はやらいだー さん プロフィール

  •  
はやらいだーさん: 早坂有生のYALE
ハンドル名はやらいだー さん
ブログタイトル早坂有生のYALE
ブログURLhttp://yukihayasaka.hatenablog.com/
サイト紹介文Yale大学に通う日本人留学生早坂有生のブログです。大学や出願のことなどについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 207日(平均1.9回/週) - 参加 2016/08/28 11:23

はやらいだー さんのブログ記事

  • New Havenの春休み
  • 2週間の春休み!!ということで、先週の1週間はSpring Break at New Havenという、大学内の組織が計画した、Yaleのある街New Havenについてもっと知ろう!というプログラムに参加していました。月曜日から金曜日まで、夜は寮の自室に泊まり、日中はNew Havenの様々な施設に見学に行ったりお話を聞きに行ったりしました。その中でも、いくつか記憶に残っていることについて書きたいと思います。教会僕が住んでいるOld Campusのすぐ [続きを読む]
  • Japanese AmericanとJapanese students
  • 今週末から二週間は春休みです。最近ペーパーの締め切りが立て続けにあってとても忙しかったので待ち遠しいです。さて、Yaleには日本に関係する学生団体が二つあります(アニメ研究会は除く)。一つはJapanese American Students Union (通称JASUジャス)、もう一つはJapanese Undergraduate Students at Yale (通称JUSYジューシー)。僕はどちらにも属していて、JASUではPolitical Chairを、JUSYではTreasureをしています。今回はそれ [続きを読む]
  • イスラムは宗教?
  • 今世界で起きている問題といえば?戦争、紛争、環境破壊、色々ありますが、特に最近宗教衝突は大きな問題になっていますね。オバマ元大統領やトランプ大統領がイスラム圏の7カ国からの移民を制限したのもムスリムのテロリストからアメリカを護るためです。他にアメリカの歴史の中で問題になったこととしてすぐに思い浮かぶのは公民権運動ではないでしょうか。人種のるつぼであるアメリカで起こるのは当然とも言える人種問題と宗教 [続きを読む]
  • あなたはだぁれ?
  • メフィラス星人に「貴様は宇宙人なのか?人間なのか?」そう聞かれたハヤタ隊員は、笑って「どちらもさ。」そう答えます。沖縄出身の脚本家金城哲夫が1967年に手掛けたウルトラマン第33話の1シーン。彼が自分のアイデンティティをウルトラマンに託した一例とされています。地球人か宇宙人か?少なくとも現代の地球では簡単に答えられる質問です。しかしこれが、例えば日系アメリカ人2世の人に日本人かアメリカ人か?沖縄出身の両親 [続きを読む]
  • 夏休み!!!
  • 今日は明け方から吹雪き、4時に寝て8時半に起きた時には30cmくらい積もっていました。日中もずっと吹雪いていたため、僕の取っている授業は全て休講になりました!!なぜ4時まで起きていたかと言うと、締め切りが今日午前11時のペーパーがありそれを書いていたからです。なので、朝の中国語から午後の授業まで休講になった分ずっと寝ていられました。↓寮のすぐ外の様子。しかしいくら吹雪いていると言っても、学生は皆教室から徒 [続きを読む]
  • Muslim Banの余波と最近の授業
  • トランプ大統領が本格的に活動を開始し、もともと反トランプで人権やレイシズムに敏感なYaleではデモやプロテストが盛んになり授業でも政策が取り上げられるなど影響が広まっています。今回は政策の中でも特に影響の大きかった通称Muslim Banと、それに関連して最近授業で取り上げられたことについて書きたいと思います。Muslim Banに対しては、やはりありえない、アメリカらしくない、などの意見が圧倒的多数で、僕のスイートメー [続きを読む]
  • 英書の読み方のヒミツ〜セミナー編
  • 全豪オープン、フェデラーとナダルが勝ち進んでいますね。時差の問題もありハイライトしか観ることができませんが、今後の展開が楽しみです!さて、今回はセミナーで課されるreadingの特徴や僕の行なっている読み方について書きたいと思います。今学期の4つのセミナーはそれぞれ分野が違い、それに伴い課される文章の構成や書かれ方も違うので面白いです。その分読みながらしなければならないことや読んだ後に考えるべきことも異な [続きを読む]
  • 一年生春学期の授業決定!
