randonneuseのブログ さん プロフィール

  •  
randonneuseのブログさん: randonneuseのブログ
ハンドル名randonneuseのブログ さん
ブログタイトルrandonneuseのブログ
ブログURLhttp://randonneuse.muragon.com/
サイト紹介文フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 271日(平均5.1回/週) - 参加 2016/08/27 06:31

randonneuseのブログ さんのブログ記事

  • ベルドンヌの避難小屋で1泊(最終回)
  • 避難小屋泊でのハイキングを楽しんだベルドンヌ山塊。峠まで戻ってきて、あとは谷を下りていくだけです。峠のこちら側は雪が少ないのでだいぶ楽になります。 一番通りやすいところを探しつつ峠から少しずつ下りてきます。昨日の自分のトレースとところどころで交わります。 今回のハイキングの印象はずばり「クロッカス」です(^^; クロッカス、出だしの頃は「あ〜春だぁ。かっわいい〜〜」と嬉しかったものです。最近はいい [続きを読む]
  • ベルドンヌの避難小屋で1泊(その4)
  • 午前中湖巡りを楽しんだ後は大きな荷物を置いている避難小屋に一度戻ります。お昼頃になるのでご飯もそこで食べるつもりです。先ほどは橋があるところまで遠回りしてきましたが、去年の7月に友達と来た時は川幅が狭くなっているところを探して靴を脱いで川を渡って近道で帰りました。その時も水はすごく冷たかったのですが今日は多分氷水ののように冷たいだろうしその勇気はありません。その代わり、川に雪がまだ積もっていて渡れ [続きを読む]
  • ベルドンヌの避難小屋で1泊(その3)
  • ベルドンヌの避難小屋に1泊してのハイキング。2日朝は大きな荷物は小屋に置いて身軽に湖巡りに出発です。 川に近付いてきました。小さな橋が見えていますがこれを渡ります。相変わらずクロッカスだらけです。朝なのでまた閉じています。 橋を渡り中。この川のせいで橋のあるところまで遠回りをしたわけですが、まあ目的は最短距離&時間で到着することではなく(昨晩は日没までに小屋に着きたかったので急ぎましたが)、きれい [続きを読む]
  • ベルドンヌの避難小屋で1泊(その2)
  • 仕事が終わってからの出発となった今回のベルドンヌ山塊でのハイキング。夕方6時に歩き始め、日没ギリギリの9時前に避難小屋に到着することができました。 この謎の写真は目が覚めた4時54分に寝たまま窓から撮ったもの。半月のお月様なのですがカメラがしばらく前から壊れててスマホ写真のみのため、全く何か分からない代物となりました(~_~;) 心配していた寒さですが、シュラフ+小屋にあった毛布(去年はなかった気 [続きを読む]
  • ベルドンヌの避難小屋で1泊(その1)
  • 仕事が午後早くに終わり翌日は休みだったため、今シーズン初の避難小屋に泊まってのハイキングに行ってきました。2日とも晴れで気温も高いという予報だったことが後押ししました。避難小屋に泊まる場合、木のストックがなくてストーブが使えないということもよくあるので寒がりのわたしは夏やそれに近い気候のときにしか泊まる自信がありません。 高速道路から見えるベルドンヌの山並み。 仕事場周辺には車が停めにくいので一度 [続きを読む]
  • 久々に「晴れなのに山に行かない休日」
  • 長らく会っていなかった友達が夕方におしゃべりしに来るというので、半日だけでも山に行っちゃおうかとも思ったんですが、考えてみたら家の中はぐちゃぐちゃ、冷蔵庫も空っぽ。書類整理なども随分とほおったらかしになっている・・早く蒔かないといけないハーブの種もある・・・(山のせいだけでなくわたしがズボラなこともあります) 天気はそこそこよかったんですが、友達が来るまでの時間、思い切って家事に専念することに〜 [続きを読む]
  • 1泊で南仏ケラ山塊へ(最終回)
  • ハイキングの出発地点になったセイヤックの村はずれの景色。 2日目のハイキングを早い目に終え、待っているのは約4時間半のドライブです。時間はちょうど午後3時半になるところです。運転は結構好きで景色のいいところだと何時間でも運転したくなるくらいなので全く問題ではありません。ただ翌日は朝から仕事なのであまり遅くなりたくないところ。 行きの道もとてもきれかったのですが、帰りは全く別の道を通りたいと思います [続きを読む]
  • 1泊で南仏ケラ山塊へ(その5)
