雪蘭 さん プロフィール

  •  
雪蘭さん: 雪蘭の「書に魅せられて」
ハンドル名雪蘭 さん
ブログタイトル雪蘭の「書に魅せられて」
ブログURLhttp://ameblo.jp/setsuran1964/
サイト紹介文書道に関する情報、書に取り組む日々の様子を記した日記、作品などを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 300日(平均1.2回/週) - 参加 2016/08/25 15:28

雪蘭 さんのブログ記事

  • 美しい6月
  • こんばんは。雪蘭です。梅雨の季節はじめじめして、嫌なイメージがありますが、今年は全国的に雨が少ないですよね。もともと青森は、梅雨の季節もそれほど雨の日は多くないです。むしろ秋のほうが、本当によく雨が降ります。なので、6月は寒くもなく暑くもなく過ごしやすいし、新緑が目にも鮮やかで大好きな季節です。実家の近くの公園をタマと。のどかだなぁ。空には一筋の飛行機雲のみ。6月の俳句、書いてみました。飯田龍太の [続きを読む]
  • 田中冬二  故郷への愛
  • こんばんは。雪蘭です。 年を取るにつれて わたしの中の郷土愛が 強くなっていると感じています。 子どもの頃は、 「今はこんな田舎だけど、 きっと私が大人になる頃には 高いビルが建ち並ぶはずだ。」 と思っていました。 ところが、いつまでたっても そんなことは起こらない。 そのうち、そんな故郷が嫌になり [続きを読む]
  • ご無沙汰です。
  • こんばんは。雪蘭です。なんと2ヶ月ぶり!今日こそ、今日こそと思いつつ、過ぎてゆく日々・・・毎日欠かさず更新なさっている方々を心の底から尊敬します。が、どこまでもマイペースな私。どうか、お付き合いくださーい!ところで、先月の末、毎日書道展に出品する作品を書き上げ、燃え尽きたあとしばらく書く時間も気力もなかったのですが、書き留めておいて、そのうち書いてみたいと思っていた詩があったのを思い出しました。福 [続きを読む]
  • いろんな顔
  • こんばんは。雪蘭です。ご無沙汰してしまいました。書道芸術院展が終わってほっとしたのもつかの間、今度は毎日書道展に向けて新しい作品に取り組んでいます。特に作品を書くにあたってというわけではなく、常に勉強のため、たくさんの書家の先生方の作品を拝見します。先生方の多くはご自分の世界を確立していらっしゃるので、一目見て「あ、これは○○先生の字だ」とわかります。絵もそうですよね。これは東山魁夷の絵だ、とか [続きを読む]
  • あの日から、6年
  • こんばんは。雪蘭です。東日本大震災から、今日で6年たちました。亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。そして、未だ行方不明の方々が一日も早くご家族の元に帰れますように。そして、そして、生き残った、生かされた方たちが幸せを感じて生きていけますように。私が所属している書道団体の本部が宮城県にあるので、仙台、石巻、気仙沼、塩釜などいろいろなところにご指導いただいている、また、仲良くさせていた [続きを読む]
  • 夜の蟻
  • こんばんは。雪蘭です。何だか自分のことを言われているような俳句を見つけたので、書いてみました。中村草田男「夜の蟻  迷へるものは弧を描く」夜、部屋の中に迷い込んだ一匹の蟻。ただ同じところをグルグルと回り続けている。ちょっと違う方向に行けば、別の場所に行くこともできるのに、どうすることもできず、弧を描くしかない蟻。人もまた一歩踏み出せば、新しい世界が開けるかもしれないのになかなかそれができずに同じ [続きを読む]
  • 第七十回書道芸術院展
  • こんばんは。雪蘭です。書道芸術院展の授賞式に出て帰ってまいりました。まず作品を見に東京都美術館へ。中原中也の詩  「盲目の秋」より「風が立ち  浪が騒ぎ 無限の前に腕を振る もう永遠に帰らないことを思って」こうやって見ると、まだまだだな、と思います。ここはもっとこうすればよかった、あそこはもっとこうしたほうが、と…。でも、反省がなければ進歩もない。もっと上を目指して精進しなければ、と決意を新たに [続きを読む]
