あほぱぱ さん プロフィール

  •  
あほぱぱさん: お金をかけずに勉強と運動神経の良い天才児を育てる
ハンドル名あほぱぱ さん
ブログタイトルお金をかけずに勉強と運動神経の良い天才児を育てる
ブログURLhttp://starbody.net
サイト紹介文理学療法士によるドーマン法を使った早期教育と英才教育の記録です。認知発達や脳科学、運動発達が得意
自由文極端で偏った考え方をしてまして、ブログの内容も、一般的なことから少しズレていたり、批判的だったりしています。ブログを読んだ読者を不快な気持ちにさせる表現や内容が多々あるかとは思いますが、暖かい目で読んでもらえると助かります。ここに書いている内容が、日本のどこかに住んでいる親子を幸せにしますように。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 326日(平均1.5回/週) - 参加 2016/08/29 11:32

あほぱぱ さんのブログ記事

  • どうやってやらせるか?やる気をおこさせる方法
  • 勉強のさせ方で学習効果が変わってくるなにかを子どもにやらせたいときってどうしてますか?例えば、ドリル学習とか学校の宿題とか、ドッツカードやフラッシュカードなどを子どもにやらせる場合です。やらせようとしても、子どもが嫌がって、やらないときってありますよね。ある時期までやってくれていたことでも、途中からやらなくなることだってあります。それでも怒って泣き喚いてでも無理矢理やらせるのは良いことなのでしょう [続きを読む]
  • ヨガのインストラクターになりたい
  • ヨガインストラクターになる研修今日は早期教育とほとんど関係がない、私のただの日記です。「パパ、英語に再チャレンジ」にも書きましたが、昨日から仕事を7日間休んで、ヨガインストラクターになるための研修を受けています。外国から講師2人とその助手2人をお招きして、あるヨガスタジオで行っています。この研修は一日10時間の7日間が7月と10月と2月のそれぞれにあり、合計で200時間の練習を経たことになり全米ヨガアライアン [続きを読む]
  • プログラミング教室よりも論理的思考と創造性を養う方法
  • 近所に子どもプログラミング教室ができた長女が通っている英語教室は家のすぐ裏にあって徒歩5分なのですが、そのお隣に、とうとういま流行りの子どもプログラミング教室ができちゃいました。無料体験教室のチラシがうちにも入ってたのでネットでその教室を調べてみたら、入会金が10000円で、90分4回/月コースで月謝も10000円とのことでした。なんちゅーぼったくり価格だと感心してしまいました。その、近所のプログラミング教室の [続きを読む]
  • 精神的に不安定な小1と口論してみた
  • 小学校生活にストレスを感じているのか今日の夕方に、長女VSパパとママで言い争いになった。最近は、はな(長女)の気が立っていて、そのシチュエーションで口論になることがよくあります。おそらく、楽しすぎた保育園生活から小学校になってしまったという現実が、まだ受け止めきれないでいるようなのです。そして、そのストレスがフローして瞬きのチックになったり、怒りっぽくなっているのだと思われます。その証拠に、ひと月前 [続きを読む]
  • 兄弟姉妹の発達を比べてしまう
  • 心の弱い親がついやってしまうこと「○○ちゃんは鉄棒ができるのに」とか「今日のかけっこの練習は何番やった?」「お姉ちゃんが遥くらいのときは○○できよったよ〜」などと、ほかのお友達と比べたり、兄弟同士を比較することは教育上よろしくない。そんなことはあたりまえで、どの育児書にも書いてありますが、我が子の発達の度合いが現在どれくらいなのかを客観的に知るために、長女の成長記録と次女の現状を照らし合わせて比 [続きを読む]
  • 次女の川遊び教育はじめました
  • 川遊びの季節がやってきました今日は今年初の川遊びに行ってきました。例年の6月であれば、もうすでに数回は行っているはずですが、今年はちょっと出足が遅めです。朝9時半に家を出発し、1時間半もかければ田畑や山林の広がる里山の風景です。そして目的地の川の近くのバイキングに到着しました。そこのバイキングでさらに1時間半ほど、たらふく食ってお腹いっぱいになったのち目的地の川へ着きました。梅雨まっただ中なのに今年は [続きを読む]
  • 園児2歳と小学1年生3か月目の様子
  • ブログを通してわかる国語の大切さ誰も聞きたくないとは思いますが、ブログが更新できないことの言い訳と弱音を吐いちゃいます。まぁ、簡単にいうと時間がないということです。日々の生活に追われて、ブログを書く暇がありません。そんな暇があれば、子どもたちに早期教育の働きかけをせーよって感じです。また、ママがいろいろ家事を頑張っていて、私だけがパソコンのまえに座ってブログを書こうとしようものなら、「ひとりだけな [続きを読む]
