iwane さん プロフィール

  •  
iwaneさん: 日々徒然 正和流
ハンドル名iwane さん
ブログタイトル日々徒然 正和流
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/seiwaryu
サイト紹介文和合の武道 正和流 岡山で体術、居合術、気功術を修練する団体です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 244日(平均1.2回/週) - 参加 2016/08/27 10:50

iwane さんのブログ記事

  • くっつく手
  • 握っていないのに手の平と手の平がくっついてしまいます。人によっては離そうとすると体が硬直してしまい自由を完全に失うようです。勿論、私のレベルでは全く効かない人もいます。しかし毎週のように感覚が変化して力が増幅しているように感じます。このまま右肩上がりにいきたいものですね。動画は経過を報告しているに過ぎず。到達なんて言えるレベルに達するにはまだまだ先の先。その程度です。されど本人的には手応えは十分に [続きを読む]
  • 円運動と重心移動と気の力
  • 円運動と重心移動と気の力動画は動きの基礎訓練です。正和流は円運動を中心とした武道です。時として楕円の1部分だけを捉えれば直線に近い曲線の場合もあるし、極限まで縮小すれば点として収まる事もあります。ただ単純にぐるぐると回るだけでは無いのです。また動力源としては重心移動のエネルギーを有効活用します。筋力によって得られるパワーと比べると重心移動によって得られるエネルギーの大きさは比較になりません。難しい [続きを読む]
  • 正和流親子修錬
  • 何とか続いております!居合を中心に初伝の前と番外早浪の型を稽古。前は居合における全ての基本。早浪はいくつかの型を統合した型。基本となる型を押さえつつその先にある型にまず慣れ親しむ。これは私が教わったのと同じ順序。細かな基礎から順番に教わるのでは無く、型を練る毎に基礎が磨かれていく方式。効率が良いか悪いかはその人に合っているかどうか。少なくとも自分の場合はそれで良かったと感じています。娘にも同じやり [続きを読む]
  • 電撃
  • 先日の稽古では右手で肚の力が伝わりにくい不調が解決。原因はよく分からないが基本的な部分に気づきアリです。あれっと思う現象もありました。これは左手の話。稽古中に手首を取らせて投げていると道場生から手首に弱い電気が走ると言われる事があります。しかしこの日はバチッと感電したように強い電流が走ったらしく、「今のもう喰らいたくない」という拒否る道場生。投げられたく無いのでは無く、投げる際の手首の感電はもうイ [続きを読む]
  • 進歩
  • 昨年、師匠に食らった技が出来るようになってしまいました。相手の構えを肚の力で打ち体制を完全に崩す。そこまで出来れば後は何でも出来る訳ですがこの崩しが私には難しかった。しかし出来てしまった。誰に対しても同じように出来るかと言えば1人1人反応が違うのでそう簡単にはいかないでしょうが、とりあえず大きく前進。最近右手での肚の力の伝え方が左と比べて著しく弱いと感じていたのですがそれも解決!ほんのちょっとした [続きを読む]
  • 会心の投げ
  • 長い間武道をやっていると出来なかった事が出来るようになる瞬間があります。この動画は正にその瞬間。映像的にはどうという事は無いかも知れませんがこの時の本人的には大いに手応えあり。この手応えを忘るべからず・・・・ [続きを読む]
  • 試行錯誤
  • 師匠から教わっている気の修錬。慣れて来ると色んな事が出来る事に気づきました。ただし武術の技として即使えるかと言えば現状では答えはNO。動画はあくまでパフォーマンスを通して気功修錬の成果を確認するためのものだと思ってみてやって下さい。力の方向と意識の向け方、体の使い方、それらによってどのように変化があるのか・・・やればやるほど興味が尽きないですね。最近は相手を壁まで押し飛ばすパフォーマンスも安定感が出 [続きを読む]
