情念司 さん プロフィール

  •  
情念司さん: 上念司の観察日記
ハンドル名情念司 さん
ブログタイトル上念司の観察日記
ブログURLhttps://jonen.muragon.com/
サイト紹介文ギャグの面白い経済評論家・上念司の発言をまとめるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/08/29 13:54

情念司 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 三橋貴明が主張する「移民政策のトリレンマの法則」
  • 上記の動画より、三橋貴明の主張をメモしたかったので下に書きました。 三橋貴明「シンガポールに行って、ものすごいトリレンマの原則を見つけてしまったのです。」 三橋貴明「自分はこれによって名を残すのではないかと思っているんです。いままで誰も発表していません。」 司会者「へぇー」 三橋貴明「それがこの移民政策のトリレンマです。」 三橋貴明「外国移民の受け入れ、国民の自由、治安の維持、この3つを同時に達成 [続きを読む]
  • 2017年8月21日(月)の上念司のコメント
  • おはよう寺ちゃんより 以下、上の動画における上念司の主張をピックアップしました。 上念司「中共が尖閣諸島での漁業許可を漁師たちに認めたのを受けて、中共の漁船団が尖閣に向けて港から出発してきてますからね。」 上念司「このような事態になっても日本のメディアは亀のことを永遠と報道していましたから。」 司会者「平和ということでしょうね」 上念司「いやいやいや、ミサイル飛んできそうだし、領土を侵略されるかも [続きを読む]
  • 2017年8月虎ノ門ニュースより、上念司のまとめ
  • 上念司「(俺は)スーパーファミコンのフロントミッションを5回くらいクリアしている。」 上念司「地上型イージス(イージス・アショア)を3か所くらい作ると、日本をカバーできる。イージス・アショアは補給が楽であるが、敵に狙われやすいのが欠点である。」 上念司「文在寅は韓国の司法試験に受かっているらしいが、徴用工の請求権が日本にあると言ってる点で、コイツは試験に落第だ。徴用工は韓国政府に対して請求権があり [続きを読む]
  • 2017年8月虎ノ門ニュースより、上念司のまとめ
  • 上念司「(俺は)スーパーファミコンのフロントミッションを5回くらいクリアしている。」 上念司「地上型イージス(イージス・アショア)を3か所くらい作ると、日本をカバーできる。イージス・アショアは補給が楽であるが、敵に狙われやすいのが欠点である。」 上念司「文在寅は韓国の司法試験に受かっているらしいが、徴用工の請求権が日本にあると言ってる点で、コイツは試験に落第だ。徴用工は韓国政府に対して請求権があり [続きを読む]
  • 新フランス大統領のマクロンは近衛文麿にそっくり
  • 上記動画の要約 フランスでマクロンが新大統領に当選したことを受けてのコメント 上念司 「マクロンは日本の近衛文麿に以下の点で似ています。特定の政党の基盤を持たないこと、中身のある政策がないこと、きれいごとをいうこと。マクロンはオバマと同じできれいごとを言っているだけ。」 上念司 「日本の場合、立憲政友会と立憲民政党の2哀政党の間に近衛文麿政権が生まれたが、今のマクロン大統領の立場と似ている。」 上 [続きを読む]
  • おはよう寺ちゃん活動中 2017年2月20日より上念の発言
  • 要約 寺「経済がわかれば歴史がわかる」 寺「中世を終わらせた信長は何と戦ったのか」 上念司「これは私が今までで一番苦労して書いた本かもしれません」 上念司「私の信長の理解は歴史教科書レベルだったが、一気に掘りました(迫真)」 上念司「掘ったら埋蔵金がザクザク(笑)」 上念司「出土備蓄銭の量がどの時期にどのくらい出て来たかを分析したりして・・・」 上念司「やったんです、エクセルに入力したりして」 上 [続きを読む]
  • ロシアについて
  • 上念の主張 「シベリアを取られると、ロシアの国力はポーランド2個分しかなくなる」とエドワード・ルトワーズが言っていた。 上念いわく 黒竜江の南側に中国人は1億人いるが、北側にロシア人は600万人しかいない。 ソースは以下の動画 【上念司】C国が露を滅ぼす方法&4島は還らない! [続きを読む]
  • 感想
  • 内容を要約してみた。 ・フィリピンの軍事はまだまだ ・フィリピン軍の武器はアメリカから供与されている。 ・日本の武器輸出もフィリピンから始まりそう。 ・フィリピン軍を掌握しているのは、ラモス元大統領。 ・ドゥテルテを大統領に後押ししたのはラモス元大統領。 ・ドゥテルテはノーと言えるフィリピン人で、フィリピンファーストである。 ・フィリピンの立場からすれば、アメリカが守ってくれるかわからない。アメリ [続きを読む]
  • ドーマーの定理
  • 収入の伸びよりも、借金の伸びが大きかったら破産する。 収入の伸びとは、名目GDP 借金の伸びとは、国債の金利 よって、名目GDPより、国債の金利が低ければ、国は破たんしない。 これを公債のドーマー条件という。 ドーマーの定理・・・プライマリーバランスが均衡しているもとでは、名目GDP成長率が名目利子率を上回れば財政赤字は維持可能であるということ。 個人に例えるなら、 「給料は伸びていっているが、借 [続きを読む]
  • 失業率と物価の関係について
  • 雇用者が増えると、失業率が下がる。 失業率が下がると、物価が上がる。 物価と失業率には、逆相関の関係がある。 これをフィリップスカーブという。 ある程度まで失業率が下がると、一気に物価が上がる。 この失業率を自然失業率という。 さらに、 現在の米国で、物価が上がると、金利が上昇する可能性がある。 通常、金利の高い通貨をほしがる。 そのため、円安に傾く可能性がある。 そして、ドルが買われると、原油価 [続きを読む]
  • 上念「日銀がETFを買い入れても株価は上がらない」キリッ
  • 要約 日銀がETFの買い入れをやっても株価は(かならずしも)上がらない 安達誠司氏が現代ビジネスで書いている。 過去にETFをやった時の相場を全部分析すると、株価が上がったときは1回くらいしかない。 そのため、日経新聞が書いている「官製相場の色彩が強まっている」とか「株価を買い支えする効果が大きい」などというのは正しくない。 日銀のETF買い入れの量は、そんなに多くない。 日銀のETF買い入れは、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …