妖精の羽根 さん プロフィール

  •  
妖精の羽根さん: CAPPADOCIAN WALKWAYS
ハンドル名妖精の羽根 さん
ブログタイトルCAPPADOCIAN WALKWAYS
ブログURLhttp://ameblo.jp/oceans-between-us/
サイト紹介文世界遺産のカッパドキアでの年下旦那とにゃんこたちとの生活日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 266日(平均4.0回/週) - 参加 2016/08/28 18:02

妖精の羽根 さんのブログ記事

  • 本日災難続き
  • 今日は災難続きでした。 まず朝から近所に住む基地外にイチャモンつけられるヽ(`Д´)ノ 次ににゃんこを病院に連れて行ったのですがケガをしているにゃんこさんだけではなく何ともう一匹別の健康にゃんこがいつの間にかキャリー・ケースに入っていて(笑) そのにゃんこがケガをしているにゃんこの治療中何とキャリー・ケースから脱走し(!)病院内をパニック状態で逃げ回ったのです(;´д`) お陰でバスの時 [続きを読む]
  • こういうトルコ人の質問って・・・
  • トルコ人は結構皆さんズケズケと初対面の人にもいろんな質問をします。 普通ならある程度仲良くなってだとか 相手が自ら話すのを待ったりするものですが 彼らはそんなことお構いなし。 そういう時いつも「トルコ人って失礼だな」と最初トルコに来た時に非常に驚き全く子供のようだと呆れたものです。 びっくりしたというか初対面にも拘わらず面食らった質問 女性に年齢を聞くこと既婚かどうか聞く [続きを読む]
  • お坊さんが語るいい女の条件
  • 最近いろいろと心に響くお話をされるあるお坊さんの存在を知りました。 人生・人間に関する奥深い様々なテーマを扱う中で、くだけた「いい女の条件」というのがあり 思わず「ははぁ、そうなんですか!!」と唸ってしまった興味深いお話をご紹介してみようと思います。 「どんな男性も根本的な部分で絶対に頭が上がらない女性=女らしい女性。 これは例えばズボンではなくスカートを穿くとかショート・ヘアで [続きを読む]
  • フランス人女性9つの美の秘密
  • フランスの大統領エマニュエル・マクロン氏の25歳年上の妻ブリジット夫人に注目が集まっていますがファースト・レディとなるこのブリジット夫人、64歳とは思えないほど美しい!まぁ、マクロン氏が39歳なので二人並ぶと勿論年齢の差は隠せませんがブリジット夫人のエレガントでキュートで知性溢れる雰囲気は素敵ですね。 ということで知性に加えて年齢を重ねても美を保っているブリジット夫人のようにエレガントなフラ [続きを読む]
  • お友達の帰国と反省
  • 日本に一時帰国するというお友達にお願いして購入してきてもらったもの↓ 購入をお願いしたものは上のお酒とおつまみと下のアロンアルファ。 でもお友達は猫用のノミ取りコーム、ごま油、化粧水も買って来てくれたのでした。(因みに一番右はこれ美味しいよ♪と言って、一緒にくれたものです) お友達が「今度日本に一時帰国するけど欲しいものあったら買って来てあげるよ」 [続きを読む]
  • これを食べてと言われても・・・
  • 日曜日の今日は絶好の園芸日和(笑)。 夫はこの間買って来た野菜の苗を植える為の場所作り、雑草取りに精を出していたので私も雑草取りに駆り出され、夫婦そろって一生懸命雑草取り(笑)。 ふと見ると↓周りの雑草は抜き取られていたけどこの草は花を咲かせていたので抜き取られていなかった。 で夫婦って似るものだなって思ったのは、 実は私も花が咲いていたこの草は抜き取ることが出来ずに残しておいた [続きを読む]
  • 今日夫が持ち帰ったものは・・・
  • まだまだやんちゃで遊ぶのが大好きなカンガルー犬の為にこんなものを↓持ち帰りました。 同じ年頃のカンガルー犬もう一頭 じゃなくって(笑) どこで見つけてきたのか 空気の抜けた(笑)ボール 結構気に入っている様子で 噛んだり銜えたりかくれんぼしたり↑追っかけたりと ボールに遊んでもらっていました(笑)。 空気が抜けてしまったので使わなくなったもののようです [続きを読む]
  • アイヴァと夫
  • ayva (アイヴァ)=かりんこの、かりんについて調べていたら下記のような説明。 かりんは、のど飴にエキスとして使うことで知られている黄色い果実です。強い香りがあり硬く渋みもあり生食ができないため、必ずはちみつ漬けや果実酒などの加工をして食します。http://ryoko-club.com/food/chinese-quince-nutrition.html ハイ。かりんは硬く渋みもあり生食は出来ないと私もそう思いました。 しかし うちの夫 [続きを読む]
  • 日曜日だけではなかった!
