  
kitatikさん: きたてぃっくのいつでも休憩中。その2
ハンドル名kitatik さん
ブログタイトルきたてぃっくのいつでも休憩中。その2
ブログURLhttp://kitatik-2.jugem.jp/
サイト紹介文独自の表現「シンメトリックアート」と自家栽培の瓢箪ランプを作っています。
自由文kitatikと申します。高島市で独特な表現方法「シンメトリックアート」(ペン画)とひょうたんランプを制作しています。シンメトリックアートは独自のジャンル。ポエムやメッセージ、ひょうたん栽培日記などを入れながら、なるべく楽しく更新していきます。良かったらぜひ見に来てください^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 244日(平均3.7回/週) - 参加 2016/08/24 10:41

kitatik さんのブログ記事

  • 瓢箪ランプ「風の通り道」
  • 昨日作ったひょうたんランプです。風通しの良い大き目の穴を開けました。いつものシンメトリックスタイルなので床には曼荼羅のような模様が展開されます。 ビーズは天然石とアクリルビーズを使っています。内側からボンドでしっかり接着。黒い線は電熱ペンで描いてあります。 いつもより小さめのタイプの瓢箪。この瓢箪はかなり硬い表皮で作業苦労しましたが、今回はそんなに緻密なデザインではなかっ [続きを読む]
  • 瓢箪の棚作り、念願の発芽
  • 昨日瓢箪の棚が完成しました。今年はいつもより大き目にしました。2m×7mくらい。 瓢箪栽培はじめてもう5年になります。要領よくなってきて以前より作業はかどりました。なるべく紐や竹や体力を無駄にしない様に最低ラインの頑丈さを考えながら作りました。それでも夕方までかかって結構きつかった。 今年はもう一つ棚じゃなくて地面に栽培してみようと思っています。いわゆる瓢箪型のくびれのある瓢 [続きを読む]
  • 千成瓢箪のミニランプ作りました
  • 2日かけて千成瓢箪のミニランプを15個作りました。一個づつ作っていくごとに自分なりに変化を持たせて作っています。だから、同じものは一つもなくそれぞれがそれぞれの個性をしっかりもっているミニランプになりました。 いつものを作りながら色々考えるのですが、人間の含む生き物たちが”どのようにして”そして”なぜ”これほど無限とも言える多様性をもって存在しているのかとか。 こんな理由 [続きを読む]
  • 瓢箪種まきやり直しました
  • 2週間ほど前に瓢箪の種を蒔きましたが思ったように発芽してくれないのでもう一回やり直しました。去年の種は千成瓢箪とランプ用だるま瓢箪だけは保存してあってそれ以外は3〜4年前の種です。毎年種保存しておけばよかったと後悔しても遅いので発芽してくれるのをのを祈るのみです。 指で2cmほどの穴を2つ掘ってそこに種を置いて埋めて灌水。 瓢箪の種は結構発芽する温度が高いので4月の気温では発芽しませ [続きを読む]
  • シンメトリックアート「黎明その1」
  • シンメトリックアート「黎明その1」2017年4月14日完成。サイズ 346mm×422mm 岩戸が開いたエッサホイサ 一体どこに連れて行くの そんなことは気にしない 岩戸が開いたエッサホイサ 神輿の上で何をする 頭抱える?誰かのものまね?自分の表現! 夜明けは近い 黎明。 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・ [続きを読む]
  • 瓢箪のお香カバー完成
  • 今回は瓢箪を使ったお香のカバーを作りました。初めての試みです。穴から煙が立ち瓢箪から香りが漂うのが面白いです。 今回はランプではないので木材のビーズを埋め込みました。お香は金属製のカップを使って安全安心。 色んなお香を焚いて瓢箪カバーにしっかり香りを付けて行こうと思っています。何本か焚いただけでもうかなり臭…香ります^^ 最近は前ほどの根気が無くなってきています [続きを読む]
  • 絵「花と根っこ」
