lemmmon さん プロフィール

  •  
lemmmonさん: 甘さとスッぱさと
ハンドル名lemmmon さん
ブログタイトル甘さとスッぱさと
ブログURLhttp://lemmmon.blog.fc2.com/
サイト紹介文花男2次つくつかです。私なりにつくしをハッピーにしてあげたいです。
自由文つくつかカップルおたくのブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供269回 / 201日(平均9.4回/週) - 参加 2016/08/28 07:16

lemmmon さんのブログ記事

  • 世界に一つだけの婚姻届
  • 伏字にしてますが実際の企業団体様とは何の関係もない話です。あくまで筆者の妄想話と言う前提でお話を楽しみ下さい。プルルルル、、、「はい。ゼク○ィ編集部です。」「はいっ?、、、はい、、はい。は、、あ、分かりました。はい。確認して折り返しご連絡頂きます。」入社4年目福田里奈は今電話を終えた3つ先輩の藤田奈緒に声をかけた。「奈緒先輩、ご連絡致します、、では?」「・・・信じられない。」「・・どうかしたんですか [続きを読む]
  • ホワイトデーの日に 4【完】
  • BVL●ARIを出た俺は邸に帰る車中電話をかけた。向こうとの時差を考えるとあっちは朝方くらいか?まぁ、ガキもいる事だし起きているだろうと思いコールするが取りやしねぇ、、「・・・・・司?あんたこっちは何時だと思ってんのよ、、」怒りのこもった声だが、事が事だけに俺も負けねぇくれーの声で応答する。「・・さっき、BVL●ARIの柳澤と会って来た。姉ちゃん、俺が牧野にやったネックレスの事で何か知ってんな?」「・・・・・ [続きを読む]
  • ホワイトデーの日に 3
  • 本文に入る前に前話に出て来た暗号をまだ知らないって人は、一つ前の記事を読んでみて下さいね。後から知りたかったって言っても私はどうしようもありません。m(_ _)mそれからすぐ解読されると思ったのですが、いただいたコメントの方々には難しかったようです。みなさんあまりクイズ番組とか見ないのかもしれませんね。フジテレビ火曜19時の今夜はナゾトレとか私好きなんですよね。毎回は見れてないですけど。つくしの部屋に泊ま [続きを読む]
  • 暗号公開
  • おはようございます。いつも当ブログに来ていただきありがとうございます(^-^)最近は不定期で書き終えたら直ぐに投稿という形を取らせていただいているので、何度もブログに来てもらっている方もいるのでしょうか?ブログ村への新着情報も反映してなくて、わざわざ通う事になっている方もいるかもしれませんね。↑コレに関してはもう当ブログを知ってる方のみで良いかなと思い、わざわざ反映するようにはしてません。なぜ自動的に [続きを読む]
  • ホワイトデーの日に 2
  • 会議の最中ふと気付く。何故このタイミングなのかは自分でも分からねぇ。だがこういうところがあるからこそ、俺の事を野獣だとかぬかす奴がいるのかも知れねえ。俺は目線で秘書に休憩を促した。会議室を出て、俺はさっとスマホに目をやる。スマホは消音でバイブも付けてなかったが、やはりLINEの着信があった。つくしからだ。“今夜来る?”このメッセージに俺は考えた。長年の交際でつくしの行動は把握している。ならばこのメッセ [続きを読む]
  • ホワイトデーの日に 1
  • 書類に向けていた目を離し一息付き、左腕にチラッと視線をやる。10分。ようやく作れた時間だ。10分後には秘書が会議へと声かけにノックするだろう。俺はデスクの引き出しを開け、小さな箱を取り出した。店の名前だろう筆記体の文字がプリントされたその箱にはカードが一枚入っていた。カードに付いた甘い香りが指先に移る。これは3日前にバレンタインだと恋人から貰った残骸だ。例年であれば手作りのチョコレートをプレゼントして [続きを読む]
  • カカオの含有量?
