jane-austin さん プロフィール

  •  
jane-austinさん: 50代 残り少ない人生 どうやって生きる?
ハンドル名jane-austin さん
ブログタイトル50代 残り少ない人生 どうやって生きる?
ブログURLhttp://ameblo.jp/jane-austin/
サイト紹介文50代、病気を得て自分の人生の限りをしみじみ感じ、毎日あせってもがきながら生きています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 205日(平均6.4回/週) - 参加 2016/08/30 20:13

jane-austin さんのブログ記事

  • 母の癌の行きつく先は・・・
  • 母がこのところ元気だったから忘れていたけれど抗がん剤を途中でやめたってことはまだまだ癌が体のなかに巣食っているってことだ寛解状態にも至っていないしどのくらい癌が残っているかも確認していないこの状態で開業医の主治医に戻されたのだけどこれから先どのようにしていけばいいのだろう今の所目に見えた腫脹はみあたらないこれがまたリンパ節のいろいろなところに腫れがみつかれば主治医に診てもらってまた別の病院を紹介し [続きを読む]
  • わくわくしたい!
  • 最近また膝が痛い〜漢方がかわったからか別ブログにアップしときました「50代乳がん(小葉癌)初発 記録として」 モチベーションがだださがったまま仕事に行っているのでしんどさだけが残る夫は相変わらず野球(WBC)にわくわく雪山にわくわく庭に植えたジャガイモの芽吹きにわくわく新しいスノーシューにわくわくなんだかな〜幸せそうだな〜私もわくわくしたいわ〜 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 結婚式に何着て行こう
  • 4月の初めに結婚式に招待されている前の職場の子なんだけどこんなおばさんまでよんでいただいて本当にありがとうって感じですもうこの年になると若い子の結婚式に何着て行けばいいのかはっきりいってわからない数年前にきたドレスでもいけるのか?ピンクのストールでもおかしくないか?まあ、だれもおばさんがどんな格好してても気にしないとは思うけど今回は主賓の挨拶もしなくていいし、美味しいお料理とかわいい花嫁さんをみて [続きを読む]
  • 女の自立
  • さっきドラマ「ひこうき雲」を見終わったふとつけたテレビでユーミンの歌が流れて思わず最後まで見てしまった。時代はバブルの入り口ちょうど私が就職したころ男女雇用均等法ができて主人公の女の子が自立した女性をめざしもう一人の女の子は夢をすて家業をつぐためお見合い結婚をするユーミンの歌とあの頃の雰囲気が私をなんともいえない気持ちにさせた私は小学生の頃から早く自分一人で立ちたかったもし親がいなくなったら自分一 [続きを読む]
  • 別れの季節
  • 今日は送別会で今帰ったばかりさみしくなるないてくれるだけでほっとするようなそんな方だったからでも私より4つは年上だけど新しい職場にチャレンジするなんてなんて素敵なんでしょう私なんて新しいカタカナは覚えられないし昔覚えてたことは変な時にでてくるし頻繁に使っている名前がふとでてこなくなったりで完全に自信喪失もう仕事続けられないって何度も思いながらずるずる続けているのに少し前までは仕事頑張ろうかと思って [続きを読む]
  • マハラジャ
  • さっきNHKで伝説のマハラジャに集まるバブル世代の人たちみたいな番組をしていた私よりちょっと若いけど人生折り返し地点に立った人たちの人生が垣間見えておもしろかったまるでブログを読んでいるみたい25年の年月を背負いながらまた新たな人生を歩もうとする人たちがマハラジャという場所でディスコミュージックにのって踊る若い人たちから見たら痛いとしかみえないかもしれないけどバブルがはじけてからのいろいろな人生に負 [続きを読む]
  • 保険の話
  • 昨日郵便局にちょっとした用事で行ったら呼び止められて簡保の説明をうけたいつもは保険の話はすぐ断るけど夫の分の話だったので思わず聞いてしまった相続税が絡む話だったので3月までに保険にはいるとお得だからお子様に残されるのはどうかって話で夫は保険年齢61歳になるのでお得どころか損になる計算だったがついでに奥様の分もって計算してもらったらなんと15%もお得もちろん私が亡くなって息子にわたるお金だけどそこではっ [続きを読む]
  • 興味と行動
  • 変更になった漢方薬の感想は別のブログ「50代乳がん(小葉癌)初発 記録として」に書いてます 弟に私はドケチだと指摘されえっ、私ってケチだったのと改めてびっくりしてしまったでもつらつら考えてみるに確かにケチかもそれは裏返して見れば自分がほしいものとかしたいものがみつからないってことかも何かをするときは今本当に自分が一番したいことかと考えてしまって結局なにもせずに終わってしまうもちろん日常の細かなも [続きを読む]
  • 今日は漢方外来
  • 今日は2か月ぶりの漢方外来アリミデックスの副作用の関節痛や脱力感やこわばりも漢方のせいか薬になれたせいか全くきにならなくなった今までは補剤といって少し補って血のめぐりをよくする感じの薬だったがもう春にむかって発散系の薬のほうがいいでしょう疎経活血湯はどう?最近特に苦くない?もともと苦くってがんばって飲んでたけどもうがまんできないくらいになってた最近はよく眠れてる?胃の調子はどう?そうなんですよねえ [続きを読む]
  • 差別するこころ
  • 前に普通ってなんだろうって書いたけどみんなと一緒、それが普通だから少しでも違っていたらそれは排除されるそこからいじめや差別が生まれる肌の色や住んでいる場所や性別や嗜好いろんなことで人は少しでも自分を優位にするためにより低く蔑むべき相手をつくるそれは人類が生まれた時から繰り返された事実なのかもしれない私も頭の中ではよくわかっている人はみんなおんなじで人が人を卑しめることがまちがっているってことはでも [続きを読む]
  • 次男は・・・大丈夫か?
