jane-austin さん プロフィール

  •  
jane-austinさん: 50代 残り少ない人生 どうやって生きる?
ハンドル名jane-austin さん
ブログタイトル50代 残り少ない人生 どうやって生きる?
ブログURLhttp://ameblo.jp/jane-austin/
サイト紹介文50代、病気を得て自分の人生の限りをしみじみ感じ、毎日あせってもがきながら生きています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 301日(平均5.6回/週) - 参加 2016/08/30 20:13

jane-austin さんのブログ記事

  • 母の状況
  • 母のそばにいると涙がとまらないので記録を書いて気持ちを落ち着けよう23日、金曜日もう立てないのに何度もトイレに立とうとするのでナースステーションの近くに2日前から部屋を移動した。22日は水を200mlくらいは飲めたが23日からは一切飲食はできなくなったこの日、関東の弟が様子を見に帰ってきた母は呼びかけにはかろうじて答える少し発語もある24日、土曜日この日はもうほとんど眠っているが痛みを訴えることが多くなる内服も [続きを読む]
  • 母に話しかける
  • ワシさんやさんくるさんの励ましのコメントをみてそうだ、ドラマでもなんでもみんな傍らで話しかけているじゃないかと思い直して 今日は手をさすりながら話しかけてみたあんなこともこんなことも 声が届いていてもいなくても話しておきたいという気持ちは私のわがままなのかもしれないけど でも少なくともさみしくはないかなって思いながら声をかけている 急に目覚めてわけのわからないことをつぶやいてまた焦点の定まらない目を宙 [続きを読む]
  • ベッドのかたわらで
  • 生きるということは昨日から今日へそして明日へと向かう日常 些末なことを気に患い少しの事に喜びをみいだすもの それは動けなくなっても記憶はなくならないのできっと夢の中でも日常を生きているのかもしれない ときおり目がさめては母は家での生活の端々の心配を口にしていた それも今はなくただただ眠り続けている いつも一人でがんばっているが口癖だったがなんとなくそれを認めるのがしゃくでいつもハイハイと軽くいなしてい [続きを読む]
  • 薬増量
  • 母は動くと痛みを訴えるが眠っていたりじつと動かなかったりすると痛くないらしい1日中うつらうつらして夢ばかり見ている先生に痛み止のベースアップをお願いしてみたが安静時に痛みがないので麻薬は使いにくいらしい水腎症のため尿管が圧迫されているので尿が出にくいだから尿路感染症にもなりやすいでも高熱がでていないのでおそらく抗生剤もあまり効果はない結果、トラマールを1日4回、全量100mgにして、デパスで気持ちを落ち着 [続きを読む]
  • 母の涙
  • 昨日、母が私をさがして呼び続けたあと何回も夢を見たと。いろんな人がてできてもう死んでしまった人たちやテレビで見た人ひいてはトランプ大統領まででてきてみんなが怖くないよって言うてくれるけど死ぬことに納得もしてるしもう十分生きたと思っているでも寂しくて怖いそう言って泣いた私も一緒に泣いた一緒に泣くことしかできなかったからにほんブログ村 [続きを読む]
  • 眠ってても心配、しゃべりすぎても心配
  • 昨日仕事の前に母の様子を見に行ったら始終うつらうつらしてとりとめのないことを話したとおもったら眠りにおちるの繰り返しで仕事の時間に間に合わなくなるので起こさずそっと帰ったそのあと目覚めたとき私がいなくてかなりパニックったみたいで何度も私を呼んでいたらしい今日は横浜から弟もきて息子たちも顔を見により認知のかかった叔母も従兄弟の子供に連れられ面会に来た私が帰る7時間あまり一睡もせず、ずーっとしゃべり続 [続きを読む]
  • 夫のご帰還
  • 今朝がた、ノー天気に関東方面百名山めぐりに行っていた夫が帰って来た6日間で丹沢、雲取山、両神山、日光白根山を登り本当は今日平ヶ岳に登る予定だったが・・・ 私「母の具合がよくなくて、あなたがいないとお葬式どうするのって母が言ってた」夫「げっ!平ヶ岳やめて帰るわ」 との会話のあと車をとばして600km以上走ってご帰還。 母に夫が早めにきりあげて還ってくるよと伝えるとあれは気の迷い、帰って来なくていいのに私の [続きを読む]
