桜之姫 さん プロフィール

  •  
桜之姫さん: 桜之本丸
ハンドル名桜之姫 さん
ブログタイトル桜之本丸
ブログURLhttp://sakuranohonmaru.blog.fc2.com/
サイト紹介文審神者業から私生活まで、すべての日々を刀剣男士達と共に過ごしているとある審神者の記録です。
自由文初期刀:歌仙兼定 初鍛刀:秋田藤四郎
所属:山城国 就任日:8月15日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供702回 / 240日(平均20.5回/週) - 参加 2016/08/28 22:51

桜之姫 さんのブログ記事

  • 鶴岡情報収集
  • 信濃「大将ー、致道博物館のコラボ情報出たよー」審神者「ありがと、信濃ー。スタンプラリー遠そう…?山姥切国広レベル?それとも歌仙の文京区レベル?」信濃「んーとね…秘宝の里の難易度易レベルかな?」審神者「マジで!!?」信濃「うん、マジマジ。超近いよ」(信濃からコラボ情報を受け取り、早速パソコンで検索する審神者)審神者「近っwww何これ、近っwwww山姥切国広レベル?いや、長林寺があったから、山姥切国広 [続きを読む]
  • 鯰尾フィギュア
  • 審神者「ずっと、この日を待っていた…!!!」審神者「予定は未定詐欺を繰り返されて早一年ぐらい……。よぉ〜やく揃えられた〜〜ヽ(審≧∀≦)ノでも、鯰尾、真正面から見るとすごく女の子w骨喰はどの角度から見てもカッコイイのにw」審神者「この上目遣いは反則…。あぁ…ちゃんと刀紋の鯰が鯰だ…。花丸もこれを見習ってほしかった!」鯰尾造「主様ー、お仕事の準備、しなくていいんですかー?」審神者「もうちょっと…もうち [続きを読む]
  • 二年目之章 審神者不在の秘宝の里 其の六
  • 薬研「くそっ…やるじゃねぇか…」小夜「下がって、骨喰」小夜「…ッ」骨喰「小夜、薬研…!」小夜「あまり前へ出ないで。……守るのは、得意じゃない。それに…復讐は、僕の仕事だ!」小夜「この黒い淀み、受け止めてよ…!!」骨喰「(これが…極の…主の刀の力…。………だが、俺も主の刀だ。務めを果たす……!)」 [続きを読む]
  • 二年目之章 審神者不在の秘宝の里 其の五
  • 今剣「うわぁっ!?」骨喰「今剣…!」小夜「毒矢か…動けそう?」今剣「すみません…からだが、すごく、おもたいです…」薬研「元々深手だったからな…。秘宝の里とはいえ、無理はしない方がいい。暫くここで休んでからお前は撤退しろ」今剣「すみません…このままついていっても、あしでまといですからね…」骨喰「謝罪するのは俺の方だ。折角、薬研が守り通したのにすまない。……せめて、お前の分までできる事をしてくる」今剣 [続きを読む]
  • 二年目之章 審神者不在の秘宝の里 其の四
  • 前田「うぅ…。また途中で戦線崩壊だなんて…不甲斐ないです…」後藤「ちっ……すまねぇ、兄弟、俺達はここまでだ」骨喰「十分だ。休んだらお前達は戻れ。……今剣」今剣「ぼくはまだ…だいじょうぶです…たたかえます」骨喰「……わかった。…行こう(だが、不利な状況だ。この人数では枚数に関わらず敵札を引くのはまずい。本陣まで辿り着けるだろうか……)」その後 敵札 槍(札の種類を確認して歯を食いしばる骨喰)骨喰「… [続きを読む]
  • 二年目之章 審神者不在の秘宝の里 其の三
  • 審神者「元気出して山姥切国広?全然酷い戦いじゃなかったよ?」山姥切国広「別に気にしてなんかいない……。………そら、俺の事なんかより、遠征連中を構ってやれ」一期一振「失礼致します。おや、切国殿が近侍をされておりましたか」数珠丸「ただいま戻りました。これが我々の成果です」審神者「数珠丸が帰って来たwww数珠丸がwwww」数珠丸「…?何を笑っているのですか?」審神者「ごめん、こっちの話w」一期一振「主殿 [続きを読む]
  • 二年目之章 審神者不在の秘宝の里 其の二
  • 骨喰「切国、いるか」山姥切国広「なんだ、骨喰」骨喰「主が呼んでいる、来い」山姥切国広「遠征か…?」骨喰「出陣だ」山姥切国広「…秘宝の里か。……わかった、すぐに行く」その後、薙刀を三枚引きながらも敵本陣へ秋田「やり…ました…!今度は勝てましたね、切国さん…!」山姥切国広「あぁ…ありがとう、アンタと愛染のお陰だ」愛染「へっへー、負けられねぇからな…俺達は、もう…」秋田「はい、いつまでも、歌仙さんや打刀 [続きを読む]
  • 二年目之章 審神者不在の秘宝の里 其の一