  • 習い事費用の捻出は携帯代の節約が効率的で高性能スマホもゲットせよ
  • 習い事やお稽古事はお金がかかるみなさんは子どもの習い事やお稽古事にいくらかかっていますか?そして、その費用をどこから捻出していますか?我が子には、アレもコレも、できるだけたくさんの技能を身につけてもらいたいと願い、親としてはアノ教室にもコノ教室にも通わせたいと思ってしまいます。しかし、家の苦しい経済状況のなかで、子どもにアレもコレもいくつも習い事をさせるのは大変です。週に1回、月4回の習い事がひとつ [続きを読む]
  • キャンプはコスパの優れた教育法
  • 非日常で本物に触れさせるには旅行が良い子どもたちにはできるだけたくさん旅行に連れて行ってあげたいものです。いくら早期教育に力を入れていても、毎日が小学校や保育園と家の往復では、刺激が単調すぎて非凡でユニークな能力の開発には至らないでしょう。「「与える」より「引き出す」! ユダヤ式「天才」教育のレシピ」にも書いてありましたが、子どもにはできるだけ本物を見せてあげることが重要なんだそうです。今の時代は、 [続きを読む]
  • 子の人生を左右する親の言葉と態度
  • 子どものまえで欠点を言わない大人同士で会話をしているときに、子どもの話題がでてくることがあります。例えば、保育園や小学校の送迎時の親同士の立ち話です。子どもが近くにいるのにもかかわらず「うちの子は、毎日、忘れ物ばっかりするんですよぉ」とか「うちの子は、引っ込み思案な性格だから、○○ちゃんみたいにもっと積極的になってくれたらねぇ」とか子どものネガティブなところを親同士で話しますよね。どの育児書でもこ [続きを読む]
  • 名前で子どもの容姿や能力が変わる
  • 名前からくるイメージってあるよね私は、むかしから経験的になんとなく、「名前ってその人の性格や容姿を決めてしまいそうだなぁ」って思ってました。というのも、私は今までの人生で「のぶこ」っていう名前の三人の女の子と知り合いになったことがあるんですが、その三人ともが共通して太っててブスだったのです。他にも、「るみ」という女の子はお水系で化粧が派手な子が多いなぁとか、「陽子」っていう名前の女の子は可愛くて快 [続きを読む]
  • 初めての学童保育とドリル学習
  • 保育園のお友達とは別々の校区へ行くことに親の立場からみた「小1の壁」は、主に保育園と小学校(学童保育)との預かり時間の違いからくるものでした。では子どもの側からみた「小1の壁」はどうでしょうか。3月いっぱいで保育園が終了しても、小学校の入学式は四月中旬なので、4月1日から小学校が始まるわけではありません。共働き家庭の場合は、授業がはじまるまでは家で面倒をみてくれるひとがいないので、朝から夕方まで学童保 [続きを読む]
  • 「小1の壁」は両親にまかせて解決
  • 久しぶりの投稿です。なかなかブログを書く気になれませんでした。長女の卒園や就学、仕事では年度末と年度初めの慌ただしさに加え、暖かく過ごしやすい気候となってきたためでしょうか。気持ちも身体もボーっとなってダラけ気分が抜けません。やっとのこと、おもい腰をあげて進まないキーボードをどうにか叩いています。卒園や入学にまつわるイベントがたくさんあって、書くことも本当はたくさんあったのですが、時間がたつとと [続きを読む]
  • 科学の知識とサバイバルする力
  • 遊びの中で科学的な体験が減っている最近の子どもたちは、身近に火が無くて、火に触れる機会が少ないのかなぁって思います。我が家のキッチンもIHですし、暖房もエアコンやホットカーペットです。私が小さい頃は、それなりに火遊びをしていた気がします。お菓子のビニルや枯れ木、新聞紙を燃やしてみたり、焼き芋をしたりです。今ではそんな風景もめっきり見なくなりました。田舎のほうではそのような光景はまだ見かけるのでしょう [続きを読む]
  • パパ、英語に再チャレンジ
  • 英語なんて私の人生には、もう必要ないだろうと思っていましたが。。。ヨガインストラクターになりたい私事なのですが、今回、ヨガのインストラクターになるための研修に行くことにしました。去年の11月から妻と健康のためにヨガスタジオに通い始めたことがきっかけです。週に1回、4か月間かよっているうちに、ヨガの身体と心を変える力に魅了されてヨガにハマってしまいました。ちなみに私はとある病院のリハビリテーション科で理 [続きを読む]
  • パパ、英語に再チャレンジ
  • 英語なんて私の人生には、もう必要ないだろうと思っていましたが。。。ヨガインストラクターになりたい私事なのですが、今回、ヨガのインストラクターになるための研修に行くことにしました。去年の11月から妻と健康のためにヨガスタジオに通い始めたことがきっかけです。週に1回、4か月間かよっているうちに、ヨガの身体と心を変える力に魅了されてヨガにハマってしまいました。ちなみに私はとある病院のリハビリテーション科で理 [続きを読む]