  • 昨日3時〜4時頃だったかな(?)夫が何故か帰宅。 で何やら箱を(笑)。 !! 嫌な予感が(笑)。 予想的中〜〜〜。 箱一杯の野菜の苗を持ち帰ったのでした(笑)。 キュウリの苗 ビベールの苗 この二つ何の苗か分かるようになった自分も怖い(笑)。 これは分からなかった。茄子の苗だそう。 これはすぐに分りました。トマトの苗 こんな風に箱一杯の苗を嬉しそ [続きを読む]
  • 硬くなってしまったパンの利用法あれこれ
  • 以前、トルコのパンについて書きましたが、ところで皆さんは硬くなったパン、どうしてますか? 一番お手軽なのはパン粉、でしょうか。あとはハンバーグに加えたりフレンチ・トーストにしたり。 でもその他にも利用法ないかな〜と調べてみたら結構いろいろありました。 ①フレンチ・オニオン・スープに ②お手軽スフレ/キッシュに ③チキン/ターキーの詰め物やメイン料理に添えて ④パン粉として& [続きを読む]
  • 大阪のおばちゃんとカッパドキアのおばちゃん
  • バスネタが続きますが(笑) とっても親切にして頂いて心の中で(微笑ましくって)笑ってしまったという出来事がありました。 ウチのにゃんこさんを病院に連れて行く際にバスやタクシーを利用するのですが ある日帰りのバスの中ものすごーく暑くてにゃんこがぐずり始めたんです。(あとで調べてみると熱射病状態だったので実際、あんな暑い日にバスで病院に連れていくのは私の落ち度だと猛反省しております)  [続きを読む]
  • バスの中の男たち
  • イスタンブールではトラムとメトロが足でバスはアメリカ人のお友達と一度乗ったことがあるくらいでしたがここカッパドキアの私の足は専らバス。 (トラムやメトロが懐かしいです。あ・・・でも夏の混雑したトラムは地獄でしたね。分かる人には分かると思いますが(ノ´∀`*) ) でこのカッパドキアの田舎のバスに乗っていて驚いたこと 結構田舎のバスって本数が少ないから混んでる確率が高いんですけど(笑) [続きを読む]
  • 絨毯屋と観光客の会話
  • 以前ネットでトルコの絨毯屋と観光客の絶妙なやり取りを読んだことが有るのですが(ああ言えばこう言うという絨毯屋の絶妙トーク(ノ´∀`*) ) 絨毯屋の前を歩いていた時に実際に私が耳にしたある絨毯屋と観光客の会話は以下のようなものでした。 絨毯屋「ハロー。絨毯どう?」観光客「要らないわ」絨毯屋「家無いのかい?」観光客「ええ。」通り過ぎながらその男女のカップルが同時に言いました。「借家(なのよ)」&n [続きを読む]
  • トルコでのお買い物
  • トルコでは観光客相手のお店では基本商品に値札が付いておりません (スーパーマーケットでは商品そのものに値札はついていませんが陳列棚に表示されています) この値札が付いていない理由最初何故だか分からなかったのですが(だって気に入った商品の値段その都度聞かないといけないしお店の人も面倒ですよね。店内が混雑してくるとこの方法って全然合理的じゃないし。何といっても商品の値段全て記憶してないといけ [続きを読む]
  • 辛かった!
  • 先日夫に買って来てもらったNISSINのヌードルスパイシーチキン味。 もう少し後で頂こうと思っていたのですが好奇心に勝てずに(笑)食べてみました。 一言でいうといやあ〜辛かったです! まるでキムチスープを飲んでいるようなそんな感じ。(ってキムチも随分長いこと食べてないのですが。まぁどちらも唐辛子を使っているので似たような感じになるのでしょうか) とにかくこのスパイシーチキン味まさに辛い [続きを読む]
  • 園芸爺さんから子煩悩なパパに♪
  • 夫「おい、今日はパパと遊ぶか?」カンガルー犬の娘「パパ、遊んでくれるんですか?!」 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ パパとひとしきり遊んだあとのウチのお嬢さんかなりお疲れのご様子でご覧のようにへたり込んでしまいました(笑)↓「ん?どうした?」「パパ、もう疲れました・・・」 ↑もう歩くのも嫌な(笑)ご様子。 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ [続きを読む]
  • NISSINヌードル第三弾!
