Narr さん プロフィール

  •  
Narrさん: 学位授与機構で学士(理学)を取ろう
ハンドル名Narr さん
ブログタイトル学位授与機構で学士(理学)を取ろう
ブログURLhttp://narrenundkinder.blog.fc2.com/
サイト紹介文通信制大学の科目等履修生をしながら学位授与機構で学士(理学)を取ろうとしている人の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 359日(平均6.1回/週) - 参加 2016/08/29 13:56

Narr さんのブログ記事

  • 小六法を買った
  •  明後日から近大の「刑事政策②」のスクーリングである。 どうしても小六法が要るので、遂に今日買ってしまった。 もう少し待てば、恐らく来月には2018年版が出そうなのだが、明後日の講義には間に合わない。 なんだか滅茶苦茶損をした気がしている。 2000円! 高すぎるぞ!   [続きを読む]
  • フードバンクを職員で山分け(13) 警察が対応してくれた
  •  きょう刑事課の担当者から電話があった。 要旨は、以下のとおり。良心的な対応に感服。 (1) 告訴告発は捜査の端緒であり、告訴告発する側が「何日に何時何分に誰がパンを幾つ持ち帰った」のような詳細の特定は不要。捜査機関が事件性を認めれば、捜査によって詳細を明らかにするまでである。本件は、警察に相談として申告があったので相談として受理した。 (2) 事実関係が相談者の主張のとおりならば、窃盗は成立し難いだろう [続きを読む]
  • 論文と筆記試験は学位に必須だと思う
  •  きょう放送大学大阪学習センターに、成績証明書を取りに行った。仕事帰りに寄るのは、この暑さゆえ案外な決意が要る(笑) さっさと帰って、水を被ってごろっとしたいもの。 で、窓口の担当者が成績証明書を封筒に入れて厳封しようとしたので、「学位授与機構用なので開封で結構です」と言ってそのまま貰ってきた。 このやり取りで、何処かの大学が開封で良いとこちらが言っているのに、「成績証明書は厳封するものだ」と厳封し [続きを読む]
  • 学籍更新をした
  •  近大の科目等履修生の学籍更新をした。 まもなく失業する身には贅沢な選択だが、多少は面白いことがないと生きていけない(笑)。 2018年9月までの学籍となる。 これで産能大とも放大とも、暫く縁が切れた。 [続きを読む]
  • 「トイレ1回につき2分間の作業延長」
  •  私の日雇い先の生活訓練センターは、経営不振で今月末で閉店する。 責任があるはずの正職員たちは気楽なもので、特に正職員のAなどは新たに出来た「セレクト・ショップ」とやらの店長を任されてルンルンである。 事業の失敗は、日雇い労働者を切り捨てて正職員は涼しい顔、というのが美辞麗句ばかり並ぶ障害者ビジネスの正体だ。 しかし、切り捨てられるのは利用者も同じである。 生活訓練センターに通って私のような出来の [続きを読む]
  • 洒落た喫茶店
  •  きょうの日雇い仕事は内職もなく、移動支援のような形で利用者さんと外出をした。 まあ、こんな日もいいか。 ぶらぶらと歩いていくと、北天下茶屋の駅に出た。 かつては阪堺線と言えば恵美須町からのこの線だったが、あべのハルカスが出来てからは天王寺と浜寺公園を結ぶ線に名前を奪われてしまった。 こんなところにチン電の駅があるのかというのも発見だったが、そのホームに喫茶店の入口があるのには感動した。 先日の石 [続きを読む]
  • 履修済みになっていた
  •  さっき裏技で確認したら、放大の「生物の進化と多様性の科学('17)」が履修済みになっていた。 合格したということだ。 何の感慨もなし。 この空虚さは一体何なのだろう。------------------------------------------------------------------------ (追記 2017/8/16) きょう発表された成績を確認したら、Cだった。 上手いこと解答したものだ(笑)   [続きを読む]
  • 今年もアサガオが