  • 道明寺ホールディングスビルここは道明寺ホールディングス日本支社が所有するビルで、その多くのフロアーは道明寺の日本支社が使用しているが、別の企業や団体も入居しており、いわば複合ビルである。とはいえ、その企業や団体は道明寺に関連する企業等で、今俺がいるのもその関連団体の一つだ。俺は今フロアー5階にあるDMJ健診センタークリニックにいる。ここは道明寺ホールディングスに勤務する者達の健診業務が主だが、外部の健 [続きを読む]
  • カカオは関係無い
  • NY時代、俺は眠りが浅かった。世界経済は24時間どこかで必ず動いている。そんな世界経済を見るために先進主要国を飛び回ってもいた。経済の動向を敏感にキャッチするためだったり、移動先での時差だったりでいつしか深い眠りとは縁遠くなっていった。そんな俺が夜中ふと目を覚ました。寝ぼけた頭で何故か考えていると、横にいるはずの女がいねぇ。いや、いるんだが俺から離れてやがった。ベッドの縁ギリギリに寝てやがる。俺達が寝 [続きを読む]
  • カカオ貰ってねぇわ。
  • 俺は自分が特別な存在だと思っていた。それはひとえに環境による物だと思っていた。道明寺財閥の御曹司として生を受け、それが特別扱いされる原因だと。それも間違ってはいないが、多くの事を知り考え方が変わっていった。俺は秀ででいるんだ。エネルギーの量が。物事を行おうとする場合、する量に対してそれを実行する体力が必要とする。車で言えば長距離を運転しようとしても、車に積載できるガソリンの量に限りがありその量の分 [続きを読む]
  • カカオシリーズを終えて
  • おはようございます。えっと、今日から3月ですね。バレンタイン企画のお話。昨日には終えたかったのですが、昨晩は寝落ちしてしまいました。と言うのもラストをどうするか迷いに迷った挙句、夕方近くに全部白紙にして書き直したんです。つかつくの王道を目指して書いたお話、どうだったでしょうか?途中脱線したようで、ブロともの作家さんには笑われてしまいましたが。いや、笑ってもらえたのかな?やはり私は私で、こんな話しか [続きを読む]
  • カカオ50%甘すぎも程々に、、
  • 東京丸の内のビル群の中でも群を抜いてそびえ立つ道明寺ホールディングス日本支社。多くのビジネスマンが行き交い、日本経済の中枢を担うとだけあって今日も忙しなく動いていた。が、その社内ではある一部の人間によってミッションが遂行されようとしていた。そのミッション、初めは簡単だと思われていただけに失敗が重なり関係者は肩を落としていた。それだけそのミッションの遂行を待ち望まれていたのだ。「来たわ!」カツカツカ [続きを読む]
  • カカオ特別編媚薬注入
  • 司が帰って、力が抜けたつくし。司との認識の差は感じていたが、それを今すぐ埋めろといっても無理な事なのであえて気にしないようにしていた。疲れを感じ、ベットに横になったとたんに襲われる睡魔。スマホがLINEの通知を知らせたが無視して眠っていた。そして昼過ぎになり、腹の虫を流石に無視出来なくなり起きる事にした。考えてみれば二日酔いで朝食もろくに食べてなかった。台所に行き、カップ麺にお湯を注いでスマホの着信を [続きを読む]
  • カカオ68%ちょいビター
  • 6畳の居間にある小さなローテーブルを挟んで対面で座るつくしと司。昨夜飲んだ秘書課のメンバーから来たLINEはとても信じられたものではなかった。副社長の第一秘書の中山が昨夜の事を聞いてきたと言うのは分かる。だが、副社長がアクションを起こしたりしてと言った事には何を言っているんだとスマホを放り投げたものだ。しかしその後受付課の後輩から来たLINEにはかなり焦らされた。副社長の外出動向を知る彼女達が予定にない外 [続きを読む]
  • おはようございます
  • おはようございます。lemmmonです。いつも『甘さとスッぱさと』にお越しいただきありがとうございます。さて、現在バレンタイン企画の短編?を執筆中ですが6:00の今朝の投稿に間に合いません。この短編2月内には終えたいので、執筆出来次第投稿したいと思ってます。なので投稿時間が予告出来ません。本当にすみません。ゆるいブログ運営ですが、これからもよろしくお願いします。m(_ _)m [続きを読む]
  • カカオ72%まだビター
  • つくしが秘書課に移動して自分のチームに来てから司は絶好調だった。やや下降ぎみだったプロジェクトも強気の姿勢で盛り返し、纏まった時には司の独壇場だった。それは正につくしの存在があってこそ。執務室を出る際には笑顔で見送られ、執務室へと帰って来れば笑顔で出迎えられる。つくしに背中を見せる事を意識し、帰って来る時には成果を必ず携えたかった。たとえ二人の仲が進展しなくても、つくしから向けられる視線からは尊敬 [続きを読む]
  • カカオ75%そうきたか、、
  • 以下の者を今日付けで移動とする。牧野つくし受付課 → 秘書課あれから2週間後、業務を始めたつくしの目に飛び込んできたのは、自分に対する辞令交付書だった。いつもの様に総務で連絡事項をしようとすると、書類の一番上に置かれて渡されたのである。事態を飲み込む間も無く引き継ぎを行い、最上階の秘書課へと向かう。つくしは戸惑っていた。なぜならこの時期の辞令など聞いた事がない。おまけに内示すらなかったのだ。秘書 [続きを読む]
