iwane さん プロフィール

  •  
iwaneさん: 日々徒然 正和流
ハンドル名iwane さん
ブログタイトル日々徒然 正和流
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/seiwaryu
サイト紹介文和合の武道 正和流 岡山で体術、居合術、気功術を修練する団体です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 299日(平均1.2回/週) - 参加 2016/08/27 10:50

iwane さんのブログ記事

  • 武は祈りに通ずる
  • 武道修錬は禊であり、平和への祈りの姿でもあると考えています。正和流の基本動作である回転運動を縮小していくと合掌の形になります。合掌は真心を持って祈る姿です。また合掌を気功の観点でみると、心を落ち着けストレスを軽減する作用と、自律神経を整える働きもあるようです。合掌は祈りであると共に心身調整の型と言えます。 [続きを読む]
  • うねりを伝える
  • 動画は同じ技の二種類。前半は腹の力をうねりによって腕を伝わせ相手の肩を崩しています。後半は表面上のうねりを消す事に成功!意識の用い方によって力の伝わり方を変えています。受けを取っている道場生は右腕に対する技が掛かりにくかったのですが、右肩には問題無く力が伝わっています。彼の右腕にはなぜ技が掛かりにくいのか?師匠の技は彼の右腕にも問題無く力が伝わっていたのでそもそもの私と師匠では力の質が違うのでしょ [続きを読む]
  • 居合 親子修錬
  • 親子修錬、続いています^_^4月末から色々忙しく出来ませんでしたが、今月から何とか再開です。何事も継続が重要です。細く長くでも続けてさえいれば個人の歴史としては取り組んで来たと言える材料になります。そこから広がる何かがあるかも知れません。現代においては武術は戦う事よりも技を如何に修めるかが重要だと考えます。戦いのロマンに浸る事も否定するつもりは毛頭ありません。自分自身もそういう時代があったので武道を [続きを読む]
  • 武は舞に通ずる 二刀流の舞
  • 武は舞に通ずる。これは先々代の師匠の教え。円運動は特に舞に転じやすい。角度を和らげ速度を緩め拍子に合わせれば、武術としての型はそのまま舞になります。動画は二刀の舞。両手で扱うには少し刀が長いので長脇差ぐらいがちょうど良いでしょうね。武術を戦いの目的のみにて行う事は現代社会ではナンセンス?と感じる人もいるに違いありません。私自身も武術修錬において戦いの備えを忘れる事はありませんが楽しむために行うとい [続きを読む]
  • 鬼ノ城にて
  • 師匠と一緒に総社市にある鬼ノ城へ登りました。鬼ノ城は言い伝えによると吉備津彦命による温羅退治が桃太郎伝説につながっているらしい。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E7%BE%85考古学的には新羅と唐の連合軍に対して倭国と百済の連合軍が大敗した白村江の戦いの後、半島からの侵略に備えた防衛施設だという説も。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E3%83%8E%E5%9F%8E解明されていない謎の多い鬼ノ城だが朝鮮半 [続きを読む]
  • 岡山の吉備津彦神社にて
  • 一昨年、師匠と共に訪れた時には龍が宿ると言われる千年杉の気を堪能しました。今回もまた同じ杉の気と交流していたところ、「木は一度でも訪れた人を決して忘れていない。再会を喜んで気の交流をしてくれる。」「周辺にある木々の気も中心となる木に吸い寄せられ、敷地内全体との気の交流になる」「木によっては人の気を吸い取るものもあるから用心が必要」「まずは自分の気を与えた後に木から気を受け取るのが気の交流を行う際に [続きを読む]
  • 諸行無常も何のその・・・
