妖精の羽根 さん プロフィール

  •  
妖精の羽根さん: CAPPADOCIAN WALKWAYS
ハンドル名妖精の羽根 さん
ブログタイトルCAPPADOCIAN WALKWAYS
ブログURLhttp://ameblo.jp/oceans-between-us/
サイト紹介文世界遺産のカッパドキアでの年下旦那とにゃんこたちとの生活日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 239日(平均4.0回/週) - 参加 2016/08/28 18:02

妖精の羽根 さんのブログ記事

  • NISSINヌードル第三弾!
  • 昨日隣町に居るという夫から電話があり 何か欲しいものがあったら買って帰るよと嬉しいことを言ってくれたので、 迷わずNISSINのヌードルをお願いしたら 何と新しい味が出てました! SPESİYALACILI TAVUK AROMALI SAOSLUHOT SAUCE CHICKEN FLAVORスパイシーチキン味!↓ 只、まだお味見はしていないので後日結果報告させて頂きます。 (少し前に日本から荷物が(今回も)無事に届いたのでしばらく [続きを読む]
  • 当たり外れ
  • お友達が一時帰国する前日に自身のブログで美味しいと書かれていたエクレアをお土産にルンルン尋ねたのですが ・・・エクレア、見事にハズレでした(;´д`) 皮は硬くてパサパサ 中のクリームもイマイチ・・・ お友達も「この間食べたのと味が違う・・・」と。 何だろうな 私っていつもハズレを引いちゃうみたい あのエクレアならアヴァノスのディレッキ・マーケットの中にあるエクレアがまだ [続きを読む]
  • 運び屋・・・
  • 運び屋物騒なタイトルでスミマセン! どういうことかというと 日本に一時帰国するお友達にこちらで手に入らない(日本から荷物として送れない)物品の購入をお願いしたのです(笑)。 何をお願いしたかは、手元に届いてからまた改めてブログでご報告、ということで 今日はそのお友達のブログを(まぁ私がここで紹介しなくても十分過ぎるほどポピュラーなブログなのですが) 感謝と期待(の方が大きかっ [続きを読む]
  • 今週末の我が家の園芸爺さん
  • 今週末の我が家の園芸爺さんことうちの夫、今日は庭に何も植える気配がなくホッとしていたら 夕方頃またまた何やら大きな袋を抱えて帰って来ました(笑)。 え?ひょっとしてひょっとしてですよ 今日も何か植える予定?? 我が家、そんなに庭のスペース有りませんけど〜。 と思っていたら、 今日持ち帰った大きな袋の中身は・・・ 何と何と何と 馬糞??????を持ち帰っていたのでし [続きを読む]
  • 周りのトルコ人とオバマの言葉
  • 現在住んでいる場所は周りの人間全てがと言っていい程MONEY MONEY MONEY・・・ ホテル・ペンション・旅行会社・レストラン・バルーン会社に絨毯屋・・・と文字通りこれらが犇めき合っている。 世界遺産の奇岩が其処彼処に立ち並ぶこのちっぽけな場所で。 皆とにかく何とかして金儲けをしようと躍起。 只、それだけを感じる。 そんな中 この言葉を見つけてハッとした。 と同時に笑えなか [続きを読む]
  • トルコのパンと日本の米
  • 日本人の主食である米に対してここトルコでの主食はパン。 トルコ人は古くなった(硬くなってしまった)パンは捨てずにカビが生えるまで(意図的に)置いて置きカビが生えたら、もう食べられないので仕方なく捨てる。と、そういう感じです。 カフェやレストランなどのお店をやっている人の中には古くなってしまったパンを野良犬用にわざと外に置いて置き犬たちが食べてくれるのを待っているというのも見たことが有りま [続きを読む]
  • 自信と信頼
  • 前々回、トルコ人男性の嫉妬について書きましたが昨日こういう記事を見つけました。 ''大抵の男は、自分の彼女が他の男性と話したりふざけ合ったりしているとしばしば嫉妬を覚えるものである。 しかし、もし自分以外の他の男性と話しているときの貴女を見て彼が全く不快に感じていない様子であれば、彼は貴女のことを完全に信頼していることは確かである。''↓No room for jealousyの項参照https://www.dumblittleman.c [続きを読む]
  • 私たち似たもの夫婦
  • 結構私たち夫婦似た所があり その中でも笑えたのが''言葉''(外国語)。 夫の日本語は限られていてこちらで日本人観光客に出会うと使用する日本語のフレーズはいつも決まっています(笑)。 「私の日本語は余り上手くありません」 夫と日本人観光客の会話を聞いているとこのフレーズは必ずと云っていいほど登場します(笑)。 そしてまた 私のごくごく限られた中国語のフレーズの一つも 「我 [続きを読む]
  • トルコ人男性の嫉妬
  • 以前元彼が言った。 「俺はね、自分の彼女の隣に他の男が座っているだけで嫉妬を覚えるんだ」と?? 普段は普通に素敵な人だった彼の意外な言葉に当時はピンと来なかった記憶が有る。 恐らくそんな激しい嫉妬自分の中で想像もつかなかったからだと今になってそう思うのである。 で、夫。前の職場で夜きちんと食事が出来ないと言うのを聞いて私は食事の時間帯に職場まで夕食を届けてあげるとそう申し出たので [続きを読む]
  • 夫がこだわる超〜下らない(笑)ドルマの作り方
  • ドルマというトルコの家庭料理トルコ在住、或いはトルコ人をパートナーに持つ方々は皆さんご存知だと思いますが ご存じない方も、もしかしたらこのブログをお読み頂いているかも知れませんのでとりあえず今回取り上げたビベール・ドルマ(ス)について。 米・玉葱・肉・香辛野菜を混ぜたものを(各家庭により炒める・炒めないは異なり、肉についても同様)中をくり抜いたピーマンに詰め、サルチヤに香辛料を加えたスー [続きを読む]
  • 褒め殺し
  • 昨晩夫に過去に私の作ったトルコ料理の中で「毎日でも食べたい」と云ってくれた二つの料理の内、 (ハイ。夫に褒めてもらえたトルコ料理は僅か2品なんです。笑ってやって下さい(;´д`)) もう一つを忘れてしまったので何だったか尋ねたら 次々と料理の名まえを挙げるので 「そうじゃなくって毎日でも食べたいと絶賛してくれたトルコ料理何だったか知りたいの」と言ったら 「だから全部。キミのトル [続きを読む]
  • 夫に褒められたトルコ料理
  • 以前は普通に食卓に並んでいたのですがここ数年すっかり作る回数が減ってしまったトルコ料理。 (残念ながら、私のトルコ料理のレパートリーは広くありません(;´д`)) でもそんな中で夫に 「美味しい。これなら毎日食べたい」 と褒めてもらえた料理が過去二つ(だけ)あって(笑)その一つがギョズレメなんです。 ギョズレメは甘くないクレープのようなものでチーズ(白)とマイドノスほうれん草とチ [続きを読む]
  • ''お揃い''の謎
  • 実は、秘かに気になっていることがあるんです。 4、5年くらい前からず〜っと(笑)。 私にそれを言った人は50代くらいのトルコ人女性。しかし、余り信用出来ない性格の人だったので(+少し意地悪)(笑) いつか誰かに確かめたいと思いつつ適当な人物が見つからずに現在に至り(笑)、今回ブログで書いてみようかな・・・なんて。 過去に夫は私とお揃いの靴とボトムスを購入(所謂ペアルックですね)し [続きを読む]
  • 嫁の下着
  • 少し前のお話になりますが 嘘偽りのない実話です(笑)。 ある日自分用に下着を買って来た夫 私に向かってこう言った 「キミのも買って来てあげたかったんだけど」と、心なしか済まなさそうに。 それを聞いた私、思わず「は?」と。 それから心の中で夫に突っ込んだ。 「・・・って貴方私のブラのサイズとかパンティーのサイズとか好みのカラー・デザイン云々知ってるの(笑)?!」 と [続きを読む]
  • 我が家の園芸爺さん
  • とは、夫のこと(笑)。 数日前犬小屋を作る為に帰って来たとそう書きましたが 実は夫桃とチェリーの木も持ち帰っておりしっかりと庭に植えていたのでした(笑)。 トルコでは年齢に関係なくガーデニングは普通に楽しむようなのですが どうも日本人の感覚だと夫のやることはかなりの年配の人っぽくってなんだか爺さんと結婚したような、そんな気分(笑)。(因みに夫はまだ20代です) 家庭菜園(ガー [続きを読む]
  • 夫の3時間
  • 今朝 「じゃあ言って来るね」と云って出掛けた ハズの夫が 3時間後に再び「行って来るね」と。 へ? 確か3時間前に行ってくると言ったよね?! これってびっくりしません? で、3時間も何してたかというと 今日も園芸爺さんしてました(笑)。 呆れてプンプンする私に「それから、犬小屋も直した」と。 (実は、夫の犬小屋、その後見事に破壊されてたんです(笑))。  [続きを読む]
  • 犬の散歩について思うこと
  • 我が家にワンコたちが来て毎日お散歩生活がスタートしたのであるが これが結構厄介なのである 否散歩が厄介なのではなく(結構疲れるけどね(ノ´∀`*) )トルコの田舎で犬を散歩させることが難儀なのである ここでは基本犬は放し飼い 当然放し飼いにされている犬たちが公道も己のテリトリーと誤認識してしまい 飼い主と散歩している犬たちを攻撃するこういう光景に何度か出くわした 攻撃性のある性 [続きを読む]
  • ジェムレ(cemre)
  • 少し前に春一番とおぼしき風が3回くらい吹いて(笑)、日本人である私は「ああもう春がすぐそこに来てるんだわ」と感じたのですが トルコ人の夫は 「春を告げるのは風ではなくcemreだ」とほざいた。 もとい言った(笑)。 このcemre夫が得意げに(笑)説明してくれたのであるが忘れてしまったので(笑)、ウィキで調べてみた。 トルコのフォークロアで冬の終わりに地面を暖める為に天からやってくる3 [続きを読む]
  • 夫の犬小屋
  • 昨晩激しく雨が降ってまだちゃんとした犬小屋の無いウチのワンコたち 小さなコはベッドのある所で濡れることなく過ごせたけれど大きなコはずぶ濡れ(泣) 一応簡易犬小屋を作ってあげてたけど風も強かったみたいで結局余り役に立たなかったみたい(;´д`) 前から犬小屋が必要だと言っているのになかなか行動に移してくれない夫に今朝言った 「ほら見て。いつもと比べると大きいコ元気がないみたいよ。小さい [続きを読む]
  • 「パイの実」より美味しいトルコの「Kat Kat tat」
  • お菓子類は比較にならない程日本で売られているものが美味しいのですが 見つけてしまいました。 日本で売られているパイの実よりも美味しいトルコで売られているパイの実(=Kat Kat tat)。 下のKat Kat tat(これイラストよりも写真を採用すればもっと美味しく見えるのになぁ・・・残念) 皮はパリパリと美味しくって中のチョコクリームはヘイゼルナッツ入り。このコンビネーション、かなりイケます。  [続きを読む]
  • 心のビタミン
  • 時々 心が疲れて心にビタミンが欲しくなるんですけど やっぱり これって年齢のせいかしら(笑)? そんな時自分を元気づけたり勇気づけたり奮い立たせたりする言葉を探すんです 今日見つけた心のビタミン 結婚は幸せにしてくれそうな相手とするのではなく不幸になってもいいと思える相手とすべき。 「I love you」という言葉に初めて二葉亭四迷がぶつかったとき、どう訳すか悩んだらし [続きを読む]
  • ポカポカ日曜日
  • 小さな黒い袋を抱えて何が入っているのかと思っていたら中には小さな玉ねぎが沢山。夫は一生懸命畑に玉ねぎを植えていました。若いのに何だかオッサンみたい(笑)。 その前は葡萄の枝をこんな風に土の中に突っ込んでいました。こんなので本当に育つのかしら?(笑)。 それでも少し前に種をまいたマールーは芽が出ていました。 (因みに先週私もラベンダーの種を買って来て蒔いたんだけどこちらはまだ芽が出てい [続きを読む]
  • 夫のマッサージ
  • 今日のカッパドキアは雨だったけれどしばらく晴天が続いていたので庭の雑草取りに精を出していたら筋肉痛+どっと疲れが出てしまった何とか一晩寝ればそこそこ疲れは取れるもののやはり若い頃のようにはいかない(;´д`) で以前もたまにマッサージしてくれていたのだが久し振りに夫にマッサージしてもらった 夫も仕事で疲れていて気の毒だとは思ったのであるが申し出に素直に甘えてしまった(*´∇`*) やっぱり男 [続きを読む]
  • 我が家に狼と羊がやって来た!
  • 我が家に狼犬(kurt kğpeği)と牧羊犬(çoban köpeği)がやって来ました。 「お母さん(私)にこんなものもらったんですけど・・・」 「結構これが硬くて、硬くて。」 「ウウーッ・・・このヤロ・・・このヤロ!」 「・・・はぁ。疲れました」 「お母さん、お腹空いちゃいました。何か下さい」(と、puppy face) 「ハイ。これどうぞ」「お母さん、これ何ですか?」 「こんなのイ [続きを読む]
  • 春の訪れを運んできた小さなキミ
  • 我が家で一番のおチビ猫のルナよりもまだ小さな??が春を運んできてくれました。 やんちゃ猫アレックスのお腹の上に乗せてみました(笑)。 ??さんを両手で捕まえて遊ぶアレックス。 アレックスと同じやんちゃ猫のジャッ君も??に興味津々。 我が家のやんちゃ猫二匹組と??(アレックスの手の中)。 可愛い??ちゃん春の訪れを有難う頑張って大きくなるんだよ??   [続きを読む]