iwane さん プロフィール

  •  
iwaneさん: 日々徒然 正和流
ハンドル名iwane さん
ブログタイトル日々徒然 正和流
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/seiwaryu
サイト紹介文和合の武道 正和流 岡山で体術、居合術、気功術を修練する団体です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 356日(平均1.3回/週) - 参加 2016/08/27 10:50

iwane さんのブログ記事

  • 日本武道の型は美しい。
  • 日本人は形にこだわる。美しい形には強さが存在するからかも知れない。美しい姿勢をとれば自然と心も美しくなる。ダラっとした気持ちで美しい型など有り得ない。日本武道の型も美しさを伴ったものが多い。ある見方をすれば武道の型は動く祈りとも言える。心身の統一を願い人としての向上を祈る姿が武道の型の内面性。世の中の安寧を願うのもまた祈り。祈る姿には美しさと強さが共存するように思う。型には様々な姿勢がある。美しさ [続きを読む]
  • 体験入門は続く・・・
  • 今日の稽古には体験入門者がやって来ました。数日前に問い合わせがあり若い頃空手をやっていたという事で楽しみにしておりました。会って話を聞いて見ると伝統派空手の有段者との事。取得段位から相当に打ち込んだ事が伺われます。空手の基本が身についているため初めて学ぶ姿勢や動きには苦戦しながらも、取得段位に違わず覚えが良いと思いました。膝を壊しているので蹴りは出来ないようですが正和流なら大丈夫。蹴りが出来る人は [続きを読む]
  • 蹴り 乱取り
  • 今回の合宿では3人が初段へ昇段です。2人は保育園、1人は小学生の頃からの道場生。継続は力なり。続けさえすれば何かしら形となって残るものです。彼らの個性を確立する上で武道がバックボーンとなっている事は間違い無い。武道は青少年教育として心と体に良い影響をもたらすという手本となってくれれば幸いですが・・・動画は蹴りの乱取り。見ての通り自由組手にはなっておらず攻守を分けて行っています。自由組手もやりますが相 [続きを読む]
  • 投げ 乱取り
  • 土日の二日間、夏合宿を行いました。動画は最後に行った投げの乱取り大会^_^うちの若い衆はとにかくみんなデカイので迫力がある。投げの技術をキチンと持っている者もいれば技術は無いがガタイと根性にものを言わせるのもいて・・・なかなか面白い取り組みが見られました。動画の乱取りでは相撲ルールでやっていたのですが柔道経験者は同体で投げてしまうので相撲と柔道の折衷のような感じですね。投げ以外にも各種乱取りを行いま [続きを読む]
  • 活気
  • 久しぶりに少し活気が戻った昨日の稽古。しばらく娘との親子居合修錬をやっておりましたが前回体験入門をしてくれたTさんが入会。彼を連れて来てくれた休会中の女子会員も当面復帰。そして同じく休会中の小学生の頃からの教え子Hが復帰してくれました。マンツーマンだった御南道場が4人に増えた。こいつは忙しい(苦笑久しぶりに会ったHにはせっかくだからここ最近の開眼ぶり?を堪能してもらいました^_^ちぎっては投げぶっ飛ばし [続きを読む]
  • 古の剣
  • はるか昔、仙人から彼の地に伝えられたと言われる武術の剣ですが真相は分かりませんね・・・というか正直言ってお伽噺です。しかしロマンはあります(^^) [続きを読む]
  • 体験入門
  • 昨日は久しぶりに体験入門者現る。お休み中の女子会員が知り合いの男性を連れて来てくれました。いやあ、面白かったです。私の調子が良くて面白いようにやろうとする事が出来ました。いきなり受けを取らされた方はたまったものではなかったかも知れません。しかしとりあえず良い印象を持ってくれたようです。さあ、今後に期待です。ちなみにうちの娘は定位置にて居合の稽古^_^ [続きを読む]
  • 祖父の草相撲時代
  • 写真を整理していたら出てきた祖父の草相撲時代。いわゆるアマチュア相撲。一枚目の写真の左から二番目。若い頃気が荒かった祖父は、岡山ではこの筋でもあの筋でも(どういう筋?)有名だったようで母方の祖父は初めて紹介された時に名前を知っていたそうだ。父親の話によると取り組み前に呼び出して凄みを効かせて勝った事もあったとか・・・書いて良いのかこの話^^;父親が幼い時、二人で銭湯へ行く途中ヤクザが肩が当たったとか [続きを読む]
