なか☆ねっち さん プロフィール

  •  
なか☆ねっちさん: 更紗和金、朱文金の飼育ブログ
ハンドル名なか☆ねっち さん
ブログタイトル更紗和金、朱文金の飼育ブログ
ブログURLhttp://kingyo.hatenadiary.com/
サイト紹介文更紗和金、朱文金、庄内金魚など長もの金魚の飼育日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 203日(平均0.8回/週) - 参加 2016/08/28 15:23

なか☆ねっち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 苔とり
  • ご無沙汰しております。冬のあいだの飼育は週に1回ペースでバケツ1〜2杯ぶんの水換えをしておりました。エサは10℃こえてる日に胚芽入りのものを与えてました。今日ひさびさに日記を更新しようかなと思ったのは、水槽側面の苔をとったからなんですね。苔とり大臣としてタニシを入れているのですが、寒いせいか職務怠慢もはなはだしく、苔がけっこう生えておりました。写真撮っとけばよかった…とりあえず、得意のメラミンスポンジ [続きを読む]
  • 底床 那智黒石
  • 最近、転職しました。以前は土日が休みだったのですが不定期になり、水換えも以前ほど規則的ではなくなりましたが、とくに問題もなく金魚飼育をしております。そもそも無加温飼育なので、冬はエサは控えめですしね。冬はネタがないので水槽の底床のことでも書きます。2年前に水槽を立ち上げる時、魚の色揚げのことを考えて黒い低床にしたいと考えました。黒いものでどれにしようかと「底床 黒」の検索ワードでどんだけ検索したこ [続きを読む]
  • 上部フィルターのハイドロカルチャー
  • 最近は水温もだいぶ下がってきましたね。うちはヒーターを使わないので、金魚飼育のオフシーズンといったところです。ブログのネタにとぼしい季節なので、今日は水槽の上部フィルターで育てているハイドロカルチャーのことでもネタにします。ポトスとテーブルヤシを育てています。ポトスの色違いがもう一つありますが、一度に入るのは2つまでなのでローテーションです。中はこんな感じです。容器は爪楊枝の入っていた容器に穴をあ [続きを読む]
  • 水槽のフタ その3
  • 水槽のフタにあいている穴の面取りをしていました。くわしくはこちらの記事でkingyo.hatenadiary.comパンチング穴の面取りが終了しました。両面なのでトータルで2時間以上かかりました。ついでに側面の面取りとヤスリがけもしようと思い立ちました。こいつの出番ぞなもし棒ヤスリです。紙ヤスリも写真に写っていますが、結局使いませんでした。側面をゴリゴリいきます。BeforeAfter1時間近くかかりましたね。あー、思ったより疲れ [続きを読む]
  • 上部フィルター掃除
  • 冬はもう目前ですね。本格的に水の中に手を突っ込むのがイヤになる前に、上部フィルターの清掃を決行しました。濾過槽内はこんな感じです。リング状のろ材とカキガラが入っております。デトリタスが付着していますね。ろ材を飼育水でじゃぶじゃぶ洗います。水換えはバケツ3杯分したので、3回じゃぶじゃぶしました。部屋の中がかなり生臭くなりました(´・ω・`)濾過槽をはずし、庭でメラミンスポンジを使い、ごしごし洗います。ち [続きを読む]
  • 水槽のフタ その2
  • 水槽のフタは自作したものを使っています。透明の塩ビ板にパンチング穴のあいたものなのですが、詳しくは以前のブログを参照してください。kingyo.hatenadiary.com自作と言うほど大げさなもんでもないこのフタですが、ここにきて問題が発生しました。スポンジフィルターを導入したことにより、ブクブクのはじけた泡で水槽のフタが濡れてしまいます。ああっ、なんてエッチなフタなんだろ。ふつうのガラスフタなら、濡れることぐらい [続きを読む]
  • 近頃の室内水槽
  • 懐古堂スポンジフィルターを導入して10日ほどたちました。水槽の中にブクブクがあると魚 飼ってるなぁ、って感じがしますね。ぶっちゃけ上部フィルターのみで問題は出ていないのですが、情緒的なものもひっくるめてブクブクは必要な気がしてきました。青水は最初の2日ぐらいは維持されますが、それ以降はうっすらと緑がかった感じになります。スポンジフィルターのみにしたら維持できるのかもしれないので、上部フィルターを止める [続きを読む]
  • 懐古堂スポンジフィルター
