セイクred さん プロフィール

  •  
セイクredさん: もう迷わない!墓石・納骨の事がよくわかるサイト
ハンドル名セイクred さん
ブログタイトルもう迷わない!墓石・納骨の事がよくわかるサイト
ブログURLhttp://gravestone-jp.xyz
サイト紹介文老後のお墓や納骨などの問題にこのサイトでは現役石屋の管理人がそれらの情報を配信してゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 325日(平均2.6回/週) - 参加 2016/08/28 06:59

セイクred さんのブログ記事

  • 賛否両論な樹木葬とは?今後葬送の主流になり得るか?
  • 現代では葬送の形も増え納骨=お墓ではなくなってきています。自然葬の代表と言えば海洋葬と樹木葬があげられますが、両者は似て非なるものなのです。海洋葬は法律の範ちゅう外のグレーゾーンに対し樹木葬は墓埋法の許可を得た区画で違法性はありません。そんな樹木葬にも当然メリット、デメリット賛否両論ある訳ですが、それぞれのご家庭の事情を最大限考慮した場合樹木葬が良いご家庭とお墓が良いご家庭があります。 [続きを読む]
  • お盆にお墓参りに行かない・しない人はバチアタリなのか?
  • お盆はご先祖様を迎え共に過ごす期間であるから必ずきちんとする。お盆は貴重な長期休暇だから旅行やレジャーに行く為の期間である。どちらも間違いでもなければ正しい訳でもありません。人それぞれの考え方がありますので、お盆にお墓参りに行かないのはバチアタリ!とは言えません。お盆にお墓参りに行かない・しないのであればその期間だけでも御先祖様に感謝の気持ちを持つことだけでいいのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 納骨式の段取りと必要な物とは?
  • 納骨式でお墓がある家庭では仏教だと四十九日、神道だと五十日に行う事が多いのですが、通夜・葬儀が終わったとしても一息ついている暇はありません。すぐに四十九日法要と納骨式の準備に取り掛からなくてはなりません。段取り良くしないと四十九日に間に合わなくなったり、当日埋葬できなくなってしまうなんて事もあり得ます。そこでこの記事では納骨式の段取りと必要な物をリストにしましたので初めて喪主を務める方などは参考に [続きを読む]
  • 墓石のつくばいの意味と現代だからこそ心に響く吾唯知足とは?
  • つくばいはある程度広い区画の墓所でその姿を見る事ができますが、何の役目なのかわからない方が多いようです。つくばいは元々茶室に入る前に手を清める茶道の心得からきており、お参りする前に心身とも清める為に設置されています。そんなつくばいは色々な種類があるのですが、水戸黄門こと徳川光圀が寄進したと言われる知足のつくばいと言われるものが現代人の心にも響く深い意味があります。 [続きを読む]
  • 過去帳、見台の種類と選び方
  • 過去帳には大きく分けて金襴タイプ、唐木タイプ、蒔絵タイプがあります。それぞれに特徴がありますので自分に合った物を選べばいいのではないでしょうか。そして見台は過去帳には不可欠ですので過去帳のイメージに合ったものを選ぶようにしましょう。過去帳選びのヒントになればいいですね。 [続きを読む]
  • 野位牌の意味がわからない!いつまでに処分すれば?
  • 葬儀の際白木の位牌が二つある場合があります。一つは内位牌と言われるもの、そしてもう一つは野位牌と呼ばれるものですが、この野位牌の役目がいまいちわからない方が多いようです。野位牌は元は土葬の際に墓標が出来上がるまでの標としての意味があり内位牌と区別されていましたが、現代では火葬が99%を超えていますので、野位牌の意味はあまりありません。 [続きを読む]
  • 改葬許可証を無資格者に手数料を払い代行してもらったらダメ!
  • 近年首都圏においては改葬が爆発的に増えてきています。その要因として首都圏にお住まいの方々が郊外から都心部の納骨堂などに遺骨を移す改葬が増えているからです。昔は都市部にそのような便利な納骨堂がありませんでしたが、都市部を中心に交通の便が良い所が次々と出来てきているからの様です。又少子高齢化の影響で遠方にお墓があってもお参りに行けないからという理由も大きいようです。改葬するためには改葬許可証が必要にな [続きを読む]
  • 納骨の際戒名なしだと出来ない場合もある三つのケース
  • 戒名は無いといけないものなのでしょうか?それは納骨場所によって違ってきます。公営霊園や民営霊園ではあっても無くても納骨できますが、寺院墓地は戒名が無いと納骨する事が出来ません。それは寺院墓地にはその寺院で全ての儀式である宗教行事を執り行う必要があるからです。これを知らずに約束を破った場合は最悪離壇しなくてはならなくなるので注意が必要です。 [続きを読む]
  • 蓮の花は仏教において何故意味ある花なのか
  • 蓮は仏教においては大事な象徴的な花となっています。仏像などを見るとそこには蓮があります。極楽浄土には蓮が咲きほこっており、神聖なものなのです。蓮はドロの中でこそ大輪の花を咲かせることが出来き、そのドロこそ人生においての困難と考えれば人生を豊かに過ごす事が出来ると考えられるのです。そんな仏教的な考え方には不釣り合いなモータースポーツで蓮を絵にかいたようなドライバーがいました。その名こそ不屈のアスリー [続きを読む]
  • 手元供養品を処分することになった場合どうすれば?
  • 少子高齢化により近年では葬送の形が変わってきています。今までは亡くなったらお墓と言うのが通常の葬送の形でしたが、跡継ぎ不在などの理由からお墓以外の方法である、散骨や永代供養、手元供養など新しい形の葬送方法を選ぶ方が増えています。中でも手元供養は近年増えておりいつでも故人を身近に感じていたいと思われる方に人気があります。しかしそんな手元供養も未来永劫手元に置き続けることは難しいのです。いつかは処理し [続きを読む]