  •  きょうは朝からハローワークに行った。 午前中に一度行って、さらに午後にもう一度行った。 知らなかったが、私には社会福祉主事任用資格というのがあるらしい。三科目主事と呼ばれる、安物の資格である。 でもそれで、何か仕事にありつけないかという算段をしてきた。 昨日のことだが、玄関の日本アサガオが小さな花をつけた。例年なら、ずいぶん遅くに忘れた頃に咲くのに今年は早い。 前の年にこぼれた種が、勝手に芽を出 [続きを読む]
  • 「国際法」の教科書がひどい
  •  近大から追加履修した「国際法」2単位の教科書が送られてきた。 B5版、150頁。 大淵仁右衛門・著、山野正二・増補改訂、平成5年。 何だよ、これは。こんな古くて、薄っぺらなテキストで何をしろと言うのだ? 確かに「法医学」なんかも19年前の出版と古いには古かったが、こちらは刑法学者の書いた法医学のテキストという意味で価値があった。 ところが、この「国際法」には何の意味がある? スクーリングの「国際 [続きを読む]
  • 教科書を図書館で借りる
  •  きょうは日雇い仕事帰りに近大の図書館に寄って、再来週のスクーリング「刑事政策②」の教科書を借りてきた。 買うと高いし、そのお金もない。で、結局は廃棄の憂き目をみるだけなら図書館で借りるに限る。 法律関係の本なんて、ずっと残しておきたいとは思わない。 ただ、困ったのは六法である。 既に「法哲学」で失敗しているので、新しい小六法を買おうとは思っているが、やがて2018年版が出ると思うと、今の時期に2 [続きを読む]
  • 「本当のことを言う」
  •  昨日は台風が大阪に接近する中を、午前10時半に面接に行った。 9月からの日雇い仕事を探しているのだ。 まあ、わりと雰囲気のよさそうな事業所だった。 障害者の生活支援員の求人である。おっと、障害者なんて書くとそれだけで落ちる。障がい者と書かないと不可ないのだ(笑) 面接の最後に「この仕事を選んだ理由は何ですか」と聞かれた。 そんなことを聞いて、どうするんだ? 綺麗事の模範解答を聞きたいのか? 食いつ [続きを読む]
  • 「国際法」2単位も追加登録
  •  近大の通信授業科目「国際法」を追加登録した。 何だか学士(理学)は停滞のままだが、取りたい科目を取ってみたのだ。 何しろ、私にとって国際法は因縁の科目なのである(笑) とにかく、大して意味のない、否、意味など全くないこの世界に存在している間は、少しでも色々なことに好奇心を向けて刹那を楽しみたいのだ。 [続きを読む]
  • 不思議な出来事
  •  今朝、あっと気づいたら大阪市立図書館の図書の返却期限が昨日だった。 カレンダーに印を着けていたのに、インターネットで貸出延長をするのを忘れてしまった。 で、出勤途中の駅で大阪市立中央図書館に電話したら、それはどうしようもないので返却してくださいと至極当然の応答に。こちらに非があるのだから仕方がない。 ここで電話を終わったら、そのまま終わった話だった。何を思ったのか私が「延滞のペナルティーとか無い [続きを読む]
  • 不思議な対話
  •  昨日は定休日で、九条のシネ・ヌーヴォに行った。 見ようとした『ラオス 竜の奇跡』は、おかしな成り行きで縁がなく、余り関心のなかった『俺は待ってるぜ』を見た。 1957年の石原裕次郎と北原三枝が共演したこの作品は、石原慎太郎の脚本だ。 で、内容はというと『兄に愛されてすぎて困ってます』と同程度である。 今も昔も、アイドルを出せば映画になるということなのだろう。 しかし、北原三枝は綺麗だな。 若き日 [続きを読む]
  • 大阪学習センターは暑い
  •  きょうの夕方、放大の大阪学習センターで「生物の進化と多様性の科学」の単位認定試験を受けてきた。 結果は出てみないとわからない、という感じで不勉強マル出しである。 しかし、大阪学習センターの暑いこと。教室内は寒いくらいだが、廊下とか談話スペースとかは一体何度にしているのかと思う。 午後5時前に着いた私は、暫く一階で教科書をパラパラしていたが、あんまり暑いので学生食堂に避難。 で、余談。試験は「エン [続きを読む]
  • フードバンクを職員で山分け(10) 「ご自由にどうぞ」だと?