  • 基本動作
  • 昨日は久しぶりに仕事と子育てでお休み中の道場生Wさんに会いました。彼女がお休みに入ってから師匠に受けた新たな内容を少しだけレクチャー。心にヒットした様子でした。簡単な動作でこれほど効果が現われる事に驚いたようでした。基本動作の持つポテンシャルの高さを実感。師匠から教わる前にはこの基本動作の意味を私自身もあまり分かっていませんでした。正和流は基本に始まり基本に終わる。基本が全てです。客観的に見ると寿 [続きを読む]
  • 投げ技について。
  • 師匠直伝の古伝の投技と言うのがあります。古伝と言ってもたかだか40年程前の技なので古流の常識からすれば古伝とは言えませんが、我々にとっては古伝にあたる幻の投技なのであります。もしかしたら正和流を古流の一派と思っている人もいるかも知れませんが我々は古流ではありません。れっきとした現代武道です。正和流では柔道に似たようなものから独特な捨身技まで色々な投技がありますが、代表的なものは体落としに似た技にな [続きを読む]
  • 成果
  • 師匠から申し渡されていた課題を半年やったおかげで足の裏の感覚が完全に変わった!さらに他の体感もどんどん変わっている。発勁の修練をしていると背中から焚き火にあたっているような感じ。以前と比べるとまるでターボがかかっているような感じかな。完全では無いが安定感も出てきた。今しばらく修練を続ければ現実的な成果が出るだろうか・・・今の段階ではパフォーマンスに過ぎないが、ジェダイみたいにフォースでぶっ飛ばして [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • 新年明けましておめでとうおめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。様々な向上と発展がありました。若干の試練もありましたがそれも気付きの糧として向上に繋がっていると思います。現象的な一喜一憂の事柄にとらわれず、魂の深いところで武術の道を真っ直ぐに生きていけるように精進したいと思います。どうぞ今年もよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 稽古納め
  • 今日は稽古納め。無事に終了しました。1時から5時までがっつりと。あっという間に時間は過ぎますね。時間はいくらあってもまだまだ足りない。あれもやろうこれもやろうと思いつつ限られた内容の稽古でしたが、個人的には向上を確認出来たので、意気揚々と新年を迎えられそうです。 [続きを読む]
  • 乱取り
  • 先日の稽古では久しぶりにメンツが揃ったので乱取り中心の稽古をしました。我々の乱取りはいわゆる格闘技のルールによるスパーとは違います。正和流の特質に磨きをかけるためのものです。勿論、希望者だけです。健康目的の人がやる必要はありません。グローブ空手や総合格闘技など、あのルールでスパーを繰り返せば見慣れたスタイルへと洗練される事は自然なことです。我々正和流はスパーを行う事によって流派の根幹となる動きが制 [続きを読む]
  • 未来志向
  • 師匠から教えを受けている腰の力。少しづつ安定感が出て来た。以前よりは成功する頻度が高くなってきている事は確か。とは言えまだまだ誰に対してもという具合にはいかず、感応しやすい人を選んでいる状態だから実用性という意味では全く目処はたっていない。しかしそうであっても筋力、体力に頼る事無く、年齢を重ねても向上していける道に立つことが出来た。その意味では目処はたったと言えるでしょう。50代ともなると体力的に [続きを読む]
  • 寝技
  • 昔・・・マチャド柔術の青帯と寝技勝負をした事があります。しかもアメリカ人(@_@)当時、柔道二段の先輩がいて時々寝技でもみくちゃにされてました。先輩は学生時代には県大会で入賞、しかも一本勝ちは全てが寝技。知る人ぞ知る伝統的に寝技が強い土地柄の人で、私なんかの寝技素人代表は全く歯が立ちませんでした。そうかと思えば同じ柔道二段の稽古仲間、彼はプロ格闘技の経験もあって自信満々の人間でしたが彼には何故か負けた [続きを読む]