  • ショッピングピリオドも終わりが近づき、また色々とショップし考え、履修する授業を決定しました!秋学期の様子や授業番号の説明についてはこちらをご覧ください。先学期の宗教とSFのセミナーや博物館のセミナーが面白く、また世界の平和を守るスーパーヒーローへの道を模索するため、今学期は宗教や人類学など、ヒトと何かしら関係する授業を取ろうと決めていました。↓ショップした授業一覧です。今回は前回よりは最初から絞って [続きを読む]
  • 合格から入学まで
  • 春学期が始まり、今週はショッピングピリオドです。今回もまた色々授業を受けてみてどれを履修するか考えています。全て決まったらまたご紹介しようと思います!まだ冬休み&日本気分が抜けていなく、いきなり100ページのリーディングや論文を読んでのリフレクションなどを求められ大変です。。でも面白そうなクラスばかりなので再び頑張ってやっていきたいと思います。さて、今年度のレギュラーのアプリケーションも終わった方が [続きを読む]
  • 筑駒の授業とは?
  • 今回は僕の母校筑駒について書いてみたいと思います。筑波大学附属駒場中・高等学校は中高一貫の男子校で、中学は一学年120人、高校は160人、一クラス40人となっています。筑駒の特徴はたくさんあります。男子校、校則がほぼない自由な校風、文化祭や音楽祭など行事への熱がすごい、田圃を所持しており稲作の授業がある、男子しかいない、文化祭のミスコンテストのクオリティが高い、などです。この辺りのことはニュースや雑誌など [続きを読む]
  • Microaggression(マイクロアグレッション)とは
  • 今回は最近アメリカの大学、特にIvy LeagueやトップのLiberal Arts Collegesで流行している概念「microaggression」について書きたいと思います。人種のるつぼであり人種差別の歴史の影響が強いアメリカならではの流行だと思いますが、触れてみると日本人にその概念が足りなすぎるという気もしてきます。Microaggressionとは、unintentional discrimination by way of subtle comments that reveal bias generally ingrained in cu [続きを読む]
  • YALEの授業振り返り〜1年生秋学期編その4
  • 帰国し、ためていたウルトラマンオーブを観たりYaleから持って来た本を読んだり牙狼のフィギュアを買ったりしてのんびり過ごしています。日本にいる間も色々と閑話休題を書きたいと思っています。。が、その前に今学期履修した授業のまとめラストです。Part1, part2, part3もチェック!CHNS120 Elementary Modern Chinese II面白さ:3学べる量:4大変さ:3教授:4履修者11人、週5回50分の授業でした。中国語レベル2のクラスで、テ [続きを読む]
  • YALEの授業振り返り〜1年生秋学期編その3
  • 今学期履修した授業のまとめpart3です。Part1, part2もチェック!ASTR255 Research methods: astrophysics面白さ:4学べる量:4大変さ:3教授:5履修者7人、週3回50分の授業でした。2・3年生の物理/Astrophysicsメジャー向けのクラスでしたが教授に取りたいと言ったら問題なく履修できました。課題は週一回ペースくらいのproblem-setで、日々の予習は、数ページの教科書の該当箇所を読んで来ることでした。中間試験と期末試験があ [続きを読む]
  • ウルトラマンのヒミツ〜日本の宗教編
  • ついに宗教&SFのセミナーのペーパーも提出し、中国語の期末試験も終わり、残るはAstrophysicsのpsetのみとなりました!月曜日に帰国するので、土日で終わらせて荷造りなどもする予定です。今日はスターウォーズの番外編のローグワンを観てきました。公開初日ということでほぼ満員でした。一ヶ月くらい前にスイートで見たイップマンの主役だった香港のスター俳優が出ていてかっこよかったですが、アジア人でひとくくりにされている [続きを読む]
  • YALEの授業振り返り〜1年生秋学期編その2
  • この前に引き続き、今学期履修した授業のまとめです。RLST022 Religion and Science Fiction面白さ:5学べる量:5大変さ:4教授:5履修者12人、週2回105分の授業が全25回ありました。Freshman Seminarという種類の授業で、一年生しか履修できないクラスです。(一年生が必ず取らなければならないという訳ではありません。)課題は3ページ前後のreading response 3枚と8-10ページのfinal paper1枚で、日々の予習は、週に本200-800ペー [続きを読む]
  • Reading responseとは
  • 今回は、授業の宿題として出る課題の一つ、reading responseについて書きたいと思います。日本語訳すると読書感想文、、となりそうですが、どのようなものなのか、何を書くのか、苦労すること、ためになること、などについて僕の感じたことを書きたいと思います。今学期、宗教&SFのセミナーで3つのreading responseの課題が出ました。どれも約3ページ、800語くらいで、授業で扱ったSFの本から好きな本を選び、それについて書きます [続きを読む]
  • YALEのヒミツ〜大学院Astrophysics編
  • 今日で今学期の授業が全て終了しました!三ヶ月以上ありましたが、振り返るととても速かったように感じます。期末テスト期間は12月16日から始まり、各クラスごと時間が決められています。僕は中国語しか期末がなく、あとはペーパー2枚とproblem set1つです!と言うと少ないように思えますが、何だかんだ結構大変だと思います。宗教&SFのペーパーはウルトラマンにおける宗教の取り入れられ方について書いています。↓ペーパーのため [続きを読む]
  • スーパーヒーローは宗教か?