  • 4月、5月は大きな出来事がありました。特に4月は人生の節目を迎えました。誰しも通る道です。人生は諸行無常。変化への対応こそが生きる事の現実。さて、先日例によって数日間、師匠より教えを受けていました。70才になる師匠。確実に老いているはずなのにその差は縮まるどころか広がっているようです、今のところ・・・我が身の才能の無さが嘆かわしい^^;あの年齢であの身のこなしの良さは絶対おかしい(苦笑51才の自分は [続きを読む]
  • 乱取り
  • 流派の特徴を全面的に出している乱取りなので公開する訳にはいきませんが、局面はOKです。相手を重みで崩して転がしてしまう技。この道場生相手には自由乱取りの中で実用レベルで使えています。彼は私よりも20キロ以上重いので十分な結果です。とは言っても現状では調子の良い時の動画だと遠慮気味に言っておくべきでしょう。まだまだ安定していません。先週出来たある種の技が今週は出来ない・・・なんていう事が良くあります。 [続きを読む]
  • 第11回 高明塾居合セミナー
  • 無双直伝英信流第21代宗家 関口高明先生。世界を股にかけた武神、現代の侍そのもののお方です。厳しさ、やさしさ、行動力、そして腕前。どれをとっても今の自分では手が届きそうにありませんね・・・変幻自在の太刀筋は言うに及ばず、柄当ての技は柔術的な技法と居合の理合が高度に融合されていてそれを自在に変化させる先生の頭の中は一体どうなっているのだろうか?見事なものです。今回も圧倒的な力量の差を感じながらも武術 [続きを読む]
  • 居合
  • 動画は私です。少し雑ですが勢いを意識しました。土日は関口先生による居合セミナーでした。いつもの事ながら色々な場面で伝承に対する強烈な厳しさを感じたセミナーでした。「戦い」と言うことに対して、自らの生き方を通して教えてくれる師匠にはなかなか巡り合う事は出来ないと思います。国を超えた次元で武道人の果たすべき役割として平和をいかにもたらす事ができるのか・・・敵とは殴り合うものという幼稚な発想の愚かさに身 [続きを読む]
  • くっつく手
  • 握っていないのに手の平と手の平がくっついてしまいます。人によっては離そうとすると体が硬直してしまい自由を完全に失うようです。勿論、私のレベルでは全く効かない人もいます。しかし毎週のように感覚が変化して力が増幅しているように感じます。このまま右肩上がりにいきたいものですね。動画は経過を報告しているに過ぎず。到達なんて言えるレベルに達するにはまだまだ先の先。その程度です。されど本人的には手応えは十分に [続きを読む]
  • 円運動と重心移動と気の力
  • 円運動と重心移動と気の力動画は動きの基礎訓練です。正和流は円運動を中心とした武道です。時として楕円の1部分だけを捉えれば直線に近い曲線の場合もあるし、極限まで縮小すれば点として収まる事もあります。ただ単純にぐるぐると回るだけでは無いのです。また動力源としては重心移動のエネルギーを有効活用します。筋力によって得られるパワーと比べると重心移動によって得られるエネルギーの大きさは比較になりません。難しい [続きを読む]
  • 正和流親子修錬
  • 何とか続いております!居合を中心に初伝の前と番外早浪の型を稽古。前は居合における全ての基本。早浪はいくつかの型を統合した型。基本となる型を押さえつつその先にある型にまず慣れ親しむ。これは私が教わったのと同じ順序。細かな基礎から順番に教わるのでは無く、型を練る毎に基礎が磨かれていく方式。効率が良いか悪いかはその人に合っているかどうか。少なくとも自分の場合はそれで良かったと感じています。娘にも同じやり [続きを読む]
  • 電撃
  • 先日の稽古では右手で肚の力が伝わりにくい不調が解決。原因はよく分からないが基本的な部分に気づきアリです。あれっと思う現象もありました。これは左手の話。稽古中に手首を取らせて投げていると道場生から手首に弱い電気が走ると言われる事があります。しかしこの日はバチッと感電したように強い電流が走ったらしく、「今のもう喰らいたくない」という拒否る道場生。投げられたく無いのでは無く、投げる際の手首の感電はもうイ [続きを読む]
  • 進歩
