moto-se さん プロフィール

  •  
moto-seさん: プログラミングでガッチリ稼ぐ9の秘策
ハンドル名moto-se さん
ブログタイトルプログラミングでガッチリ稼ぐ9の秘策
ブログURLhttps://ameblo.jp/moto-se/
サイト紹介文ゼロから1を生み出す力。 それがプログラミングです。
自由文プログラマーの平均給与は、元々他の職種に比べて高いです。
このブログを読むだけで、さらに稼げます。
なにせ、何もないところからキーボードを叩くことで
製品を作り出せる仕事ですから。
ゼロから1を生み出す力。それがプログラミングです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/08/31 12:31

moto-se さんのブログ記事

  • 自販機にスマホ決済を組み込めば、究極の無人コンビニ
  • 本日のお題:500億円規模の商談をモノにする会社はどこ?中国では、スマホ決済が大流行。何故なら、偽札が横行しているから。かたや日本。どこにでも在る自販機。便利です。小銭が必要ですね。千円札が使える機種もありますが、5千円札や1万円札は使えません。もちろん、賞味期限のある「生もの」は販売できませんが大部分の品物は販売可能です。コンビニ大手2社が自販機コンビニを始めていますが、支払いは小銭だけでしょ [続きを読む]
  • 頭がいいね。って言われて「そうです」なんて答えるバカもいる
  • 本日のお題:日本の未来を担う人こそ重要実際のところ、頭がいいからいい学校行けていい会社に入れていい年金がもらえるという図式が今のところ成り立ってきました。ところが、世の中にはとてつもなく頭の切れる人たちがいてAIという名の機械を作りました。その結果、人でなくても人以上に働く存在になりつつあります。しかも勝手に学習してさらに賢くなるという存在です。ということは、● AIを教育する側を超える可能性が [続きを読む]
  • Compress To 1 Byte:圧縮する対象から、余分な部分を取り除く工程
  • 本日のお題:圧縮するファイルを事前に加工する例えば .exe なら 4D 5A.PDF なら 50 44 46みたいに、お約束のキーワードがそれぞれのファイルには存在します。その記述されている場所も特定の場所になっています。それらを、削っていけば僅かですが小さくできます。しかし、これだけじゃ全体からみたら「ほんのかけら」でしかありません。では、ワードやエクセルのファイルはどうなのか。ファイル名の末尾にXがついていれば [続きを読む]
  • 燃料電池車は、世界制覇の夢を見るか
  • 本日のお題:消費者の求めるものは何いずれアヤメかカキツバタではないですが、電池駆動で行くか、それとも燃料電池かという観点でいうと長距離走行や高速走行なら、燃料電池で決まり。世界規模だと、ホンダを中心にした方に関係する自動車メーカーが多そうです。ただ、ガソリンに比べて補給に関するインフラ整備はまだ、これからという段階。電気自動車でも、充電をどこでするかという根本的な問題を抱えています。充電プラグの [続きを読む]
  • 趣味と仕事の差。それは、時間の使い方。無尽蔵に使えるのはどちら?
  • 本日のお題:思考の整理に必要なのは何か仕事なんて答えた人はいないでしょうが、正解は、趣味です。ビジネスでは、限られた時間で成果を出すのが普通です。まして、働き方改革とかで残業に対して厳しい見られ方をする今どきの風潮では特に。無駄に時間を費やさずに仕事をこなす。そのために重要なことは、全ての仕事に● 復元ポイントを作ることです。念のため書くと復元ポイントは、そこまで戻ればそこからやり直せる地点。「 [続きを読む]
  • 見慣れた用語は「風景」と化し、あなたを罠にはめる
  • 本日のお題:一様化の基本 初めて知った用語とか、技法に注意を払う。まあ、普通です。ところが、何度か遭遇した用語や技法はああ知っているとなって、注意を払われなくなります。壁に貼られた社訓とか注意事項以上に風景と化して、注意を払われなくなります。どれだけ重要な掲示であってもです。初心忘れるべからず。ですね。画像の場合、一様化の前段処理として重ね合わせをします。1.元画像と色反転画像とをセットにして   [続きを読む]