  • 龍泉寺
  • 親子三人で岡山市の龍泉寺に行ってきました。龍神伝説のあるこの寺。前から気になっていました。修行場として滝があります。威圧感がある場所ですね。厳しい雰囲気に満ちていて身が正されるような思いがします。足を踏み入れる時には心して行くべし。本殿にお参りした後、伝説のある龍王池へ。この池自体が八大龍王の御神体だそうです。目の前に広がる龍王池の澄み切った感じは滝場と違った雰囲気で最高に心地よいです。それにして [続きを読む]
  • 正和流の棒術
  • この棒術は我々にとっては幻の武術。際立った特徴を持っているこの棒術は本来12000手あったようです。その全貌は失われましたが主要な技の一部の伝授を受けております。元より12000手の技など人間の記憶容量を遥かに超えており、その成立過程は謎だらけ。その技を先代から伝えられた師匠が語られる時には、「本当か嘘か分からないが」と言う枕詞が付く程です( ̄^ ̄)ゞ [続きを読む]
  • 師匠と・・・
  • 師匠と一緒にあちこちの寺や神社を巡りました。気の良い場所を好まれるので毎回色んな場所を案内しながらここは良いと言われるとホッとします。ホッとすると同時にその場所は師匠のお墨付きの場所という事になります。画像の赤みがかった岩は車で通りがかった折に偶然目に入って止まれと緊急停止の命令を受け、(苦笑上手い具合に入る事の出来た反対車線にあったお茶屋さん。和風のカフェですね。岩に掌を当ててOリングテストをす [続きを読む]
  • 師匠との稽古
  • 進化する師匠とそれを追いかける自分。原型と進化型の双方を伝授してくれています。ありがたい事ですね。一手でも多く学びたいと思っているのですが師匠は覚える必要は無いと言います。テクニックは問題では無い、忘れても構わない・・・と。根本を理解すればあとは自然に技が湧き上がるようになるのだそうで、方程式に従って解答を自由に得ているらしい。自分のレベルからすると雲を掴むような話だが喉から手が出るほど欲しい境地 [続きを読む]
  • 源流
  • 一週間、師匠からみっちりと教えを受けていました。我々の流儀の原型の技術、忘れ去られた技術を色々と教わりました。流儀がある方向性で固まってくる事で動きの整合性などが確立され学びやすくなってくる面がある一方で、主流では無くなり忘れ去られていく技術もあります。忘れ去られた技術が実は重要であったりするようで、今回はそんな貴重な技の原型の学びが印象的でした。 [続きを読む]
  • 正和流女子
  • 約一年ぶりに稽古に来てくれた正和流女子。仕事の都合でなかなか来れませんが県外から車を運転してやってきました。武道の指導者は学校の先生よりも良いと思われる点があります。小学生は卒業すると中学校、そして三年後には高校へと進学します。区切りがあるので限られた時間の付き合いです。それはそれで良い点もあると思われますが・・・学校と違って武道の場合は事情が許す限り子供達が大人になっていく過程をずっと見届ける事 [続きを読む]
  • 無駄を削ぐ
  • 武道に限らずこの世のあらゆる事は姿かたちは言うに及ばず言葉によって思想においても脚色されている事が多いですね。人は誰しも自分はこうなんだという強烈な自己主張を持っています。生きていく上では程度の差はあれどそうならざるを得ないですね。見栄や意地は誰にでもあります。自分自身もそうです。いつのまにか自分の枠組みで物事を見つめるようになっていまいます。そこで心の枠組を一旦外して無駄を極力削ぎ落としたそのも [続きを読む]
  • 回し打ち三連打
  • フルスイングです。相当な大振りですが重心移動のエネルギーを使う事がテーマの稽古ですね。一撃目がポイントです。正和流には所謂ストレートはありません。ストレートに近いロングフック的な打ち方はありますが純粋な直突きは使いません。これは流派としてのアイデンティティに関わる事でボクシングに蹴りを加えたらキックボクシングであってボクシングにはならないみたいな事です。回転運動を軸に技が構成されている訳ですが動画 [続きを読む]