  • 長らく欠品していた懐古堂スポンジフィルターを、ようやく購入しました。見てくれ、この箱!!オラ、こんな飾りっけのねぇ箱はじめて見たぞ。80Sというサイズです。室内水槽用と外飼いプラ舟用で2つ購入しました。けっこう重いですね。プラ舟には暖かくなってから使います。あらかじめチューブも買っておきました。透明のものがすでに家にあるのですが、スポンジフィルターは黒ですし、底床とかも全部黒で統一してるので、どうせな [続きを読む]
  • 墨朱文を室内水槽へ
  • 以前、朱文金を外飼いしていたことがあるのですが、冬期だと和金や鉄魚が動く温度でも、朱文金は底でジッとしていることが多かったので、墨朱文を室内で越冬させることにしました。(ちなみにその外で飼っていた朱文金は冬を越すことができたのですが、春先の暖かくなってきたころに落ちました。外飼いは春が一番怖いですね)透明鱗は普通鱗より寒さに弱いなんて話も聞きますし、実体験としてもそれは感じております。室内水槽にIN [続きを読む]
  • 市場で鉄魚発見
  • 今日は宮城県亘理郡にはらこ飯を食べに行きました。炊き込みご飯の上にイクラと鮭が乗っててじつにうまかったです。おいおい、いつからグルメブログになったんだよ、とツッコミを入れるのはまだ早いです。食べるついでに、地元の作物が売っている道の駅っぽい感じの市場にも行ってみました。こういうところって、おいしい食べ物やおもしろい民芸品があるから大好きで、遠出すると必ずといっていいほど寄るようにしております。亘理 [続きを読む]
  • グリーンウォーター完成
  • 今月のアタマに青水を作るため外飼いプラ舟の水作エイトを撤去しましたが、なかなか緑が濃くならず、やきもきしておりました。しかし、今週は晴れた日が続いたせいで、一気に青水が出来上がりました。先週の記事であげた写真とくらべると、色の濃さがだいぶ違うのがわかります。kingyo.hatenadiary.comこうなるともう安心ですね。むしろ、いくら水換えしても透明にならないよ、ってレベルで完成です。しばらく水換えの量をいつもよ [続きを読む]
  • 外飼い色揚げ効果
  • 今日はとても暖かい日ですね。外飼いプラ舟の青水がもっと濃くなってほしいので、頼みますよ、太陽さん。外で飼ってる墨朱文ですが、緋色の部分がまったくなかったのに、ヒレと体に少しだけ出てきました。もともとそこに出る素養はあったのでしょうけど、外飼いの色揚げ効果はあらためてすごいなぁと思います。外飼い歴の長い金魚すくい出身の和金も色が濃いです。鉄魚とくらべると違いがわかると思います。慰めるヤツはもういない [続きを読む]
  • カルキ抜き
  • 水換えをしたらちょうどカルキ抜きがなくなったので、ペットショップに行って買ってきました。GEXの詰め替え用のヤツですね。値段も手頃で金魚用を謳っているので、いつもこれにしています。ところで、自分が飼育用品を買うのは、だいたいペットショップのチェーン店ですが、近場の店は生体の状態が悪いですね。背ビレがショボーン(´・ω・`)となっております。うちの金魚を見習ってほしいもんです。健康そのもので餌くれダンス [続きを読む]
  • 外飼いプラ舟のエアレーション
  • 秋ですね。涼しくなってきました。暑い時期は酸欠が怖いので、外飼いで飼っている金魚にエアレーションをしていますが、そろそろやめてもいい時期です。本日、水作エイトをプラ舟より引き上げました。「ところでオレの水作エイトを見てくれ。こいつをどう思う?」「すごく…苔ています…」5月ぐらいからプラ舟に入れていましたから……(震え声((((;゚Д゚))))月一ぐらいで中のろ材は洗うのですが、外側は基本ノータッチですからね [続きを読む]
  • 水槽の照明
  • 水槽の照明をつけて魚をびっくりさせると、なんかスマン……って気分になるので、いっそ自動化してしまおうと思い、デジタルタイマーを導入しました。こいつを一週間ほど使ってみましたが便利ですね。思ったより値段も安く1400円ぐらいでした。曜日や時間を複数登録可能なわりに使い方もシンプルですし、なかなかの良品かと思います。アタリハズレがあり、ものによっては時計がずれる、なんていう情報もネットにはありました。その [続きを読む]
  • ヒドジョウ
  • 金魚水槽のタンクメイトにヒドジョウを入れています。昨年の秋ぐらいに山形市の金魚屋・みつやさんからお迎えしました。ちなみに右下の更紗和金もみつやさんからお迎えしております。アタマのブチ模様が気に入っています。一目見て、そいつだとわかる個性っていいですよね。昨日のことですが、このヒドジョウ、石組みの隙間に首つっこんで動きませんでした。水草を重りで沈めているんですが、その重りが見えないよう、前に石を置い [続きを読む]