  • 遠征2回目となる今回の南仏ケラ山塊。5月だというのに新雪がたっぷりありスノーシューもスタッドレスタイヤも大活躍です。タイヤは面倒くさくて付けっぱなしになってただけの話ですが? 8時20分に出発です。 駐車場から直接スノーシューで歩けるのは助かります。 この日はまず湖までスキー場のゲレンデを登っていくというものですので野性味には欠けますが比較的安心な感じがするコースです。 トレースも他のハイキング [続きを読む]
  • 1泊で南仏ケラ山塊へ(その4)
  • 今回が2度目の遠征となった南仏ケラ山塊。イタリアとの国境の峠周辺を散策したのち予約している民宿へと向かいます。 ハイキングをする際に停めた駐車場からは約15分間の道のりです。景色がいいし時間もまだ夕方5時半なのでゆっくり走ります。 村に着く少し手前。スキーリフトがありました。 アブリエスの村に到着。小さな村で民宿は3軒しかありません。特に住所は聞いてませんでしたがぐるっと1周して見つかりました。右 [続きを読む]
  • 1泊で南仏ケラ山塊へ(その3)
  • 昨年11月に続いて2度目の遠征となった南仏ケラ山塊。前の週、そして前日にも降った雪が真冬並みに積もっています。この日は標高1700mの集落からイタリアとの国境の峠まで歩いてきました。 ラクロワ峠(2299m)から少しイタリア側に入った地点にある廃墟となった山小屋の中で風をしのぎつつ昼食。 一応地図に載ってるハイキングコースだけあり、何らかの案内があったようです。 小屋同様朽ち果てていますが(;´Д [続きを読む]
  • 1泊で南仏ケラ山塊へ(その2)
  • ひとりで1泊でやって来た南仏ケラ山塊。先週に数日、そして前日にも降った雪のため山は真っ白!いるのかどうか分からずとりあえず持ってきたスノーシュー、これがなければどこにも行けないところでした。 ケラ山塊は全体的に町や村の標高が高く、この地方にあるヨーロッパで最も標高の高い村(行政的に独立した市町村として)、サン・ヴェランは2042mありますがこの日のハイキングの出発地点の村の標高も1700mとかなり [続きを読む]
  • 1泊で南仏ケラ山塊へ(その1)
  • 月曜が祝日だったフランスではわたしも含め多くの人が3連休でした。土曜がフランス中で悪天候、残りの二日も南仏以外は今ひとつ。初め2泊で出掛けようと張り切っていた友達は、1泊で南仏の山は遠すぎると言うのでひとりでケラ山塊へ遠征してきました。 Le Queyrasは人によって「ケラ」または「ケラス」と発音しますが地元の人はみんなケラと言っているみたいなのでケラとしておきます。 ケラに行くのは今回が2度目 [続きを読む]
  • 3連休1日目は雨…
  • フランスには日本のGWと同じ時期である5月上旬に2日祝日があります。1日のメーデーと8日の第二次世界大戦戦勝記念日です。そのほか中旬〜下旬に毎年日が変わるタイプの祝日(イースターもそうですが)も1日あります。 今年は1日と8日が月曜に当るため、2度3連休があった人が多かったと思います。わたしは先週は日月の2連休、今週末は3連休(^^♪ しかしメーデーの先週月曜は1日中雨、日曜だけ近場の山へハイキン [続きを読む]
  • 5か月ぶりにボージュ山塊へ(最終回)
  • 友達とふたりで出掛けたボージュ山塊。季節外れの雪が降ったばかりなのでスノーシューとアイゼンを持ってきましたが、途中雪の多いところもあったものの結局どちらもなしでモン・コロンビエ(2045m)の頂上に。 この日風速50キロ(15m/s)が予測されており、尾根伝いに登ったわたし達は時折突風にさらされたものの登頂後は風も止み晴天とは言えないもののまあまあのお天気の中お昼ご飯を食べることができました。 ご [続きを読む]
  • 5か月ぶりにボージュ山塊へ(その2)
  • うちからもっとも近い山のひとつ、ボージュ山塊に友達とハイキングに行きました。 標高924mの村にある駐車場から出発する周回コースです。目的地はモン・コロンビエ(2045m)。1年半くらい前にひとりで来た時は周回せずにピストンで12月末でしたが雪が少なくて歩きやすかったため峠を挟んで真向かいにあるダン・ド・ロサナにも登りました。今日も余裕があれば、そして雲がでてきてなければそちらにも登ろうと言いつつ [続きを読む]
  • 5か月ぶりにボージュ山塊へ(その1)
  • 全体的に南寄りの方が天気が悪かった日曜日。比較的良い予報が出ていたのは東方面のサヴォア県でした。フランスでは先週3、4日間季節外れの雪が降り、標高の低い辺りでもだいぶ積もったようです。もう使い収めかと地下カーヴに片付ける寸前だったスノーシュー、もしかしてまだ必要なのか・・・?スノーシューが嫌な場合は雪の少ない標高の低い辺りをウロウロすることになりますが、それでは面白くない・・・ 逆にスノーシューを [続きを読む]
  • 季節外れの寒波&積雪