  •  昨日は木曜日で、フードバンクの来る日である。 今朝、いつも山分け用のフードバンクの食糧が置いてある事務室の部屋を覗いたら、案の定、ちゃんと職員用の取り置きのパンが。 しかも、「ご自由にどうぞ」の貼り紙まで! 一体、どういうつもりなのだ? こんな貼り紙一枚で、フードバンクの食糧を広く公平に分配したつもりでいるのか? ぶさけるな(`o´) ちなみに、この写真のパンは正職員たちが昨日の段階で良い物を持って [続きを読む]
  • 8/27に試験
  •  今朝、近大のKULeDに入ったら、郵送した「法医学」の科目終末試験の受付が無事出来ていた。 滅多なことはないが、普通郵便で郵送だと何かの行き違いが少し気になるのである。 産能大だと受験料が要らないからインターネットで申し込んだら仕舞いだが、近大は一科目500円なのでインターネットで申し込んでも送金手続が必要で面倒なのだ。 だから、あらかじめ買ってあった受験証紙を申込用紙に貼りつけて郵送というのが [続きを読む]
  • 今度の土曜日が試験
  •  放大の「生物の進化と多様性の科学」の単位認定試験が今度の土曜日の17.55からある。 日雇い仕事を終えてから、ちょうど時間的には良い感じだ。 ただ勉強の方はさっぱりで、通信指導と自習問題を見直すのと、テキストを行き帰りの電車で開くぐらいで、余り気乗りがしない。 その原因は、何なんだろうなと思う。 10月以降も放大の科目履修生をと考えていたが、お金もないし撤退せざるを得ないな。 もしもこの科目が落 [続きを読む]
  • レポートの添削が早すぎないか !?
  •  近大の「法医学」のレポートを、昨日の夕方送信したのは既述した。 それが、きょうの午前中に添削終了のメールが来た。箸にも棒にもで再提出かと思いきや、何と合格である。 そして、何の講評も書かれていない。 こんなのって、ありか? とにかく、私の出した抜き書きのようなレポートを↓に貼っておく。 [続きを読む]
  • レポート送信
  •  近大の「法医学」レポート2000字を送信した。 科目終末試験申込書も投函した。  KULeDはコピペが出来ないから、前回の「日本法制史」と同様にATOKの単語登録を利用した。 ブラウザでJavaScriptを無効にすると、コピペが出来るとか書いている人がいるけれど、こちとらボンコツOSで厄介なことは出来ないんだよ(笑) 「犯罪解明に向けた法医学の必要性、重要性について、具体例を3例以上挙げて説明しなさい。」 [続きを読む]
  • 野蛮国の郵便料金
  •  近大図書館で借りた本を返さなければならないが、きょうはレポートを書きたいし、また近大図書館は試験期間中の貸出期間制限があって8/2までは8日間しか借りられない(期間延長不可)。 なので、わざわざ近大まで行っても返すだけで新たに本を借りることがないから、近くの郵便局で冊子小包(ゆうメール)にして返却本を送った。 そうしたら、2kgを少し超えた重さで710円! 以前は、2600gで610円だったのに [続きを読む]
  • テキストと参考文献の関係
  •  近大の「法医学」の参考書に挙げられている田中圭二『法医学と医事法学』成文堂2002年を、一昨日に図書館で借りたことは昨日書いた。 で、わかったのは、この参考書は通信のテキストの元になった本らしいということ。 両者の章立ては同じで、ただし参考書よりもテキストの方は大幅に事例紹介が削られたり本文が簡略化されている。 そして参考書にある鑑定書の例や死体写真などの付録も、テキストでは省かれている。 どう [続きを読む]
  • 8月試験は「法医学」を
  •  昨日の昼、図書館で予約していた田中圭二『法医学と医事法学』成文堂2002年を借りてきた。 大阪市の図書館は有り難い。もっともゴロツキどもが牛耳っているから、いつ図書館の有料化みたいなことを言い出すかと心配だが(笑) 近大の「法医学」のレポートを書く前に、テキストの著者が書いた参考書を見ておきたかったのである。 何が何でも明後日にはレポートを提出して、8月の科目終末試験の受験申込を投函しなくちゃ。  [続きを読む]