ミニもの さん プロフィール

  •  
ミニものさん: ミニもの
ハンドル名ミニもの さん
ブログタイトルミニもの
ブログURLhttp://www.mini-mono.net/
サイト紹介文ミニチュアの作り方などを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 236日(平均1.3回/週) - 参加 2016/08/31 16:13

ミニもの さんのブログ記事

  • やすりがけ不要でミニチュア丸皿を作るヒートプレスの方法
  • 前回、ミニもの流ヒートプレス術を紹介しました。www.mini-mono.net今回は、この方法の応用編です。ブログ記事やSNSなどを見ると、ヒートプレスした後で、やすりがけ作業が面倒であるとか、苦手だという意見をみかけました。今回は、やすりがけ不要で、ミニチュアの丸皿を作る方法を紹介します。まず、サークルカッターで画用紙を丸く切りましょう。今回は、直径25mmの円と、直径21mmの円を作りました。その大 [続きを読む]
  • 絵の具の乾燥を防ぐ『ウエットパレット』の作り方
  • 水溶性のアクリル絵の具は、乾燥が速いのがメリットではありますが、まだ色を塗っている途中で、パレットに出していた絵の具が固まってしまうことがあり、乾燥の速さがデメリットになるケースもありますね。パレット上の塗料の乾燥を防ぐ方法としては、『ウエットパレット』という手法があります。(『ウォーターパレット』と呼ぶ方もいらっしゃいますが、ここでは『ウエットパレット』と呼ぶことに…。)100円ショップで以下 [続きを読む]
  • 初心者でも簡単にできるヒートプレスの方法
  • 以下のstudio TOFUさんのブログ記事を読み、呼ばれたような気がしましたので…勝手ながら…。tofu56.info個人的な見解ですが、入門者・初心者でも比較的に簡単にできるヒートプレスのやり方・方法の解説です。目次 ヒートプレスとは? 必ず透明な0.3mmの塩化ビニール板を使うこと 透明な薄い塩ビ板を推奨する理由としては… PET板はNG 型はテーパー状にする 型は画用紙で作る 作業は木製かMDF製の板 [続きを読む]
  • 【ミニチュアフード】サラダチキンの作り方
  • サラダチキンの作り方。今回は、1/6スケールにて製作しています。以下の画像をミニチュアサイズにて印刷しましょう。パッケージ画像を右 (名前を付けて画像を保存)などで、ご自身のパソコンにダウンロードされてからご利用ください。商品タイトルなどをカスタマイズされたい方用に、以下の画像も用意しました。印刷する場合は、余白(スペース)に余裕を持たせると、その後の作業が楽です。印刷した [続きを読む]
  • 100円ショップのホイルネイルで箔押しに挑戦
  • 以前、スタンピングリーフという製品を使った箔押しの方法を書きました。www.mini-mono.net今回、100円ショップのキャンドゥにて、以下の製品を発見。ネイルアート用の『ホイルネイル』です。製品の素材を見る限り、スタンピングリーフのような感じなので、「これで箔押しができるのでは…?」と考えました。ホイルネイルは3枚入っているようです。形は正方形。一辺の長さは約6cmでした。ラベンダー色の上質紙 [続きを読む]
  • レジン(樹脂)とは何か?
  • ハンドメイドの人気ジャンルの1つに『レジン』があります。レジンを使ったアクセサリー作りは大人気で、以前は『エポキシレジン』が主な材料でしたが、近年はUV(紫外線)によって硬化する『UVレジン』も登場し、たいへんな人気です。また、模型の世界では、何十年も前から『ウレタンレジン』を使用した作品作りが行われていますね。(かつて、コミックボンボン誌では、ウレタンレジンでブロック(かたまり)を作り、彫刻刀など [続きを読む]
  • 【ミニチュアフード】透明パッケージ物の作り方
  • ミニチュアの透明パッケージ印刷物の作り方。ミニチュアの透明パッケージ物の作り方は、いくつかあると思いますが、今回は比較的コストが安い方法を紹介します。印刷できる透明ラベルや透明フィルムをいくつか試してみました。印刷の難易度やラベルの厚み、コストパフォーマンスなどを考えると、以下の透明ラベルが総合的に1番です。エーワン ラベルシール 光沢フィルム 透明 ノーカット 10枚 28791posted with カエレバ [続きを読む]
  • 【ミニチュア小物】大型液晶テレビの作り方
  • ミニチュアの大型液晶テレビの作り方。先日、以下のスマートフォンを購入しました。ファーウェイ・ジャパン製のSIMフリースマートフォン『Ascend G6』(4.5インチ液晶)です。本当は、5000円以下で買えるジーニーCP-D403(4インチ液晶)を買おうとしたのですが、予備のスマホとしても、そこそこ使えそうな機種を購入しました。geanee CP-D403 SIMフリー スマートフォン 白 (Android4.2 / 4inch / 200万画素 / デュアル [続きを読む]
  • 【ミニチュア印刷】少量のラベルを印刷する方法
  • ミニチュア向けの小ロット印刷の方法。今回の方法は、本来のプリンターの使い方とは違いますので、実施にあたっては、自己責任でお願いします。ミニチュア製作をしていると、1枚だけラベルやシールを印刷したいと思う場面があるでしょう。しかしながら、その1枚だけのために、ラベルシールを消費するのはもったいないと感じてしまいます。そこで今回は、ミニチュア向けの少部数印刷の方法を…。まず、A4サイズの普通紙 [続きを読む]
  • 【ミニチュア小物】卓上カレンダーの作り方
  • ミニチュアの卓上カレンダーの作り方。今回のカレンダー作りのアイデアは、以下のブログ記事から着想を得ています。blog.livedoor.jp独創的なアイデアと作り方が満載です。ミニチュア作りの参考にさせて頂いています。100円ショップのセリアにて、以下の商品を発見しました。ミニ6穴サイズの日付入りスケジュール。いわゆる手帳のリフィルですね。このリフィルから、年間カレンダーのページを使いましょう。 [続きを読む]
  • お湯でやわらかくなるねんど「イロプラ」を使って型取りをする
  • お湯で柔らかくなるプラスチック粘土『イロプラ』を使って、型取り・複製をする方法。先日、姉妹ブログにて、下記の記事を書きました。mini-mono.hatenablog.comお湯で柔らかくなり、冷えると固まるプラスチック粘土としては、消しゴムメーカーで有名なヒノデワシ社の製品『おゆまる』がよく知られていると思います。今回、その『おゆまる』に似た、『イロプラ』という製品を100円ショップのミーツ(ワッツ)で購入しまし [続きを読む]
  • 100円ショップ「セリア」の『カラーUVレジン』のバリエーションまとめ
  • 100円ショップSeria(セリア)では、色付きのUVレジン液が販売されています。ハードタイプのUVレジン液で、製品1個の内容量は4g。すでに購入済みのカラーと、重複して買ってしまったものもありますが、とりあえず全色を購入したので、レポートしたいと思います。(欠けている色があるかもしれませんけど…。)画像左から『ホワイト』『ブラック』『イエロー』。ホワイトとブラックのUVレジン液は、以前、ミニチュアのコ [続きを読む]
  • 【ミニチュアフード】ストロー入りドリンクの作り方
  • ストロー入りの飲み物の作り方。工作難度が高そうなミニチュアですが、100円ショップの材料で、わりと簡単に製作可能です。このサイト上でも、いくつか飲み物のグラスの作り方を紹介しています。たとえば以下など…。www.mini-mono.net今回は、グラス部分は、以下の製品を利用しました。100円ショップのダイソーで購入した透明ストローです。直径は6mm。材質はポリプロピレンと、難接着素材ですけども…。(個人的 [続きを読む]