  • 昨日隣町に居るという夫から電話があり 何か欲しいものがあったら買って帰るよと嬉しいことを言ってくれたので、 迷わずNISSINのヌードルをお願いしたら 何と新しい味が出てました! SPESİYALACILI TAVUK AROMALI SAOSLUHOT SAUCE CHICKEN FLAVORスパイシーチキン味!↓ 只、まだお味見はしていないので後日結果報告させて頂きます。 (少し前に日本から荷物が(今回も)無事に届いたのでしばらく [続きを読む]
  • 当たり外れ
  • お友達が一時帰国する前日に自身のブログで美味しいと書かれていたエクレアをお土産にルンルン尋ねたのですが ・・・エクレア、見事にハズレでした(;´д`) 皮は硬くてパサパサ 中のクリームもイマイチ・・・ お友達も「この間食べたのと味が違う・・・」と。 何だろうな 私っていつもハズレを引いちゃうみたい あのエクレアならアヴァノスのディレッキ・マーケットの中にあるエクレアがまだ [続きを読む]
  • 運び屋・・・
  • 運び屋物騒なタイトルでスミマセン! どういうことかというと 日本に一時帰国するお友達にこちらで手に入らない(日本から荷物として送れない)物品の購入をお願いしたのです(笑)。 何をお願いしたかは、手元に届いてからまた改めてブログでご報告、ということで 今日はそのお友達のブログを(まぁ私がここで紹介しなくても十分過ぎるほどポピュラーなブログなのですが) 感謝と期待(の方が大きかっ [続きを読む]
  • 今週末の我が家の園芸爺さん
  • 今週末の我が家の園芸爺さんことうちの夫、今日は庭に何も植える気配がなくホッとしていたら 夕方頃またまた何やら大きな袋を抱えて帰って来ました(笑)。 え?ひょっとしてひょっとしてですよ 今日も何か植える予定?? 我が家、そんなに庭のスペース有りませんけど〜。 と思っていたら、 今日持ち帰った大きな袋の中身は・・・ 何と何と何と 馬糞??????を持ち帰っていたのでし [続きを読む]
  • 周りのトルコ人とオバマの言葉
  • 現在住んでいる場所は周りの人間全てがと言っていい程MONEY MONEY MONEY・・・ ホテル・ペンション・旅行会社・レストラン・バルーン会社に絨毯屋・・・と文字通りこれらが犇めき合っている。 世界遺産の奇岩が其処彼処に立ち並ぶこのちっぽけな場所で。 皆とにかく何とかして金儲けをしようと躍起。 只、それだけを感じる。 そんな中 この言葉を見つけてハッとした。 と同時に笑えなか [続きを読む]
  • トルコのパンと日本の米
  • 日本人の主食である米に対してここトルコでの主食はパン。 トルコ人は古くなった(硬くなってしまった)パンは捨てずにカビが生えるまで(意図的に)置いて置きカビが生えたら、もう食べられないので仕方なく捨てる。と、そういう感じです。 カフェやレストランなどのお店をやっている人の中には古くなってしまったパンを野良犬用にわざと外に置いて置き犬たちが食べてくれるのを待っているというのも見たことが有りま [続きを読む]
  • 自信と信頼
  • 前々回、トルコ人男性の嫉妬について書きましたが昨日こういう記事を見つけました。 ''大抵の男は、自分の彼女が他の男性と話したりふざけ合ったりしているとしばしば嫉妬を覚えるものである。 しかし、もし自分以外の他の男性と話しているときの貴女を見て彼が全く不快に感じていない様子であれば、彼は貴女のことを完全に信頼していることは確かである。''↓No room for jealousyの項参照https://www.dumblittleman.c [続きを読む]
  • 私たち似たもの夫婦
  • 結構私たち夫婦似た所があり その中でも笑えたのが''言葉''(外国語)。 夫の日本語は限られていてこちらで日本人観光客に出会うと使用する日本語のフレーズはいつも決まっています(笑)。 「私の日本語は余り上手くありません」 夫と日本人観光客の会話を聞いているとこのフレーズは必ずと云っていいほど登場します(笑)。 そしてまた 私のごくごく限られた中国語のフレーズの一つも 「我 [続きを読む]
  • トルコ人男性の嫉妬
  • 以前元彼が言った。 「俺はね、自分の彼女の隣に他の男が座っているだけで嫉妬を覚えるんだ」と?? 普段は普通に素敵な人だった彼の意外な言葉に当時はピンと来なかった記憶が有る。 恐らくそんな激しい嫉妬自分の中で想像もつかなかったからだと今になってそう思うのである。 で、夫。前の職場で夜きちんと食事が出来ないと言うのを聞いて私は食事の時間帯に職場まで夕食を届けてあげるとそう申し出たので [続きを読む]