  • 吹き飛ばす前蹴り
  • この蹴りは師匠からとにかく力むなと言われてあるので道場生は脱力を意識しすぎて威力が出ていません。彼は重心移動を十分に行えばそれなりに押し込めるだけの力はあります。その力を使うなというのだから要領が掴めない。私は何とか要領を得てきたようです。 [続きを読む]
  • 受け返しの発勁
  • 今日は大きな気付きを得ました。動画は右の大振りフックへの受け返し。ハッと閃いてやってみたら面白いように相手がぶっ飛びます。左手でフックを受けると同時に右手で胸に打ち返しているのですがあまり衝撃が無いらしい。先週は不調だったのでその原因を考えて一週間悩みました。そして今日の気付きに繋がる・・・ポイントは肩から腕にかけての脱力。するとあら不思議、力が相手に伝わって発勁成功。簡単な事なのだが分からん時に [続きを読む]
  • 受け返しの発勁
  • 今日は大きな気付きを得ました。動画は右の大振りフックへの受け返し。ハッと閃いてやってみたら面白いように相手がぶっ飛びます。左手でフックを受けると同時に右手で胸に打ち返しているのですがあまり衝撃が無いらしい。先週は不調だったのでその原因を考えて一週間悩みました。そして今日の気付きに繋がる・・・ポイントは肩から腕にかけての脱力。するとあら不思議、力が相手に伝わって発勁成功。簡単な事なのだが分からん時に [続きを読む]
  • 武は祈りに通ずる
  • 武道修錬は禊であり、平和への祈りの姿でもあると考えています。正和流の基本動作である回転運動を縮小していくと合掌の形になります。合掌は真心を持って祈る姿です。また合掌を気功の観点でみると、心を落ち着けストレスを軽減する作用と、自律神経を整える働きもあるようです。合掌は祈りであると共に心身調整の型と言えます。 [続きを読む]
  • 武は祈りに通ずる
  • 武道修錬は禊であり、平和への祈りの姿でもあると考えています。正和流の基本動作である回転運動を縮小していくと合掌の形になります。合掌は真心を持って祈る姿です。また合掌を気功の観点でみると、心を落ち着けストレスを軽減する作用と、自律神経を整える働きもあるようです。合掌は祈りであると共に心身調整の型と言えます。 [続きを読む]
  • うねりを伝える
  • 動画は同じ技の二種類。前半は腹の力をうねりによって腕を伝わせ相手の肩を崩しています。後半は表面上のうねりを消す事に成功!意識の用い方によって力の伝わり方を変えています。受けを取っている道場生は右腕に対する技が掛かりにくかったのですが、右肩には問題無く力が伝わっています。彼の右腕にはなぜ技が掛かりにくいのか?師匠の技は彼の右腕にも問題無く力が伝わっていたのでそもそもの私と師匠では力の質が違うのでしょ [続きを読む]
  • うねりを伝える
  • 動画は同じ技の二種類。前半は腹の力をうねりによって腕を伝わせ相手の肩を崩しています。後半は表面上のうねりを消す事に成功!意識の用い方によって力の伝わり方を変えています。受けを取っている道場生は右腕に対する技が掛かりにくかったのですが、右肩には問題無く力が伝わっています。彼の右腕にはなぜ技が掛かりにくいのか?師匠の技は彼の右腕にも問題無く力が伝わっていたのでそもそもの私と師匠では力の質が違うのでしょ [続きを読む]
  • 居合 親子修錬
  • 親子修錬、続いています^_^4月末から色々忙しく出来ませんでしたが、今月から何とか再開です。何事も継続が重要です。細く長くでも続けてさえいれば個人の歴史としては取り組んで来たと言える材料になります。そこから広がる何かがあるかも知れません。現代においては武術は戦う事よりも技を如何に修めるかが重要だと考えます。戦いのロマンに浸る事も否定するつもりは毛頭ありません。自分自身もそういう時代があったので武道を [続きを読む]
  • 居合 親子修錬
  • 親子修錬、続いています^_^4月末から色々忙しく出来ませんでしたが、今月から何とか再開です。何事も継続が重要です。細く長くでも続けてさえいれば個人の歴史としては取り組んで来たと言える材料になります。そこから広がる何かがあるかも知れません。現代においては武術は戦う事よりも技を如何に修めるかが重要だと考えます。戦いのロマンに浸る事も否定するつもりは毛頭ありません。自分自身もそういう時代があったので武道を [続きを読む]