  • 青天の霹靂
  • こんにちは。雪蘭です。今、授賞式に出席するため、東京に向かっています。本当にびっくりポンだったのですが、第70回書道芸術院展で大賞を頂きました!うれしいけど、大変!これからもっともっとがんばらねば!です。一緒に書道をしている母も受賞!毎日新聞に掲載されました。顔、初披露!恥ずかしい…それでは、また。いつも読んでいただき、ありがとうございます! よろしければ、ポチっとお願いします。にほんブ [続きを読む]
  • メッセージ
  • こんばんは。 雪蘭です。 みなさん、楽しく英語が勉強できる 桑山さんのブログをぜひ、ご覧ください。 わたしも勉強させていただいています! とってもわかりやすいですよ。 いつもビビビッと来る、 読んだ瞬間、パッとイメージがわくような 素材(俳句・短歌・詩)を探しているんですが・・・」 今回は、「ん?これも俳句?」 と思うような [続きを読む]
  • 切ない歌
  • こんばんは。雪蘭です。 一か月ぶりのブログ更新! 昨年末は、体調を崩したり、 目を手術したりで、 書道に取り組む時間が激減! 一か月以上もろくに筆を 握っていなかったのに、 先月末までに 書道展に出品する作品を 提出しなければ ならなかったので、 焦りました・・・ でも、何とかギリギリ間に合いました! ふーーーっ!& [続きを読む]
  • 元気に飛躍する一年に!
  • 明けましておめでとうございます!昨年はたくさんのみなさんに応援していただき、本当にありがとうございました。昨年は様々な書展に出品したり、初めてブログを開設したりと充実していたのですが、年末は思いがけない事が起こってしまいました。12月の初めに投稿してから数日後、突然黒い糸くずのようなものが見えたので、病院へ。診察の結果、網膜が破れて出血しているとのこと。すぐレーザー治療をして順調に回復していると思 [続きを読む]
  • 達成感という麻薬
  • こんばんは。雪蘭です。 先週末、私の師匠が毎年 この時期に開いている書の講習会に 参加しました。 (もう一週間たったのね・・・) 毎年別の書道団体から、違う先生を 講師としてお招きし、お話を伺ったり、 アドバイスをいただいたりできるので、 すごく勉強になります。 参加者はみな書道展に出品する 作品を書くので、真剣そ [続きを読む]
  • 白は無限の虚無 
  • こんばんは。雪蘭です。 2週間以上ぶりの更新になってしまいました。 たちの悪い風邪をひいてしまって・・・ 声帯まで炎症を起こして、声は出なくなるし、 咳もひどくて、お腹が筋肉痛になるほど。 いつも読ませていただいているみなさんの ブログを見る元気もなく、「いいね!」が できなくて、すみませんでした。 治りが遅いのは、年のせい [続きを読む]
  • 言葉なんか・・・田村隆一
  • こんばんは。 雪蘭です。 先日は詩人の北村太郎が 親友の田村隆一の奥さんと 恋に落ちた話を書きました。 親友の奥さんを奪った と聞けば、北村太郎という人は 恋に生きた激しい人、という印象を 持つのは当然です。 奥さんを取られた田村隆一は かわいそう・・・と。 ところが、この方も負けていません。 その奥さん [続きを読む]
  • 外国の方のすばらしい俳句
  • こんばんは。 雪蘭です。 今日はまだ10月だというのに 底冷えのする寒い一日でした。 冬が確実に一歩一歩 近づいています。 毎年雪には苦労するし、 winter sportsには 全く興味がないので、 私にとって冬は ただただ耐え忍ぶ季節。 それでも、書にじっくり向き合うには いい季節だと言えるかもしれません。 つい先日 [続きを読む]
  • 恋に生きた北村太郎
  • こんばんは。雪蘭です。 また久々の更新になってしまいました。 不器用なくせに いろんなことに手を出して、 あっぷあっぷしてます。 ブログも、もっと気軽に 書けばいいと思うのですが、 根がまじめなもんで、 考えすぎてしまうんですね。 不器用といえば、この方も。 詩人の北村太郎さんです。 ここまで自分に正直に生きたら、&nb [続きを読む]
  • 正岡子規の使命感