  • この前随分前に描いた絵が出てきました。あまり入らない部屋の壁にずっと掛けたまま何年も忘れていた。 作品「花と根っこ」 絵を描きだしたて6年くらいになるけど、これは多分1年目くらいに描いたものです。 毎回、前作を少し超えたかなという手ごたえと共に自分なりに表現してきていますが、何年も前の作品を見てみると特に劣っているとは感じないところが不思議です。というか今これ描けないかも。&n [続きを読む]
  • 行為と目的について
  • 今日は雨。歩きに行きたいけど、家でゆっくり過ごしています。行為と目的について思ったこと。 実際日常生活の中では、歩きに行きたいだとか食べたい寝たい等、目的があって行為をしている気がしてるけどよく考えてみると、歩きたいから歩くというより歩くから歩くの方が的確に言葉に表現されているように感じる。言葉として少し変だけど、食べるから食べる寝るから寝るの方が正直な感じがします。〜のために〜するというのが [続きを読む]
  • シンメトリックアート「受胎」
  • 2017年3月30日完成。シンメトリックアート「受胎」 悲しい気持ちやうらみなんかがあっても感謝に変えるということ 受胎するということ。 たとえ絶望の中にあっても希望を見出すということ 受胎するということ。 恐れの気持ちを感じきってワクワクした気持ちに変えるということ 受胎するということ。 他にもどんどん上書きしていこう。それが可能な時代だから。 & [続きを読む]
  • ”シンメトリックアート”の誕生
  • 今までは曼荼羅画ということで表現して見ていただいてきましたが段々違和感が大きくなってきていました。そもそも”曼荼羅画”という定義も自分の中で曖昧だったしなんとなくカテゴリーが違うように感じてきて。それで、さっき急に思いついて ”シンメトリックアート” というジャンルにしようと思い付きました。これで一つ縛りが消えたようにも感じます。というのも、曼荼羅画ということでそのジャ [続きを読む]
  • 曼荼羅「出口の入口」
  • 作品No.36「出口の入口」 出口は無いかと思われたあみかごの中夢中で遊んでいたら出現した出口へとつながる世界への入り口 外側の16角形が出口空間への入り口で、中心の8角形が本当の出口になってる。 でも出口から出たと思ったら実は入り口だったというオチもあり得るのであまり目的とか考えすぎずに運命に逆らわないで今日も少しづつ進む。 見ていただいてありがとうございました。 [続きを読む]
  • 曼荼羅「空間エリクサー」
  • 作品No.35空間のための霊薬「空間エリクサー」 実際、絵を直接目で見ている時間はそれほど長くなくて、ただ置かれてあるというふんわりとした記憶さえあればそれは空間全体を感じているということになるんだと思う。 人と作品との間には空間があって今回の絵では特にその空間が主役。 癒されるのは空間であってその癒された空間に人が癒されるそんなことを考えながら描いた絵です。 [続きを読む]
  • 幻聴らしきもの
  • 最近頭の中が騒がしくてしんどいです。何の脈絡もなく思わぬ言葉の洪水があふれたりします。ちょっと昔の失敗や恥ずかしかった事などを思い出すとすぐに”お前なんて死ね”という言葉が湧いてきます。思考回路が本当に浅はかで、相手をする気持ちには全くなれないので”ごめんなさい”とつぶやいてお帰りいただく。またすぐいらっしゃるんだけど^^ 統合失調症になって14年になりますが、去年位に、もし [続きを読む]
  • 曼荼羅「極楽への道しるべ」
  • 作品No.33「極楽への道しるべ」 ものすごくシンプルなことに心の方位磁針(自分が好むこと)が極楽へ導く道しるべになっている気がします。 好きなこと得意なこと興味の尽きない事 曼荼羅を描いていると色んな気付きがやってきます”自分を信じる”ということがどういう事かとか。 ほんの小さな自分が好ましいと思う方向にちょっとづつでも舵を取ってみてほしいいつもそん [続きを読む]
  • 曼荼羅アートキャッチフレーズ?