  • 次男の卒業がようやく決まりほっと一安心だが最近ますます青白い顔に痩せ細った感じもともと食が細かったがそれでも私の作る夕食はただの一度も残したことはないただ朝が弱くなかなか起きられないなかなか朝ごはんを食べるのが大変でそれでも高校までは無理やり食べて行かせていた今はお昼過ぎまで顔を見ないことも多くだからといって寝てるわけでもなさそうでこんなことでは仕事なんてできるんだろうかっていらぬ心配をしてしまう [続きを読む]
  • 伯母の人生
  • 私の伯母は長男夫婦と孫たちと一緒に住んでいる 母曰く毎日毎日息子夫婦や孫たちの悪口を言い続けるらしい 悪口というよりあれをしてくれないこれをしてくれないだから私がしんどい、つらいってことらしい 軽い認知がはいっているからどこまでが本当なのかは定かではないが もう長い間息子(私の従兄)と伯母との関係性はとても悪い そして息子夫婦は共働き一緒に住んでるといってもほとんど顔をあわせる [続きを読む]
  • 思いっきりカニづくし
  • 今日は次男の卒業(たぶん)と就職のお祝いをかねて、というより夫がカニ〜カニ〜とうるさいので、やってきました。柴山かに兵庫県の北香住のブランドがにもう動けないくらい食べました。美味しかったです明日は鳥取砂丘のオアシスに行ってきますこれは鍋と焼きガニの分にほんブログ村 [続きを読む]
  • 初めてのデイサービス
  • 初めてのデイサービスって私じゃありませんよ、もちろん久しぶりの母登場 電話で開口一番あんな年寄りばっかりのところ私には向かんおんなじことばっかりしゃべるひとばっかしや ってあなたもよ。おんなじよ。それから大声でしゃべるしゃべる結局、まあまあ楽しかったと私には思えたので どうする?今日はお試しやけど1週間に1回でも行ってみる? そうやなあまあ久しぶりにいっぱいしゃべってそれはよかったか [続きを読む]
  • 罪悪感
  • たとえば母を姑を施設にいれるのは姨捨山につれていくような罪悪感を持ってしまうかもしれないそれがどうしようもない選択だったとしてもだましてや障害を持った愛する愛する自分の子供を自分のいのちの限りを見定め永住施設に入れなければならないとなるとどれほどの罪悪感があるのだろうもちろん理屈ではそれが一番ってわかっていても。その罪悪感はどこからくるのか世間様の目からか自分の内からか家族を愛するがゆえ彼や彼女が [続きを読む]
  • ちいさな日々の積み重ね
  • 少し前までは何かをせねば生きている限りは自分がしたいと思うことを好きだと思うことをみつけなければって思っていたが不思議と今はそんな気がしない春の兆しの暖かな庭の日差しやいつも買い物に通る道でみかける桃の花がきれいだったり庭を横切る野良猫ちゃんが私の呼び声にふりむいてくれたりそんな日常の積み重ねは私がここに存在するという確かさを私自身が感じることができるもちろん仕事を忙しくしててもそこに小さな達成感 [続きを読む]
  • 死への恐怖
  • 乳がんを経験したことのある人ならみんな最初再発、転移を恐れるだろう私も何も思い残すことはないしいつ死んでもいいと思っていながらどこかしら痛くなったり咳がとまらなかったりすると骨転移?肺転移?なんてびくびくしたりするでもなぜ恐れるのか私は小葉癌なので両側性の可能性が高いだから今健側の右胸だっていつ再発するかわからないその時はまた全摘したってかまわないし抗がん剤たって必要ならやるそれを恐れているわけで [続きを読む]
  • 「重版出来!」
  • 今日は1年ぶりの回らない寿司をお友達といただいたう〜ん至福の時だねおいしかったですまたも今更ながらの「重版出来!」をぶっつけみてしまった町の小さな本屋さんはどんどん姿を消して本も紙媒体だけでなくどんどんデジタル化していきネットでポチッとすればどんな本でもすぐ手に入る時代私の小さなころは貸本屋なんてものもたくさんあって10円玉何枚かをもっていろんなマンガを手に取ってわくわくしたもんだ大人になっても感銘 [続きを読む]