  • 緩和ケアの先生と面談
  • 今日はやらなきゃいけない仕事だけとりあえず終わらせて11時半に間に合うように病院に行った 母は昨日よりも少し元気になった感じがするがやはり前のような頭のクリアさはないもう緩和病棟に移動していてとても広い個室で明るくて気持ちが良い 担当の看護師さんがとてもよくしてくださって一般病棟とは天と地の差さすがホスピス 昨日兄にも電話して来てもらっていたので一緒に3時くらいから緩和の主治医と面談した今まで母の担 [続きを読む]
  • 母の具合が一気に悪くなる
  • 昨日、病院に行ったときはちょっとぼーとしてるなとは思ったけどまだはっきりして横に置いてあるポータブルトイレに自力で立って行けていた その前の日は1日に5回も電話をかけてきていろんなことを報告していたのに昨日は電話もなくまあ大丈夫なんだなと思っていたのに 昨日の夜から下血が始まっていたみたいで本人は痔で出血しているっていうが今日トイレの中みたら半端ない量の血だまりがある 頭もかなりぼーとしていてもう何 [続きを読む]
  • 母と娘
  • 昔から仲の良さそうな母娘が羨ましかったが私と母は基本まったく合わない 地方の大学を受験するときに母がついてきたが行って帰るまでほとんど口を聞かなかった 別に反抗期でもなかったがしゃべることが無いって感じで。 私が彼女の関心事をくだらんと思っていたからか一生話なんかできんと思っていたが この10年、母に携帯を渡してから1日に何度も何度もほとんど母の独り言のような話しをいっぱいいっぱい聞いた 私の相槌さえ [続きを読む]
  • そんなことまで覚えてなくても・・・
  • 母にいるものないかと聞いたら水をもってきてくれとそういえば前に入院したときも何本も用意したな その時安売りのミネラルウォーターを持って行ったら「こんな安もんいらん。」と言い放った なんでも百貨店で買うのがうれしい年代だからね1本38円の水はお嫌なのね で高い1本100円そこそこのをもって行った覚えがある 今回どうしようかと思ってたけど夫が「そんなん、おぼえてへんで。」その一言でまた38円のお水を持参 それが [続きを読む]
  • 母、無事?入院
  • 無事に入院って自分でタイトルつけておかしいよなって思いました でもとにかく入院できてほっとした何よりも本人が安心したみたい 一般病棟への入院なのでおざなりにでも外来の診察をうけて血液検査やCTもうけてそれからの入院になる 血液検査は1か月前に開業医の主治医にしてもらったときはLDHの値が500くらいだったのに(これでも基準値の2倍だけど)今は1100をこえている癌のやつがかなり勢いをつけている証拠 CTでみ [続きを読む]
  • 疲れた〜
  • 母は明日なんとか一般病棟に入院できそうでも一般入院になるので外来の診察と検査?も受けてからの入院みたい きっと落ち着かない入院生活になるだろう個室にははいれないようでどのくらい一般病棟にいなければならないのかもわからない 明日少しははっきりするのかな朝から夕方までかかりそうあしたは午後から仕事だけど間に合うか? 一応遅れるかもしれないメールは送っといたけどどうなることやら 私の体力がもつか?今日も出勤 [続きを読む]
  • 母は緩和ケアの病院へ
  • 最近は母は痛くて眠れないらしい身体もだるくて横になるのもしんどいとちょっともう限界かもしれない 一人でいることの不安をぬぐいさることができず私の家にくることも私が泊まることも気持ちが落ち着かなくなるのでいやだと やはり緩和ケアの病院に連絡するしかないかなと最終的な気持ちの確認をした「病院にいれてほしい」 母の希望であるならばそれが最良の選択なのだろう主治医に面談して緩和ケアの病院に連絡してもらった ト [続きを読む]
  • 散りぎわ
  • 私たちは忘れてしまう自分の親にも若いころがあったということを ついつい気づかないふりをしてしまう母にもとても輝いていたころがあったということ それは満開の桜が咲きこぼれるように楽しく美しいものだから何十年たっても何度も何度も繰り返し心の中で思い返すのかもしれない 私にも楽しい時があった肌も衰え乳房をなくしてもその思い出は消えることは無い 桜はいつか散るでも散りぎわも美しい 凛とした最後を迎えるためにど [続きを読む]
  • 痛みと不安