  • ★その1〜ちょっと怖いバージョン〜 エネルギーゼロの最強エネルギーが込められた神様の黒い汗とも言われているボールペンのエキスを直接指から噴出するようにして描いた曼荼羅アート ★その2〜誰もいらないバージョン〜 常にいつも強いものが負けるという法則にのって永遠に負け続けるエネルギーを封入した曼荼羅アート その3〜一見だからねバージョン〜 努力は絶対にしないという努力を意 [続きを読む]
  • 曼荼羅「魂の音」
  • 魂はいつも”答え”と”確信”だけくれる脳はいつもそこに至る道筋が分からなくて途方にくれる それは可能だ。間違いない。と言う魂の声なきささやき間違っていたらどうするのよ。という脳の声なきつぶやき そして脳と魂のギャップを埋めるために思考がジャンプする。あり得ないことも想像してちょっとだけぶっ飛んでみるのもいい。あり得ないこともないかも…なんて思ったりして [続きを読む]
  • 3について
  • 最近描いている絵は円を6分割したタイプの曼荼羅を描いています。今までは大部分が円を8分割したものでした。円を6分割は半円を3分割したものなので、要は3という数字が基礎となっています。この”3”というのが何を意味しているのか考えます。三位一体とか三つ巴とかいろいろ思いつくけど、僕の思う”3”は、”わたし”と”あなた”と”その間”。 ”その間” [続きを読む]
  • 水は祈り
  • 今日はいい天気で歩道の雪もだいぶ解けてきたので久しぶりに琵琶湖まで散歩に行きました。すごく気持ちよくてつい踊りだしそうになるのをこらえながら(笑) 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 水は祈り 水は悲しみ 水は希望 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜&n [続きを読む]
  • 曼荼羅「花に囲まれて」
  • パソコンで色付けする絵を最近は続けてしています。この作品で21作目。かなり描いたなぁ^^まだまだやるつもりです。 原画↓ これをスキャニングしてパソコンで色付け。 あんまり細かくなくて、こういった感じもまたいい。 アウトラインを太くすると細かい絵は描けないけどガツンと印象的な感じが出るようです。 花に見立てた部分↑最後にキラペンで一部加筆することで、印刷 [続きを読む]
  • 曼荼羅「原初の思い出」
  • ふわふわと浮いている雲の中に”いわゆる”天国と”いわゆる”地獄が見えました。 原初の思い出を携えた僕たちの魂はどちらも好みではありませんでした。 だから”天国”も”地獄”も含んでいて同時に経験できる世界に行きたいと考えました。 自ら思い出を消して泣きながらその不思議な世界に生み落ちました。 ここは思い方次第で天国も地獄 [続きを読む]
  • 絵「お天道様」
  • 先日の切り絵以降指先の感覚がなかなか戻らなくて、今も少ししびれています。右手人差し指のほんの先っぽだけだけど。切り絵は楽しくできたけど大きな代償だった。他に、座って絵ばかり描いているものだから、痔になってしまって今は大分ましだけどこれも色々と考えるところがあります。 何か不具合が起こる前の段階で気付けるように体の部分部分に負担がないかいつも気を付けようと思う。 今回しびれた手が何を示してい [続きを読む]
  • 変えてみようと思うこと
  • 今日思ったのですが、これからちょっとでも変えてみようと思うことがあります。自分は病気だからとか、引きこもりだとかそういう所を理由付けにして人との会話などあまりうまくできない事とかをまあいいかな。と思っていたところがあります。でもそれはちょっと嫌だなと今日少し感じました。事実、かなり苦手なことは確か。ユーモアのセンスとかもあまり無し人を笑わせたり、安心させたりすることとか自分には難しいかもしれない。 [続きを読む]
  • 切り絵「kyoumogokuraku A4-1」
  • ほら今日も少しだけ極楽に近づいた先は長く険しいように思えるけど思わぬところに奇跡のような宝石が隠されているからいつもワクワクして行く ほら今日も少しだけ極楽に近づいた先が寂しく辛いように思えても思わぬことに実は世界はあなたのものだからいつもリラックスして行く 思わぬ奇跡は”今ここ”にあるからね! kyoumogokuraku。 見ていただいてありがと [続きを読む]