  • (足利遠征(三回目)の帰り道、電車や駅で審神者はスマホから出陣指揮中)鯰尾「これから帰ってくるんですね、了解です。手入部屋空いてますから、秘宝の里の前に出陣します?」審神者「うん、江戸城内。極の子達呼んで来て」鯰尾「わかりました。けど、江戸城内かー…また数珠丸さんがドロップしたりして(笑)」審神者「そしたら数珠丸がひなたやさんのファンだって全力で認めるよ(笑)」江戸城内にて審神者・鯰尾「「wwww [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の十六
  • 審神者「前回はここで立ち止まらなかったから気づかなかったけど、この場所の本丸感すごいよね」秋田「ここも足利学校なんですか?」審神者「うん、そう。丁度この後ろに漢字のテストが置いてあってやってる人がいたから、そんなにゆっくりできなかったけど…。人が少ない時にまた行きたいな。行けなかったコラボ店はまだあるし……あんぬさん…って読むのかな?場所はわかるから、あそこに行ってみたい。蝶やさんにもまた行ってみ [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の十五
  • 包丁「はっ!?」一期一振「どうしたんだい、包丁?」包丁「ここの店員さんが審神者になったってことは…。その本丸に顕現できれば、このパフェが食べられるんじゃない!?」今剣「そーですね、おねだりしたらつくってくれるかもしれません」秋田「ダメですよ、二人とも。僕らの主君は主君なんですからね。どんなに美味しそうでも可愛くても、パフェに身売りをしないでください」今剣「むきにならなくても、しっていますよ。あるじ [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の十四
  • 審神者「かの有名なこの子とも写真撮らせてもらった。あとね、感想ノートにツイッターでもちんばの持ち主を探してくれた皆さんへのお礼を書いてきた」歌仙「君の本丸記録よりは覗く審神者が多いだろうね」審神者「うん、一人でも多くの審神者さんにお礼を伝えられたらと…。さらっと書くつもりだったのに1ページ使っちゃった……しかも文字汚い……。……なんで、みんなあんなに文字綺麗なんだろう…。大人になったら綺麗に文字を [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の十三
  • 審神者「ひなたやパフェ、可愛いでしょ〜?」包丁「わぁ〜いいな、いいなぁー!主ー、俺もこれ、これ食べたい!ねー、いいでしょ?ねぇ…!俺にも頂戴、頂戴!主ばっかりいつも美味い物食ってずるいぞー!」鯰尾「ほ〜ら、我儘言うなって」乱「見た目は本当に可愛いね。けど、味は?美味しかったの?」審神者「その問いはね、乱くん。「山姥切国広って綺麗なの?」っていう問いと同じだよ」山姥切国広「訳の分からん例えをするな… [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の十二
  • 審神者「(…そうだね、歌仙、貴方にコミュニケーション能力はいらないよね。だって、ある意味、鯰尾よりもずっとコミュニケーション能力高いもん……。だから、そろそろ…コミュニケーション(物理)をやめてくれても良いと思うんだ…)」包丁「いいなぁ、いいなぁ、もち尻いいなぁ。主ー、これも美味しかったのか?」審神者「うん、ざらざらしていて不思議な食感。若干抹茶味、だったかなぁ…?私は好きだったけど、包丁くんの好 [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の十一
  • 審神者「この新聞が入っていたクリアファイルがね。桜祭りの刀剣乱舞コラボのやつでものすごく驚いた」後藤「行ったのか!?まさか…足利から…?」審神者「他の審神者さんからの貰い物の可能性もあるけど……。コラボ品はさすがにあげないと思うんだよね…行ってないから知らないけど、多分、個数制限とかあっただろうし」小烏丸「審神者ならばわかるが……。審神者でもない普通の人間が、よくこのような催しに参加したな」獅子王 [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の十
  • 審神者「店長さん?っぽい男の人が来てね「どこでもドアもありますよ!」って言ってくれたのが、何故かちょっとツボに入ってる。ただ、撮影スポットが出入り口の所かだったからさ、邪魔かなーっと思ってそんなに撮影はしなかったんだよねー。丁度お客さんがよく来るタイミングだったし」平野「そうですね。歓迎して頂いているのにご迷惑は掛けられません」前田「ですが、それを気にし過ぎて折角のおもてなしを楽しめないのは、先方 [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の八 (再開)
