すぎこ子 さん プロフィール

  •  
すぎこ子さん: 民宿すぎの子
ハンドル名すぎこ子 さん
ブログタイトル民宿すぎの子
ブログURLhttp://suginoko-sato.jp/
サイト紹介文埼玉県秩父市にある茅葺き屋根のお宿です。山里の季節情報をお届けいたします。
自由文山里での出会い・山菜採り・山歩きなどの記事を掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 210日(平均2.7回/週) - 参加 2016/08/26 10:48

すぎこ子 さんのブログ記事

  • ジャガイモ作り
  • 本日は、ジャガイモ作りを行いました。初夏にたくさん収穫できるように心を込めて畑に種イモを入れていきます。畑作業をしているとハクセキレイもどこからかやってきて、作業場を歩き回っております。おそらく小さな昆虫を見つけているのだろうと思います。ジャガイモ用の有機配合肥料をまいて、腐葉土を入れて土をかぶせておきます。今年もよいジャガイモができるといいですね。 [続きを読む]
  • ニリンソウの見分け方
  • これは、ニリンソウですが、ニリンソウを採るのを慣れていても必ず、根を掘り出してから採るようにしましょう。掘り出した根は、浅く植えておけば大丈夫です。山菜の季節になるとニリンソウを採って、天ぷらや酢味噌和えにすると美味しいですよ。いつもよく知っている場所であっても、いつ野鳥が種を運んでくるかわかりませんので、根は確認するようにしましょう。ニリンソウの根は、こんな感じになっており、地面と平行に伸びてい [続きを読む]
  • 山野草 アズマイチゲ開花
  • 山野草の中でも人気のあるアズマイチゲが開花しました。風通しの良い綺麗な林にところどころに咲いており、花は1輪につき、多数のガク片があります。キクの花に似ていて小さくて可愛いですよ。これから太陽の光を浴びて、開花していきます。ここは早い時間から太陽の光があたっているので花が開花しております。やっと光が届いてきたので開花していくでしょう。アズマイチゲは、半日陰のような場所で、林が綺麗だと、あちらこちら [続きを読む]
  • フキノトウ採り
  • 春一番の山菜と言えば、このフキノトウを思い浮かべる人が多いと思います。このフキノトウを探して、崖をよじ登ると、たくさん出ておりました。しかし、ここの場所ってハチ(柴犬)も登れないような場所なので、下の木の根元で待っててもらうことにしました。あっちこっちの崖をいったりきたりしても吠えずに待てってくれるので助かります。崖の上のフキノトウはとても綺麗になっておりましたよ。この状況にあるので、いったいどん [続きを読む]
  • 標高1000mへハチとお散歩
  • 本日は、久しぶりに標高1000mの場所にハチと一緒に調査にでかけました。山に入るのは、今年はじめてなので少々疲れましたが、こういう場所にいるだけで楽しいので疲れているのも忘れてしまいます。5月までに徐々に体を仕上げていかなくてはいけないので、ゆっくりとしたペースであがっていきました。今日は、ハチもなんだかすごく楽しいみたいでグイグイ引っ張っていきます。登った感じとしては、あと3kgほど体重を落とさ [続きを読む]
  • 茅葺き屋根 練習台
  • 茅葺き屋根の練習台を車庫に作成して、時間があるかぎり、茅を葺く練習をひたすらやった。練習は、茅を葺いていくと、足場の竹をつけていくのですが、3段目までで、終えるようにした。これは3段目以上になるとハナの部分に入ってしまうため、そこはここでは、練習できないのであとでそれなりにイメージしておこなうようにする。これをひたすらやると茅の持ち方と置き方をマスターするようになる。特に左の端の部分を作成していく [続きを読む]
  • 節分草満開
  • 節分草が満開となりました。500花以上は咲いておりますので、かなり見応えのある節分草かと思います。これだけ咲いているとミツバチも節分草の香りに誘われて飛んできております。節分草の花粉を集めているミツバチは、とても可愛いです。こちらの花にもミツバチがやってきております。ミツバチの足には、すでに節分草の花粉を丸めた物がついております。花の裏にとまって休憩しているミツバチです。触角をいじったりして綺麗に [続きを読む]