  • 武は舞に通ずる 二刀流の舞
  • 武は舞に通ずる。これは先々代の師匠の教え。円運動は特に舞に転じやすい。角度を和らげ速度を緩め拍子に合わせれば、武術としての型はそのまま舞になります。動画は二刀の舞。両手で扱うには少し刀が長いので長脇差ぐらいがちょうど良いでしょうね。武術を戦いの目的のみにて行う事は現代社会ではナンセンス?と感じる人もいるに違いありません。私自身も武術修錬において戦いの備えを忘れる事はありませんが楽しむために行うとい [続きを読む]
  • 武は舞に通ずる 二刀流の舞
  • 武は舞に通ずる。これは先々代の師匠の教え。円運動は特に舞に転じやすい。角度を和らげ速度を緩め拍子に合わせれば、武術としての型はそのまま舞になります。動画は二刀の舞。両手で扱うには少し刀が長いので長脇差ぐらいがちょうど良いでしょうね。武術を戦いの目的のみにて行う事は現代社会ではナンセンス?と感じる人もいるに違いありません。私自身も武術修錬において戦いの備えを忘れる事はありませんが楽しむために行うとい [続きを読む]
  • 鬼ノ城にて
  • 師匠と一緒に総社市にある鬼ノ城へ登りました。鬼ノ城は言い伝えによると吉備津彦命による温羅退治が桃太郎伝説につながっているらしい。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E7%BE%85考古学的には新羅と唐の連合軍に対して倭国と百済の連合軍が大敗した白村江の戦いの後、半島からの侵略に備えた防衛施設だという説も。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E3%83%8E%E5%9F%8E解明されていない謎の多い鬼ノ城だが朝鮮半 [続きを読む]
  • 岡山の吉備津彦神社にて
  • 一昨年、師匠と共に訪れた時には龍が宿ると言われる千年杉の気を堪能しました。今回もまた同じ杉の気と交流していたところ、「木は一度でも訪れた人を決して忘れていない。再会を喜んで気の交流をしてくれる。」「周辺にある木々の気も中心となる木に吸い寄せられ、敷地内全体との気の交流になる」「木によっては人の気を吸い取るものもあるから用心が必要」「まずは自分の気を与えた後に木から気を受け取るのが気の交流を行う際に [続きを読む]
  • 諸行無常も何のその・・・
  • 4月、5月は大きな出来事がありました。特に4月は人生の節目を迎えました。誰しも通る道です。人生は諸行無常。変化への対応こそが生きる事の現実。さて、先日例によって数日間、師匠より教えを受けていました。70才になる師匠。確実に老いているはずなのにその差は縮まるどころか広がっているようです、今のところ・・・我が身の才能の無さが嘆かわしい^^;あの年齢であの身のこなしの良さは絶対おかしい(苦笑51才の自分は [続きを読む]
  • 乱取り
  • 流派の特徴を全面的に出している乱取りなので公開する訳にはいきませんが、局面はOKです。相手を重みで崩して転がしてしまう技。この道場生相手には自由乱取りの中で実用レベルで使えています。彼は私よりも20キロ以上重いので十分な結果です。とは言っても現状では調子の良い時の動画だと遠慮気味に言っておくべきでしょう。まだまだ安定していません。先週出来たある種の技が今週は出来ない・・・なんていう事が良くあります。 [続きを読む]
  • 第11回 高明塾居合セミナー
  • 無双直伝英信流第21代宗家 関口高明先生。世界を股にかけた武神、現代の侍そのもののお方です。厳しさ、やさしさ、行動力、そして腕前。どれをとっても今の自分では手が届きそうにありませんね・・・変幻自在の太刀筋は言うに及ばず、柄当ての技は柔術的な技法と居合の理合が高度に融合されていてそれを自在に変化させる先生の頭の中は一体どうなっているのだろうか?見事なものです。今回も圧倒的な力量の差を感じながらも武術 [続きを読む]
  • 居合
  • 動画は私です。少し雑ですが勢いを意識しました。土日は関口先生による居合セミナーでした。いつもの事ながら色々な場面で伝承に対する強烈な厳しさを感じたセミナーでした。「戦い」と言うことに対して、自らの生き方を通して教えてくれる師匠にはなかなか巡り合う事は出来ないと思います。国を超えた次元で武道人の果たすべき役割として平和をいかにもたらす事ができるのか・・・敵とは殴り合うものという幼稚な発想の愚かさに身 [続きを読む]