  • こんばんは。雪蘭です。久しぶりの更新になってしまいました。食欲の秋ですね。スーパーにはおいしそうな果物がいろいろ。柿や梨も好きですが、葡萄という文字が好きで、この二文字が入っている俳句を探しました。正岡子規の俳句「黒きまで紫深き 葡萄かな」もう終わってしまいましたけど、NHKのドラマ「夏目漱石の妻」に漱石の友人として子規が出てきます。長い間結核を患っていた子規は、漱石の下宿で静養していたんですね [続きを読む]
  • 少し遠くへ
  • こんばんは。雪蘭です。今日は、パーっと晴れたり、どんより曇ったり、急にザーッと雨が降り出したり、とっても忙しい秋の空でした。それはまるで私の心のようで…何でも前向きに、意欲を持って、物事を進められていたかと思ったら、立ち止まって、「何だかなー、こんな事に意味があるのかなぁ…」とウジウジしたり…皆さんのブログを読んでは、あまりにすごい方々がたくさんいらっしゃって、「あー、私なんか全然ダメじゃん!」 [続きを読む]
  • ゴールはない
  • こんばんは。雪蘭です。今年のノーベル医学生理学賞を受賞された大隅良典先生が、インタビューで、「科学にゴールはない。」とおっしゃってました。科学だけではなく、芸術の世界でも、医療やビジネス、様々な技術の分野でも、ここがゴール、と決めてしまったら、進歩はないと思います。私も書道を始めて十数年経ちますが、まー、この世界も奥の深いこと、壁の高いこと!進むにしても、よじ登るにしても、大変です!ある日、突然 [続きを読む]
  • それって、どんな音?
  • こんばんは。雪蘭です。今日もすがすがしい秋晴れの一日でした。こんな日はおしゃれしてどこかにお出かけ!したかったけど…時間がたくさんある日は集中して書けるので、家に閉じこもって書いてました。素材になる俳句や短歌や詩はすごく時間をかけて選びます。自分が読んで、「うわー、ステキな詩だぁ」とか、「すごいなぁ、なんでこんな表現、できるのー?」とか、そういう驚きや感動がないと、なかなか思うように書けません。 [続きを読む]
  • 今日を生きる
  • こんばんは。雪蘭です。すがすがしい秋晴れの朝、たまと散歩中に写真を撮りました。たまもとっても気持ちよさそうで、元気に歩いている姿を見て、この詩と何だかぴったり合致しちゃって…嗚呼僕も生きているんだ青空の真っただ中に融け込んでいる「点滴ポール」よりこれは、岩崎 航さんという方の詩です。岩崎さんは、筋ジストロフィーという病と闘いながら、詩を書いていらっしゃいます。すべてに介助が必要で、人工呼吸器を付 [続きを読む]
  • 幸せになってね
  • こんばんは。雪蘭です。きのう友達の娘さんの結婚式に行ってきました。美しく立派に成長した娘の晴れ姿に友達はずっと涙、涙私までもらい泣きしてしまいましたこれからいろんなことがあると思うけど、乗り越えていって欲しいです。若い二人にとってもいい詩があるので、ご紹介しますね。吉野 弘の詩 「祝婚歌」です。二人が睦まじくいるためには愚かなほうがいい立派すぎないほうがいい立派すぎることは長持ちしないことだと気 [続きを読む]
  • 奇才、寺山修司
  • こんばんは。雪蘭です。秋刀魚のおいしい季節になりました。そこで、「秋刀魚」を題材にした俳句を書きたくて、探していたら、見つけました。奇才、寺山修司の俳句「さんま焼くや 煙突の影のびる頃」本当は秋刀魚を漢字で書きたかったんですけど、原文がひらがなだったら、変えちゃいけないんです。だからそのまま書きました。寺山修司は、歌人、劇作家として有名ですが、俳句もたくさん残しているし、小説家、映画監督、作詞家 [続きを読む]
  • 一粒の砂
  • こんばんは。雪蘭です。実は、書道展の式典に出席する前日、仙台にいる友達と会い、松島へ。曇ってはいたけれど、やっぱり美しかった!この景色を眺めながらのランチは最高でした。夕方、そのお友達と別れ、今度は石巻へ。大学時代の先輩と感動の再会を果たしました。でも…高台から撮ったので、ちょっとわかりにくいかもしれません。根こそぎ津波に流された海岸沿いの住宅街の跡地に犠牲者の方々に祈りを捧げるための公園が造ら [続きを読む]