  • 正論が常に正しいわけではない
  • 不寛容な世の中のことについて前にちょっと書いたけど私はめったに他人様には怒らないが家族には速効きれる昔、夫にこんこんと正論をまくしたてて掃除機で反撃にでられたこともある(?)息子たちにも怒るというより理詰めで追い込むように正論をつきつける夫も子供たちも口答えどころか一斉に黙り込むなぜ反論しないのか私の正論なんて穴だらけ最近になって次男がお母さんの言ってることは正しい、正しすぎて逃げ場がない逃げ場が [続きを読む]
  • 銀行からの電話
  • さっき私が預けている大手都市銀行から電話があった家計の見直しやライフワークの見直しはなさってますかはっきりいってそれが趣味みたいなもんだから暇になったら考えてたけどもう今や夫婦ともどもほとんど隠居の身保険や外貨預金や投資信託などは・・・だからもう癌になっちゃったし子供はもう成人してるし今からお金増やしてどうすんのって心の中でつっこみいれながらかわいい声のお姉さんに「ごめんなさいね。もうね、いつ死ん [続きを読む]
  • 母のケアプラン
  • 今日は母のケアマネさんと初顔あわせとりあえず1週間に2回デイサービスを利用することにしたちょっと前まではあんな年寄りばっかりの所でちいちいぱっぱなんてあほらしいことは恥ずかしくてできんとのたまっていたが今は積極的に行ってみたいと。ようやく自分も年寄りだと自覚ができてきたか私としても週2回でもちゃんとお風呂にはいれてバランスのとれた食事がとれたらそれだけで安心だあとはそこが気に入っていやがらずに行って [続きを読む]
  • 初めての岩盤浴
  • 今日は初めての岩盤浴一緒に行って下さるお友達と二人でランチもかねていってみた暑い〜こんなに暑いとは思ってなかった苦しいくらいでも全身から汗がふきだして悪いものが全部でたみたい昔みたテレビで今の人は汗腺がふさがっていて新陳代謝がうまくできていない日ごろから汗腺をあける練習をしなければいけないっていうのを思い出した確かに山に登っても顔や背中は汗をかくが腕や足はほとんど汗がでないそれにひきかえ夫は全身シ [続きを読む]
  • もうすぐ6年
  • 年をとって切実に誰かに会いたいと思う気持ちはもう長い間失っているでももし事故や災害で家族を突然失ったらただ顔を見たい声を聴きたいと切に切に思うだろう日常から突然切り離された別離は想像することしかできないけれどただただ会いたいと思う気持ちもうすぐ東日本大震災から6年何年たっても癒えない心を思うと苦しくてつらい にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今回私が安心したこと
  • 今日はスマホを忘れてとても手持無沙汰でもほんの1年ちょっと前までスマホなんて使おうとも思ってなかったのに人間便利にはすぐ慣れる さて母はとても元気でうきうきしてすごしている抗がん剤がどの程度効いていたか検査もしていないのでわからないが少なくとも手に触れる範囲の腫瘍はなくなった この3か月近くいろいろ奔走したが私的には色々な意味でとても力づけられた それは弟なんかは何度も寂しがっているから [続きを読む]
  • 庭はもう春のようで
  • 夫は庭に春を見つけると私にいろいろ報告する 私はその実、あまり庭には興味がなくもちろん雑草ぼーぼーはいやなので適度にきれいになってれば全然OKだし 花も咲いてればあら、きれいって思うけど探してまでみない この間から白いクロッカスが咲いた とか今日は黄色のが咲いた とか私に報告。そして昨日は ふきのとうがもう食べられるぞ〜とうれしそうに採ってきた はいはいつくらせてもらい [続きを読む]