  • カカオ78%救世主現る。
  • 受付課主任牧野つくしは、副社長の道明寺司が女性社員を評価していないと思っている。だが、道明寺ホールディングスは日本企業でありながらNYを拠点としているため企業体質は欧米スタイルをいち早く取り入れていてかなり女性の進出は進んでいた。そのため管理職と呼ばれる部長級にも女性は数多くいて、道明寺ホールディングス日本支社は多くの女性社員に支えられて成り立っていた。(もちろん女性以上に優秀な男性社員は沢山いる)そ [続きを読む]
  • カカオ79%泣いた。
  • 道明寺ホールディングス日本支社で見られる毎朝の風景。それは社員が出社した少し後にエントランスを通り過ぎる一行。黒服のSPに囲まれ秘書を伴い出社してくるこの御曹司は、若いながらも副社長の地位にありこの支社を率いていた。一行に囲まれ埋もれても何らおかしくないその集団にあっても目を惹く美貌。自信を漲らせた表情は眩いオーラを醸し出している。そんな一行はエントランスに足を踏み入れるや脇目もふらず、目的地目指し [続きを読む]
  • カカオ80%口説かれた。
  • カシャン緩んだ口元からスプーンが床に落ちたのを機につくしは事態を飲み込んだ。落ちたスプーンを司に見えないように足を動かし、手に持っていたプリンを後ろ手に隠した。「今は休憩中です。見苦しい所を見せてしまい申し訳ありませんでした。副社長どうされたんですか?」自然な笑みがつくしから消え、司は気落ちし、自分を分析する。そして先程の秘書の言葉を受け入れる事にした。「ああ。お前を探していた。話があってな。」「 [続きを読む]
  • カカオ82%疲れる。
  • 今年のバレンタインは2年振りに平日だった。副社長は今日早朝会議があるため会社に泊まったようだ。そのため夜明け前から出勤時間まで副社長の出社を待つ姿が見られたが、出社する社員が増えてくるにつれその姿は消えて行った。エントランス内でも午前中に訪問客が増え始めるのが9時代半ばからか、つくしが出勤してきた時はさしもの混乱は見当たらなかった。異変が起きたのは昼前になってからだった。お昼を取るため社員がエントラ [続きを読む]
  • カカオ85%甘い誘惑
  • 秘書がノックする前、一瞬躊躇した。司が目線で問うと、秘書は納得いかない顔で否定する。コンコン、、カチャ。「あ、よろしくお願いします。」そう言って女が立ち上がった。乱れたスカートを直すふりしてアピールしながら。司は先ほどの秘書の態度を理解した。「掛けてくれ。来てくれて申し訳ないが時間があまり無い。本題に入ろう。」「はい。」司が椅子に腰掛ける。中島海はその優美な姿に見惚れていた。「座ってくれ。」司に再 [続きを読む]
  • カカオ97.5%知〜らない。
  • プルルルル、、非通知の着信を見てつくしは溜息を付く。予想外の相手である事を期待しても無駄なのかもしれないと。ピッ「もしもし。」「あっ、つくしちゃん。海よ。ねぇ、考えてくれた?本当にお願いなのよ〜」「はぁ、、無理です。」「そこを何とかしてよ。親友の頼みでしょう〜」こんな厚かましい親友なんていないとつくしは思った。それに本当の親友はわざわざ親友なんて言葉は使わないとも。「初めに言ったはずよ。無理だって [続きを読む]
  • カカオ99.0%何なの?!
  • ガラガラガラ、、プッ。「ふぅ。」つくしはウルトラスーパーメンソールマウスウォッシュでうがいをして気分をリフレッシュした。先程の事は深く考えないようにした。とは言え全く心当たりが無くも無い。沈む気持ちから踏み止まろうと事件の現場近くのレストルームでもうがいをしたが、やはりここはガツンとパンチが欲しいとロッカーまで戻って来た。本音を言えば冷水で顔を洗い化粧もやり直したいところだが、そんな時間は無い。自 [続きを読む]
  • カカオ99.9%文句あるか!
  • am9:25ロッカーの鏡で前髪を軽く整える。あと5分もしたら私の仕事が始まる。私牧野つくし31歳、独身。彼氏は無し。というか彼氏なんて要らない。大学の頃は彼氏がいたけれど、いつの間にか振られていた。どうやら自分のペースに彼氏と言う存在は合わなかったらしく、その彼は別の人と付き合っていた。普通振られたら悲しくなったり落ち込むものなんだろうけど、あたし、いやいや、私の場合は全く変わらなかった。そんな私を見て親 [続きを読む]
  • 花街に護られてー甘い話には裏がある後編ー
  • 江戸時代を背景にお話を書いてます。時代的な言葉や名称などは詳しくないので現代風に置き換えてます。それでも明らかに違うようにはしてません。細かい矛盾点などあるかと思いますが、目を瞑ってお付き合い下さい。ダメなら進まないでね。「うう〜寒い。」夜明けの空はだんだん明るくなっていくが、空気は冷たくつくしの鼻を赤くした。寒さを訴え縮こまるつくしを司は抱き寄せ着ていた半纏に入れる。司の半纏は綿が入っていたため [続きを読む]