  • 最近の宗教&SFのセミナーのテーマは新宗教です。1930-1990年くらいに生まれた、特にSF小説や映画が発端の新しい宗教について、その元となった作品を読み、宗教とは何か、新宗教の特徴とは、カルトとの違いは、などについて議論しました。授業で主に扱った宗教は、Church of All Worlds, Earthseed, Scientologyです。最初の二つは、SF小説が元になっており、小説の中で主人公が新宗教を立ち上げます。それを読んで本当に宗教にした [続きを読む]
  • YALEの授業振り返り〜1年生秋学期編その1
  • そろそろ今学期も終わりに近づいて来たので、履修していた授業で何を勉強したか、振り返っていきたいと思います!各授業の履修当時の説明はこちらです。もう3ヶ月前のことだと思うととても速く時が過ぎ去った気持ちになります。評価は5段階で、数字が大きいほど度合いが高くなります。CSSY350 Lost Worlds at Peabody面白さ:5学べる量:5大変さ:2教授:4履修者5人、週1回2時間の授業が全12回あり、毎回Yaleにある自然博物館、Pea [続きを読む]
  • YALEのヒミツ〜イベント編一年生秋学期後編
  • 前回に引き続き今学期参加したイベントについて書いていきます!Food conversationアメリカの有名なシェフが来て、料理を振舞いつつトークをするというイベントでした。くじで当たったので行けました。料理目当てで行きました。とても美味しかったです。8人くらいのテーブル席が30個くらい用意されていて、大学院生の人などと座り話せたので、それも良かったです。College in PrisonResidential Collegeがゲストを招いてトークを [続きを読む]
  • YALEのヒミツ〜イベント編一年生秋学期前編
  • 授業も残るところあと1週間です。そのあとの1週間はReading Periodという、授業のない期間で、paperを書いたり期末試験の勉強をしたりする期間です。僕は当初ChineseとAstrophysicsで期末がある予定でしたが、Astrophysicsの教授が考えを変えてなくなったので一つだけになりました。他にはいくつかpaperがあります。ということで少し勉強には余裕があるので、昨日はスイートメートの一人が主役で出演している劇を見て来ました。す [続きを読む]
  • ブラックフライデー
  • Thanksgiving breakも日曜日まで、ということで、帰省していたアメリカ人たちも少しずつ戻ってきています。僕はキャンパスで何をしていたかというと、締め切りが今日土曜日のエッセイがあったのでそれを進めたり、牙狼という深夜特撮にハマって一気見したりしていました。Thanksgiving当日は友達の親戚の家に呼んでもらいご飯を食べ、ブラックフライデーで買い物に行ったので、そのことについて書きたいと思います!Thanksgivingは [続きを読む]
  • ボストンの歩き方
  • Thanksgiving break!!ということで、金曜日の夜から日曜日の夜までボストンに行って来ました。実は、今年は多くのYale生が同時期にHarvardに行きました。毎年恒例の伝統行事、Yale対Harvardのアメリカンフットボールの試合があったからです。日本ではあまりイメージがないかもしれませんが、YaleとHarvardは昔から色々な面でライバルで、何かと争っていて、このフットボールの試合もその一例です。「The Game」と呼ばれており、毎 [続きを読む]
  • ゴジラ (1954)
  • 安倍首相がトランプと会談しましたね。世界のどのトップより早くトランプと会えたということは、トランプも日本をそれなりに大切に思ってくれているということだと思います。トランプはFacebookで安倍首相とgreat friendshipを開始したと言っています。少し安心しました。この土曜日から来週の日曜日まではThanksgivingで休みです!ボストンに行って高校の友人に会う予定です!帰って来た後は特に予定はなく、アメリカ人の多くは家 [続きを読む]
  • Presidential Election 大統領選の余波@Yale
  • 大統領選挙、結果発表の瞬間から悲しみ、恐れ、怒り、悲鳴、励まし、ハグ、そういったもので学生が、教授が、校舎があふれています。「これでアメリカ人の半数以上がracistでsexistで偏見にあふれていることがわかってしまった」「アメリカの未来だけでなく世界の未来が心配だ」「トランプに投票した人たちはバカだ」「誰がなんと言おうと私はあなたのことを愛しているし、いつでも受け入れる」多くの人からこのような言葉を実際の [続きを読む]