  • 春到来!雪どけ!! この重たい方々ともしばらくお別れ? 次の冬まで地下カーブでお休みください〜〜 と思ってたら・・・ 今週4日間にわたり季節外れの寒波&標高800m以上で積雪 (;゚Д゚) ここリヨンでも最低気温3度くらいの冬並みの寒い日が続き、ダウンジャケットの再登場でした?? 明日の日曜日、天気は曇り時々晴れの予報。気になる積雪情報もチェック・・・ ハイキングに行った1週間前の日曜日よりもどこ [続きを読む]
  • 雪どけの湖の合間を歩く(最終回)
  • 雪どけ真っ最中のいくつもの湖を周回したあと、それだけでは物足りないのでタイユフェール山小屋(2056m)のうしろにある丘にまず上り、そのまま真北に続く緩やかな登り坂を歩きます。一番先はグラン・ガルベール(2561m)。昨年5月にこの辺りに来た時にも同じ山に行きました。その時は別の駐車場からの出発で南西方面の稜線から上りました。   地図に道は載っていませんが、人の歩いた跡が何となく道の形になってい [続きを読む]
  • 雪どけの湖の合間を歩く(その3)
  • お天気がよかった日曜日。前日まで体調が悪かったため高低差800m程度の軽い目のハイキングを計画。例年より早く雪どけが進んでいる湖周辺を散策しにタイユフェール山塊にやってきました。 いくつもある湖をぐるっと回りつつ周回して朝通ったタイユフェール山小屋周辺に戻る予定です。昨年5月にこのあたりを散策した際に通りがかったラ・ジャス避難小屋が遠くないところにあるので、まずそちらに寄ってそこでお昼ご飯にしよう [続きを読む]
  • 雪どけの湖の合間を歩く(その2)
  • 先週は体調が悪かったので日曜日山に行くか少し迷ったものの、朝起きると大丈夫そうだったのでタイユフェール山塊の湿地帯エリアへ雪どけの湖をめぐるハイキングに出かけました。病み上がりということで高低差少な目(700〜800m程度)の散策にする予定です。もし元気で物足りなかったらそれに加えてそこら辺の丘にでも登ればよいという気楽さです。1年前に反対側の駐車場に停めて歩いたことがある場所なので、勝手は分かっ [続きを読む]
  • 雪どけの湖の合間を歩く(その1)
  • 前日まで体調が悪かったため、山に行こうかどうか迷った日曜日。次の休みは火曜で予報は雨です。一応準備だけして、朝起きて体調次第で決めることにして、行先だけ前日晩に考えてみます。体調にまだ自信がないため高低差の少なめのところ、そして体調が悪かったことから先週はちょっとブルーだったので、うっそうとした森の少ないところというので探しました。 目覚ましは4時半に合わせ、起きてみたら大丈夫そうです。5時20分 [続きを読む]
  • 南仏・カランク 第二弾(最終回)
  • マルセイユに1泊してのカランク散策2日目。 午前中は天気が悪かったので徒歩でマルセイユの市内観光、お昼ごろにホテルの前に停めていた車に戻って再びカランクへ出発です。1か月前に子供たちと来た時にはカシ側のカランク、前日はマルセイユとカシの中間の辺りをうろうろしたのですが、今日はマルセイユ側のカランクを歩くつもりです。 マルセイユの中心地から30分弱でレ・グードの村が、その1、2キロ先に小さな集落カル [続きを読む]
  • 南仏・カランク 第二弾(その2)
  • マルセイユの市内中心部に予約していた安ホテルに1泊してのカランク散策。 2日目は朝起きるとあいにくの小雨…天気予報ではお昼ごろから回復に向かうようなので午前中はマルセイユ市内を観光することに。カランクは急な岩場も多いので雨の時は歩きたくありません(-_-;) ホテルは市内観光スポットとそう離れていなかったので徒歩で観光することに。 同じ通りに路駐していた自分の車の前を通ると・・・なぜか生卵が投げつ [続きを読む]
  • 南仏・カランク 第二弾(その1)
  • 前回の子供たちとのカランクのちょうど1か月後に再びひとりでカランクを訪れました。 カランクはマルセイユとカシの間の石灰質の真っ白な複雑に入り込んだ絶壁の断崖の海岸でフランスで最も新しく2012年に10個目の国立公園に指定されました。 子供たちとはカシ側のカランクを歩いたので、今回はマルセイユ側を中心に歩く予定です。 カシ行きの時は高速を出てすぐに、ブドウ畑の高台から地中海の港町カシへの下り坂がとっ [続きを読む]
  • 南仏・カランク国立公園 第一弾
  • フランスに全部で10あるうちの国立公園(うち7つが本土に、3つはレユニオン島などの海外県に)のうち2012年に指定された最も新しいのがカランク国立公園です。 カランクとは地中海沿岸に見られる石灰質の真っ白な岸壁が複雑な形に入り組んだ地形のことで、マルセイユとカシの間にあるものが国立公園になっています。入り江には観光船で来ることができ、海岸の岩場ではハイキングやクライミングを楽しむことができます。 [続きを読む]