  • 審神者「祝!」刀剣男士一同「「「「「「堀川派、和睦おめでとう」」」」」」堀川「いや、あの…和睦だなんて、そんな……」山姥切国広「ああ、何も俺達は喧嘩をしていたわけではない」山伏「正しくは喧嘩もできぬような関係だった、であるな。…だが、これからは違う。笑顔も涙も分かち合っていこうではないか、兄弟」堀川「うん、ありがとう、兄弟」審神者「(良かったね、堀川くん。……私的にはどう転んでも良かったんだけど。 [続きを読む]
  • 念願の鯰尾フィギュア
  • 鯰尾「戻りました!…って、あれ?主、いないの?」小夜「うん、今日はまだ戻っていない」骨喰「……遅いな」歌仙「心配しなくても大丈夫だよ。長谷部と一緒に、鯰尾くんの捕獲に行っているだけだから」鯰尾「は?捕獲?」骨喰「そういえば、今日だったな」小夜「何が?」骨喰「兄弟のフィギュアの登場予定日」鯰尾「………なるほど、そういうことか…」 [続きを読む]
  • 審神者の帰還
  • 審神者「ただいま」髭切「おや、帰って来たんだね。朝は来ないし、昼になっても連絡がないし。そして帰りも遅いから、何処かで野垂れ死んでしまったのかもしれないと思っていたよ」審神者「昨日はあの後、堀川くんが心配で4時まで眠れなくて、朝も遅刻寸前の時間に起きて携帯持たずに職場に行ったからねー。そして今日は職場の食事会があったの。今日はね、院長先生が医師会に出るからいつもより早く帰って来られるはずだったんだ [続きを読む]
  • 堀川国広
  • 堀川「あの…すみません!山姥切国広と山伏国広はこちらにいますか?」鶴丸「いるぜ?入れよ、堀川国広」堀川「…失礼します」山伏「来たか」山姥切国広「………」鶴丸「俺はお邪魔かな?席を外させてもらおう」山伏「すまんな、鶴丸殿」鶴丸「いいって、行くところなら沢山ある。退屈している連中をちょいと驚かしてくるぜ…!」山姥切国広「程々ににしておけよ」(鶴丸が出て行くと、部屋の中は静寂で包まれた)山姥切国広「…… [続きを読む]
  • 鏡と影を見つめた先へ
  • 僕は…堀川国広。和泉守兼定と一緒に土方歳三が使っていた脇差。それだけが、僕という刀が語れる唯一の真実。兼さんが隣にいてくれるから、僕は堀川国広という名を名乗れる。僕の真偽はともかく、和泉守兼定と共に使われた刀の名は“堀川国広”だとそう語られているから。……兼さんの隣だけが、僕が僕でいられるたったひとつの居場所。ずっとそんな風に考えていた。だけど、この本丸に来て…。主さんの堀川国広になってから、少し [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の八 (一時中断)
  • (審・∀・)ふぁ〜山姥切国広「何がふぁーだ…こっちを見るな…(←布を剥ぎ取られ、両手で頭と顔を必死で隠す山姥切国広)」審神者「綺麗……」山姥切国広「綺麗とか…言うな……」太鼓鐘「いいじゃんいいじゃん、アンタは主のお気に入りなんだからさ!」燭台切「心配しなくてもかっこいいよ、切国くん」薬研「よっ!切国!本丸一カッコイイ刀剣男士!(ヒューと口笛を吹く薬研)」山姥切国広「…くそっ。…どいつもこいつも……」 [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の六
  • 一部刀剣男士「「「「「「wwwwwwww」」」」」」一部刀剣男士「「「「「「………………」」」」」」審神者「笑うな!そっちの無言組は何か言いたげな目でこっちを見るな…!」鯰尾「だから主には俺がついてなきゃダメなんですってw」堀川「主さん…事前の情報収集は大事なんですよ?」審神者「ちゃんと調べたんだよぉー!(´・ω・`)」三日月「(ぽんと審神者の肩に手を置く三日月)案ずるな、わかっている…俺はわかって [続きを読む]
  • 縁に結ばれて…再び足利遠征へ 其の五
  • 審神者「お参りして、絵馬をちらっと覗いて、お守り売り場の所で御朱印帳と御朱印を頂いたの、これ」乱「わっ!可愛い、ふふ。うん、わかる、これは主さんの好みって感じ」堀川「だけど、どうして最初の時に貰わなかったんですか?あることはわかっていたんですよね?」審神者「うん、だけど、あの時は御朱印が何なのかよくわかっていなかったから、可愛いからってただの興味本位で買うのもなーって思ってさ。後々、ネットで調べて [続きを読む]