  • 昨年、師匠に食らった技が出来るようになってしまいました。相手の構えを肚の力で打ち体制を完全に崩す。そこまで出来れば後は何でも出来る訳ですがこの崩しが私には難しかった。しかし出来てしまった。誰に対しても同じように出来るかと言えば1人1人反応が違うのでそう簡単にはいかないでしょうが、とりあえず大きく前進。最近右手での肚の力の伝え方が左と比べて著しく弱いと感じていたのですがそれも解決!ほんのちょっとした [続きを読む]
  • 会心の投げ
  • 長い間武道をやっていると出来なかった事が出来るようになる瞬間があります。この動画は正にその瞬間。映像的にはどうという事は無いかも知れませんがこの時の本人的には大いに手応えあり。この手応えを忘るべからず・・・・ [続きを読む]
  • 試行錯誤
  • 師匠から教わっている気の修錬。慣れて来ると色んな事が出来る事に気づきました。ただし武術の技として即使えるかと言えば現状では答えはNO。動画はあくまでパフォーマンスを通して気功修錬の成果を確認するためのものだと思ってみてやって下さい。力の方向と意識の向け方、体の使い方、それらによってどのように変化があるのか・・・やればやるほど興味が尽きないですね。最近は相手を壁まで押し飛ばすパフォーマンスも安定感が出 [続きを読む]
  • 基本動作
  • 昨日は久しぶりに仕事と子育てでお休み中の道場生Wさんに会いました。彼女がお休みに入ってから師匠に受けた新たな内容を少しだけレクチャー。心にヒットした様子でした。簡単な動作でこれほど効果が現われる事に驚いたようでした。基本動作の持つポテンシャルの高さを実感。師匠から教わる前にはこの基本動作の意味を私自身もあまり分かっていませんでした。正和流は基本に始まり基本に終わる。基本が全てです。客観的に見ると寿 [続きを読む]
  • 投げ技について。
  • 師匠直伝の古伝の投技と言うのがあります。古伝と言ってもたかだか40年程前の技なので古流の常識からすれば古伝とは言えませんが、我々にとっては古伝にあたる幻の投技なのであります。もしかしたら正和流を古流の一派と思っている人もいるかも知れませんが我々は古流ではありません。れっきとした現代武道です。正和流では柔道に似たようなものから独特な捨身技まで色々な投技がありますが、代表的なものは体落としに似た技にな [続きを読む]
  • 成果
  • 師匠から申し渡されていた課題を半年やったおかげで足の裏の感覚が完全に変わった!さらに他の体感もどんどん変わっている。発勁の修練をしていると背中から焚き火にあたっているような感じ。以前と比べるとまるでターボがかかっているような感じかな。完全では無いが安定感も出てきた。今しばらく修練を続ければ現実的な成果が出るだろうか・・・今の段階ではパフォーマンスに過ぎないが、ジェダイみたいにフォースでぶっ飛ばして [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • 新年明けましておめでとうおめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。様々な向上と発展がありました。若干の試練もありましたがそれも気付きの糧として向上に繋がっていると思います。現象的な一喜一憂の事柄にとらわれず、魂の深いところで武術の道を真っ直ぐに生きていけるように精進したいと思います。どうぞ今年もよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 稽古納め
  • 今日は稽古納め。無事に終了しました。1時から5時までがっつりと。あっという間に時間は過ぎますね。時間はいくらあってもまだまだ足りない。あれもやろうこれもやろうと思いつつ限られた内容の稽古でしたが、個人的には向上を確認出来たので、意気揚々と新年を迎えられそうです。 [続きを読む]
  • 乱取り
  • 先日の稽古では久しぶりにメンツが揃ったので乱取り中心の稽古をしました。我々の乱取りはいわゆる格闘技のルールによるスパーとは違います。正和流の特質に磨きをかけるためのものです。勿論、希望者だけです。健康目的の人がやる必要はありません。グローブ空手や総合格闘技など、あのルールでスパーを繰り返せば見慣れたスタイルへと洗練される事は自然なことです。我々正和流はスパーを行う事によって流派の根幹となる動きが制 [続きを読む]