  • 【ミニチュアフード】ストロー入りドリンクの作り方
  • ストロー入りの飲み物の作り方。工作難度が高そうなミニチュアですが、100円ショップの材料で、わりと簡単に製作可能です。このサイト上でも、いくつか飲み物のグラスの作り方を紹介しています。たとえば以下など…。www.mini-mono.net今回は、グラス部分は、以下の製品を利用しました。100円ショップのダイソーで購入した透明ストローです。直径は6mm。材質はポリプロピレンと、難接着素材ですけども…。(個人的 [続きを読む]
  • ミニチュア製作向けのラベルライター(テプラ)の選び方
  • 以前、ミニチュア製作向けのプリンターの選び方という記事を書きましたが、今回はラベルライターの話を…。個人的に、昔からキングジム社のラベルライター『テプラ(TEPRA)』を愛用しています。テプラとテプラテープがあると、簡単にラベルシールを作ることが可能です。家庭や仕事を問わず、重宝しています。我が家にあるテプラは、以下の2機種。画像左が、パソコンと接続して使うテプラ『SR3900P』(2003年発売)です。画 [続きを読む]
  • 【ミニチュアフード】カップ麺(未開封版)の作り方
  • ミニチュアのカップ麺の作り方。今回は、1番簡単な未開封バージョンです。少し特殊な工具(カッター)が必須になりますが…。以下の姉妹サイトで、カップ麺のパッケージを配布しています。» 【ミニチュア素材】カップ麺のパッケージ - ミニものブログダウンロードして、印刷したパッケージを切り出しましょう。厚い紙に印刷すると、曲げにくいので、ある程度薄い紙がよいと思います。今回は、0.12mm厚くらいのマット紙に印刷 [続きを読む]
  • 開封した樹脂粘土の保管方法
  • 樹脂粘土の保管方法について。開封した粘土の保存・保管方法を解説したいと思います。個人的な保管方法ですので、一例として参考にして頂ければ幸いです。以下の、100円ショップのダイソーで購入できる樹脂粘土を保管したいと思います。さて、少し話題を変えて、樹脂粘土がかたまる仕組みを解説しましょう。一般的な粘土がかたまる仕組みとしては、粘土に含まれる水分が、乾燥によって蒸発(揮発)し、硬化するという流れです。( [続きを読む]
  • 【ミニチュアフード】鮭の切り身の作り方
  • ミニチュアの鮭の切り身の作り方。今回は、朝食の定番メニューとしても人気のシャケを作りましょう。【ミニチュアフード】焼魚(切り身)の作り方-ミニものにて使用したプラバンを用意します。100円ショップのセリアやミーツ(ワッツ)にて販売されている、0.3mm厚の白色の縮むプラバンです。これを以下のように、サケの切り身っぽく、ハサミやカッターで切り抜きます。参考までに、今回切り抜いた、切り身の形のプラ板の横幅は、2 [続きを読む]
  • 【ミニチュア小物】白黒ゲームの作り方
  • ミニチュアの白黒ゲームの作り方。100円ショップのダイソーで、以下のクラフトパンチを見つけました。↓裏側。2mmくらいの丸が作れそうな気がしますね。このパンチを使って、白黒ゲームやリバーシと呼ばれるゲームを作りましょう。いわゆる『オセロ』なんですけど、『オセロ』は登録商標なので、『白黒ゲーム』と呼ぶことにします。まず、盤面を作りましょうか。以下の姉妹サイトより、盤面の画像をダウンロードして、任意の大きさ [続きを読む]
  • 【ミニチュアフード】焼魚(切り身)の作り方
  • ミニチュア焼魚(切り身)の作り方。100円ショップのセリアやミーツ(ワッツ)にて、下記の商品を見つけました。0.3mm厚の白色の縮むプラバンです。プラバンを、ハサミやカッターなどで、適度な大きさに切り出しましょう。画像では見えにくいのですが、切り出したプラバンに、カッターに格子状の切り込みをいれます。今回は、赤魚にしましょうか。赤のアクリル絵の具で、切り込みに色を塗りましょう。(この絵の具は、セリアで購入 [続きを読む]
  • 【ミニチュアフード】食品用ラップの作り方
  • ミニチュアの食品用ラップの作り方。まず、ミニチュア食品用ラップの展開図を用意します。以下の姉妹サイトより、配布画像をダウンロードしましょう。» 【ミニチュア素材】食品用ラップ - ミニものブログきれいに仕上げるには、もう少し高い用紙が良いのですが、今回はダイソーで購入した画用紙を使いました。任意のサイズで印刷します。今回は、1/12スケールになるように、画像のサイズを調整して印刷しました。印刷したパ [続きを読む]