moto-se さん プロフィール

  •  
moto-seさん: プログラミングでガッチリ稼ぐ9の秘策
ハンドル名moto-se さん
ブログタイトルプログラミングでガッチリ稼ぐ9の秘策
ブログURLhttp://ameblo.jp/moto-se/
サイト紹介文ゼロから1を生み出す力。 それがプログラミングです。
自由文プログラマーの平均給与は、元々他の職種に比べて高いです。
このブログを読むだけで、さらに稼げます。
なにせ、何もないところからキーボードを叩くことで
製品を作り出せる仕事ですから。
ゼロから1を生み出す力。それがプログラミングです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 269日(平均3.5回/週) - 参加 2016/08/31 12:31

moto-se さんのブログ記事

  • Compress To 1 Byte:AIにおける怠惰な並列化は、人間社会そのものだ。
  • パソコンではCPUがマルチコアが主流になり、並列処理が普通に行われています。将棋プログラムPonanzaで有名な山本一成さんが、LazySMPを「怠惰な並列化」と呼んでいるので、そのまま借用しています。似た名前のBONANZAは、電通大の准教授である保木邦仁氏の開発です。名前は似ていますが、ライブラリは違うそうです。さて、http://ascii.jp/elem/000/001/253/1253340/で、山本さんが興味深いことを書いています「2%性能が向 [続きを読む]
  • 情報の整理:To Do Listの上位概念。それは、Routine Work Listなのか
  • 毎日質高く、できれば楽しくかつ無理をしないで仕事をしていくためには、自分なりのやり方を洗練したものにしていくことで、達成できると信じています。日々仕事をしていると、毎日する仕事、週ごとの仕事、月ごとの仕事、季節ごとの仕事、そして一年に一度あるかないかという仕事これらが、ごちゃ混ぜになって押し寄せてきます。もちろん、これらを整理してRoutine Work Listにしておくのは、とても有効です。毎日のRoutine Work [続きを読む]
  • 人手不足:一番悪いのは、宅配を指定する買う側なのか
  • 私は、よくアマゾンを使います。でも最近ちょっと疑問を感じている部分があります。仕事で出かける先にも、すぐ近くにコンビニがあるんですよ。そこを指定して何度か受け取りをしたことがあります。でも、指定できない品物があります。いわゆる「マーケットプレイス」の出品物。それでも、こちらはカード決済しているので、品物が届かなかったりしたら単純に決済無効にできるはずですね。何故、アマゾンから直送するものしかコン [続きを読む]
  • 人手不足:Work Oriented Drivenへのパラダイムシフト
  • 人手不足:ManPower Oriented DrivenからWork Oriented Drivenへのパラダイムシフト電通の高橋まつりさんの自殺から俄かにクローズアップされた感のある、働き方の問題点。クロネコヤマトの未払い賃金問題を浮き彫りにした荷物扱い量の増大に見合わないドライバー不足。これらは、働き方に関してパラダイムシフトを迫るものと感じられます。かつて、これだけの従業員を抱えているからとそれに見合う仕事を求めて運送会社が始めた [続きを読む]
  • 情報の整理:整理上手なら、Do It Nowがいらないは、本当か
  • いかなるテクニックも使わなければ、その恩恵にあずかることはない。整理上手ではない私には、ちょっと想像がつきませんが、家がきちんと整理されていて、何もかもが整っている状態にあることが新たな発想に結びつくとはちっとも思えないのです。新たな発想というのは、2つの平凡な事柄を結びつけるところから始まるケースが多いと感じます。ポテトをスライスして油で揚げてチップにする。それを筒状のケースに入れて売る。  [続きを読む]
  • 情報の整理:To Do List だけでなくDo It Now を使うと味わえる美酒
  • 人生は、有限ですし、一日に使える自由時間は、決して24時間ではありません。やるべき事と、やりたい事を明確にして今出来る事だけをする。そのための重要な概念がすべてを書きだす事です。To Do Listは、そのためのものです。ところが、どうしても人は物事を複雑にしたがります。あなたのTo Do Listにもやるべき事と、やりたい事が混在していると思います。私のTo Do Listは正にごちゃまぜです。その中から今出来る事だけを抜 [続きを読む]
  • 鉛筆1本とメモ帳があれば、ノーベル賞は取れる
  • いや、私の言葉じゃありません。イギリスが沢山ノーベル賞を取っていた頃何かで読んだ話。つまり、研究開発費の額じゃなくて何かを見つけ出す、作りだすのは頭脳だということでしょう。アップルがマッキントッシュを開発したころその構成人数は、100人程度。もちろん、人海戦術や物量が物を言う場面は先の大戦での日本とアメリカの闘いで充分にわかっている事でもあります。ただ、新しい物、何か突拍子もない技術は必ずしも、 [続きを読む]
  • Compress To 1 Byte:あなたは、何故このブログを見ているのか。奇跡に・・・
  • 奇跡に立ち会う覚悟はあるか。と書きましたが、そんな劇的なことをお見せできるはずはありません。ほんの少し、いまよりも若干は能率があがることに繋がる話を書ければと思います。スマホずいぶんと普及してきました。知り合いのママさん曰く、今では「中学に入ったらスマホ」だそうです。小学生はどうしてるのかと聞くと「DSで会話してる」と。時代は進んでいます。かつて、電話しかない時代には郵政省メールは、とても重要で [続きを読む]
  • 情報の整理:忍者の記憶術は、圧縮そのものだった。ninja
  • コマンドのninjaを見つけたのは、ReactOSをあれこれいじっていた時です。 それで思い出したのが、忍者の記憶術。 時代劇の設定で「密書」というものが時々登場します。 でも、実際に記述した文書を持ち歩くなんて危険なことをしていた例は少ないようです。 では、どうしていたのか。 それは、キーワードを「いろいろな形」で記録して持ち歩く形だったようです。 紐の結び目だったり、お金の組み合 [続きを読む]
  • milkodeで検索を高速化して、ライバルを出し抜け!
  • ruby使いの人たちは、当然知っているんでしょうが、milkodeを使うと大抵の開発環境よりも高速に目的のコードを探せるので、とっても便利。 〇 開発言語は、問いません。 もちろん、テキストエディター付属のgrep機能で充分な場合は多いですが、milkodeの速さに慣れると戻れなくなること必定。 じゃあ使ってみようかという人のためにガイドをちょっと書いておきます。1.ruby環境を作る。(OSにより異なります)ht [続きを読む]
  • 多段圧縮の前段ですべき事、すると爆発する事
  • 爆発はいやですよね。 それはちょっと置いておいて、機械校正という視点から圧縮を考えてみます。 校正校閲なんて言いかたもしますけど、文章から誤字・脱字などを極力減らす作業です。 その中には表現上の揺らぎを無くす作業も含まれます。「短い」と「短かい」両方習った、変わったなんて世代もいます。 さて、文章の中で頻繁に出てくる言葉・用語を置き換えて、誤字脱字を見つけやすくする手段が機械校正 [続きを読む]
  • 他人のソースコードを理解する、ちょっとズルいやり方
  • よく、自分の言葉で書けとか言われたことを自分なりの表現にしろなんてことを言ったり言われたりします。この応用です。論理の組み立て方よりも変数名のつけかたに違和感を覚える場合が多々あります。ハンガリアン記法をきちんと順守していてもその解釈は、会社ごとに微妙に異なります。まして他人がどう変数名を決めているかなんてわかるものじゃありません。そこで、元のソースをいったんコピーしてあなたが普段使っている変数 [続きを読む]