  • 今日は痛みについてのがんカフェに行ってきた対話によってより考えを深めるものだががん患者やその家族以外の人も参加できるその中で痛みは不安によってひどくなるという話がでたとても納得のいく話だ母が何日かおきに泣きながら電話をしてくるのは寂しさとこれからどうなるかわからなくなる不安が痛みとあいまっておそってくるからだろう私と30分くらい話したら痛みも治まって落ち着くのはそういうことだと思うきっと子供に痛いの [続きを読む]
  • 手作り水餃子
  • 今日はお友達に誘われて友達のお知り合いの中国出身の方に本場の水餃子の作り方を教えていただいた 皮を手作りで作るのは何回かトライしたけどあまりうまくできたことがなかったが今回実際にみせてもらってなんとなくできる気がしてきた で帰ってすぐ夫と息子の2人分つくってみた 皮は教えてもらったのは強力粉だったけど薄力粉と半々でつくってみた家庭料理なのできちんとした重量は教えてもらえなかったけど覚書 [続きを読む]
  • 母に翻弄される
  • 旅行から帰った次の日に母から泣きながら電話がかかってきた こんなにだるくてしんどいのは初めてやもう私は死ぬとわめきだした 旅行中ももちろん毎日電話をかけてあんなことこんなこときちんと聞かせて頂いて帰った日にも状態を確認してまあ、大丈夫そうやなと思っていたのに 思い当ることと言えば前日になぜか元気をだして家から少し離れたスーパーまで行って買い物袋2袋分買物して来たと話していたこと そ [続きを読む]
  • 再建について
  • 「60代からの乳がんと独り暮らし〜自分を受けとめる〜」のmomoさんが書かれている再建のこと 私も再建のことは初めから念頭になかったのでよかったけど主治医からはそんな話は全くでなかったみなさんも書かれているように先生や病院によっても違うのだろうけど 思うに乳腺外科の主治医は「乳がん」を治療することが最大の使命で一生懸命乳がんとは向き合ってくれるでも病院によっては形成外科とかの体制が充分でなかっ [続きを読む]
  • 忘れないでいたい
  • ある時期とても仲良くしていたけれど何年も会ってなくて連絡先もわからないそんな人たちがこの歳になると何人もいるはっきり言ってしまえばお互い生死もわからないでも同じ時を過ごしその時々に笑いあったり感じあったりして心がつながったことは私の心のなかに強く残り何年たっても思いだせる私がこの世にいなくなっても誰かの心のなかで思いだしてもらえるなら私はきっと死なないんだ母のいつもの思い出話しを聴きながらそんなこ [続きを読む]
  • 登山はリタイア
  • 2日続きの登山で膝がすこぶる痛くとてもいいお天気だけど阿蘇山は登れなかった夫は一人で登山中私は道の駅でまったり朝の間は外国の方がほとんどで日本語が恋しかったけどさすがにお昼になるとたくさんの人出に今頃体力が回復してきた。お土産も、いっぱい買ったし夫よ、早く戻っとくれ。草千里阿蘇中岳にほんブログ村 [続きを読む]
  • 祖母山かろうじて雨降らず
  • 今日は祖母山にのぼった。登り始める少し前から雨がやんでレインスーツのパンツだけはいて出発雨上がりの山道はぐじゅぐじゅのズルズル山の好きな方々には申し訳ないが私にとっては登山は修行山を楽しめるほど軽やかに登れるわけもなくいつももうダメ、もう歩けないとおもいながら歩いてる昨日は2万歩、今日は1万6千歩山道は平地の1.5倍はしんどいよ今日はもう膝が痛くて痛くて明日は阿蘇山登れるかしら。夫の好きなシャクナゲアケ [続きを読む]
  • 雨にたたられる
  • 私の九州旅行は雨にたたられてるみたいで今日は久住山朝6時半に港に着いたときから怪しい雲行き2時間かけて登山口に向かう頃にはもうポツポツ降り始めて山頂から下山にかけてはもうしっかり降り続いておりましたわざわざ1週間遅らせてまで見ようと思ってたミヤマキリシマはまだまだ咲き始め1か月くらいはやかったぜいイワカガミちょとだけ咲いてるミヤマキリシマ何にも見えない山頂そして明日もきっと雨にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今から九州へ
  • またも船旅。百名山の残りを登るべくそれは夫でわたしはとりあえず温泉につられて旅立ちます母の恨み言と不安をふりきり出発って毎日死にそうに言ってるけどまだまだ大丈夫っぽいよ何はともあれ出航だいにほんブログ村 [続きを読む]