  • 金魚のエサ
  • 金魚に食べさせているエサを紹介したいと思います。現在あたえているのは、こちらの4種類+水草です。どれもこれも、金魚飼ってる人ならみんな知ってるような、メジャーどころのエサばかりですね。ひとつづつ紹介したいと思います。咲ひかり金魚 色揚用とくに推奨水温はないようですが、暖かい時期だけ使っております。暖かい時期は一日に4回エサをあたえているのですが、うち2回はこれですね。春から秋にかけてのメインのエサです [続きを読む]
  • 水換え
  • 水槽の水換えをしました。水換えの頻度は週に一度です。いまぐらいの季節だと、だいたい半分ぐらいの水を換えます。なぜ半分なのかというと、低床をプロホースでザクると、きれいになるまでに水量が半分ぐらいになっているからです。以前の反省から、新しい水槽では水換えの時、メラミンスポンジで水のふちをキレイにするよう心掛けております。プロホースでザクりながら気づいたのですが、以前の60cm水槽ではポンプの周りに多くよ [続きを読む]
  • 水槽の汚れを落とす
  • 先週、新しい水槽に引越ししたときに、古い水槽(ニッソー・60cm水槽)を水洗いしたのですが頑固な汚れがとれません。水槽のふちに、白い炭酸カルシウムの汚れやコケがこびりついています。物置にしまう前にキレイにしようと思います。メラミンスポンジの出番ぞなもし。100均で売ってます。こいつを水につけてゴシゴシします。とりあえずコケは落ちました。炭酸カルシウムはびくともしません。しかし、そんなのは想定内です。現代の [続きを読む]
  • 水槽引越しから二日経過
  • 新しい水槽に引越してから二日たちました。当日の夕方ぐらいから餌くれダンスをはじめるぐらいには新しい環境に慣れたのですが、フタをとったり、照明をつけたりするとびっくりして奥の隅っこに逃げてしまいますね。もちろん以前の水槽ではそんなことはなかったです。最古参の朱文金が一番大きい体をしているわりに、繊細な性格をしておりまして、リーダー格が逃げてしまうのに合わせて、ほかの二匹も逃亡します。ほとぼりがさめる [続きを読む]
  • 水槽のフタ
  • 新しい水槽に引越したので、新たに水槽のフタが必要になりました。いままでは100均のワイヤーネットに金網を組み合わせただけの、しょぼいフタをしておりました。以前、タンクメイトとして飼っていたマドジョウをダイブで死なせてしまったことがあります。網の間から飛び出た可能性大なので、その反省点をふまえ、今回はちゃんとしたものにしようと思います。用意したのはこちらの塩ビ板。蒸れないように穴の開いた、厚さ5mmの透明 [続きを読む]
  • 60cmらんちゅう水槽にお引越し
  • 本日、金魚のお引越しを決行しました。ニッソーの60cm水槽(60×29 .5×36cm)を使っていたのですが、汚くなってきたのと、金魚を上見でも楽しみたいという欲求から60cmらんちゅう水槽(60×45×30cm)に変更することにしました。高さは6cmほど低くなりますが、総水量は10リットル以上増えることになります。鈴木製作所というあまり名前を聞かないメーカーですが、国産ですし、ネットに丈夫だという情報もありました。家中のバケツ [続きを読む]
  • 上部ろ過
  • 金魚水槽のろ過装置で一番オーソドックスなのは上部ろ過ですよね。我が家では数ある上部ろ過でも、評価の高いグランデカスタム600を使っています。水槽壁面の白くなってる炭酸カルシウムの汚れには、ツッコミはなしの方向でお願いします。グランデカスタムは上にある物理ろ過用のドライ槽と、下にある生物ろ過用のウエット槽に分かれています。ウエット槽にあるサブろ過槽ではハイドロカルチャーを育てています。ポトスライムとテ [続きを読む]
  • 我が家の金魚紹介
  • 記念すべき一番最初の記事なので、2016年8月現在の我が家の金魚を紹介したいと思います。部屋にある60cm水槽と庭のプラ舟で飼育しております。60cm水槽朱文金、庄内金魚、更紗和金の3匹を飼育中です朱文金我が家の最古参の金魚です。2014年5月ぐらいに、福島市内の熱帯魚店ペンギン村からお迎えしました。水槽のパイロットフィッシュも勤めてくれました。黒目のかわいい顔したヤツです。庄内金魚2014年の秋に山形市の常明寺にあ [続きを読む]
  • 過去の記事 …