  • そして、肉体労働だけが残る。それとも理想郷の実現なのか。
  • 本日のお題:AIは敵か味方かAIが奪うのは頭脳労働。組み立てが必要な製品の多くには人が使う前提の要素があり、AIには不要な製品だらけ。ここから見えることはAIに置き換えられる仕事は人が介在しないと、できなかった作業。逆に言えば人を使う方が効率が良い仕事だけが残る。そのほとんどは、肉体労働と呼ぶもの。対面の仕事と言えどもその処理の大半をAIがこなせる見込みがたてばどこかの無人金融が本当の無人になる [続きを読む]
  • 労働生産性が低い。でも本当に目指すべき国はどこか。人口から見える事
  • 経営者の資質の差が、端的に表れている指標なのに、働く側の努力が足りていないように扱うのは、おかしいと感じています。労働生産性は、以下の式から導かれるべきです。労働生産性 = 生み出された付加価値          ÷ 生産に関わった総時間一方で、OECDの計算式は労働生産性 = 生産量(購買力平価GDP)         ÷ (就業者数 × 労働時間)日本みたいにデフレの国とインフレ率の高い国とでは比較しよ [続きを読む]
  • 仕事のネタ:時代の流れに乗るか、それとも取り残されるか。今年は分岐点
  • 前回触れたように、日本のGDPは1994年から、ずっと横ばい。いや、やや下降気味。それにも関わらず、景気のよい会社は存在します。裏返すと、どんどん業績が落ちて脱落した会社や組織もたくさんあったということです。今年が分岐点という会社や組織が存在するという私見を持っている理由はそこです。すべての会社組織に当てはまる話ではありません。新興国、とりわけ東南アジアの発展と中東の一部の発展の恩恵を受けている [続きを読む]
  • 人生を変えるスキル。当たり前すぎて面倒そう。だから変身できる
  • 私がプログラミングである程度の仕事ができたのは「英語の読解力」があったからです。欧米発祥のプログラミングでは英文で書かれた文書を読みこなす必要があります。これは、現在も変わっていません。Ruby(国産)という例外もありますけど。今ではグーグル翻訳なんて便利なものもありますが、「完璧」には程遠いレベルです。facebookのメッセージが滅茶苦茶なのは、ご愛敬だとしても。それと専門用語を完璧に翻訳できないのはマ [続きを読む]
  • 「目は臆病で、手は鬼」の意味を、スカーフテクニックが暴く
  • 地球上の多くの動物には目があります。そして、目は脳と極めて近い存在だとも言われます。さて、ブラインドタッチの練習方法の一つに「スカーフテクニック」あるいは「手ぬぐいテクニック」と呼ばれる方法があり、速度向上のいい方法です。どの指が、どのキーを叩くかを覚えてから実際にキーボードを見ないでなんの躊躇もなく叩けるようになるまでにはいくつかの壁が存在します。その壁のひとつがキーボードを目で見てしまうこと [続きを読む]
  • 仕事のネタ:トラックとアプリの親密な関係。売れる秘密はそこ?
  • プログラマーが摂るべき栄養。いわゆるビジネスネタは、様々ありますが、今日もそんな話を書きます。運送会社の運転手さんと話をしていて気づいたこと。それは、最近のトラックは様々な電装品が装備されているけどそのスイッチ類の配置がバラバラなこと。いつも同じトラックに乗れるのなら覚えられるけど、普段と違うトラックになると勝手が違って、とまどうことが多いそうな。テレべのリモコンもメーカー提供のものがある一方で [続きを読む]
  • 「組み立て方のコツさえ押さえればプログラミングは楽々」は詐欺か?
  • 人のための仕事のはずが、一番利益を受けるのは実は自分自身というのは、ある意味当たり前です。どこかに就職して、言われたとおりに作業して給料をもらう。そんなサラリーマン生活はとりたてて言うこともない普通の事ですよね。ところが、頼まれた事であっても最初は右も左も分からない筈です。あれこれ教えられてなんとか仕事をこなす。そういう時期もあるはずでそうして2、3年も過ぎると同じことを後輩に教えていく。当然で [続きを読む]