  • 就学をひかえ卒園まぢかの長女
  • 最近の私のブログは子育てや早期教育についての一般的な話題や考えを綴ったものが多かったので、たまには子どもたちの日記的な様子も書いていこうと思います。長女はもうすぐ小学1年生長女のはなは6歳2か月で年長さんです。今年の4月からは新一年生となり保育園生活も残すところあと1か月となりました。保育園のある場所は、住んでいる場所と校区が違うので、仲良かったクラスの大勢のお友達と、お別れの日が刻一刻と近づいてきて [続きを読む]
  • 就学をひかえ卒園まぢかの長女
  • 最近の私のブログは子育てや早期教育についての一般的な話題や考えを綴ったものが多かったので、たまには子どもたちの日記的な様子も書いていこうと思います。長女はもうすぐ小学1年生長女のはなは6歳2か月で年長さんです。今年の4月からは新一年生となり保育園生活も残すところあと1か月となりました。保育園のある場所は、住んでいる場所と校区が違うので、仲良かったクラスの大勢のお友達と、お別れの日が刻一刻と近づいてきて [続きを読む]
  • 共働き夫婦の早期教育(愚痴あり)
  • 時間に余裕のない家庭での早期教育日本中のいろいろなご家庭で早期教育が行われていると思いますが、それぞれに家庭環境は違っていることでしょう。早期教育には何よりも時間が必要です。時間に余裕さえあれば、多少経済的に困窮していてもどうにかなるものです。しかし、世間では往々にして、貧乏暇なしというもので、裕福でもなければ時間がたくさんあるわけでもありません。共働き夫婦の我が家も例外ではありません。私(パパ) [続きを読む]
  • 共働き夫婦の早期教育(愚痴あり)
  • 時間に余裕のない家庭での早期教育日本中のいろいろなご家庭で早期教育が行われていると思いますが、それぞれに家庭環境は違っていることでしょう。早期教育には何よりも時間が必要です。時間に余裕さえあれば、多少経済的に困窮していてもどうにかなるものです。しかし、世間では往々にして、貧乏暇なしというもので、裕福でもなければ時間がたくさんあるわけでもありません。共働き夫婦の我が家も例外ではありません。私(パパ) [続きを読む]
  • プログラミング教育の再考
  • コンピューター教育もいいですがたまには自然遊びもどうですか?パパたちも大人げないですが、子どもに手本を見せてます最近増えた子ども向けプログラミング教室や塾私の住んでる場所は、地方の中核都市圏ですが、近頃、子供向けのプログラミング教室が増えてきましたよね。広告でも街なかでもよく見かけます。ここは関東から離れているので教育分野では関東に比べて遅れていると思います。関東のほうでは随分前から、子ども向けの [続きを読む]
  • プログラミング教育の再考
  • コンピューター教育もいいですがたまには自然遊びもどうですか?パパたちも大人げないですが、子どもに手本を見せてます最近増えた子ども向けプログラミング教室や塾私の住んでる場所は、地方の中核都市圏ですが、近頃、子供向けのプログラミング教室が増えてきましたよね。広告でも街なかでもよく見かけます。ここは関東から離れているので教育分野では関東に比べて遅れていると思います。関東のほうでは随分前から、子ども向けの [続きを読む]
  • 三語文から多語文へ(1歳9ヵ月〜2歳)
  • (2歳を迎えた遥は、はな姉ちゃんと一緒に踊るのが好きです)三語文を喋ったからといって毎日使うとは限らない「二語文から三語文へ」の記事で次女の遥の成長記録を書きましたが、今回はその続きです。1歳9か月に入って「パパ、カードをしたいです」と三語文の4例目を喋り、どんどん三語文を自分のものにしていく次女の遥。まだ、この頃は一語文や二語文でも自分の要求を満たすことができるので、時々しか三語文を話しません。そ [続きを読む]
  • 三語文から多語文へ(1歳9ヵ月〜2歳)
  • (2歳を迎えた遥は、はな姉ちゃんと一緒に踊るのが好きです)三語文を喋ったからといって毎日使うとは限らない「二語文から三語文へ」の記事で次女の遥の成長記録を書きましたが、今回はその続きです。1歳9か月に入って「パパ、カードをしたいです」と三語文の4例目を喋り、どんどん三語文を自分のものにしていく次女の遥。まだ、この頃は一語文や二語文でも自分の要求を満たすことができるので、時々しか三語文を話しません。そ [続きを読む]
  • テレビって良いの悪いの?どっち?
  • みなさんは子どもとテレビとの接し方はどのようにしていますか?テレビというのは多大な影響を良くも悪くも人間に与えてしまうので、その取り扱い方は家庭によっても様々だと思います。同様にテレビの善し悪しに対する意見も育児書によってはバラバラなので何が正しいのか迷ってしまいます。私もテレビの扱い方に悩み、いろいろな書籍を参考にテレビについて考察してみました。結構長いので疲れるかもしれませんが読んでいただけた [続きを読む]