  • 岩魚を焼きました
  • 本日は、岩魚を焼きました。岩魚の骨酒に使用するイワナでございます。1時間以上、じっくりとトロ火で焼きますので、このまま食べてもすごく美味しいです。これに熱々の酒をそそげば、美味しい岩魚の骨酒の完成です。10匹焼きましたが、とても良い香りでした。 [続きを読む]
  • 節分草開花
  • 節分草が咲いてきました。節分草は、石灰岩質の山地に生えるので秩父ならではの山野草です。宿の庭には毎年、たくさんの可愛い小さなお花が咲きます。花の色は、薄いピンク色になっているように思えます。球根は、丸く、山の中で、このお花があると転がりながら増えていくといった感じでしょう。こちら側もこんな感じです。この場所はたくさん生えるので踏まないように望遠レンズにて撮影してみました。近くで撮影できる場所があっ [続きを読む]
  • 野鳥のシロハラ飛来
  • この野鳥は、宿の庭に最近来ているので、少し観察していると、ツグミに似ておりますが、ちょっと模様が違っておりました。落ち葉の下をごそごそと何かを探しているようでした。図鑑で調べてみると、シロハラという野鳥みたいです。春先までこちらにいるみたいで、落ち葉の下の昆虫などを探しているようですね。3mくらい近づいてもOKだったので望遠レンズにて撮影しました。青白いツグミといった感じにも見えます。 [続きを読む]
  • 福寿草開花
  • 福寿草は、幸せを呼ぶお花として有名です。宿の玄関とお稲荷さんの場所にたくさんの福寿草が咲いております。この花は、花びら一つ一つが鮮やかな黄色になっており、太陽の光が反射するととても美しく輝きます。ここ数日かなり暖かい日が続いたので、福寿草も早めに出てきたと思われます。花びらが太陽の光に反射している様子です。黄色が黄金色に輝いているようです。こちらは、こんなにたくさん咲いております。毎年、この花が咲 [続きを読む]
  • 茅葺き屋根の仕上げ
  • 茅葺き屋根の仕上げに入ります。専用のハサミを使って角度にそってカットしていきます。これが慣れないと、腰と腕がものすごく痛くなってきます。カットしたら茅を叩くコテを使って、叩きながらそろえていきます。これ杉の木で作ったのですが、自分専用のコテです。作り方は、職人さんに教わりました。かなりよく茅がひっかかります。ここまでこのようにカットをしてコテで叩いていくとこのように綺麗に仕上がってきます。屋根の角 [続きを読む]
  • 茅を切るハサミ
  • 茅を切るハサミは、こんな感じになっております。植木を切るハサミと違って、刃がブーメランのように反りあがっております。秩父でも昔は売っていたみたいですが、今は、重要性がなくなったので、どこを探しても売っておりません。私は、音房で探して購入してきました。ハサミを開くとこんな感じです。刃がブーメランのようになっておりますが、支点があるので、それを利用して下から上へとカットしていくようになっております。反 [続きを読む]
  • 茅葺き屋根のハナの部分を作る
  • このあたりまで茅を敷いていくと、上に茅を押さえてある細い竹があるのがわかるかと思いますが、その竹と側面の部分に隠れている細い竹が同じ位置にきていないといけないのです。ここの交差している竹をつかってハナの部分を作っていきます。ハナの部分の作り方は、通常の茅葺き屋根の四隅を作る方法の茅の置き方と違っており、この角度になるために茅の置き方を数パターン入れて作成します。私が、思うに、ここの部分が一番難しく [続きを読む]
  • 茅葺き屋根の茅を敷いていく
  • 茅葺き屋根の茅を敷いていくのですが、この最初の1段目を作るのに、2回ほど失敗をして3回目にうまく行くようになりました。最初の段階がうまくいかないと中間で茅が厚くなり、それ以上は進まない感じになってしまいます。この屋根の端の部分の作成方法が、なんどやっても失敗したので職人さんに来てもらいました。端の部分の作り方を見落としておりましたので、作り方を見せてもらったのでかなり勉強になり、知識が身につきまし [続きを読む]
  • 茅葺き屋根の補修工事の足場と下地
  • 茅葺き屋根の補修工事をするときの足場は、丸太をつかって組んでいきます。私は、かなりこの組み方をみているので、こうやって丸太と縄を使って、倒れないように補強をいれながら組みます。こちら側もしっかりと組んでいきます。昔は、丸太を使って足場を組んだりしたことが多かったのですが、今は、こうやって丸太を使って足場を組む人は少ないと思いますよ。屋根の下地作りですが。この下地作りは、マスターしておりますので、ど [続きを読む]
  • 秩父神社
  • 秩父神社に初詣に行ってきました。1月3日までものすごく大勢の人達が秩父神社を訪れたと言っておりました。これも秩父夜祭りが無形文化遺産に登録された影響なのかもしれません。今日は、訪れやすい日になっておりましたのでお参りがしやすかったです。柞稲荷神社の倉稲魂神もお参りしてきました。商売繁盛の神さまになっておりご利益がございます。子育ての虎は、左甚五郎の作で、家康公の威厳とご祭神を守護する神使として彫刻 [続きを読む]
  • 餅つき(栃餅)
  • これは、今では作れる人がとても少なくなった栃餅につかう栃の実です。こうやってふかしてから、この中でなめらかになるまですり潰します。ほどよくすり潰した栃の実ともち米をこねながら混ぜていきます。この捏ねる作業で7割は、完成しております。後は、ここから打ち込み、きめ細かくなるまで打ち込みます。後は、片栗粉をまぶして平らに伸ばしていき、切りやすくなったらこうやって切っておきます。今年もよい栃餅ができました [続きを読む]
  • 餅つき(白)
  • 餅つきをしました。これは通常の白い餅です。すぎの子では、毎年、こうやって手作りの餅を作ってお正月に出しております。昔は、どこでもやっていたのでしょうが、こうやって打っているのはあんまりみなくなりましたね。餅つきが終わったら、こうやって片栗粉をまぶして伸ばしておきます。しばらくして、切りやすきなってきたら、こうやって切っておきます。今年もいい感じに仕上がりましたよ。 [続きを読む]
  • オオクワガタの産卵木
  • オオクワガタの産卵木を調べてみることにしました。だいぶ、オオクワガタの♀が木をかじって移動した後がありますね〜。これは期待できるかも?おお〜まだ生きていたのですね!オオクワガタの♀は水苔に入れて冬を乗り越えていただきましょう。オオクワガタの幼虫が9匹いました!早速、菌糸ビンを注文して中へ入れておきました。もっといるような気がしたのですが、なかなか爆産させるこってできないですね。来年もセットできたら [続きを読む]
  • 柚子採り
  • 柚子採りをしました。今年もよい柚子が実ってよかったです。柚子ってとても鋭いトゲがあるので注意が必要ですが、なんとか無事にたくさん採ることができました。手に乗せてみるとこんな感じで大粒です。これをまな板の上にのせて切っていきます。種を取り除きながら、切っていき砂糖を使って漬け込みます。種は、母が焼酎に漬け込んで美容に使うようです。かなりの量でしたが3時間ほどで作業は終了しました。 [続きを読む]
  • 椋神社
  • 椋神社に行ってきました。この神社は龍勢祭りや、秩父事件でよく知られていると思います。この地域には昔、腕の良い茅葺き屋根の職人さんが多数いたと言われております。心を込めてお参りしてきました。 [続きを読む]
  • 茅を叩くコテを作成
  • 茅を叩くコテを作成しました。これは、茅葺き屋根の葺き替えの時に使う道具で、茅を並べて茅をそろえるときに使います。自分なりにすこし厚めのコテを作りました。使っていくうちに叩く部分が茅でへってくると思うので厚めに作っときました。上から撮影するとこんな感じです。裏側はこうになっております。横から見るとこんな感じですが、使っていく内にだいぶ良い形になっていくと思いますよ。 [続きを読む]
  • 秩父夜祭り
  • ユネスコの無形文化遺産として登録が決まった今年の秩父祭はすごかったみたいですね。私は、秩父夜祭りを見に行くことはできないので宿にて待機しておりましたが、花火が上がる頃にハチの散歩をしながら中川駅の踏切で夜空を見ると、見事な花火が上がっていて音もこちらまで聞こえるほどすごく、いつもよりすごい花火が上がったと思います。世界遺産に登録されたことで来年もかなりの人達が夜祭りを見に訪れると思われます。しかし [続きを読む]